小川はいつしか大河になった!スタミナとスピード兼備のスーパークリーク
2016年11月25日 更新

小川はいつしか大河になった!スタミナとスピード兼備のスーパークリーク

武豊と共に菊花賞で初G1を勝ち取った。「東京競馬場でG1を勝ちたい」と言っていてた武に、天皇賞・秋でその願いを叶えたのもスーパークリークだ。名手のキャリアの出発点で、スーパークリークは今も輝き続けている。

901 view

こだわり抜いたステイヤー血統

スーパークリークは1985年5月27日北海道の柏台牧場で産まれた。
父・ノーアテンションはフランスで活躍したステイヤー。
母の父・インターメゾもまた、イギリスのセントレジャーステークスを勝った
ステイヤー。
珍しいほど長距離にこだわった血統は「天皇賞・春や菊花賞を勝てる馬づくり」
という牧場のポリシーによるものであった。
父・ノーアテンション

父・ノーアテンション

出典 www.ne.jp

伊藤師の慧眼

スーパークリークは左前脚が外向していたため、2度セリに出されたがなかなか買い手が
現れず、最終的な落札価格は810万円だった。
スーパークリークを購入した馬主の木倉氏が「今は小川 (Creek) でも、いつか大河になって欲しい」という意味を込め「スーパークリーク」と名付けたことは有名な話である。

木倉氏に購入を勧めたのは、栗東の伊藤修司調教師。
脚は外向しているが、良い動きをするスーパークリークに才能を感じ取っていたのだ。
伊藤修司調教師

伊藤修司調教師

G1馬ハギノトップレディー、ハギノカムイオーも管理した
出典 jra.jp

苦しい船出

スーパークリークの競走馬生活は順調なスタートとは言えなかった。
体調不良でデビューが遅れる。
2戦目で勝ち上がり、5戦目でオープン特別すみれ賞を勝つが、その後骨折。
日本ダービーへの出走を棒に振った。

6か月半の休養を経て神戸新聞杯に出走するも3着、続く京都新聞杯で6着。
賞金からして菊花賞は出走できない状況にあったが、賞金上位馬が回避したことにより
出走が可能になった。

人馬そろって初G1制覇!

滑り込みセーフで迎えた菊花賞。
8枠17番を引いていたが、道中では武豊の巧みなコースどりで、いつの間にかインへ。
中団から手ごたえ抜群に4角を回ると内ラチ沿いに進路をとった。
直線で抜け出すと大きな完歩でグイグイと他馬を引き離し、2着ガクエンツービートに
5馬身差をつけての圧勝だった。

菊花賞への牧場のこだわりが花開いたと共に、鞍上の武豊騎手は初G1制覇にして
史上最年少クラシック制覇を成し遂げた。
JRAの通算勝利数歴代1位のトップジョッキー武豊がまだデビュー2年目、19歳のときのこと。彼が牡馬クラシック最終戦・菊花賞の騎乗馬候補3頭を見て回っていたところ、スーパークリークの前を立ち去ろうとした際に、クリークは彼の服の袖をくわえて引っ張り、離さなかったそうです。このとき「自分に乗ってくれ!」といわれたような気がした、と後に彼は語っています。

1988.11.06 京都10R

しばし休養

菊花賞の次は、初の古馬対決となる有馬記念。
1着オグリキャップの0.2秒差で3位入線と力を見せたが、直線で他馬の進路を妨害した
ため失格処分となってしまう。
年が明け筋肉痛を発症。春シーズンは全休となった。

1988.12.25 中山9R

平成三強の頂点に

秋初戦の京都新聞杯。
9か月半の休養明けだったが、1番人気に応え1着。
天皇賞・秋に駒を進める。

平成三強と呼ばれたオグリキャップ・イナリワンが初めて一堂に会したこのレース。
人気はオグリキャップに譲ったが、レースでは強気の先行策。
不利な大外からの競馬だったが、またしても武豊騎手の絶妙な進路どりで、直線は
内をついて力強く伸びてくる。
オグリキャップも猛然と差し込んできたが、スーパクリークはクビ差でしのぎ
記念すべき第100回秋の天皇賞馬に輝いた。

京都

1着スーパークリーク 2着オグリキャップ 3着メジロアルダン 4着ヤエノムテキ 5着キリパワー
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

南関東の雄から年度代表馬へ!イナリワンの小さな身体に秘めた底力

南関東の雄から年度代表馬へ!イナリワンの小さな身体に秘めた底力

地方から転厩してたった1年の間に、中央G1のタイトルを3つも獲得。オグリキャップ、スーパークリークと共に平成三強として第2次競馬ブームを引っ張った。そんなシンデレラボーイの戦績を振り返っていこう。
はるころん | 2,204 view
90年代空前の競馬ブームを作った一人・天才ジョッキー武豊

90年代空前の競馬ブームを作った一人・天才ジョッキー武豊

現在も、有馬記念やに日本ダービーなどビックレースでは、10万人以上の観客を集め、人気が高い競馬。ただ、1990年代は今と比べ物にならないほどブームとなっていました。そのブームを牽引していたのが天才ジョッキーと言われている武豊だ。
yt-united | 170 view
20世紀最後の大スター「オグリキャップ」地方でも中央でも燦燦と輝いた芦毛の怪物!!

20世紀最後の大スター「オグリキャップ」地方でも中央でも燦燦と輝いた芦毛の怪物!!

地方での圧倒的強さをもって中央へ飛躍。ハイセイコー以来の超人気馬として競馬界に君臨し、熱狂的な競馬ブームを巻き起こしたサラブレッド、「オグリキャップ」を振り返る
ナベゲン | 9,767 view
長い下積みから大輪の華を咲かせた、屈強のサラブレッド「イナリワン」

長い下積みから大輪の華を咲かせた、屈強のサラブレッド「イナリワン」

大井競馬場でデビュー後、4歳まで地方で競走馬生活を送り、5歳になってやっと中央入り、その後GⅠ制覇を果たし、オグリキャップ・スーパークリークとともに「平成3強」と呼ばれるまでになった「イナリワン」を振り返る。
ナベゲン | 2,914 view
競馬界のレジェンド・武豊に初めてのGI勝利をもたらした馬、スーパークリーク

競馬界のレジェンド・武豊に初めてのGI勝利をもたらした馬、スーパークリーク

通算勝利数は4100を超え、GI勝利も地方・海外含め100勝以上挙げている競馬界の生ける伝説・武豊。そんな彼に初めてのGI勝利をもたらした馬がスーパークリークです。天才・武豊が初めて惚れ込み、誰にも渡したくないとまで言った馬。今回は1980年代後半に巻き起こった第二次競馬ブームを牽引した馬・スーパークリークをご紹介します。
concorde | 467 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト