わずか1年で大洋ファンの記憶に刻み込んだ男!【ラリー・シーツ】とは。
2016年11月25日 更新

わずか1年で大洋ファンの記憶に刻み込んだ男!【ラリー・シーツ】とは。

たった1年の来日で、タイトルを獲り、嵐のように去っていった男。わずか1年という短い期間だが、ラリー・シーツは素晴らしい成績を残し大洋ホエールズの名選手の中に入った男なのだ。

2,600 view

1年で大洋ファンの記憶に刻み込んだ男。ラリーシーツ。

ラリー・ケント・シーツ(Larry Kent Sheets)

ラリー・ケント・シーツ(Larry Kent Sheets)

1959年12月6日生まれ
身長191cm、体重106kg
右投げ左打ち
ポジション:外野手、一塁手

1992年に横浜大洋ホエールズに入団し、わずか1年で打点王とベストナインを獲るほどの成績を叩き出した選手である。

オールスターゲームにも出場するほど、ファンの記憶に刻み込まれた選手であろう。

ラリー・シーツの獲得タイトルと主な表彰と成績

打点王:1回 (1992年)

ベストナイン:1回 (外野手:1992年)
優秀JCB・MEP賞:1回 (1992年)

ラリー・シーツはどんなプレースタイル?

勝負強い打者で、走者を返すバッティングが持ち味

勝負強い打者で、走者を返すバッティングが持ち味

バットコントロールが巧い選手で、チャンスにめっぽう強い選手である。
基本的には、長距離バッターというより、中距離バッターと言えるであろう。本塁打よりも選手を返すためのバッティングをするプレースタイルと言える。

野球に対しては、なかなかの才能を持った選手と言えるであろう。

ラリー・シーツは来日前の経歴がおもしろい選手である。

アメリカのバージニア州に生まれ、1978年にMLBでドラフト指名を受けオリオールズに契約するが、プロでやっていくことに不安を覚え、最初の3年間はプレーをせず、大学で勉強していたらしい。

そして、1984年にメジャーに昇格し、そこそこの成績を残していたラリーだが、1987年に保険体育学の学位を取得。

その年に、チーム自体は低迷している中、ラリーは一人活躍し、.316 31本塁打と素晴らしい成績を残すのです。

しかし、翌年から成績は大幅に落ち、1990年にはデトロイト・タイガースに移籍するが、1991年に契約でもめて退団。 

イタリアのプロリーグでプレーすることとなる。その翌年の1992年に横浜大洋ホエールズと契約し、日本にくることになったのです。
オリオールズ時代のラリー・シーツ

オリオールズ時代のラリー・シーツ

わずか1年であるが日本プロ野球の成績は。

日本にやってきたラリーは、たった1年で、打率.308 26本塁打 100打点と横浜の主力選手として猛威を振るったのでした。

大活躍した結果、打点王とベストナインに輝き、その年のオールスターにも出場するほどの活躍ぶりでした。

1992年 巨人vs横浜大洋4回戦 - YouTube

(再アップ)
出典 youtu.be
最終的に、チーム自体は5位と低迷しましたが、首脳陣は来期ももちろん期待して契約更改に臨みました。

しかし、その契約内容でラリーともつれ、他球団にトレードすることもなく、アメリカに帰ってしまいました。

日本を去ってからのラリー・シーツ。

アメリカに帰ってからのラリーは、シアトル・マリナーズでプレーしますが、わずか11試合のみの出場にとどまり、現役を引退しました。
退団した翌年の3月。1993年の3月に発売されたスーファミ2では、ファミスタシリーズでは初めて、打点のパラメータを導入し、唯一3ケタに達した選手がラリー・シーツである。

99打点は、架空選手も含めて数名いるが、ラリーは全選手の中、一番チャンスに強い選手と言える。
17 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

屋鋪要や平松政次が現役復帰!?「ハマスタレジェンドマッチ」で新旧選手が大集結!大魔神VS筒香も実現か!?

屋鋪要や平松政次が現役復帰!?「ハマスタレジェンドマッチ」で新旧選手が大集結!大魔神VS筒香も実現か!?

横浜スタジアムの改修を記念した特別試合「ハマスタレジェンドマッチ」が、11月23日(祝・木)に初開催される。中畑清監督率いる“TEAM YOKOHAMA”と、権藤博監督率いる“TEAM 1998”に分かれて対決。大魔神・佐々木主浩もメンバー入り。
20年前に日本一になった横浜ベイスターズを象徴する「マシンガン打線」を振り返ってみよう!

20年前に日本一になった横浜ベイスターズを象徴する「マシンガン打線」を振り返ってみよう!

近年稀に見る戦力の充実ぶりで、今年は1998年シーズン以来のリーグ優勝、そして日本一の期待がかかる横浜DeNAベイスターズ。悲願成就を願って、今回、20年前の偉業達成時に一世を風靡した「マシンガン打線」の陣容を振り返っていきたいと思います。
こじへい | 1,349 view
あのハマのマリオが大活躍!【カルロス・ポンセ】の凄さに迫る!!

あのハマのマリオが大活躍!【カルロス・ポンセ】の凄さに迫る!!

決して、メジャーリーグで活躍した選手ではないカルロス・ポンセは日本に来て大当たり。口髭の風貌から、マリオと呼ばれ、大人気に。そんな大人気のカルロス・ポンセはどんな人物だったのか迫ります。
takaboo | 13,932 view
伝説の左腕【江夏豊】はとてつもない大物だった。

伝説の左腕【江夏豊】はとてつもない大物だった。

オールスター9者連続三振や、江夏の21球など、数々の伝説を作ってきた男、江夏豊。プロ野球の5球団を渡り歩き、獲った三振の数は2987奪三振と三振の山を築きました。先発でも活躍し、抑えても大活躍の投手はなかなかいないでしょう。人間としても魅力的な江夏豊の今と昔を振り返ります。
takaboo | 36,699 view
【平松政次】ミスターG・長嶋茂雄をメッタ斬りした男

【平松政次】ミスターG・長嶋茂雄をメッタ斬りした男

凄まじい切れ味の「カミソリシュート」を武器に、大洋ホエールズのエースとして通算201勝を挙げた平松政次。その201勝のうち51勝が巨人からの勝利であり、長嶋茂雄が最も苦手としていた投手だった。
tiro | 8,126 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト