「ボードゲーム」+「ミニゲーム」=「全く新しいパーティゲーム」!『マリオパーティ』
2018年6月17日 更新

「ボードゲーム」+「ミニゲーム」=「全く新しいパーティゲーム」!『マリオパーティ』

『マリオパーティ』は、1998年12月に任天堂から発売されたNINTENDO64用ソフトで、ジャンルはパーティゲームです。発売は任天堂ですが、開発は『桃太郎電鉄』でお馴染みのハドソンが担当していました。 ボードゲームにしては難解なルールもなく、複雑な操作もほとんど必要ないため初めて触る人でも気軽に遊べて、シンプルかつ十分楽しめる安心設計となっており『マリオシリーズ』の良さが活かされています。

206 view

”すごろく”がこんなに楽しく化けるなんて!『マリオパーティ』

『マリオパーティ』は、1998年12月に任天堂から発売されたNINTENDO64用ソフトで、ジャンルはパーティゲームです。発売は任天堂ですが、開発は『桃太郎電鉄』でお馴染みのハドソンが担当していました。
ボードゲームにしては難解なルールもなく、複雑な操作もほとんど必要ないため初めて触る人でも気軽に遊べて、シンプルかつ十分楽しめる安心設計となっており『マリオシリーズ』の良さが活かされています。今までにも少なからず存在した、ビデオゲーム版のすごろく形式のボードゲームにミニゲーム集を足して全く新しいジャンル「パーティゲーム」を確立させた伝説的名作です。

この記事ではそんな本作のゲーム内容の紹介、シリーズの一覧、プレイ動画、同年に発売された他のゲームソフトなどに触れていきたいと思います。
『マリオパーティ』パッケージ他

『マリオパーティ』パッケージ他

『マリオシリーズ』のあのキャラこのキャラも大集合!
まさに全員集合のパーティゲーム!といった感じのパッケージですね。
Amazonでは現在3,548円(※価格変動あり)で取引されています。ただ、このシリーズは基本的にお話の繋がりなどは無く、数あるナンバリングのどこから始めても楽しめるように作られているので、「どうしても初代マリオパーティがやりたい!」という人以外は、お手持ちの任天堂ゲームハードで出ているもので遊んでいただければ大抵満足できるかと。

歴代『マリオパーティシリーズ』の一覧

上でも少し書いていますが、人気シリーズ『マリオパーティ』は任天堂のありとあらゆるゲーム機種でナンバリングタイトルが発売されています。今回紹介するのは『初代 マリオパーティ』なのでシリーズ全体の詳細は省きますが、ここに各タイトルと発売したハード、発売日だけ一覧で紹介させていただきます。

※ タイトルは発売日順に並べています。

タイトル   ハード   発売日
マリオパーティ NINTENDO64 1998年12月
マリオパーティ2 NINTENDO64 1999年12月
マリオパーティ3 NINTENDO64 2000年12月
マリオパーティ4 ニンテンドーゲームキューブ 2002年11月
マリオパーティ5 ニンテンドーゲームキューブ 2003年11月
マリオパーティ6 ニンテンドーゲームキューブ 2004年11月
マリオパーティ アドバンス ゲームボーイアドバンス 2005年1月
マリオパーティ7 ニンテンドーゲームキューブ 2005年11月
マリオパーティ8 Wii 2007年7月
マリオパーティDS ニンテンドーDS 2007年11月
マリオパーティ9 Wii 2012年4月
マリオパーティ アイランドツアー ニンテンドー3DS 2014年3月
マリオパーティ10 Wii U 2015年3月
マリオパーティ スターラッシュ ニンテンドー3DS 2016年10月
マリオパーティ100 ミニゲームコレクション ニンテンドー3DS 2017年12月
『マリオパーティ DS』パッケージ

『マリオパーティ DS』パッケージ

ちなみに、一番売れたのは『マリオパーティDS』の211.2万本!(国外を含めると893万本!)
流石DS、圧巻のダブルミリオンでございます。
筆者も調べていて「どんだけ出てるんだよ!」と言ってしまうほどの数です(笑)。
なんと、任天堂発売ゲームの中で「ナンバリング数が最も多いシリーズ作品」らしいですよ。
また、意外と知られていませんが、アーケードのメダルゲームとしても現在までで4作品出しています。

『マリオパーティ』のゲーム内容

基本的なルール

プレイヤーはスゴロクの要領で順番にサイコロを振り、1ターンごとに行われるミニゲームに勝つことでコインを稼ぐ。そして、マップのどこかにいるスターと交換してくれるキャラクターのいる場所にたどり着き、集めたコインとスターを交換してもらう。
『マリオパーティ2』パッケージ

『マリオパーティ2』パッケージ

1999年12月発売の続編『マリオパーティ2』です。
前作の基本ルールをそのままに、更に多くの改良点をプラスした2作目でした。
マップには、コインが増える「プラスマス」、コインが減る「マイナスマス」、止まると何かが起こる「?マス」、コインやスターのやり取りをルーレットで決めるチャンスタイムが行われる「!マス」、クッパが様々な悪行を仕掛ける「クッパマス」などがある。各マップには固有のイベントキャラが存在し、目の前を通ろうとしたり、「?マス」に止まることでイベントが発生する。一定のターン数が終わった時点で、最終的にスターを一番多く持っていたキャラクター(同数の場合はコインの枚数)が優勝である。

豊富でシンプルなミニゲーム集

本作に収録されているミニゲームの数は、驚異の50種類以上!
ジャンルも一辺倒にならずアクションやパズルなど、豊富なバラエティを楽しめます。簡単操作で誰でもシンプルに楽しめ、それでいて個性的なマリオシリーズならではのミニゲームの数々は、プレイヤーに飽きを感じさせません。ボードゲームはどうしても単調になりやすく飽きやすいのが欠点の一つですが、ミニゲームがあるだけで結構違いましたね~。

4人で競い合ったり、協力してクリアを目指す「4人用ミニゲーム」。
1人側と3人側に分かれてプレイする「1vs3ミニゲーム」。
2人1組に分かれプレイする「2vs2ミニゲーム」。
ミニゲームマスに止まった時に発生する「1人用ミニゲーム」。

…などパターンも多く、64とは思えないほどのボリュームを味わえました。

実際のプレイ動画

ゆっくりとマリオパーティ

『マリオパーティ』のプレイ動画に合成音声ソフト、通称”ゆっくり”でナレーションと実況を付けたものです。

※動画はリンク切れの場合があります。

マリオパーティ ミニゲームアイランド

こちらはミニゲーム集となります。
BGMとか懐かしい!

※動画はリンク切れの場合があります。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

マリオアクションとスクウェアRPGの奇跡的な融合! 名作SFCソフト「スーパーマリオRPG」

マリオアクションとスクウェアRPGの奇跡的な融合! 名作SFCソフト「スーパーマリオRPG」

王道だけどポップ、やりこめるけどお手軽、任天堂だけどスクウェア――RPGやったことない人もやりつくした人もまんぞくさせますマリオです(オーイエー!)
Fレン | 798 view
『スーパーマリオUSA』ってなんでUSA?実は元々はマリオのゲームじゃなかったんです!

『スーパーマリオUSA』ってなんでUSA?実は元々はマリオのゲームじゃなかったんです!

『スーパーマリオUSA』とは、任天堂が1992年9月にファミコン用ソフトとして発売したアクションゲームです。本作は番外的な作品で、作品自体は『マリオシリーズ』にしては地味な方ですが知名度はそこそこなのでタイトルだけなら聞いたことがあるという人も多いはず。ですが、なぜ ”USA” なのかを知っている人は少ないのでは? このタイトルには本作の特殊な発売経緯が関係していたのです。…調べてみましょう!
NINTENDO64のVRS(音声認識)を使った2本しかないVRS対応ソフトの一つ『ピカチュウげんきでちゅう』でピカチュウと友達になろう!

NINTENDO64のVRS(音声認識)を使った2本しかないVRS対応ソフトの一つ『ピカチュウげんきでちゅう』でピカチュウと友達になろう!

『ピカチュウげんきでちゅう』は1998年12月12日に任天堂から発売されたNINTENDO64用対話ゲームです。『ポケットモンスターシリーズ』の中でも言わずと知れた超人気ポケモン、「ピカチュウ」と友達になれるゲームでした。特徴としてはマイクを使った音声認識システム(NINTENDO64 VRS)をゲームに採用していることが挙げられます。世界初の音声認識ソフトとして大々的に宣伝され話題となった本作を振り返ってみましょう。
岸辺ミル | 328 view
遊びつくすぜ!「スーパーマリオカート」今度はみんなでタイムアタックだ!

遊びつくすぜ!「スーパーマリオカート」今度はみんなでタイムアタックだ!

《やってみた》SFCのスーパーマリオカートの最速って何秒?自分達でもやってみたよ~(^^)/ 白熱のタイムアタックをご報告致します!!
つきねこ | 1,049 view
ヨッシー、恐竜ではなく亀の仲間だった。

ヨッシー、恐竜ではなく亀の仲間だった。

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の発売を記念したインタビュー第5回「スーパーマリオワールド + ヨッシーアイランド篇」が公開されたんですが、そこでミドル世代驚愕の事実が発覚!ヨッシーは恐竜ではなく亀の仲間だった!?
隣人速報 | 2,646 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト