【修羅の門】全日本異種格闘技選手権・羽山悟との試合を振り返る!
2020年4月22日 更新

【修羅の門】全日本異種格闘技選手権・羽山悟との試合を振り返る!

前回の記事では第二部の始まりからキックボクサー・竹海直人との試合を振り返りましたが、今回は総合格闘技であるシュートの羽山悟との激戦を振り返っていきたいと思います。心優しき天才にして、獅子としての闘志も持ち合わせる彼との試合を掘り下げていきますので、どうぞ記事をご覧になってください。

698 view

『修羅の門』とは?

『修羅の門』

『修羅の門』

分野 :格闘漫画
作者 :川原正敏
掲載誌:少年月刊マガジン
発表号:1987年5月号
    ~1996年12月号
巻数 :全31巻
『修羅の門』(しゅらのもん)は、川原正敏による日本の漫画作品。千年に亘り不敗を誇るとされる架空の古武術・陸奥圓明流の継承者である陸奥九十九(むつ つくも)を主人公とし、陸奥圓明流が地上最強であることを証明するため、彼が様々な強敵達と戦う様を描く格闘漫画。

九十九を意識する本命の出場者たち

全日本異種格闘技選手権が開催されることのきっかけとなった九十九の存在は、今大会の多くの出場者が意識するところ。キックボクサー・竹海を見事に倒した九十九でしたが、本命と呼ばれる出場者の第一回戦も行なわれ、順当に次々と勝ち進んでいくのでした。
しかし、シュートの羽山悟・プロレスの飛田高明・鬼道館の片山右京・神武館館長の龍造寺徹心、優勝を有力視される選手たちの勝利にはひとつの共通点がみられ、それは上段回し蹴りで対戦相手をKOしているところにありました。
九十九はキックボクサーの竹海に対して、見事な上段回し蹴りを極めて勝利したことで、九十九の存在を強く意識する本命の出場者たちも同じ技でそれぞれの対戦相手を倒すことにこだわっていたのでした。それはそれぞれの出場者はお互いのことを気にもせず、ただ一人・九十九にだけ標準を定めていることの意思表示であり、九十九に対して叩きつけられた挑戦状だったのです。

グローブはずしていいですか?

九十九との試合前、シュートの羽山は師匠であるライガー剛に尋ねます。

「会長、グローブはずしていいですか?」

もともと気の優しい羽山は、プロの格闘家であることもあって、グローブをはずしてベアナックルで戦う出場者が現れたとしても羽山だけはグローブをはずさないと言われていました。そして、羽山の言葉にはライガー剛も驚きましたが、羽山から発せられている熱量は只事ではなく、目の前にいる羽山はいつもの穏やかな天才ではなく、獅子と化していることを察するのです。
シュートは格闘技としてメジャーではないため、いつもなら体面や体裁といったところに配慮する姿勢をみせる羽山。しかし、九十九は、羽山をここまで熱くするほどの対戦相手だということの表れでもありました。その気持ちを汲んだライガー剛は、羽山の両拳につけられたグローブをはずし、獅子としての羽山の意思を尊重して、その闘志を試合会場に解き放つのでした。

陸奥九十九VS羽山悟

対戦する九十九と羽山、お互いにベアナックルの状態で舞台に立ち、いよいよ全力をもって戦うことを約束した試合が始まります。
開始直後、両者の考えはまったく同じ。上段回し蹴りの打ち合うかたちとなり、双方ともにクリーンヒットしてしまいます。体格的に小さい九十九は派手に吹っ飛んだため、互格にみえた上段回し蹴りの打ち合いは羽山が打ち勝ったように見えました。しかし、その後、羽山も床にヒザをつき、九十九の上段回し蹴りによってダメージを受けていました。
このことでお互いの攻撃の質の違いが明らかになり、羽山は体重やパワーを活かした攻撃をするのに対して、九十九は効率性が高くて100%の力をダメージに転化するような攻撃をしていたのです。
羽山が本気のパンチを打つ

羽山が本気のパンチを打つ

じつは羽山の得意技はパンチで、シュートのデビュー戦ではその威力から対戦相手を再起不能にしてしまったほど。そんな背景もあって、もともと気の優しい羽山は、それからの試合では本気のパンチを打つことはありませんでした。
しかし、グローブをはずして試合に臨んでいる羽山は、全力のパンチを九十九に打ち込むつもりでいるようです。まずは羽山の素手の加減をしたパンチの応酬に対して、九十九はガードして凌ぎ、その攻撃を全て耐えきってみせます。
そして、とうとう羽山は九十九を殺す気で100%本気のパンチを放つのでした。これに対して、九十九も正拳を打って対応しようとしますが、リーチ差があるため、九十九の正拳は羽山に届かず、羽山の拳を額で受け止めるようなかたちになりました。完全に羽山の攻撃が九十九にクリーンヒットしたように見えましたが、その瞬間、羽山の拳の小指から腕にかけて皮膚が裂けて鮮血が吹き出しました。
九十九は「陸奥圓明流・牙斬」と言うと、余裕のある表情をみせました。相打ちを仕掛け、届かなかったように見えた九十九の正拳は陸奥圓明流の技で、羽山のパンチを見切って、その小指辺りに、ねじり込むように正拳を打つことで羽山の拳に怪我を負わせたのです。
これに対し、羽山は「面白い」と言うと、怪我して流血している拳で、再び全力のパンチを九十九に打ち込みます。九十九は牙斬で対応して、今度は羽山の拳や小指の骨を砕いてしまうほどのダメージを与えるのでした。羽山のパンチは九十九に通用しないと思われましたが、拳を砕かれたはずの羽山は「見切った」と言い放ちます。
そして、羽山は故障していない左拳で、再び九十九に全力のパンチを打ち込もうとします。
羽山が陸奥圓明流・牙斬を破る

羽山が陸奥圓明流・牙斬を破る

左右が逆であっても、九十九は牙斬で対応。右拳と同じように羽山の左拳を狙おうとしますが、羽山のパンチの軌道が変化して、羽山の左拳と九十九の右拳が真正面からぶつかり、九十九は後方に吹き飛んでしまうのでした。
これこそ、羽山の「見切った」という発言の真意で、羽山は九十九の打つ拳を狙い、敢えて自分の拳をぶつけて牙斬を破ってみせたのです。これで再び羽山が優勢になると思われましたが、今度は羽山のパンチに対応して、九十九は第一回戦のキックボクサー・竹海との試合でつかった蛇破山の変形をみせて、羽山のみぞおちにヒジを打ち込むのでした。
陸奥圓明流VSシュート

陸奥圓明流VSシュート

羽山は全力で九十九と戦いましたが、試合の中で敵わないことを察するようになります。しかし、シュートという格闘技の未来を背負って戦っている羽山。この試合で負けるわけにはいかないという強い気持ちが限界を迎えた羽山の体を動かすのでした。
羽山はパンチにこだわるのを止め、シュートの技をつかって、キックや投げ技をつかった本来のシュートスタイルで九十九に挑み続けます。羽山の放った蹴りを、九十九はヒジ・ヒザではさんだ交差法で受け、その脚を叩き折ってしまいます。
それでも羽山の戦意は衰えず、まだ九十九に向かっていこうとするのでした。ここで意を決した九十九は、羽山の腕をとると背後を奪い、背負い投げのような技に持ち込みます。一般的な柔道の背負い投げと違うところは、腕をとって、相手の背後に回って、逆関節を極めるように腕を背負って投げるところです。この時点で羽山の腕は折られていますが、さらに頭部から地面に落とすように投げ、着地する瞬間に頭部へ蹴りを入れて一瞬のうちに戦闘不能にしてしまいました。
九十九の口から語られた技名は「陸奥圓明流・雷」。まさに相手の生命を奪うための技で、会場は一気に静まり返ってしまうのでした。

真の勝者・敗者

ここまで凄惨な技をつかって羽山を倒したことに、舞台袖で見守っていた羽山の師匠であるライガー剛は「ここまでする必要はなかった」と詰め寄る場面があり、その言葉に対し、九十九は「羽山悟は本物の獅子だったから雷をつかった」と答えます。
ここでライガー剛は最後まで戦い抜いた羽山の戦いぶりを思い返して、冷静さを取り戻し、それに応えて戦った九十九に感謝するような態度をとります。確かに危険な技を繰り出したのは事実ですが、ギリギリのところで手加減されていて、羽山は大怪我をしていますが、死んでしまうかもしれないといった状況ではありません。
死ぬかもしれないというところまで自分自身を追い込み、全力を出して戦い抜いたからこそ、心の奥底にズシンと響くものがあるような気がしますよね。

『修羅の門』第二部を読み直そう

残念ながら『修羅の門』はアニメ化されていませんので、原作コミックを読んで試合展開を楽しんでください。
22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【修羅の門】全日本異種格闘技選手権・飛田高明との試合を振り返る!

【修羅の門】全日本異種格闘技選手権・飛田高明との試合を振り返る!

前回までの記事ではキックボクサー・竹海直人やシュート・羽山との戦いを振り返ってきましたが、今回はプロレスラーの飛田高明との試合についてピックアップしていきます。圧倒的なタフネスやパワーに対して、九十九はどのような戦いぶりを見せてくれるのか、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 640 view
【修羅の門】全日本異種格闘技選手権・竹海直人との試合を振り返る!

【修羅の門】全日本異種格闘技選手権・竹海直人との試合を振り返る!

これまで物語の始まりとなる第一部を徹底的に紹介してきましたが、今回からは第二部に突入して本格的に『修羅の門』らしい展開になっていきます。全日本異種格闘技選手権が開催されるまでの流れ、そして初戦のキックボサクー・竹海直人との戦いを振り返っていきますので、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 651 view
【修羅の門】アメリカ×ボクシング編!エドワード・ヒューズとの対談!

【修羅の門】アメリカ×ボクシング編!エドワード・ヒューズとの対談!

前回の記事では第三部の始まりを紹介させていただきました。テディを口説いて、九十九はアリオスを対戦するため、とうとうアメリカでボクシングのリングに上がることになります。しかし、ここからも一筋縄では進まず、世界一の大富豪であるエドワード・ヒューズの助けは必要不可欠です。それではヒューズと九十九の対談の内容について振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 831 view
【修羅の門】アメリカ×ボクシング編!テディ・ビンセントの口説き文句!

【修羅の門】アメリカ×ボクシング編!テディ・ビンセントの口説き文句!

前回までの記事では第一部・第二部の内容を網羅するかたちで振り返ってきましたので、ここからは第三部に突入して、さらに熱い展開を迎えるボクシング編を紹介していきます。主人公・九十九がただ単にボクシングをするのではなく、本場のアメリカでプロボクサーとなり、ヘビー級のリングに上がるというのですから驚きですよね。
tsukumo2403 | 790 view
【修羅の門】全日本異種格闘技選手権・不破北斗との試合を振り返る!

【修羅の門】全日本異種格闘技選手権・不破北斗との試合を振り返る!

今回の記事は、第二部の終わりで同門対決となる九十九と不破北斗との試合を振り返っていきたいと思います。全日本異種格闘技選手権の準決勝で起きた番狂わせの様子も合わせてピックアップしていきますので、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 827 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト