「凄いゲームを連れて帰ろう」至高のゲーム機だったネオジオ(NEOGEO)
2019年12月20日 更新

「凄いゲームを連れて帰ろう」至高のゲーム機だったネオジオ(NEOGEO)

ゲーセンがそのまま楽しめる!!アーケードゲームの移植はどこまで忠実に再現できるか?だった時代、ネオジオはそっくりそのまま持ってくる強烈なインパクトを与えました。100メガショックの言葉も懐かしいネオジオについて。

3,734 view
「至高のゲーム機」といえば、皆さんはどのゲーム機を思い出しますか?

1年単位で圧倒的にゲームマシンが進化を続けていた20世紀、もっと王道なファミコン→スーパーファミコン→プレイステーションはもちろんのこと、その周辺にはいくつもの魅力的なゲームマシンが存在し、覇権を競っていましたよね。

私の場合、至高と名の付くゲーム機は発売当初のPCエンジンCD-ROM、そしてこのネオジオでした。

キャッチコピー「凄いゲームを連れて帰ろう」

2018年に「NEOGEO mini」が発売されたときに「コッチかよ!」なんて一人ツッコミを決めてみた方はどれくらいいるのでしょうか。

1990年に登場したネオジオには業務用ゲーム機と家庭用ゲーム機とがありました。家庭用ゲーム機として「凄いゲームを連れて帰ろう」のキャッチコピー通りの至高な存在であった一方で、業務用ゲーム機としては革命的にリーズナブルな展開を実現していました。

「ネオジオ(NEOGEO)」とは「新たなる大地」を意味する造語で、まさに業務用と家庭用を股にかけた業界の風雲児でした。

SNK ネオジオ CM THE 100MEGA SHOCK! NEO GEO Commercial

人によって「超高額ハイスペックな家庭用ゲーム機」もしくは「本格的なゲーセンではない本屋やスーパーの一角に併設されていたリーズナブルな業務用ゲーム機」どちらのイメージを持っているか分かれると思います。

筆者は、格ゲーマニアの友人が所持していた前者の印象が強く残っております。

業務用ネオジオ=Multi Video System(MVS)

MVSと呼ばれる業務用ネオジオ、筆者の地元のイトーヨーカドーの最上階にあったのはコレでした(笑。
当時は一ゲーマーとして知る由もありませんでしたが、このMVSの特徴に「低価格」「省スペース」がありました。

まず、その特徴として最大6本のロムカートリッジを本体にセットすることが可能という点。ゲーセンは一筐体で一ゲームと思っていましたが、カートリッジで切り替えることが出来るのはMVSの強みで、ゲーム基盤の単価がだいたい20万円前後だったのに比して、このカートリッジは数万円。しかもゲームを切り替え出来るわけですから、広さに余裕のない場所にでもゲームを設置することが出来たんです。

そっか、だからヨーカドーの最上階階段横にはこの筐体が置かれていたのか!といまになって知る。。。なんだか家庭用ゲーム機を業務用に転換したような錯覚に陥りますね。とはいえゲームが通常筐体より劣化しているなんてことはなく、バリバリの格闘ゲームがたくさん出ていました。
MVS

MVS

下記のように基板上にカートリッジスロットが存在し、複数のゲームを1台の筐体で共用することが出来ました。時代的にはCDチェンジャーなどの発想をつい連想しちゃいますよね。筐体のなかにこんなのが入っていたとは。。。
4スロットタイプのMV-4

4スロットタイプのMV-4

1990年に発売開始されて2004年まで、ハードが日進月歩で進化を続けた時代に14年間もソフトを供給し続けたことは大成功だったといえるのではないでしょうか。

家庭用ネオジオ=Advanced Entertainment System(AES)

「100メガショック!ネ・オ・ジ・オ!!のCM、憶えている方も多いことでしょう。同時代では「ビジュアルショック!スピードショック!サウンドショック! 時代が求めた、16ビット」のメガドライブと並んで、刺激的なキャッチフレーズでした。

いまとなっては当時の1メガ=1メガビットで、思ったより8分の1だったんじゃん!とツッコミもいれたくなるものの、逆にその容量であれだけのゲームが作られていたことに驚きを隠せないわけです。
AES

AES

カセットがとても大きかった!!

カセットがとても大きかった!!

本体価格が58,000円、ロムカセットソフトも3万円以上したので普通は買えません。私の周りでは一人だけ、お金を貯めて買った友人がいて、そのクオリティーを体感することが出来ました。

ちなみにカセットの単価を抑えるのに一役買った後継のネオジオCDは、CD読込み(ロード)の異常な長さが不評で、普及に至らなかったひとつの要因となりました。

ネオジオといえばやっぱりコレ!!

問答無用!ゲーセンの迫力をそのまま体感できるゲームに圧倒されたものです。

NEOGEO CD - FATAL FURY / GAROU DENSETSU 餓狼伝説 宿命の闘い ( FULL GAME )

龍虎の拳AC版 ART OF FIGHTING

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

いざ尋常に、勝負!!「サムライスピリッツ」の、萌えた!!女性キャラクター「ナコルル」!!

いざ尋常に、勝負!!「サムライスピリッツ」の、萌えた!!女性キャラクター「ナコルル」!!

1993年に登場した、対戦型格闘ゲームの「サムライスピリッツ」。江戸時代を舞台にした、武士や忍者が戦うゲームでした。その中で、ひと際、人気のあった女性キャラクター「ナコルル」。彼女について、お伝えしたいと思います。
よっちゃん | 7,363 view
一番使いやすかったのは?20世紀を彩った家庭用ゲームマシンのコントローラーを振り返る。

一番使いやすかったのは?20世紀を彩った家庭用ゲームマシンのコントローラーを振り返る。

私たちの多くがお世話になった家庭用ゲーム機。「一日1時間まで!」なんてルールを遵守しつつ、私たちは必死でテレビの画面と戦っていましたね。テレビがあってゲーム機本体があって。そこからコードで繋がれた「コントローラー」を握りしめてゲームに耽ったあの頃。私たちが握りしめていてコントローラー、どんな形状が使いやすかった??
ファミコン世代の名作「マッピー」のスマホアプリに新機能が追加!始めるなら今がチャンス!

ファミコン世代の名作「マッピー」のスマホアプリに新機能が追加!始めるなら今がチャンス!

バンダイナムコエンターテインメントのスマホアプリ「タッチ・ザ・マッピー 復活のニャームコ団」に、新機能「チャレンジモード」や新ステージが追加されました。かつてマッピーを楽しんだ方は必見です!
隣人速報 | 1,107 view
『KOFシリーズ』屈指のお祭り感!『THE KING OF FIGHTERS '98』を紹介し、KOF'94~'98までをまとめます。

『KOFシリーズ』屈指のお祭り感!『THE KING OF FIGHTERS '98』を紹介し、KOF'94~'98までをまとめます。

『ザ・キング・オブ・ファイターズ』(以下KOF)は1994年にSNKが「ネオジオ」で発売した対戦型格闘ゲームのシリーズです。SNKのゲームキャラクターが作品の垣根を越えて一つの格闘大会に出場して覇を争う「ドリームマッチバトル」という設定をコンセプトに製作された本シリーズですが、中でも、シリーズ最高傑作との呼び声も高い『KOF’98』は前作で大きなストーリーが完結した後の作品ということでお祭り感満載!シリーズの過去を辿りながら『KOF’98』の魅力を紹介します。
岸辺ミル | 3,223 view
京都府舞鶴市の「ドライブインダルマ」!立ち並ぶ自動販売機とレトロゲーム…ここは昭和にタイムスリップする場所!?

京都府舞鶴市の「ドライブインダルマ」!立ち並ぶ自動販売機とレトロゲーム…ここは昭和にタイムスリップする場所!?

まだコンビニが普及していない時代、自動販売機ってジュースや煙草だけでなく何でも(?)買えましたよね。ハンバーガーにうどんやラーメン、いかにも昭和風情なレトロ感が漂うあの自動販売機が、ズラリと立ち並ぶドライブインが京都府舞鶴市にあるのです。まるでタイムスリップするかのようなお店の名前は「ドライブインダルマ」、店内の様子をご紹介いたします!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト