透明感のある声で独特な世界観を歌う大貫妙子。シュガーベイブ時代からソロとしての現在までを振り返ります。
2017年6月15日 更新

透明感のある声で独特な世界観を歌う大貫妙子。シュガーベイブ時代からソロとしての現在までを振り返ります。

NHKの「みんなのうた」やCMなどで耳にする、透明感のある声の大貫妙子。山下達郎や村松邦男らとのバンド「シュガー・ベイブ」でデビューし、解散後もソロで活動を続ける大貫妙子の、現在までを振り返ってみました。

1,712 view

大貫妙子とは

大貫妙子

大貫妙子

ライブハウスで出会った山下達郎らと結成した「シュガー・ベイブ」解散後、ソロとしてデビューした大貫妙子も、40周年を迎えました。

フォークグループ「三輪車」への加入

1973年山下達郎や村松邦男らと共に「シュガー・ベイブ」でデビューした大貫妙子。バンドを組んだりライブハウスに通うなど、音楽は好きでしたが、プロのミュージシャンになるつもりはありませんでした。
デビューが決まっていた「三輪車」に、女の子が欲しいという誘いで加入を決めましたが、グループの楽曲と自分の嗜好が合わず、プロの作家が作った曲も気に入らなかったため、悩んだ末に辞めてしまいます。

ロック喫茶「ディスク・チャート」での出会い

ジャズ喫茶のオーナーが新たに開店したロック喫茶「ディスク・チャート」という店では、毎週水曜日の閉店後に地下室でセッションが行われ、メンバーとして参加していた大貫妙子、すでにプロデビューしていた山本コータローなどが集まっていました。
「ディスク・チャート」で大貫妙子のソロデビューに向けたデモテープのレコーディングも始まり、何曲かが録音されていたところに、山下達郎がその存在を知り、通ってくるようになりました。

「シュガー・ベイブ」結成

「シュガー・ベイブ」第1期メンバー

「シュガー・ベイブ」第1期メンバー

山下達郎の「女性はキーボード」という主張により、大貫妙子はキーボードとして参加しました。
出典 natalie.mu
大貫妙子のレコーディングセッションを見学した山下達郎は、次第にコーラスのアレンジを提案したり、セッションに参加するようになり、自分のオリジナル曲を演奏したいと考えるようになり、コーラスの幅を広げるために、大貫妙子にもバンドに参加を呼び掛けます。「三輪車」でグループ活動に失敗していた大貫妙子は悩みましたが、現在の状況に不安もあったため、参加することにしました。

大瀧詠一との出会い

1973年に「シュガー・ベイブ」は活動を開始し、長崎でのデビューコンサートは、大貫妙子が1度だけMCを担当しました。同じころ、山下達郎は学生時代の自主制作アルバムがきっかけで、大瀧詠一と知り合い、大瀧の家に通い詰めるうちに、「はっぴいえんど」ラストライブのコーラスに参加します。その後も大瀧詠一のCMソングのコーラスにも「シュガー・ベイブ」が参加し、1974年にはデモテープの録音と、プロモーション用のアーティスト写真の撮影も始まります。
「シュガー・ベイブ」の最初で最後のアルバム「SONGS」

「シュガー・ベイブ」の最初で最後のアルバム「SONGS」

「シュガー・ベイブ」のアルバムとしては、この1枚しか制作されませんでした。

デビューまでの活動

山下達郎は、亀淵友香のコンサートにコーラスで参加しますが、共にコーラスで参加予定の「シンガーズ・スリー」が直前で不参加となったため、急きょ大貫と村松をステージにあげ、リハーサルなしで事なきを得ます。たまたま客席で見ていた荒井由美に、レコーディングに呼ばれることになります。学園祭やライブ、ラジオの公開録音などのほか、CMソングなどの録音にも参加しています。荒井由美のレコーディングにコーラスで参加したことから、ルネ・シマールの日本公演でのコーラスなども務めました。そして1975年3月、「シュガー・ベイブ」のアルバム「SONGS」が完成し、翌月発売されますが、1976年1月にドラムの上原裕の脱退が決まり、代わりのドラマーが見つからないということで、4月に解散することになりました。

⑫ SUGAR BABE - 今日はなんだか

まだ珍しかったコード進行と、コーラスワークに重点を置いた音作りは、1970年代には商業的には成功したとは言えないかもしれませんが、他のミュージシャンや一部の音楽ファンからは支持されていました。

「シュガー・ベイブ」の解散とソロ活動の開始

大瀧詠一の主宰するナイアガラレーベルから、アルバム「SONGS」とシングル「DOWN TOWN/いつも通り」を発売した「シュガー・ベイブ」は、1976年3月31日と、当日会場に入れなかったファンの要望で翌4月1日の解散コンサートを経て解散します。
ソロ活動を開始した大貫妙子は、8月にデビューライブを行い、翌9月にアルバム「Grey Skies」を発売します。
大貫妙子のソロとしてのデビューアルバム「Grey Sk...

大貫妙子のソロとしてのデビューアルバム「Grey Skies」

細野晴臣、山下達郎、坂本龍一などのそうそうたるメンバーが参加して、「Grey Skies」は完成しました。
アルバム制作で出会った坂本龍一は、当時はまだ無名でしたが、クラシック的な要素の強い大貫の曲を理解し、その後も付き合いは続いていくことになります。
52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

山下達郎と大貫妙子が所属したバンド『シュガー・ベイブ』

山下達郎と大貫妙子が所属したバンド『シュガー・ベイブ』

1973年から1976年にかけて活動した山下達郎と大貫妙子が所属していたインディーズバンド『シュガー・ベイブ』。活動期間は3年余りで、発表したアルバムはわずか1枚ながら、後のJ-POPシーンに多大な影響を及ぼした彼らの楽曲について振り返りたいと思います。
こじへい | 1,150 view
大貫妙子40周年を記念したボックスセット発売  貴重な80年代の映像が収録!初のLPも封入!!

大貫妙子40周年を記念したボックスセット発売 貴重な80年代の映像が収録!初のLPも封入!!

大貫妙子がプロジェクト第1弾として、ボックスセット「パラレルワールド」を発売した。80年代のスタジオライブや最新インタビューが収録されているほか、LP盤1枚、各時代を彩ったオールタイムベスト、ギターデュオ・山弦とのコラボレーションアコースティックアルバムなど豪華なボックスセットになっている。
red | 697 view
日本最初のインディーズレーベル「エレックレコード」。実に錚々たるミュージシャンを輩出しています!

日本最初のインディーズレーベル「エレックレコード」。実に錚々たるミュージシャンを輩出しています!

1969年の設立から1976年に倒産するまで、吉田拓郎、泉谷しげる、古井戸、ケメ、海援隊、大瀧詠一にシュガー・ベイブなどなど、数多くのミュージシャンを輩出した日本最初のインディーだったエレックレコード。奇跡としか言いようがありませんね。
obladioblada | 418 view
サザン、森高千里、90年代にビールのCMソングに起用された8センチシングル

サザン、森高千里、90年代にビールのCMソングに起用された8センチシングル

アサヒ「スーパードライ」、サッポロ「冬物語」、キリン「ラガー」他、ビールを飲みたくなる懐かしいCM映像とともに紹介します
山下達郎が他のアーティストに提供した名曲特集

山下達郎が他のアーティストに提供した名曲特集

『RIDE ON TIME』『CHRISTMAS EVE』『さよなら夏の日』などのヒットで知られる山下達郎。彼はソロワークスと同時に、他のミュージシャンへの楽曲提供にも熱心なアーティストとしても有名。今回は、そんな山下達郎が他人に提供してきた楽曲を振り返っていきたいと思います。
こじへい | 3,724 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト