ボーカルの笹野みちるの力強い歌が魅力的なバンド『東京少年』
2017年1月31日 更新

ボーカルの笹野みちるの力強い歌が魅力的なバンド『東京少年』

らんま2分の1のエンディング曲を歌った事でも有名です。ボーカルの様々なジャンルを扱った歌詞がとても良かったです。

11,501 view

東京少年

1988年、同志社大学在学中の笹野を中心に結成。バンド名は、考えていた際にたまたま「東京少年」と書かれた筆箱があったことから命名したという。
デビューアルバム『東京少年』(1988年11月21日発売)

デビューアルバム『東京少年』(1988年11月21日発売)

11月ビクターより、アルバム『東京少年』でデビュー。

デビュー時のメンバーは笹野みちるのみであった。

全ての作詞を笹野が担当。作曲も全て笹野(ex.「道の上」「サイレントメビウス 〜Sailing作曲中村英夫」)。11月ビクターより、アルバム『東京少年』でデビュー。

東京少年 HIGH SCHOOL DAYS - YouTube

アルバム『東京少年』に入っていた『HIGH SCHOOL DAYS 』
出典 youtu.be
1989年、サポートメンバーが東京少年の正式メンバーとして加入。
ギターの手代木克仁(TESSHII) ・ベースの中村英...

ギターの手代木克仁(TESSHII) ・ベースの中村英夫(中村コメタロー)・ キーボードの 水上聡

前作に引き続きホッピー神山のプロデュースのもと、アルバム『原っぱの真ん中で』を作成。本作以降、作曲に他のメンバーも参加するようになる(作詞は笹野みちる)。
アルバム『原っぱの真ん中で』(1989年6月7日発売)

アルバム『原っぱの真ん中で』(1989年6月7日発売)

出典 ameblo.jp

東京少年 - 針とパズル - YouTube

アルバム『原っぱの真ん中で』に入っている曲、『針とパズル』
出典 youtu.be
1990年、ミニアルバム『陽のあたる坂道で』発表後、ホッピー神山の手を離れ以降セルフプロデュースで作成を続ける。
アルバム『陽のあたる坂道で 』(1989年発売)

アルバム『陽のあたる坂道で 』(1989年発売)

その後1990年アルバム『僕等を探して』を発表する。
アルバム『僕等をさがしに』 (1990年発売)

アルバム『僕等をさがしに』 (1990年発売)

東京少年は順調に活動し、
アルペンの「スーパースキー」CMソングに「Shy Shy Japanese」が採用され、スマッシュヒット。同年、アニメ『らんま1/2』のテーマに「プレゼント」が採用される。
シングル『Shy Shy Japanese』(1990...

シングル『Shy Shy Japanese』(1990年11月7日発売)

出典 ameblo.jp

Say Shy Japanese - YouTube

アルペンのCMソング。
出典 youtu.be
シングル『プレゼント』(1990年8月21日発売)

シングル『プレゼント』(1990年8月21日発売)

東京少年 - プレゼント - YouTube

アニメ「らんま1/2熱闘編」エンディングテーマ ソング
『プレゼント』は、アルバム『僕らをさがしに』にも入っています。
出典 youtu.be
1991年『帰り道』を発表する。
43 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『FAIRCHILD』20歳の頃のYOUが、ボーカルとして活躍した伝説のバンドだった!!

『FAIRCHILD』20歳の頃のYOUが、ボーカルとして活躍した伝説のバンドだった!!

バンド『FAIRCHILD(フェアチャイルド)』は、現在タレントとして活動するYOU、元SHI-SHONENの戸田誠司・川口浩和が結成した3人組の音楽ユニットで、テクノ風のポップな曲が特徴でした。
星ゾラ | 8,641 view
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 121,668 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 99,545 view
スラムダンクの主題歌で大ヒットしたさわやかロックバンド『BAAD』

スラムダンクの主題歌で大ヒットしたさわやかロックバンド『BAAD』

90年代のビーイング系バンドとしては、珍しく織田哲郎、栗林誠一郎による楽曲提供を受けていませんでした。恋愛を中心の歌詞とボーカルの歌声が胸に響きます。
星ゾラ | 9,102 view
人気絶頂だったBOØWYの解散理由は? ネット上の様々な見解をまとめてご紹介します。

人気絶頂だったBOØWYの解散理由は? ネット上の様々な見解をまとめてご紹介します。

「BOØWY」が学生時代に最高にハマったバンドだった方は多いことでしょう。80年代に一気に頂点まで上り詰めて走り去っていったBOØWY、彼らの解散理由はいまだに語り続けられるテーマです。
青春の握り拳 | 201,703 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト