【震災センバツ】に出場した「兵庫県代表3校」の戦い
2016年11月25日 更新

【震災センバツ】に出場した「兵庫県代表3校」の戦い

1995年1月17日に発生した阪神大震災により、開催が危ぶまれた「第67回選抜高等学校野球大会」には兵庫県から3校の代表校が選出された。当時兵庫県に住み、彼らと同じ様に白球を追いかけていた筆者の視点から3チームの奮闘を振り返る。

3,409 view

初めに

倒壊する高速道路

倒壊する高速道路

1995年1月17日の早朝。突然、部屋の本棚が倒れ、激しい揺れで私は目が覚めました。必死に布団をかぶり、揺れが収まるのを待った、あの日の出来事は、今も忘れられない。だが、私は、後に「兵庫県南部地震」と呼ばれる未曾有の災害を「経験した」と言ってよいのだろうか…という複雑な思いが今もある。同じ兵庫県南部に住みながら、彼らとは違い、あの事があってからもそれまでと変わらず、私達は母校で練習を続けられたのですから…。そんな私が、「第67回選抜高等学校野球大会」に出場した同級生達についての記事を書かせて頂きます。

異例の3校選出

「春のセンバツ大会」はその名の通り、甲子園でプレーできるのは全国から選ばれた32チームのみ。(記念大会を除く)そのうち、近畿地方に割り当てられた出場枠は「6」。2府4県で「6」というのは他の地域に比べてかなり恵まれているのではないかという批判はさておき、春のセンバツに出る為には近畿大会でベスト4ならほぼ確定。ベスト8で敗れた4校のうち2校が・・・といった所がとりあえずの目標となります。
94年の秋に開かれた近畿大会に出場した兵庫県勢は揃って勝ち上がり、神港学園が準優勝。育英はベスト4、報徳はベスト8という好成績を残します。上記のようにベスト8なら当落選上・・・というところですが、「さすがに同一県内から3校も選ばれないだろう」というのが見方が体勢を占めていました。そして、代表校の選考を数週後に控えた1月17日にあの震災が起こるのです。
亀裂が入ったグラウンド

亀裂が入ったグラウンド

兵庫県から何校選ばれるのかという事より、もはや選抜大会を開催できるのか否か、と、いうか「野球どころではない」というのが当時の状況でした。私が通っていた高校は「兵庫県南部」にあったものの、震災の被害はほとんどなく、直後から練習は続けられたのですが・・・やはり皆どこかで練習に身が入らない感じでした。そんな「野球どころではない」状況において、選抜大会の開催が決定した時は、「思いっきり野球をしてもいいんだよ」と許されたような気がして、なぜかほっとした気分になったものです。(震災の直接被害が少なく、選抜対象とはかけ離れたところにいた私達がそう思うのは変かもしれませんが)

1995年 選抜高校野球の開催が決定

出典 youtu.be
阪神大震災が発生した直後に開催される選抜大会において、甲子園の地元・兵庫県から報徳学園、育英高校、神港学園の3校が選出された「意味」は明らかでした。ですが、その「重み」がどれほどのものだったのか…それはチームの関係者・選手達しかわかりません。そうして兵庫県代表の3校は戦いの場・甲子園へと向かうのです。
健闘を祈って

健闘を祈って

67回センバツに出場した兵庫県代表の報徳学園、育英高校、神港学園の主将

1995年センバツ・育英高校

3校のうち最初に登場したのは育英高校。当時の育英高校は後に阪神、ヤクルトで活躍する藤本敦士選手が主将を務め、伝統の堅守とスキのない試合運びをするチームでした。
開催初日の第二試合で、育英高校は関東の強豪・創価高校を6対2で撃破。2回戦へと駒を進め、群馬の前橋工業と対戦します。8回終了時点で2対3と劣勢だった育英高校は粘りを見せ、土壇場で同点に追いつくのですが…。

1995年センバツ高校野球 育英高校

出典 youtu.be
この試合、育英高校は決勝点になった失策を含めて6つの失策を記録。これは震災後満足な練習ができなかったことと無縁ではないはず・・・ですが動画のように言い訳することなく、選手達は甲子園を去るのでした。

1995年センバツ・神港学園

秋の近畿大会準優勝と3校の中では最も実力があるといわれていたのが、後に横浜、巨人、阪神で活躍する鶴岡一成選手が主将を務める神港学園でした。その評判どおり、神港学園は緒戦で、名門・仙台育英高校を4-3。2回戦を大府高校戦も4-3と、2戦続けて接戦を競り勝ち、準々決勝へと進出します。

第67回センバツ 神港学園-今治西

出典 youtu.be
そこで対戦したのが、大会NO.1左腕と呼ばれた藤井秀悟投手(後ヤクルト-日ハム-巨人-DNA)を擁する今治西高校でした。この試合も息詰まる接戦となります。土壇場で逆転サヨナラ負けというドラマティックな形で敗退する事になりましたが、健闘した神港学園の選手達には大きな声援がおくられました。

1995年センバツ・報徳学園

27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

高校野球史に残る名勝負 【新湊旋風】~1981年・春~

高校野球史に残る名勝負 【新湊旋風】~1981年・春~

高校野球史に残る名勝負をいくつか紹介しています。ここでは、1981年春の選抜大会での新湊高校の戦いぶりを振り返ります。大会前の低い下馬評を覆し、強豪校を次々と撃破していった同校の戦いぶりは「新湊旋風」と呼ばれました。
和尚 | 5,423 view
ミドルエッジ世代の印象に残る選手は誰?かつての激闘をまとめた「甲子園 運命の一球」が好評発売中!

ミドルエッジ世代の印象に残る選手は誰?かつての激闘をまとめた「甲子園 運命の一球」が好評発売中!

株式会社エイ出版社より、100回の歴史的な節目を迎える2018年全国高校野球選手権大会の激闘をまとめた『甲子園 運命の一球』が現在好評発売中です。かつての甲子園でのスター選手も振り返ってみましょう!
隣人速報 | 546 view
タッチに登場する喫茶店「南風」のナポリタンがお弁当に!甲子園の第100回記念にあだち充のコラボ弁当が登場!

タッチに登場する喫茶店「南風」のナポリタンがお弁当に!甲子園の第100回記念にあだち充のコラボ弁当が登場!

阪神甲子園球場は、8月5日(日)から開催される第100回全国高等学校野球選手権記念大会期間において『タッチ』の明青学園が舞台の『MIX』及び、TVアニメが現在放送中の『MAJOR 2nd(メジャーセカンド)』とのコラボ弁当を販売することを決定しました。
隣人速報 | 723 view
あの“大ちゃんフィーバー”の記憶を呼び起こす『荒木大輔のいた1980年の甲子園』が発売決定!!

あの“大ちゃんフィーバー”の記憶を呼び起こす『荒木大輔のいた1980年の甲子園』が発売決定!!

高校野球史上、1人の選手が大きく騒がれた中でも最大級ともいえる「荒木大輔フィーバー」。その記憶を呼び起こすスポーツ・ノンフィクション「荒木大輔のいた1980年の甲子園」が7月5日、集英社より刊行されます。
隣人速報 | 555 view
100年間の全国高校野球選手権大会の激闘をまとめた『甲子園 運命の一球』が堂々発売!!

100年間の全国高校野球選手権大会の激闘をまとめた『甲子園 運命の一球』が堂々発売!!

株式会社エイ出版社は、100回の歴史的な節目を迎える全国高校野球選手権大会の激闘をまとめた『甲子園 運命の一球』を2018年6月27日(水)に発売することを決定しました。
隣人速報 | 476 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト