【浅丘ルリ子】偉大な功績を残した女優!事実婚だった小林旭や元夫・石坂浩二について
2021年4月17日 更新

【浅丘ルリ子】偉大な功績を残した女優!事実婚だった小林旭や元夫・石坂浩二について

映画『男はつらいよ』でリリー役を演じ、永遠のヒロインとして多くのミドルエッジ世代の記憶に残っているであろう浅丘ルリ子さん。今回の記事では、そんな彼女のご活躍ぶりを振り返っていきたいと思います。小林旭さんとの関係性や元夫・石坂浩二さんとのことについてもリサーチしています。

8,847 view

永遠のヒロイン・浅丘ルリ子さん

本名  :浅井信子さん
生年月日:1940年7月2日
出生地 :満州国
身長  :156㎝
血液型 :A型
職業  :女優
活動期間:1954年~

浅丘ルリ子さんの来歴

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:%E6%BA%80%E5%B7%9E%E5%9B%BD%E3%81%AE%E4%BD%8D%E7%BD%AE.png (2271494)

1940年に、四人姉妹の次女として満州国で生を受けた浅丘ルリ子さん。父親は満州国経済部大臣の秘書を務め、1943年には軍属としてタイのバンコクに移り住んでいます。
終戦後、一家はバンバートン抑留所に強制収容されてしまいますが、翌年1946年には引き揚げが始まり、無事に帰国を果たしました。しばらくは千葉県・館山の引き揚げ寮で暮らしていたようですが、浅丘ルリ子さんが小学三年生になるころには、父親は代議士秘書となって借家暮らしになります。

1954年、地元の公立中学に通っていた浅丘ルリ子さんは、北条誠さんの小説『緑はるかに』を映画化するにあたり、そのヒロイン・ルリコ役を募集していることを知ります。ご両親の賛成のもと、面接に応募すると、約3000名もの応募者の中からルリコ役に選ばれました。
晴れて銀幕デビューを飾った浅丘ルリ子さん。当時は世間の女性たちの間でも”ルリコカット”と呼ばれるヘアースタイルが流行して、彼女は大きな瞳をした美少女として脚光を浴びることになります。
https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%95%E9%99%BD%E3%81%AE%E4%B8%98-MEG-CD-%E7%9F%B3%E5%8E%9F-%E8%A3%95%E6%AC%A1%E9%83%8E%EF%BC%8F%E6%B5%85%E4%B8%98-%E3%83%AB%E3%83%AA%E5%AD%90/dp/B006STMSAW/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E5%A4%95%E9%99%BD%E3%81%AE%E4%B8%98+CD&qid=1617874373&sr=8-1 (2271498)

それ以降、日活の看板女優として活躍し、数々のアクション映画にヒロイン役として出演。1964年には石原裕次郎さんとのデュエット曲『夕陽の丘』を発売して歌手デビューも果たしました。
デビューしてから順調な芸能生活を送っているように見えますが、女優仲間である佐久間良子さんが主演を務めた映画『五番町夕霧楼』を観て、浅丘ルリ子さんは大きなショックを受けたそうです。

ヒロイン役には恵まれるも、そのことに何も疑問に感じることがなかった浅丘ルリ子さん。女性として映画の主人公を堂々と演じた佐久間良子さんを羨ましく思うようになったのだとか。自分のキャリアを大切にしたいと考えるようになった彼女は、日活との契約更改で他社映画への出演を認めてほしいと直談判されました。
会社が用意した映画『肉体の門』『慈悲十年』『人生劇場』への出演を断り、自らの企画を持ち込むように。女優として自己主張するようになり、出演ペースは落ちるものの、浅丘ルリ子さんは男性スターの彩り敵な存在から脱皮していきます。

1966年には日活との専属契約を解消し、石原プロに入社しました。この時期は女優としてだけではなく、歌手として、映画の主題歌などを中心に多くのシングルレコードを発売されています。
1969年に発売したレコード『愛の化石』はヒットを記録しました。
しかし、1972年に石原プロが劇場用映画事業から撤退したことに伴ない、浅丘ルリ子さんは石原プロを退社されています。
その後も着実に女優としてキャリアを重ね、現在では150作品を超える映画に出演されています。
映画『男はつらいよ』では、クラブ歌手のリリー役を演じたことも浅丘ルリ子さんの代表作品として有名ですよね。マドンナとして、シリーズ最多の4回の出演を果たしました。
1980年以降は舞台中心の活動をするようになり、活躍の場をシフトしています。
2014年発表の『オールタイム・ベスト』では日本映画男優・女優部門で、日本女優の4位にランクインされました。

浅丘ルリ子さんの男性遍歴

歌手・小林旭さんとの事実婚

浅丘ルリ子さんは女性として全盛期を迎えた1960年頃、芸能界の超大物スター・小林旭さんと事実婚にありました。お二人の仲はかなりラブラブだったご様子で、結婚も間近だとウワサされていたほどです。
しかし、小林旭さんが浅丘ルリ子さんのご両親に挨拶に行ったときのトラブルで、お二人の関係は終わりを告げることに。浅丘ルリ子さんの父親から、小林旭さんははどこの馬の骨か分からんやつに娘をやれないと言われてしまったのだそうです。
ご両親の意向でお二人は離別。しかし、この一件で浅丘ルリ子さんの生活はかなり荒んでしまったそうです。その後、石原裕太郎さんに励まされ、持ち前の根性で再起を果たしたといいます。

そんな元恋人だったお二人ですが、2014年にはデュエット曲『いとしいとしというこころ』を発表して世間を驚かせました。波長や呼吸のあったお二人の歌声は、多くのミドルエッジ世代に支持されたようですね。
61 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

石坂浩二&浅丘ルリ子、31年ぶり元夫婦でドラマ共演!石坂と交際があった加賀まりこも出演?!

石坂浩二&浅丘ルリ子、31年ぶり元夫婦でドラマ共演!石坂と交際があった加賀まりこも出演?!

来春放送のテレビ朝日系のドラマ「やすらぎの郷」に俳優の石坂浩二と元妻で女優の浅丘ルリ子が31年ぶりに共演する事がわかった。
red | 35,859 view
映画「男はつらいよ」のベストマドンナ:吉永小百合・浅丘ルリ子・若尾文子・榊原るみ・八千草薫 ほか

映画「男はつらいよ」のベストマドンナ:吉永小百合・浅丘ルリ子・若尾文子・榊原るみ・八千草薫 ほか

映画「男はつらいよ」に出演した前田吟さん(寅次郎の妹さくらの夫・諏訪博役)と佐藤蛾次郎さん(柴又題経寺の源吉役)がベストマドンナをセレクトしました。(週刊現代 2016年新春特別版 国民の映画『男はつらいよ』 「寅さん」渥美清を語ろう より)
ガンモ | 23,063 view
渥美清への追悼映画。「虹をつかむ男」は、山田洋次監督の愛が詰まった作品でした。

渥美清への追悼映画。「虹をつかむ男」は、山田洋次監督の愛が詰まった作品でした。

渥美清への追悼映画でもある「虹をつかむ男」。山田洋次監督の「寅さん」への想いがたくさん詰まった愛に溢れた名作でした。
ひで語録 | 3,764 view
【十朱幸代】美人女優として第一線でご活躍!小坂一也・西城秀樹との交際もリサーチ!

【十朱幸代】美人女優として第一線でご活躍!小坂一也・西城秀樹との交際もリサーチ!

女優として数々の受賞歴を誇り、芸能界に多大な功績を残してきた十朱幸代さん。小坂和也さんとの事実婚、西城秀樹さんとの交際でも世間から注目を浴びました。今回はそんな彼女の全盛期のご活躍やプライベートを振り返っていきますので、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 7,480 view
懐かしい割烹着

懐かしい割烹着

お母さんと言えば、割烹着といった時代が懐かしい。今では老舗旅館や料亭、はたまた小料理屋で見かける割烹着。お母さんの香りのする割烹着姿を集めてみました。
かわうそ | 387 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト