ベンゲルがアーセナル監督を退任!名古屋グランパスを離れてから22年間も指揮を執っていたのかと驚愕した!
2018年4月21日 更新

ベンゲルがアーセナル監督を退任!名古屋グランパスを離れてから22年間も指揮を執っていたのかと驚愕した!

プレミアリーグ・アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が、今シーズン限りで退任する事が分かった。1995年からJリーグの名古屋グランパスの監督を務め、1996年10月からアーセナルの監督に就任し、22年もの間指揮を執っていた。

300 view

ベンゲル氏がアーセナル監督を退任!22年間の長期政権に終止符。名古屋グランパスに初タイトルをもたらした名将だった

プレミアリーグの強豪アーセナルのアーセン・ベンゲル監督(68)が、今シーズン限りで退任する事がクラブから発表された。22年もの間続いた長期政権に幕が降ろされる。
1995年からJリーグの名古屋グランパスの監督を務め、1996年10月にアーセナルの監督へと就任したベンゲル氏。1997、2001年、2003年シーズンにリーグ優勝を果たしている。特に2003年シーズンでは26勝12分けでの「無敗優勝」を達成し、欧州を代表する名将となった。

その後も通算FA杯7回優勝など安定した成績を残していたが、リーグ優勝からは遠ざかり、近年は毎年出場していた欧州チャンピオンズリーグの出場権をも逃していた。
また、サポーターから「ベンゲルアウト」のバナーが掲げられるなど、長期政権に疑問が投げかけられていた。

ベンゲル氏はコメントで「熟慮とクラブとの話し合いの結果、私は今季終了後に退任することが正しいタイミングだと感じた。記憶に残る長い年月をこのクラブで過ごせたことは名誉であり、嬉しく思う。」と述べている。

1995年に名古屋グランパスの監督となり、弱小チームに初タイトルをもたらした!

フランス出身であるベンゲル氏は、1987年にASモナコ監督に就任し、初年度の1987年シーズンにディヴィジョン・アン(1部)優勝に導くなど、欧州で実績を積んでいく。そして、1995年シーズンに当時弱小チームだった、名古屋グランパスの監督に招聘された。

”ピクシー”と呼ばれたストイコビッチという世界的なスターが在籍していながら結果を残せていなかったチームを、編成から一任され、ベンゲルカラーに染めるべくコーチや外国人選手を次々と招き入れた。

以降、チームの成績は徐々に上向きとなり、前期リーグで4位と好成績を残した。また、後期リーグでは常勝軍団であったヴェルディ川崎をギリギリまで追い詰め、2位と大躍進を遂げた。
そして、1996年元日の天皇杯決勝でサンフレッチェ広島を破り、チームに初タイトルをもたらした。
1996年シーズンも序盤から上位に位置し、初のリーグ優勝へ向かっていた。しかし、ベンゲル氏はビッグクラブであるアーセナルからオファーを受け、9月末にシーズン途中ながら退任した。

あれから22年。今でもベンゲル氏が率いていた時期が名古屋グランパスの黄金期との声は多い。
ベンゲル氏は日本から離れた後も、日本サッカーを注視し続け、豊富な情報量を持ち、日本のサッカー番組などに何度か出演している。

今回の退任を受け、一部ではロシアワールドカップ後の日本代表監督にも候補として挙がるのではと噂になっている。
書籍「勝者のエスプリ」

書籍「勝者のエスプリ」

ベンゲル氏の指導者としての哲学、理想のサッカー観、日本サッカーについて感じたことなどが書かれた名著。1997年発売。
9 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

イロイロなお名前があるもんだ【珍名さん登場:VOW7より】

イロイロなお名前があるもんだ【珍名さん登場:VOW7より】

1995年に発行された、宝島社発行「VOW7」。インターネットが普及していない時代の、雑誌全盛期とも呼べる時代のVOWネタから、1990年代に活躍しながらVOWネタにされてしまった珍名さんたちをピックアップしてご紹介します。
夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,661 view
郷ひろみ、至極の『バラード3部作』僕がどんなに君を好きか、言えないよ。でも逢いたくてしかたない!

郷ひろみ、至極の『バラード3部作』僕がどんなに君を好きか、言えないよ。でも逢いたくてしかたない!

この記事では、郷ひろみさんの『バラード3部作』について書きたいと思います。ジャパン!!や億千万!!のイメージが強い郷ひろみさんですが、バラードも素晴らしいんですよ~(^^)/
つきねこ | 597 view
コギャルだった方必見!あの伝説のギャル雑誌「egg」がwebメディアとして復活しました!

コギャルだった方必見!あの伝説のギャル雑誌「egg」がwebメディアとして復活しました!

株式会社エムアールエーは、2014年に休刊したギャル向けファッション雑誌『egg』を2018年3月21日(水)よりwebメディアとして復活しました。様々なSNSや媒体を使ってガールズカルチャーのトレンドを毎日発信します!
隣人速報 | 1,495 view
すべての歌に懺悔なし!!りえちゃんもたまったもんじゃない【VOW7】より。

すべての歌に懺悔なし!!りえちゃんもたまったもんじゃない【VOW7】より。

1995年に発行された宝島社「VOW7」。VOWシリーズはもちろんどの巻も面白いのですが、この「VOW7」あたりまでは、それ以降に比べてさらにパンチの効いたVOWネタが豊富です。桑田佳祐のメッセージソングも被害にあっています。
ジバニャンLOVE | 1,918 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト