2016年7月11日 更新

沢村忠 真空飛び膝蹴り、キックの鬼、不滅のスーパースター、不屈のサムライスピリット、そして失踪、その伝説に迫る

幼い頃からノンコンタクト空手を学び大学で日本チャンピオンになる。「タイ式ボクシング(ムエタイ)こそ地上最強の格闘技だ。」 そう挑発されてムエタイに挑戦。初戦をKO勝ちして自らの「地上最強の格闘技は空手」説を証明。しかし2戦目に16度もダウンさせられ病院送りに。伝説はここからはじまった。

18,203 view

沢村忠のものがたり

出典 youtu.be
 (1705450)

沢村忠
本名:白羽秀樹
1943年(昭和18年)1月5日、満州新京出身
法政大学第一高等学校(現:法政大学高等学校)ではラグビー部(ウィング)
日本大学(芸術学部映画科)では剛柔流空手道部に所属し3段
「蹴りの白羽」と呼ばれ全日本学生空手選手権優勝など約60戦無敗
キックボクシングでは241戦232勝(228KO)5敗4分け
(実際には500戦以上を戦っている)
東洋ミドル級、東洋ライト級チャンピオン
「キックボクシング」の立ち上げメンバーでありながら
タイでムエタイのチャンピオンと対戦し引き分けたり
必殺技「真空飛び膝蹴り」など派手な技でのKOも多く
キックボクシングの人気の火付け役となった
しかしそういった華やかさと対照的に
侍のような男らしさと不器用さを持った人であり
引退の仕方や引退後の人生などはかなり感動的で
その人間性こそ最高の魅力となっている

出典 youtu.be

空手の世界では無敗

満州国の首都・新京

満州国の首都・新京

父は満鉄(南満州鉄道株式会社、かつて満州国に存在した日本の特殊 会社)で仕事をしていた
沢村忠は
姉と兄に続いて3番目の子供として「新京」で生まれ
日本が敗戦後、引き揚げ者として日本に帰った
その帰国は悲惨を極めたが幸いなことに家族全員が帰国できた
「引き揚げ者」とは
第2次世界大戦までに
台湾・朝鮮半島・南洋諸島などの外地、
日本から多数の入植者を送っていた満州、
そして内地ながらソ連侵攻によって実効支配権を失った南樺太などに移住(居住)していた日本人で
日本軍の敗北に伴って日本本土に還った者を指す
北緯38度線以南の東南アジア、台湾、中国、朝鮮半島などからの引き揚げは比較的スムーズだったが
北緯38度線以北のソ連や満州、朝鮮半島では引き揚げが遅れた
とりわけ満州から混乱の中、帰国の途に着いた開拓者らの旅路は険しく困難を極め
食糧事情や衛生面から帰国に到らなかった者や祖国の土を踏むことなく力尽きた者も少なくない
現在に至っても中国大陸で親子生き別れ、死に別れとなった中国残留日本人孤児などの問題が残っている

祖父は中国唐手(トウテ)の正師範

 (1700050)

囲炉裏にくべる薪がなくなると白羽秀樹(後の沢村忠)の祖父は手刀(チョップ)で裏山の木を折って薪を取ってきた
祖父は中国唐手(トウテ)の正師範だった
白羽秀樹は枯れ木ではない生木を素手で折れるということに感動した
唐手は
中国の唐の時代に広まった日本の空手の源流となる武術である
白羽秀樹は唐手(とうで)に夢中になり懸命に練習に取り組んだ
5歳ごろから祖父直々の指導を受け始めて以来、15年間、マンツーマン指導を受けた

全日本学生チャンピオン

 (1700055)

日本大学に入学すると白羽秀樹は空手部に入部し3段まで取得
公式戦では60回以上戦って負け無し
当時の学生空手界で白羽秀樹という名は有名だった
「法政一高、日大へと進学した私は
子供の頃からストリートファイトを含め1度も負けたことはありません
日大3年で全日本学生チャンピオンになり空手の世界では無敗でした」
(沢村忠)
しかしある日を境に人生が一変する
野口修との出会いである

全日本学生空手道選手権大会 試合の様子

出典 youtu.be

野口修

キックボクシングを創り、沢村忠を育てた人

 (1700056)

出典 ameblo.jp
野口修は、
東京都文京区出身で
父親は元プロボクシング日本王者で野口ボクシングジム創始者のライオン野口
帝拳プロモーション会長であり日本プロボクシング協会初代会長でもある本田明に可愛がられ
プロボクシング界でレフェリーおよびプロモーターとして活躍した後
日本キックボクシング協会を設立し
沢村忠というスーパースターを世に送り出すことになる人物である

五木ひろしの生みの親

 (1700067)

また野口修は親交のあった作詞家:山口洋子のすすめで歌手の三谷謙と契約をしたこともある
三谷は「五木ひろし」へ改名し
『よこはま・たそがれ』が発売され再デビューを果たした

五木ひろし - よこはま·たそがれ

ボクシング界にも大きく貢献

 (1700066)

昭和30年代、
ボクシングは人気を集め
フジテレビ、日本テレビ、TBSなど民放各局はボクシングをレギュラー番組として放送した
しかしそのマッチメイクは全て日本人同士の対戦だった
「このままではいずれファンにも飽きられてしまう」
そう感じた野口はNET(現テレビ朝日)に日本人対外国人の試合を提案した
だがこれはあっさり却下された
外国から選手を呼んでギャラを出していては制作費が足りないというのだ
一番組の制作費はだいたい40万円前後が相場だった
「わかりました
では私は25万で引き受けましょう」
そんな金額で出来るわけがないと誰もが思ったが、
いったん口に出した以上引けない
野口は懸命に頭をひねった
試合会場を使用料5万円の後楽園の卓球センターから
1万円で借りられる浅草公会堂へ舞台を移した
浅草公会堂で行われた国際試合は毎回超満員で大変な盛況であった
そのうち他局からも
「選手を貸して欲しい」
と打診が出てくるようになり
野口は選手を貸し出しながら
東南アジアを中心に海外選手の発掘に出かけるようになった

浅草公会堂・伝法院通り付近

タイ式ボクシング(ムエタイ)との出会い

 (1700312)

中でもタイと特に太いラインが確立出来た
タイにはムエタイ(タイ式ボクシング)と呼ばれる格闘技があった
野口はパンチ・キック・膝蹴り・肘打ち、首相撲という幅広い打撃技を含むこの格闘技に興味をそそられた
さっそくボクシングの前座のエキビジョンマッチとしてタイ式ボクシングの試合を浅草公会堂で実現させた
殴るだけのボクシングに蹴るという要素が加わったムエタイが観客の目にどう映るか不安はあったが
観客の反応は悪くはなかった
タイ式ボクシングだけの試合を行ってみたが
こちらも観客は楽しんで見てくれたようで悪い感じはしなかった
手応えをつかんだ野口は、
日本人とムエタイの試合を実現させてみたくなった
日本人でムエタイとかみ合うのはやはり空手であろうか

極真空手家をムエタイにチャレンジさせる

 (1700275)

野口は極真空手の大山倍達を訪ね相談を持ちかけてみた
大山はあまり乗り気でない様子だったが野口は熱意で押し切った
そして黒崎健時、中村忠、藤平昭雄の3選手を借り受けた
野口と3人の選手はタイに渡った
ムエタイにはルンピニー(陸軍系)とラジャダムナン(王室系)の2大スタジアムがあり
彼らはバンコクでルンピニーの大物である陸軍大佐の家に1ヶ月滞在してトレーニングを積み試合に臨んだ
国技であるムエタイに日本の空手家が挑むということで
現地の一部では殺伐としたムードも起こった
街に「空手の奴らなど墓場送りにしてやる」などと書かれたポスターも貼られたという
ルンピニースタジアムに1万5000人の観客を集めて空手対ムエタイの試合は始まった
3人の極真空手家は壮絶な覚悟で戦った
黒崎はヒジ打ちを食らって顔面を切って敗れた
しかしその内容は壮絶なものだった
そして中村忠は強烈なパンチでKO勝ち
藤平もKO勝ち
ルンピニースタジアムの観客は3人の日本人の強さを認め賞賛の拍手を送った
翌日の新聞も大きくとり上げた

命名「キックボクシング」

 (1700543)

帰国後、野口はムエタイを日本はもとより、いずれは世界中に広めたいという構想を持った
だが日本の相撲と同じく国技であるムエタイは少し古風な習慣やルールがあるし
名前もムエタイやタイ式ボクシングではアピール度が弱い
世界に羽ばたく格闘技の名前として何かいいものはない
あれこれ考え
既に国際的に浸透しているボクシングという名称はどうしても使いたい
蹴りのあるボクシング・・・・キックボクシング!!
これなら世界中に通用するし何よりも分かりやすい
こうして日本キックボクシング協会を設立して今後この競技を日本に世界に広めて行こうと思った
 (1700277)

だがこの「キックボクシング」の名称はボクシング界から猛反発を食らった
そのようなわけのわからない競技にボクシングという名前を使うのはボクシングに対する冒涜だというのだ
理事会で散々責められることとなった
野口は日本ボクシング協会の常任理事を務めており
何よりもこれまでにボクシング界に多大な貢献をしてきたという自信があった
「キックのあるボクシングだからキックボクシングなんだ
この名前なら海外でも通用する
この名称だけは妥協するわけにはいかない」
と反発した
そのうち
「どうしてもそのような競技をつくるのならボクシング界から除名する」
という意見まで出た
野口も頭に来て
「何が除名だ
戦中戦後のボクシング界の創設には私の父親が多大な貢献をしている
戦後は私が海外に目を向け選手を発掘し、国際試合も実現した
東洋タイトルマッチも行われるようになり選手も世界に挑戦出来るようになったんだ
ではそのパイプ役を努めたのは誰なんだ
俺以外に誰がいるというんだ
俺以上に貢献してきた人間がこの中に1人でもいるというのか」
シーンとなった
実際、野口の言う通りであった
理事会は野口の言い分を認め
野口は常任理事の座を元日本フライ級チャンピオンであり自分の弟でもある恭に譲り
自分はボクシング界から引退とした
そして野口は安藤嘉章を会長に立てて日本キックボクシング協会を設立した
(現在、日本キックボクシング協会は日本キックボクシング連盟に統合される形で解散)
176 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所実家の押入れに眠ってる宝物、引っ張り出して来ませんか?

関連する記事こんな記事も人気です♪

「刀エクササイズ?」格闘技が何でもエクササイズに変わる昨今のエクササイズ事情。

「刀エクササイズ?」格闘技が何でもエクササイズに変わる昨今のエクササイズ事情。

世の中はエクササイズ花盛り。なんでもかんでもエクササイズな現代に、とうとう「刀」まで参入してきました。私たちは「ビリーズブートキャンプ」の衝撃が忘れられませんが、今の人たちはエクササイズの種類も多くて大変ですね。
佐竹雅昭  生涯一空手家 永遠の空手バカ

佐竹雅昭 生涯一空手家 永遠の空手バカ

あくまで最強の男を目指し、「闘志天翔」というテーマと、「1位.夢、2位.健康、3位.お金」という人生価値観を実践し続ける男。 空手を武器に総合格闘技のリングにも立った空手バカ一代男は、90年代の格闘技ブームの立役者となった。 批判されることもあるけど、ほんとうに強いし、ほんとうにナイスガイ。 間違いなく格闘技ヒーローである。
RAOH | 20,360 view
大山倍達の真実   Truth of  God Hand

大山倍達の真実 Truth of God Hand

空手バカ一代とい漫画で、初めて知った実在の男:大山倍達。 日韓併合、朝鮮半島分断、戦後という特殊な事情から彼の素性はすり替えられた部分もあった。 最近になって、それらが明らかにされ、クリアになってきた。 しかしいくらクリアになっても、変わらなかったのは、大山倍達という人の圧倒的な強さと人間的魅力だった。
RAOH | 20,463 view
プロボクサー大場政夫が「永遠のチャンピオン」と言われる理由

プロボクサー大場政夫が「永遠のチャンピオン」と言われる理由

大場政夫は、日本の高度成長期時代にプロボクサーを目指し、WBA世界フライ級王者になった。甘いマスクとスタイリッシュな体型が印象的なヒーローだった。23歳の若さで劇的な事故死を遂げ今も「永遠のチャンピオン」と言われその人生に注目が集まっている。そんな大場政夫のボクシング人生を辿ってみた。
フランシスコ・フィリォのトレーニング Training of Kyokushin Monster

フランシスコ・フィリォのトレーニング Training of Kyokushin Monster

地上最強の極真空手において、外国人初の世界大会優勝、100人組手も達成した。K-1にも参戦し「一撃」旋風を巻き起こした。その肉体、身体能力、技術など外的な強さだけでなく、サムライ的、精神的な強さも際立っている。
RAOH | 6,958 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト