20世紀最後の大スター「オグリキャップ」地方でも中央でも燦燦と輝いた芦毛の怪物!!
2016年11月25日 更新

20世紀最後の大スター「オグリキャップ」地方でも中央でも燦燦と輝いた芦毛の怪物!!

地方での圧倒的強さをもって中央へ飛躍。ハイセイコー以来の超人気馬として競馬界に君臨し、熱狂的な競馬ブームを巻き起こしたサラブレッド、「オグリキャップ」を振り返る

7,843 view

芦毛の子誕生

1985年3月27日、北海道日高・稲葉牧場に良血とは言えない1頭の芦毛のサラブレッドが誕生します。右前脚が大きく外向していました。サラブレッドではたまにあるケースなのですが、この仔馬は自力では立ち上がれないほどでした。このままでは競走馬生命が危ういくらいひどかったのです。牧場長みずから蹄の矯正を行い、仔馬の右脚は長い時間をかけて徐々に治っていきました。
 (1706936)

約1年半北海道で過ごした後、岐阜美山牧場に移り、その後笠松競馬場に行くことになります。

笠松にオグリキャップあり

1987年1月、岐阜笠松の鷲見厩舎に入厩し、「オグリキャップ」が誕生します。
約4か月の調教期間を経て、5月19日新馬戦にてデビュー。結果は2着。
続く第2・3戦は見事勝利しますが、第4戦で2着と敗れます。
しかし、この後のオグリキャップはすごかった!
第5戦で勝利すると中央入りするまでの12戦までなんと、8連勝するのでした。
笠松競馬での戦績は12戦10勝、2着2回。枠連対率100%という強さでした。

中央の檜舞台へ

オグリキャップの強さに惹かれた佐橋五十雄氏の熱意に、馬主の小栗氏は売却を決意します。この時、厩舎内ではゴタゴタがあったようですが、中央への移籍が決定しました。
しかし、4歳クラシック登録をしていなかったため、オグリキャップは圧倒的な強さを発揮しながら、皐月賞・日本ダービー・菊花賞の大舞台に立つことが叶わなかったのです。(現在は規制緩和されている)
このことが、後々人気に拍車をかけていきました。

ペガサスステークス 阪神芝1600m 1988年3月6日

中央デビュー戦は、いきなり重賞レースとなりました。しかも、2番人気に押されての出走です。
あのハイセイコーが歩んだ道(中央デビュー戦の弥生賞を勝利)を、オグリキャップも進むことができるのか!?
 (1707141)

後方で展開していたオグリキャップは4コーナーから徐々にあがり、直線に向くと大外から先行集団に猛追。先頭のラガーブラックに並ぶ間も無く抜き去り、3馬身もの差をつけてゴール!!
圧巻のデビュー戦勝利でした。
ゴールの時の杉本アナウンサーの言葉、「噂にたがわぬ強さ!」が印象的でした。

毎日杯 阪神芝2000m 3月27日

華やかなデビュー戦を飾った第2戦は、1番人気に推されました。
しかし、荒れた馬場は重馬場。追い込み馬には不利となり、距離も前走より400m長くなってのレースとなりました。

終始後方でレース展開し、4コーナーを回ったところではまだ中団。しかも大外。しかし、ラスト200mからの猛烈な末脚で、先頭のファンドリデクターをクビの差抑えて1着でゴール!!
見事な差し切りでした。
出典 youtu.be
中央デビュー後2連勝、しかも2レースとも重賞。「芦毛の野武士」オグリキャップファンが急増していきました。
続く第3戦、京都4歳特別5月8日を2着に5馬身差。第4戦、ニュージーランドトロフィー6月5日では7馬身差をつけてブッチギリの1着。
圧倒的強さを見せつけてくれました。
あまりの強さに、規則とはいえ、日本ダービー・菊花賞といったクラシック戦線に出走できないのはおかしいという声が競馬界にあがり、こののち、規制緩和がされていくのでした。

高松宮杯 中京芝2000m 7月10日

中央入り後古馬が相手となった初めてのレース。
ここでも1番人気、単勝1.2倍に推されました。
不動の人気、5連勝はなるのか!?

前年の覇者、ランドヒリュウが逃げ、オグリキャップは4番手を進みます。3コーナーからジワジワ上がり、直線では2番手につけたオグリキャップですが、ランドヒリュウがさらに2馬身ほど差を広げます。しかし、ラスト100mからの爆発的末脚で並ぶ間も無く抜き去り1馬身差をつけて1着でゴールイン!
出典 youtu.be
見事、宮杯を手にしたオグリキャップは、中央入り後負けなしの重賞5連勝。笠松から通算で14連勝という快挙をやってのけたのでした。
4歳クラシック戦線の裏街道ともいえるスケジュールで、オグリキャップは圧倒的な強さを示し、「影のダービー馬」と称されるようになりました。
中央入り後、4か月で5連戦というハードスケジュールで戦ったオグリキャップに、やっと療養の時間が訪れます。この後、秋に向けて調整に入るのでした。

休養明け初戦

毎日王冠 東京芝1800m 10月9日

毎日王冠 東京芝1800m 10月9日

約3か月の療養期間を経たオグリキャップの
秋初戦。
1番人気単枠指定となり、相手はシリウスシンボリ、ランニングフリー等々強力なライバルがひしめきます。が、またもラスト100mからの猛烈な末脚で差し切り、見事1着でゴール。
休養明け初戦を危なげなく乗り切りました。
出典 prc.jp
67 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

長い下積みから大輪の華を咲かせた、屈強のサラブレッド「イナリワン」

長い下積みから大輪の華を咲かせた、屈強のサラブレッド「イナリワン」

大井競馬場でデビュー後、4歳まで地方で競走馬生活を送り、5歳になってやっと中央入り、その後GⅠ制覇を果たし、オグリキャップ・スーパークリークとともに「平成3強」と呼ばれるまでになった「イナリワン」を振り返る。
ナベゲン | 2,401 view
南関東の雄から年度代表馬へ!イナリワンの小さな身体に秘めた底力

南関東の雄から年度代表馬へ!イナリワンの小さな身体に秘めた底力

地方から転厩してたった1年の間に、中央G1のタイトルを3つも獲得。オグリキャップ、スーパークリークと共に平成三強として第2次競馬ブームを引っ張った。そんなシンデレラボーイの戦績を振り返っていこう。
はるころん | 1,802 view
G1競馬2017【有馬記念】みんなの『事前予想』で勝ち馬を当てろ!~過去データを振り返るクイズ付~

G1競馬2017【有馬記念】みんなの『事前予想』で勝ち馬を当てろ!~過去データを振り返るクイズ付~

1956年に、「中山グランプリ」という名称で創設。創設者の有馬理事長功績を称えて第2回から「有馬記念」に改称。ファン投票で出走馬を選出する年末大人気のレース【有馬記念】!第62回を迎える2017年の日程は12月24日(日)のクリスマスイブ!みんなの勝ち馬予想アンケートを見て、レースの参考にしてみて下さい!(クイズは第1回~第61回までの結果から出題)
GI6勝の武幸四郎騎手が引退。兄・豊とは史上初の「最多勝利新人騎手」を兄弟で受賞!

GI6勝の武幸四郎騎手が引退。兄・豊とは史上初の「最多勝利新人騎手」を兄弟で受賞!

日本中央競馬会(JRA)は、調教師4人、騎手2人が引退すると発表した。その中には武豊騎手(47歳)の弟でGI6勝を挙げた武幸四郎騎手(38)=栗東・フリー=もおり、武は今月末で引退する。
「新 芦毛伝説 ビワハヤヒデ」

「新 芦毛伝説 ビワハヤヒデ」

芦毛の名馬ビワハヤヒデ。半弟にナリタブライアンがおり、常に比較され続けたビワハヤヒデは、15戦連続連対というあのシンザンに次ぐ大記録も持っています。そんなビワハヤヒデの軌跡を振り返ってみましょう。
taketake | 2,008 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト