「追憶」と「スター誕生」、どちらの映画にも主演し主題歌を歌っているバーブラ・ストライザンド
2017年1月30日 更新

「追憶」と「スター誕生」、どちらの映画にも主演し主題歌を歌っているバーブラ・ストライザンド

永遠の名曲と言っても過言ではない「追憶」と「スター誕生 愛のテーマ」。共に全世界で大ヒットした映画の主題歌です。そう、バーブラ・ストライザンドはどちらの曲も歌い、尚且つ主役も演じ、歌、演技共に高い評価を得ているのです。

1,448 view
これだけ歌の上手い人にテーマシングを歌われ、演技をされてしまった映画は、心に嫌でも残ってしまいますね。
共演のクリス・クリストファーソンのソロやデュエット曲も入っているサウンドトラック版も素晴らしく、映画との相乗効果もあり新たな感動を呼び起こします。

それにしても、名演、名画、名曲です。感動するしかありません。

それでは最後に、ビー・ジーズのバリー・ギブがプロデュースした1980年リリースのアルバム「ギルティ」をご紹介しましょう。
数あるアルバムの中でバーブラ・ストライサンド最大のヒット作です。
ギルティ

ギルティ

1980年リリース

【収録曲】
1 ギルティ(デュエット・ウィズ・バリー・ギブ)
2 ウーマン・イン・ラヴ
3 ラン・ワイルド
4 恋のプロミス
5 ラヴ・インサイド
6 別離(わかれ)(デュエット・ウィズ・バリー・ギブ)
7 ライフ・ストーリー
8 ネバー・ギブ・アップ
9 想い出のように
シングルカットされた「ウーマン・イン・ラヴ」は全米1位に輝いた忘れることの出来ない名曲です。心に染み入りますね。

Barbra Streisand - Woman In Love (1980) 1920x1080

ウーマン・イン・ラヴ
50歳以上の方にとっては懐かしいCDです。
この時代の曲を聴きながらドライブすると最高です。
いや、ホントにその通りだと思います。
名曲と名演技。最近は映画監督としても活躍していますが、いつまでも美しい歌声と姿を届けてほしいものです。
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

カッコよすぎ!詐欺師をこんなにも格調高くスタイリッシュに描き出した映画「スティング」

カッコよすぎ!詐欺師をこんなにも格調高くスタイリッシュに描き出した映画「スティング」

1936年のシカゴを舞台にした映画「スティング」。主人公はなんと詐欺師です。この詐欺師たちが詐欺師を詐欺にかけるという何とも詐欺な映画です。どんでん返しの連続に目を離すことができないエンターテインメントそのものといった感じの映画で、アカデミー賞を7部門も獲得している名作中の名作です。
obladioblada | 2,059 view
アカデミー賞受賞作。アフリカの大自然を舞台に主人公の恋愛と過酷な日常生活を描いた映画『愛と憎しみの果て』

アカデミー賞受賞作。アフリカの大自然を舞台に主人公の恋愛と過酷な日常生活を描いた映画『愛と憎しみの果て』

お金持ちの主人公が知らない土地で結婚をしますが、夢に描いた結婚生活とはかけ離れた現実に疲れを抱きます。そしてアフリカの壮大な自然中で再び恋に落ちていきます。
星ゾラ | 2,173 view
【アリー】往年の名画「スタア誕生」のリメイク変遷を見てみましょう【レディー・ガガ】

【アリー】往年の名画「スタア誕生」のリメイク変遷を見てみましょう【レディー・ガガ】

何度もリメイクされてる名画は数多くありますが、アカデミー賞のノミネートにも上がっている「アリー」も、往年の名画「スタア誕生」の3度目のリメイクです。そのリメイク変遷をたどってみます。
ケロリン | 312 view
映画【クレイマー、クレイマー】について語ろう!クレイマー(原告)対クレイマー(被告)の裁判を描いた裁判です。

映画【クレイマー、クレイマー】について語ろう!クレイマー(原告)対クレイマー(被告)の裁判を描いた裁判です。

映画【クレイマー、クレイマー】日本での公開は1980年4月、第52回アカデミー賞作品賞ならびに第37回ゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞作品の【クレイマー、クレイマー】ついて語ろう!
中年男との情事に溺れる田中美佐子のヌードが美しい映画『ダイアモンドは傷つかない』(1982年)

中年男との情事に溺れる田中美佐子のヌードが美しい映画『ダイアモンドは傷つかない』(1982年)

映画『ダイアモンドは傷つかない』。主演は新人・田中美佐子。ヌードシーンはスレンダーな肢体を露わに、山崎努演じる中年男との情事をエロティックに描いた。同作で田中美佐子は第6回日本アカデミー賞(1983年)の新人俳優賞を獲得した。
ひで語録 | 21,255 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト