角田信朗  冷徹なリングでモロに感情を露出させる愛と涙と感動のファイター!
2018年5月24日 更新

角田信朗 冷徹なリングでモロに感情を露出させる愛と涙と感動のファイター!

K-1や空手のトーナメントでの優勝経験ナシ。 なのに正道会館の最高師範代であり、メディアへの露出度も多い。 特筆すべきは彼の試合は、その人間性や感情があふれ出てしまうこと。 これは選手としても、レフリーとしてもそうで、インテリとむき出しの感情を併せ持つ愛と涙と感動の浪花男なのである。 最近、ダウンタウンの松本人志との騒動が話題になり、角田信朗の人間性を批判する人もいるが、私はその批判している人の人間性を疑っています。

5,868 view

タイソンとゴリとゴジラと角田信朗

マイク・タイソンがホリフィールドに耳を返す。 Mike Tyson Bites Holyfields Ear Return and Apology

角田信朗は静岡県沼津市の大平小学校では、成績はオール5だった。
しかし大阪府羽曳野市立高鷲小学校に転校後、変わってしまった。
「よろしくどうぞ」
関東弁で丁寧にあいさつする少年に大阪は牙をむいた。
自己紹介をして1時限目の授業を受けた後、わざわざ4年6組から角田信朗のいる4年4組まで、マイク・タイソンのような顔をした通称:タイソン桑木とその子分がやってきてメンチを切りながら(にらみながら、ガンを飛ばしながら)いった。
「オカン(母親)にいうなよ」
「・・・・」
角田信朗は恐怖でなにもいえなかった。
この威嚇行為は3日間、休み時間ごとに続いた。
そして4日目の下校後、家にいた角田信朗にお迎えが来た。
「かーくーだーくん、遊ぼ」
玄関にはニヤニヤ笑タイソン桑木が立っていた。
恐怖にすくむ角田信朗を母親は友達ができたことを喜び送り出した。
タイソン桑木と数人に囲まれ角田信朗は歩きだした。
会話は一切なかった。
数分後、角田信朗は袋小路に連れてこられ、いきなりタイソン桑木に殴られた。
そして倒れたところを全員に蹴られ唾をはかれた。
見上げるとみんな笑っていた。
その中には、通称:ゴリと呼ばれていた水谷という女子も混じっていた。
家に帰った角田信朗は玄関に入るなり泣き崩れ、土間を叩いて悔しがった。
以後、チクリ(密告)を警戒したのか、タイソン桑木の威嚇はなくなった。
(大人になってからテレビ番組の企画で角田信朗は彼らと再会。
当時のことを笑い話にして、タイソン桑木とは腕相撲をして勝ち、ノーサイドとなった)

★ゴジラの鳴き声

また転校前の学校と、転校後の学校では教科書が違っていた。
以前の学校ですでに習っていたことは問題ないが、自分はまだ習っていないが他のみんなはすでに習っていることもあった。
角田信朗がわからなくても、かまわず授業は進んでいくため、勉強についていけず成績は急落し、通知表にはみたこともない2や3が並んだ。
自信を失った角田信朗は友達をつくらず、休み時間には1人でゴジラの絵を描いた。
周囲も疎み、道徳の時間には
「何故、角田君を仲間外れにするのか」
が議題となった。
(それこそ1番の仲間外れやんか!)
と思いながら黙って下を向いていた。

ブルース・リー

Top 10 Bruce Lee Fight Scenes in movies

中学生になり、角田信朗はブルース・リーにハマった。
鍛え抜かれた肉体。
ほんもののアクションシーン。
圧倒的な強さと哲学的思想を併せ持つ武道家。
彗星のごとく現れたスーパーヒーローは、たった4本
(未完成の「死亡遊戯」を含めれば5本)
の作品を残し32歳で他界。
しかも死因は謎。
角田信朗は、学生服の白いカラーを外し、金色のボタンを黒色に替え、ズボンの裾に自分でホックを縫い付けて細く足首に巻き付け、学生服をカンフー着に改造した。
すりこぎ2つと鎖を買ってヌンチャクをつくった。
そして回し蹴り、後ろ回し蹴りを練習。
167㎝50㎏のガリガリボディを改造するためブルワーカーを購入した。

Fist of Fury(1971)-Fist of Fury (Main Theme)

そして映画「ドラゴン怒りの鉄拳」のテーマ曲「Fist of Fury」を、中学で習いはじめたばかりの英語力で必死に歌詞カードを読んで歌った。
学生服をカンフー着にし、レコードをかけながらセリフをまねし完全になりきった。
そして学校の授業でも英語が得意になった。

牛を一撃で倒した男 大山倍達 MAS OYAMA - THE GOD HAND med-135 DVD CM

散髪屋で順番待ちをしていたときにみていた週刊プレイボーイに
「ブルース・リーのカラテはねえ、ありゃあ君ぃ、シャモのケンカだよ」
というコメントが見出しに掲載されていた。
「俺の尊敬するブルース・リー先生に何をいう!」
角田信朗は許しがたいコメントの主を紙面に探した。
するとそれは極真空手の大山倍達だった。

2014 大阪大学少林寺拳法部 夏合宿 乱捕り 乱取り 運用法

ブルース・リーの映画とマンガ「空手バカ一代」によって空手ブームが起こっていた。
中学3年生の角田信朗は、剛柔流空手の通信教育を始めた。
しかし筆記試験でむなしくなり3ヵ月でやめた。
次に有段者になるとカンフー着のような上着を着ることができるという少林寺拳法を習い始めた。
当時の少林寺拳法の試合では「乱取り」と「組演武」があった。
角田信朗は、グローブと胴当てをつけたスパーリングで顔面をボコボコにされた。

ケンカ空手か?人食い熊か?

Willie "Bear Killer" Williams

極真空手をドキュメントタッチで描いた映画「地上最強のカラテ」は大ヒットしたが、角田信朗はブルース・リーのカンフーを「シャモのケンカ」呼ばわりした大山倍達を否定していたので観にいくことはなかった。
「空手バカ一代」のマンガもアニメもみなかった。
しかし「地上最強のカラテPART2」のキャッチコピー「極真ケンカ空手か?人食い熊か?」にやられてしまい、ついに映画館に足を運んでしまう。
2m100㎏のウィリー・ウィリアムが、2m50㎝、320㎏の灰色熊と戦うシーンをみて、ブルース・リー信仰は失せた。
決してブルース・リーを否定するわけではないが極真空手には幻想ではないリアリズムがあった。
すぐにマンガ「空手バカ一代」を全巻揃え、読破。
大山倍達の著書もむさぼり読んだ。

空手バカとなる

昭和48年 極真 空手バカ一代{実写映像 Kyokushin {Karate Baka ichi dai }1973

角田信朗は奈良県立生駒高校に進んだが、人生の中心は空手バカ一代だった。
極真空手の道場に入る前に
「極真の稽古は地獄稽古」
「黒帯に到達できるのは入門者500人に1人。
時期によっては1000人に1人という狭き門」
という極真空手の稽古に耐えられる体づくりをしなければならないと思った角田信朗は、マンガ「空手バカ一代」の中で大山倍達や芦原英幸が行っていたトレーニングを実践した。
庭に成長の早い葦の種をまいて、毎日、その上を飛び越える訓練を行った。
しかし腰の高さくらいまで伸びると、
「庭が汚ない」
といって母親が苅ってしまった。
両親に買ってもらったバーベルとベンチプレス台をガレージにおいてトレーニングを開始。
ベンチプレスは40㎏からスタートし、重さを少しずつ重くしていく。
やがて挙がらなくなると、キリを持った弟にお尻を刺させた。
「ウギャー」
痛さでバーベルを胸の上に落してしまい死にかけの兄と
「アハハハッ」
と笑う弟だった。
249 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

佐竹雅昭  生涯一空手家 永遠の空手バカ

佐竹雅昭 生涯一空手家 永遠の空手バカ

あくまで最強の男を目指し、「闘志天翔」というテーマと、「1位.夢、2位.健康、3位.お金」という人生価値観を実践し続ける男。 空手を武器に総合格闘技のリングにも立った空手バカ一代男は、90年代の格闘技ブームの立役者となった。 批判されることもあるけど、ほんとうに強いし、ほんとうにナイスガイ。 間違いなく格闘技ヒーローである。
RAOH | 25,623 view
黒澤浩樹  圧倒的な空手家  驚異の下段回し蹴り 格闘マシン  ニホンオオカミ 反骨の戦士

黒澤浩樹 圧倒的な空手家 驚異の下段回し蹴り 格闘マシン ニホンオオカミ 反骨の戦士

他の一切を拒否し「最強」を目指すことのみに生きた男。 敵の脚と心をへし折る下段回し蹴り(ローキック)。 ルール化された極真空手の試合においても、ポイント稼ぎや体重判定、試割判定で無視し、倒すこと、大きなダメージを与えることを目指す姿は、まさに孤高のニホンオオカミ。 また指が脱臼し,皮だけでぶら下がっている状態になったり、膝の靱帯が断裂しグラグラになっても、絶対に自ら戦いをやめない格闘マシン。 総合格闘技やキックボクシング(K-1)への挑戦し戦い続けた反骨の戦士。 黒澤浩紀は、最期まで退くことを知らず死んでいった。
RAOH | 7,361 view
芦原英幸 「ケンカ買わない?」とケンカを売り「それ空手?」と道場破り「アンタ「牛殺しの大山」といわれちょるんでしょ」と大山倍達にさえケンカを売った恐怖の男

芦原英幸 「ケンカ買わない?」とケンカを売り「それ空手?」と道場破り「アンタ「牛殺しの大山」といわれちょるんでしょ」と大山倍達にさえケンカを売った恐怖の男

その強さは、猛者ぞろいだった初期の極真空手の中でも飛び出た存在。 真正面から打ち合うのではなく、一歩後ろ、一歩サイド、相手の技が届かないところから、いかに自分の技を届かせるかという空手。 そして決して負けることを許さない強烈な闘争本能。 道場の外でもヤクザ相手のストリートファイトや道場破りで名を売り恐れられた。 陰湿なこと、卑怯なことを嫌い、そのために多くの戦いを挑んだが、その中には師:大山倍達さえいた。
RAOH | 38,416 view
【空手家】八巻建志(前編) ~それはふざけた兄が入れたソリコミから始まった~

【空手家】八巻建志(前編) ~それはふざけた兄が入れたソリコミから始まった~

その肉体、その身体能力、その空手は圧倒的。極真空手の全日本大会と世界大会で優勝。100人組手という荒行も達成した。しかしその格闘技を始めたきっかけは、兄がふざけて入れた剃り込み、そしてイジメに対する報復だった。
RAOH | 18,272 view
【空手家】八巻建志(後編) ~俺の前に立ったら30秒と立たせておかない~

【空手家】八巻建志(後編) ~俺の前に立ったら30秒と立たせておかない~

極真空手の全日本大会で初優勝した八巻建志 は、自分は日本一、世界一強いと思った。 しかしその後、バイク事故で彼女に大ケガを負わせてしまう。 以後、5年間、地獄をさまよった後、復活し、2度目の全日本大会優勝、100人組手達成、世界大会優勝。 最強の空手家となった。
RAOH | 27,002 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト