高校野球史に残る大逆転試合~平成5年・夏~久慈商業対徳島商業
2016年11月25日 更新

高校野球史に残る大逆転試合~平成5年・夏~久慈商業対徳島商業

高校野球史に残る大逆転試合をいくつか紹介しています。ここでは、平成5年・夏の大会2回戦。久慈商業対徳島商業戦をとりあげます。好投手・川上憲伸投手が大乱調。序盤から打ち込まれ、0-7で迎えた8回裏、徳島商業の猛反撃が始まります。

5,611 view

両校が第75回夏の甲子園に出場するまで

「甲子園には魔物が住む」とよく言われます。この言葉を象徴する試合の一つが、第75回全国高校野球選手権大会(平成5年)の2回戦、久慈商業(秋田)対徳島商業(徳島)の試合かと思うのですが、まずは両校が甲子園に出場するまでをご紹介したいと思います。
この年の徳島商業のエースは、後に大リーガーとなる川上憲伸選手でした。
どんなに全国的に有名な高校でも、地方大会予選を勝ち上がるのは容易ではありません。
実際、当時から好投手として知られ、四番も務めた川上憲伸選手も高校3年生の夏まで甲子園に出場を果たすことはできていませんでした。
そうして川上憲伸選手の高校3年生の夏、第75回全国高校野球選手権大会の徳島大会が始まります。下の動画の様に決勝こそ16-6と大勝した徳島商業ですが、ここに至るまでの道のりは決して楽なものではなく、2回戦で2-1(延長10回)。3回戦4-3。準々決勝7-4と接戦が続き、準決勝では延長10回、1-0の死闘を制した末に掴んだ甲子園切符だったのです。

第75回大会高校野球大会、四国の決勝戦

出典 youtu.be
この年、岩手県予選を勝ち抜いた久慈商業にとっても、当然その道のりは険しく、準々決勝では5回裏に3点差を逆転し6-4で勝利。準決勝で1-0と接戦を制して進んだ決勝で打線が爆発、12-3と大勝し、初出場を決めたのです。この初出場には県大会6試合50イニングを1人で投げ抜いた絶対的エース、宇部投手の活躍が大きかったのです。
久慈商業のエース・宇部投手

久慈商業のエース・宇部投手

当たり前の事ですが、苦難の末に甲子園出場を決めたチームはこの2校だけではなく、仮に予選大会の試合を全て圧勝で勝ち上がったとしても、その結果に至るまでに全ての高校の選手が並大抵でない練習をしているのです。
第75回全国高校野球選手権大会の出場校名が刻まれたテレ...

第75回全国高校野球選手権大会の出場校名が刻まれたテレホンカード

8回裏。7点差。だけど、まだ、終わってない。

徳島商業と久慈商業が対戦したのは1日雨で順延したため8月15日の第二試合でした。
少し話はずれますが、筆者は甲子園で売子のアルバイトをしていたのですが、この8月15日というのはお盆という事もあり、普段よりも観客が入るのです。その日出場する4試合8校の関係者、応援団もお盆という事で夏休みをとれる…という事もあるのですが、その県に住んでいない、どちらのチームを応援するわけでもない、いわば「無党派層」の「高校野球ファン」が多く詰めかける日でもあるのです。この大観衆がこの試合の展開に大きな影響を与えていくのです…。
満員のスタンド

満員のスタンド

最初に流れをつかんだのは、初出場の久慈商業でした。1回の表、ショートのエラーをきっかけにチャンスを掴むと、スクイズを慣行。川上憲伸選手の本塁への送球がそれて、先制します。伝統校と言っても、徳島商業の選手たちにとっても初めての甲子園。しかも、初戦を迎えるまでに日にちがあったという事で、試合に入り切れていないというところもあったのでしょうか。
久慈商業はなおも、5番、6番打者に連続タイムリーが生まれ、初回に3得点をあげます。
その裏、すんなりと無失点に抑えたことで、試合は完全に久慈商業ペース。
伝統校を相手にのびのびとプレーする久慈商業の選手がヒットを打つたび、前述した「無党派層の高校野球ファン」は大きな歓声をあげたのです。

1993 第75回 熱闘甲子園 徳島商vs久慈商

出典 youtu.be
久慈商業に対し、徳島商業は普段のプレーができず、ずるずると点差が広がっていきます。
ですが、0-7で迎えた8回裏に1アウト3塁のからタイムリーヒットが生まれ、徳島商業がようやく1点を返すと、地方予選から一人で投げてきた久慈商業・宇部投手に疲れが見え、徳島商業打線が捉えていきます。打線がつながり6連打で4-7となった頃には、まるで球場全体が徳島商業を応援しているかのような状況でした。正面のライナーをレフトの選手が濡れた芝生に足をとられて後逸するという不運も重なり、7-7の同点。そして9回裏1死1、2塁の場面、宇部投手がこの日投げた151球目。スライダーをはじき返されて、久慈商業はサヨナラ負けするのです。
当時の新聞記事より

当時の新聞記事より

この「魔の8回」について、宇部投手は後に、あの回のことは本当によく覚えていないんです。今思えばどこかで「間」を取れればよかったんですが、その取り方が分からなくて。早い回に一塁走者をけん制をした時、審判から「余計なけん制はしないように」と注意されたんです。こっちは田舎の子だから、ああ甲子園ではけん制してはいけないんだと素直に思い込んでしまった。プレートを外してひと呼吸置くこともできず、単調に1,2,3で投げる。打たれる。そんな状態でした。
悔しさというより、ただ、ああ終わったなと。自然に涙が出てきましたね。みんなに申し訳ない気持ちもあったのかもしれません。と語っています。
ただ、久慈商業の畠山監督は試合後「宇部がいたからここまでこれた。彼が打たれれば仕方ない」と言い、ねぎらっています。

熱闘、その後

奇跡の大逆転の後、この大会徳島商業は、ベスト8まで進出します。
(3回戦・2-1で智辯和歌山高校に勝利。準々決勝で春日部共栄高校に4-11で敗戦)

徳島商業対智辯和歌山戦ダイジェスト

第75回全国高等学校野球選手権大会の2回戦。
徳島商業対智辯和歌山戦のダイジェスト映像です
(一部、春日部共栄対徳島商業戦も)
出典 youtu.be
ちなみに川上憲伸投手を粉砕した春日部共栄高校は更に勢いに乗り、決勝まで進出。兵庫県代表・育英高校と対戦します。息詰まる熱戦の末、この年優勝したのは育英高校でした。
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

高校野球史に残る大逆転試合~昭和56・夏~早稲田実業対報徳学園

高校野球史に残る大逆転試合~昭和56・夏~早稲田実業対報徳学園

高校野球史に残る大逆転試合をいくつか紹介しています。ここでは、昭和56・夏の大会。早稲田実業対報徳学園戦をとりあげます。早実の荒木大輔投手に金村義明選手擁する「逆転の報徳」が襲い掛かる!
和尚 | 5,701 view
高校野球史に残る大逆転試合~昭和59年・夏~金足農業対PL学園

高校野球史に残る大逆転試合~昭和59年・夏~金足農業対PL学園

高校野球史に残る大逆転試合をいくつか紹介しています。ここでは、昭和59年・夏の大会準決勝。金足農業対PL学園戦をとりあげます。桑田・清原(当時高校2年生)擁する優勝候補大本命のPL学園に挑んだ「雑草軍団」の戦いの結末は…。
和尚 | 30,220 view
ミドルエッジ世代の印象に残る選手は誰?かつての激闘をまとめた「甲子園 運命の一球」が好評発売中!

ミドルエッジ世代の印象に残る選手は誰?かつての激闘をまとめた「甲子園 運命の一球」が好評発売中!

株式会社エイ出版社より、100回の歴史的な節目を迎える2018年全国高校野球選手権大会の激闘をまとめた『甲子園 運命の一球』が現在好評発売中です。かつての甲子園でのスター選手も振り返ってみましょう!
隣人速報 | 618 view
タッチに登場する喫茶店「南風」のナポリタンがお弁当に!甲子園の第100回記念にあだち充のコラボ弁当が登場!

タッチに登場する喫茶店「南風」のナポリタンがお弁当に!甲子園の第100回記念にあだち充のコラボ弁当が登場!

阪神甲子園球場は、8月5日(日)から開催される第100回全国高等学校野球選手権記念大会期間において『タッチ』の明青学園が舞台の『MIX』及び、TVアニメが現在放送中の『MAJOR 2nd(メジャーセカンド)』とのコラボ弁当を販売することを決定しました。
隣人速報 | 800 view
あの“大ちゃんフィーバー”の記憶を呼び起こす『荒木大輔のいた1980年の甲子園』が発売決定!!

あの“大ちゃんフィーバー”の記憶を呼び起こす『荒木大輔のいた1980年の甲子園』が発売決定!!

高校野球史上、1人の選手が大きく騒がれた中でも最大級ともいえる「荒木大輔フィーバー」。その記憶を呼び起こすスポーツ・ノンフィクション「荒木大輔のいた1980年の甲子園」が7月5日、集英社より刊行されます。
隣人速報 | 637 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト