志穂美悦子の啖呵と蟹江敬三にシビレっぱなし♥映画「二代目はクリスチャン」
2019年11月4日 更新

志穂美悦子の啖呵と蟹江敬三にシビレっぱなし♥映画「二代目はクリスチャン」

1985年に公開された「二代目はクリスチャン」。ヤクザの跡取りと結婚したシスター・今日子。しかし式で旦那は殺されてしまい、跡目を継ぐことになってしまう。今日子に気に入られようと教会の豚小屋を掃除する跡取りや、洗礼を受けクリスチャンとなった子分たちのドタバタ、敵対するヤクザとの抗争と、最初から最後まで惹きつけられます!筆者の個人的な見どころシーン3選も含めて映画「二代目はクリスチャン」を一緒に振り返りましょう!

15,397 view

映画「二代目はクリスチャン」とは?

キャッチコピーは「十字を切って悔い改めやがれ!」「目に...

キャッチコピーは「十字を切って悔い改めやがれ!」「目には目を、歯には歯を。あゝ、お許し下さいイエス様?!」

『二代目はクリスチャン』(にだいめはクリスチャン)は、(旧)角川春樹事務所創立10周年記念作品として製作された、井筒和幸監督による日本映画。1985年9月14日公開。配給元は東宝。同時上映は澤井信一郎監督の『早春物語』。

原作・脚本はつかこうへい

二代目はクリスチャン : 角川映画 (1774150)

井筒和幸監督は『(金)(ビ)の金魂巻』と平行して製作準備にかかったが、脚本に問題があった。つかこうへいの脚本は、ト書きがなく、シュールで舞台向きだったので、映画には使えないものだった。映画向きに修正された脚本に怒ったつかこうへいは、クレジットから自分の名前を外してくれと不満を露わにした。
「映画向きに修正された脚本」、原作者はやっぱりよい気持ちはしませんよね!でも、最初から最後まで、つかワールド全開の作品に仕上がってると思いませんか?

主題歌はBIRDSの「二代目はクリスチャンのテーマ」

期間限定ユニット「BIRDS」写真左から原田知世、渡辺...

期間限定ユニット「BIRDS」写真左から原田知世、渡辺典子、(志穂美悦子)、野村宏伸、原田貴和子

「BIRDS」は原田知世、渡辺典子、原田貴和子、野村宏伸の角川俳優の期間限定のスペシャルユニットでした。写真ではセンターに志穂美悦子がいますが「BIRDS」には参加していません。

「We Are The World」の角川バージョン風?!

「BIRDS」ではなくDAREK&EVEバージョンです。CMではこちらが流れていました。

当時のテレビCM

【CM】映画「二代目はクリスチャン」TVCM(1985年)

この30秒だけでも映画の面白さが伝わってきます。

主なキャスト

シスター今日子 志穂美悦子

シスター今日子 志穂美悦子

幼い頃、教会の前に捨てられており、そのままマザーに育てられる。嵐の夜に運命的に出会った英二に恋心を抱いている。教会に子供たちと暮らしている。後になってわかるが、実の父はその名を知らぬ者はいないほどのヤクザだった。
天竜晴彦 岩城滉一

天竜晴彦 岩城滉一

天竜組の跡目を継ぐ予定だが、代紋よりも今日子に夢中に。百合と付き合っているが今日子との結婚を考え始める。
神代 柄本明

神代 柄本明

神戸署の刑事で晴彦の幼なじみ。実家は100年続く寺。晴彦同様、クリスチャンの今日子に惚れている。
磯村   蟹江敬三

磯村   蟹江敬三

天竜組子分たちのまとめ役でもあり頼れる兄貴分。壮絶な生い立ち、少年期を過ごした過去を持つ。
出典 けん
黒岩 室田日出男

黒岩 室田日出男

黒岩会会長。覚せい剤でしのぎをしている。汚い荒っぽいやり口で有名。晴彦の家庭教師をしていた過去がある。
英二  北大路欣也

英二  北大路欣也

壺振り師。嵐の夜に運命的に今日子と出会う。自分を助けた今日子に恩義を感じている。
百合 かたせ梨乃

百合 かたせ梨乃

晴彦に惚れていて、今日子を敵視している。黒岩組に利用され覚せい剤を打たれている。
75 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【コレがコレなもんで!】古き良き時代の撮影所が舞台「蒲田行進曲」

【コレがコレなもんで!】古き良き時代の撮影所が舞台「蒲田行進曲」

1982年公開のつかこうへい原作の「蒲田行進曲」。撮影所を舞台に落ち目だけれど気持ちは大スターの銀ちゃんと大部屋俳優のヤス、そこに銀ちゃんの子を妊娠した小雪の物語。クライマックスの「階段落ち」や「コレがコレなもんで」の名言(迷言?)、各賞を総ナメにした「蒲田行進曲」は、現在も語り継がれる昭和の名作です。
けん | 10,493 view
思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」第2回:永遠の女ドラゴン「志穂美悦子物語」!

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」第2回:永遠の女ドラゴン「志穂美悦子物語」!

昭和の人気タレント・スポーツ選手や、漫画家・政治家たちの伝記マンガを紹介する、この連載企画。第2回目に紹介するのは、ミドルエッジ世代にとっての「俺達が蹴られたい女優No,1」である彼女。そう、永遠の女ドラゴンこと我らの悦っちゃん、「志穂美悦子物語」だ!
滝口アキラ | 6,077 view
名優達の無茶苦茶な美学の押し付け合いが見もの【熱海殺人事件】

名優達の無茶苦茶な美学の押し付け合いが見もの【熱海殺人事件】

つかこうへい原作・脚本、1986年公開の「熱海殺人事件」は現在でも人気のある舞台の映画化です。クセのありすぎる主人公「二階堂伝兵衛は仲代達也が演じます。舞台では伝兵衛を演じている風間杜夫が富山から赴任してくる熊田を演じるというキャスティングも見どころでした!愛すべき変わり者すぎるキャラクターたちの名(迷)言と共に振り返ります。
けん | 4,573 view
「ブキミが気持ちいい!」。マニア向けだったシューティングゲーム『バラデューク』!

「ブキミが気持ちいい!」。マニア向けだったシューティングゲーム『バラデューク』!

『バラデューク』は、1985年7月にナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)から発売されたアーケードゲームです。そのブキミなグラフィックスは、当時のゲームセンターで異彩を放っていました。難易度も高く、ハードな内容はマニア向けだったと言えるでしょう。そんな特異なシューティングゲームをご紹介します。
こういち | 1,857 view
成田美名子のマンガ『CIPHER』と『ALEXANDRITE』から響く「どんな問題だって生きてさえいればいつか解決するんだ」というメッセージ

成田美名子のマンガ『CIPHER』と『ALEXANDRITE』から響く「どんな問題だって生きてさえいればいつか解決するんだ」というメッセージ

17歳でデビューした少女マンガ家、成田美名子。その絵の美しさで評価が高い彼女ですが、物語に込められたメッセージ性も大きな魅力だと思います。作品の中から1985年連載開始の『CIPHER(サイファ)』、スピンオフの『ALEXANDRITE(アレクサンドライト)』を紹介します。
こういち | 314 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト