芦原英幸 「ケンカ買わない?」とケンカを売り「それ空手?」と道場破り「アンタ「牛殺しの大山」といわれちょるんでしょ」と大山倍達にさえケンカを売った恐怖の男
2018年4月10日 更新

芦原英幸 「ケンカ買わない?」とケンカを売り「それ空手?」と道場破り「アンタ「牛殺しの大山」といわれちょるんでしょ」と大山倍達にさえケンカを売った恐怖の男

その強さは、猛者ぞろいだった初期の極真空手の中でも飛び出た存在。 真正面から打ち合うのではなく、一歩後ろ、一歩サイド、相手の技が届かないところから、いかに自分の技を届かせるかという空手。 そして決して負けることを許さない強烈な闘争本能。 道場の外でもヤクザ相手のストリートファイトや道場破りで名を売り恐れられた。 陰湿なこと、卑怯なことを嫌い、そのために多くの戦いを挑んだが、その中には師:大山倍達さえいた。

26,369 view

「ケンカ買っていただけますか?」

江田島市能美町にて

芦原英幸は、広島県佐伯郡(現:江田島市)能美町出身。
ここで小学から中学まで剣道を習い、その足運びや攻撃のタイミング、間合いのとり方などは後の空手に大きく役立ったという。
中学卒業後、教師の斡旋で東京のガソリンスタンドに就職した。
しかし孤独のせいか、世の中が憎く思え、よくケンカをした。
ケンカができそうな人間を探し、わざとすれ違いざま肩をぶつけたり、店の中でガンを飛ばして先に外に出て、その人が出てくるまで準備運動をして待ったり、大まじめに、
「ケンカ買っていただけますか?」
と聞いたり、とにかくケンカになるきっかけを探した。
しかし弱い者や、逃げているものを叩くのは、ケンカのルールに反する。
相手は自分が強いとうぬぼれているチンピラだった。
相手が凄みのある声で因縁をつけても広島弁で一言。
「やっちゃるけん、コイ!」

大山道場

写真中央の縦長の建物が大山道場の入っていた建物

写真中央の縦長の建物が大山道場の入っていた建物

出典 efight.jp
1962年、東京にきて数年経ち
「空手 道場求む」
という電柱の張り紙にみつけ、見学に行った。
それが大山倍達の大山道場だった。
池袋(豊島区西池袋3丁目13-11)の立教大学裏にあった老朽化した木造のバレエスタジオ。
崩れ落ちそうな天井。
穴だらけの壁
その中で30人ほどの男が、まるでケンカのようなすごい組手稽古がやっていた
まだ大会などなく(街で試合をする人もいたが)、日々、道場で行われる組手が試合だった。
大山道場の組手は、顔面突きアリ、金的アリ、投げアリ、抑え込み技アリ、締め技アリ、関節技アリ、つかみあり、ヒジあり、ほぼ何でもアリ。
相手が蹴ってきたらその蹴り足にヒジを落としたり、キャッチして投げたり、自ら回転してのパンチやヒジを入れたり(バックハンドブロー、バックスピンエルボー)、柔道経験者がつかんで投げて絞め落としたり、相手の髪の毛をつかんだり、わざと鼻に軽く攻撃を当てて、相手の目から涙を出させたり、5本の指を相手の目の前に差し出してから目潰しを狙ったりなどもした。
乱暴な練習だったが、その実戦的な空手には不思議な魅力、いや魔力があった。
芦原英幸もさっそく入門し、休まず稽古に通った。
先輩に突かれ蹴られ、やられればやられるほどファイトが沸いた。
道場の隣にアパートが並んでいて、上からアパートの住人に見られてないか気にしながら、稽古のあと道着を脱いで路地で水をかぶった。
夜遅くまで稽古して近所から
「うるさい」
と苦情が出たり、大家に電気と水道を止められたこともあった。
それでも月明かりで練習した。
大山道場の出身者で、中村忠、大山茂・泰彦兄弟、芦原英幸、添野義三、盧山初雄などは、それぞれ空手を代表する流派をつくった。
黒崎健時は、大沢昇、藤原敏男、加藤重夫は魔裟斗という強いキックボクサーを育てた。
ジョン・ブルミンも大山道場で学び、オオヤマ道場オランダ支部を設立。
弟子のウィリアム・ルスカは、オリンピック柔道男子無差別級、重量級金メダリスト。
またピーター・アーツやアーネスト・ホーストの師もジョン・ブルミンの弟子である。
ムエタイに挑戦する黒崎健時

ムエタイに挑戦する黒崎健時

入門し2ヵ月くらいたったとき、先輩と組手をしていて攻撃が受け切れず
「まいりました」
と頭を下げた。
しかしその先輩は芦原英幸の顔面を蹴った。
芦原英幸は崩れ落ち口を切り血を出した。
(クソッ!
汚い。
あいつを叩きのめすまで絶対に辞めない!)
また「鬼」と恐れられた黒崎健時師範代にも痛めつけられた。
黒崎健時は、大山道場がムエタイとの対抗戦が行われることになったとき、大山倍達に命じられ監督としてタイへ渡った。
しかし現地で試合出場を打診され急遽参戦し、ルンピニースタジアムでムエタイランカーとムエタイルールで対戦。
肘打ちを顔面に浴び敗れたが、その戦いぶりは恐ろしいほどの執念深さが現れていた。
大山道場での黒崎健時の組手は、左半身になって左拳を繰り出し前進。
相手を追い込むと右のまわし打ち(右フック)を決めるというもの。
芦原英幸も顔をボコボコに殴られた。
しかしやがて体をさばき、黒崎健時の背中側に移動して有利なポジショニングをとるようになった。
こういう動きこそ、芦原英幸独自の動きであり、後の「サバキ(捌き)」といわれるテクニックとなっていく。
従来、空手は正面を向き合い技をかけ合う。
しかし芦原英幸は、一歩サイド、一歩後ろに動いたところから技をかける。
相手の技が届かないところに位置し、いかに自分の技を届かせるか。
そういう攻防一体の天才の空手だった。

昇段審査 (極真会館総本部)

入門8ヵ月後、初めての昇級審査を受け、55人中1人だけ緑帯になった。
おかげで道場で風当たりが強くなったが
「やってやる!」
と稽古とトレーニングに没頭した。
道場での組手と練習に加え、ビルの屋上や空き地、公園の隅、ありとあらゆる場所が自分の稽古場に変わり、朝から晩まで暇さえあれば練習した。
やがて茶帯になる頃には、体もできて誰とやっても負ける気がしなくなり、先輩だろうが誰だろうがかまわず叩きのめし蹴りまくった。

極真会館

極真空手の創始者・大山倍達

極真空手の創始者・大山倍達

1954年、大山倍達は目白にあった自宅の庭で空手を教えていた。
(目白の野天道場)
1956年に娘が通っていた縁で池袋の立教大学裏にあったバレエスタジオに道場を移転。
(大山道場)
そして1964年には東京都豊島区西池袋に「国際空手道連盟 極真会館」を設立した。

極真会館

会長は佐藤栄作(当時、国務大臣)。
副会長は毛利松平(当時衆議院議員)。
館長は大山倍達。
そして19歳の芦原英幸は、憧れだった黒帯となった。
21歳で6年勤めたガソリンスタンドを辞め、極真会館の指導員となり、本部道場の他にアメリカ軍や大学でも指導を行った。
その給料は1万円。
アパートの家賃とほぼ同額だった。
インスタントラーメンを主食に、足りない分は仲間で助け合った。

幻のブラジル行き

São Paulo - Brazil (people in the streets)

極真空手の本部指導員となって3年後、芦原英幸は空手の指導のためにブラジルに行くことが決まった。
まさに己の拳でつかみとったサクセスストーリー、夢のような話だった。
しかし事件はブラジルに行く数日前に起こった。
その日、芦原英幸はつまらないことが原因でむしゃくしゃしていた。
見かねた先輩が酒を飲みにつれていった。
根が単純な芦原英幸は酒を飲むとすぐに機嫌は直した。
安心した先輩は先に帰ったが、芦原英幸はガソリンスタンドに勤めていたときからの行きつけのスナックにいき閉店までウイスキーを飲んだ。
タクシーを拾うためふらつく芦原英幸をママが支えながら店を出た。
すると
「ええかっこするな」
と車の中の男たちがからんできた。
「なにいってるんだ、この野郎」
と返され、5人の男は車をおりて襲った。
芦原英幸は全員を叩きのめし、男たちは地面でウンウンと唸っていた。
その後、ママと別れ、去ればいいのに現場の隣の食堂に入り焼そばを頼んで食べていた。
すると警官が食堂に入ってきた。
「誰かあの5人を知りませんか?
誰がやったのか、みた人はいませんか?」
「ああ、俺がやった」
芦原英幸は焼そばを食べながら手をあげた。
先に殴ってきたのは向こうだし、5対1だったので自分のほうが正しいと思っていた。
しかし警官は署へ連行した。
「名前は?」
「佐藤栄作(当時の総理大臣)です」
取り調べでは何を聞かれてもちゃんと答えなかった。
「素直にしゃべれ!」
怒った警官は、後ろ手に手錠をかけて椅子に座った芦原英幸の腹を殴った。
キレた芦原英幸は警官に頭突きを食らわせ失神させた。
しかし結局、自分の名前や極真会館のこともバレてしまった。
一晩、留置所に入り、出た後、道場に行くと館長室に呼ばれた。
「ご苦労さん、君は今日からもう来なくていいんだよ」
師範代にいわれた。
無期限の禁足(道場に入ってはいけない、破門ではない)処分だった。
「押忍」
芦原英幸は頭を下げた。
 (1990375)

師範代の薦めもあり、芦原英幸は何とか償いをと廃品回収業の仕事を始めた。
朝6時から大八車を引いていると、人によって接し方はさまざまだった。
「おい、ゴミドロボウ」
「おい、ゴミ屋」
という人もいれば
「ご苦労様」
「頑張ってください」
と声をかけてくれる人もいた。
改めて極真空手の指導員、空手のエリートと思い上がっていた自分を痛感し、また何が人間にとって1番大切なのかわかったような気がした。
トレーニングも欠かさず続けた。
夜1人で公園でランニング、柔軟運動、筋力トレーニング、シャドー・・・
黙々とトレーニングをこなした後、ブランコに腰かけいろいろなことに思いを巡らせる22歳の芦原英幸だった。

塩メシ

西予市野村町

禁足処分になって2ヵ月後、極真会館から呼び出された。
「押忍」
と館長室に入ると大山倍達はいきなりいった。
「お前、四国へ行け」
「・・・・・・」
「芦原、私が死ねといったら死ねるか!」
「押忍」
「四国へ行って空手を広めてこい」
ブラジルと四国では、同じ空手の指導員でも格が違う。
しかし芦原英幸は、また空手ができるだけでもうれしかった。
2日後、1967年3月27日の21時15分には夜行に乗って東京を発った。
着の身着のまま。
持っているのは極真会館から支給された交通費10000円で買った片道切符と道着の入ったバッグを1つだけだった。
列車は東海道を西に向かって走り、翌朝、岡山県に到着。
ここからフェリーで四国へ。
そして再び電車に揺られ、目的地の愛媛県東宇和郡野村町(現:西予市野村町)に到着。
野村町は小さな町で、ここに指導を依頼された道場があった。
生徒は5人。
芦原英幸は3畳半のアパートに入り、空手の指導だけでは収入が足りないので、出前のアルバイトをした。
少しして生徒たちと毛利松平のところへあいさつに行き、その帰りに食堂に入った。
しかしお金があまりなく、ご飯だけを頼み6人でテーブルに並んだご飯に醤油をかけたり塩をかけて食べた。
 (1990394)

四国へ渡って3ヵ月後、至急戻るよう極真会館から連絡が入った。
手持ちが500円しかなく腕時計を質に入れて久しぶりに東京へ戻った。
しかしまったく大山倍達から呼ばれず、毎日稽古をしていた。
2週間たってもお呼びがかからず、その間に四国から手紙が何通も来ていた。
芦原英幸は自分から館長室を訪ねた。
「四国へ帰ってもよろしいでしょうか?」
すると大山倍達はいった。
「君はもう行かなくていい。
ブラジルへ行け」
禁足処分中の廃品回収業務と四国で3ヵ月苦労したことで、再度、ブラジル行きが認められたのである。
当然、芦原英幸はブラジルに行きたかったが、野村町の5人のことがひっかかった。
「四国の道場はどうなるんでしょうか?」
5人を捨てて自分だけいい道に行くことはできない。
「このままではあいつらがかわいそうですよ。
あそこは潰れてしまいます」
「芦原、私のいうことが聞けないんだったら今度こそ破門だ!」
「・・・・・・」
どうしたらいいかわからず立ちつくしていたが、やがて決めた。
「長々とお世話になりました」
そういって頭を下げて館長室を出た。
トボトボ歩いて地下のロッカールームで着替えていると後輩が走ってきた。
「先輩、館長が呼んでおられます。
四国へ行っていいそうです」

聖地 八幡浜

 (1990396)

こうして四国へ戻り指導を続けた。
やがて空手を広めるには野村町はどうしても小さすぎると感じ始め、新しい道場をオープンする場所を探し始めた。
まず宇和島へいってみた。
宇和島は規模は大きいが位置が南すぎた。
次に八幡浜にいってみた。
前は海、後ろは山に囲まれた町で、人口が多い宇和島市と松山市の中間に位置し、九州行きのフェリーが出ていた。
この町が気に入った芦原英幸は、練習場所を探した。
そして警察の道場を借りることができた。
稽古に励みながら、ポスターをつくり、町を道着姿でランニングしたり、港でデモンストレーションを行った。
3ヵ月後には道場生は55人になった。
東京で初めて行われた全国支部長会議で
「私は八幡浜という小さな町で、現在55名の会員で頑張っております」
と発表すると、どの支部よりも人数が多かった。
 (1990397)

道場生が空手の基本を覚え、空手の動きができてくると組手を始めた。
かかってくる生徒に軽くパンチと蹴りを入れた。
するとみんな倒れてしまう。
寝ている生徒をまぐろのように道場の隅に並べた。
毎日そんなことを繰り返していると55人いた道場生はアッという間に5人になってしまった。
東京で指導しているときは、来なくなった者が悪いと思っていた。
改めて空手で食っていく難しさと厳しさを思い知った。
以後、入会者が安心、安全に学べ、極力ケガをせず強くなれるプロセスを考え始めた。

捨て犬を飼うことに

道場生が5人になった途端、警察の道場は借りられなくなった。
とにかく練習を続けるため、車庫、魚市場、集会場、野天・・・
日替わりで練習場所を転々とした。
稽古が終わると夜遅くまでポスター貼り。
ケガをしてもお金がないので病院にも行けず杖をついて稽古した。
なにも食えず水を飲んでしのいでいると道場生の頭がカツ丼にみえた。
「早く死にたい」
「楽になりたい」
とも思ったが弱音は吐かなかった。
道場生の前では努めて明るく振舞った。
またこの頃、生後間もない犬を拾った。
捨てられ栄養失調でフラフラしていた。
芦原英幸に常にその犬を連れ、犬はいつもその周りをチョロチョロしていた。
芦原英幸にとって自分を頼ってくれる子犬は励みになった。
一生懸命に稽古に取り組む道場生もがんばる理由となった。
激しい練習後の雑談や屈託のない笑顔がたまらなかった。

OLD Karate (Ashihara Hideyuki).avi

やがて再び道場生の数は増え、野村町、八幡浜に加え、宇和、宇和島にも練習場ができた。
この頃、芦原英幸の指導は、親切丁寧で優しく、組手もパンチや蹴りは出さず掌底だけで対応した。
笑顔で指導する芦原英幸を古い道場生は逆に恐れた。
あるとき110㎏を超える大きな道場生が入門してきた。
その体力と体重を活かした組手で楽しそうに道場で練習していた。
稽古後、芦原英幸と道場生が銭湯に行ったときのこと。
その道場生が湯船でいった。
「芦原先生の手は速くて怖いけど蹴りは怖くない」
借りものではなく常設道場建設のため、いま辞められては困ると特に優しく指導していた芦原英幸は答えた。
「よっしゃ!
じゃあ次の稽古では蹴りに注意してくれ」
そして次の稽古の日、組手の時間になるとその道場生は芦原英幸の前に立った。
そして右の蹴りから右のパンチを放った。
芦原英幸はそれを流して、左の掌底で相手の右肩を押しつけ、相手の左顎に右のハイキックを入れた。
その道場生は倒れ、痛さのためのたうちまわった。
芦原英幸はそれを道場の隅に引きずっていった。
 (1990693)

芦原英幸が四国に来て3年、1970年6月15日、八幡浜道場ができた。
八幡神宮前、JR八幡浜駅から徒歩3分。
板張りの42坪の道場は「芦原空手」の聖地である。
建設中、大工と賭けをして、壁にパンチで穴を開けたら3倍に補強してくれと頼んだ。
そして思い切り壁にパンチを入れて穴をつくり約束通り壁を3倍に補強してもらった。

手裏剣

 (1990697)

道場の前の石垣にマムシの巣になっていたので、マムシをみたら手裏剣で仕留めた。
芦原英幸は手裏剣投げの名人だった。
手裏剣は鉄を加工して自らの手でつくった。
それを急所を狙って投げるのだが、その命中率、殺傷能力は共に高かった。

Aバトン

104 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【空手家】八巻建志(前編) ~それはふざけた兄が入れたソリコミから始まった~

【空手家】八巻建志(前編) ~それはふざけた兄が入れたソリコミから始まった~

その肉体、その身体能力、その空手は圧倒的。極真空手の全日本大会と世界大会で優勝。100人組手という荒行も達成した。しかしその格闘技を始めたきっかけは、兄がふざけて入れた剃り込み、そしてイジメに対する報復だった。
RAOH | 10,621 view
佐竹雅昭  生涯一空手家 永遠の空手バカ

佐竹雅昭 生涯一空手家 永遠の空手バカ

あくまで最強の男を目指し、「闘志天翔」というテーマと、「1位.夢、2位.健康、3位.お金」という人生価値観を実践し続ける男。 空手を武器に総合格闘技のリングにも立った空手バカ一代男は、90年代の格闘技ブームの立役者となった。 批判されることもあるけど、ほんとうに強いし、ほんとうにナイスガイ。 間違いなく格闘技ヒーローである。
RAOH | 22,865 view
大山倍達の真実   Truth of  God Hand

大山倍達の真実 Truth of God Hand

空手バカ一代とい漫画で、初めて知った実在の男:大山倍達。 日韓併合、朝鮮半島分断、戦後という特殊な事情から彼の素性はすり替えられた部分もあった。 最近になって、それらが明らかにされ、クリアになってきた。 しかしいくらクリアになっても、変わらなかったのは、大山倍達という人の圧倒的な強さと人間的魅力だった。
RAOH | 22,751 view
沢村忠 真空飛び膝蹴り、キックの鬼、不滅のスーパースター、不屈のサムライスピリット、そして失踪、その伝説に迫る

沢村忠 真空飛び膝蹴り、キックの鬼、不滅のスーパースター、不屈のサムライスピリット、そして失踪、その伝説に迫る

幼い頃からノンコンタクト空手を学び大学で日本チャンピオンになる。「タイ式ボクシング(ムエタイ)こそ地上最強の格闘技だ。」 そう挑発されてムエタイに挑戦。初戦をKO勝ちして自らの「地上最強の格闘技は空手」説を証明。しかし2戦目に16度もダウンさせられ病院送りに。伝説はここからはじまった。
RAOH | 51,097 view
【空手家】八巻建志(後編) ~俺の前に立ったら30秒と立たせておかない~

【空手家】八巻建志(後編) ~俺の前に立ったら30秒と立たせておかない~

極真空手の全日本大会で初優勝した八巻建志 は、自分は日本一、世界一強いと思った。 しかしその後、バイク事故で彼女に大ケガを負わせてしまう。 以後、5年間、地獄をさまよった後、復活し、2度目の全日本大会優勝、100人組手達成、世界大会優勝。 最強の空手家となった。
RAOH | 9,762 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト