北海道登別温泉に、鬼がぶち上げる花火があるのをご存知ですか?
2018年5月28日 更新

北海道登別温泉に、鬼がぶち上げる花火があるのをご存知ですか?

時が過ぎるのは早いもので、世間にはそろそろ夏の情報も出始める今日この頃。夏のエンタメといえば、花火を思い浮かべる人もいらっしゃるかと思います。そこで、民俗コネタ的にオススメ花火をば。北海道登別温泉には鬼がぶち上げる花火があるんです。

156 view

北海道登別温泉には鬼がぶち上げる花火がある

時が過ぎるのは早いもので、世間にはそろそろ夏の情報も出始める今日この頃。夏のエンタメといえば、花火を思い浮かべる人もいらっしゃるかと思います。そこで、民俗コネタ的にオススメ花火をば。

場所は北海道登別

場所は北海道。登別。登別といえば、「登別カルルス温泉(の入浴剤)や「のぼりべつクマ牧場」が有名ですが、あえての花火。そういや、「カルルス」って何だろう?

その前に…。

登別(のぼりべつ)の語源は「ヌプルペッ(日本語で「白く濁った川・色の濃い川」)」という意味のアイヌ語と言われております。登別国際観光コンベンション協会さんのサイトには「弘化2年(1845年)には北海道の名付け親でもある松浦武四郎も登別温泉を訪れ、その魅力を綴っています。当時はまだ道らしきものもありませんでしたが、後に安政4年(1857年)からは近江商人の岡田半兵衛が道路を開削。後には湯治の祖と呼ばれる滝本金蔵が温泉宿を建て、新しい道(現在の道筋)を整備し、現在の基礎を築きました」と紹介されておりますので、当初から温泉(湯治)の場所として認知されていたことが伺えます。

そんな登別温泉は同協会によると
自然湧出量1日1万トン、源泉温度45℃~90℃の高温、そしてなんといって9種類ものバラエティ豊かな泉質が魅力です。これは世界的にも珍しく「温泉のデパート」と呼ばれるほど。古くは湯治場として病気、怪我の療養に利用され、近年では健康な人が心身のリフレッシュや積極的な健康づくりに温泉を利用するなど温泉の効能が見直されています。
とのこと。

登別温泉地獄まつり

さて、そんな登別。実は鬼だらけな街だったりもしまして、毎年8月最後の土日に「登別温泉地獄まつり」というお祭りが行われます。年に一度地獄谷の"地獄の釜のふた"が開き閻魔大王が赤鬼、青鬼などを引き連れて温泉街に現れるらしいです。鬼みこしやら鬼踊りやらエンマ大王からくり山車やらと、街中が鬼一色になります。なんで鬼かと言うと、地獄谷に棲むと言われる伝説の存在「湯鬼神(ゆきじん)」を地域の方がまちおこしに活かしたからです。

その8月に先駆けて6月。鬼たちが別のアクションを起こしております。それが花火なんです。その名も「地獄の谷の鬼花火」。

今年で13回目の花火なので、江戸時代から続く隅田川花火に比べたらまだ生まれたての花火か?と思われるかもしれませんが、鬼が花火を打ち上げるというスタイルはインスタ映えする気がしないでもない、そんな花火です。とはいえ、美しさを見せる花火という訳ではなく、皆様の厄を集めて、展望台の階段に湯鬼神が並んで、手筒花火を持ちながらブシューっと打ち上げることで厄を焼いちゃうもの。美しさより迫力を求めたい方にはオススメです。

この鬼花火、2018年は6月1日から。7月末までの間に観光客や地域住民に手筒花火による迫力ある演出を披露するそうですので、ぜひ☆

ちょっと前のですが、動画はコチラ↓

登別温泉 湯鬼神イケメンズ!鬼花火

去年の様子を記事で見るならコレ(朝日新聞)↓
最後に。

自分の疑問だった登別カルルス温泉の「カルルス」とは。どうやら、旧オーストリア帝国のカルルスバード(現チェコスロバキア・カルロヴィ・ヴァリ)温泉と泉質が似ているということで「カルルス」温泉になったそうです。まさかのヨーロッパ由来でした…。
12 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「地獄絵には女性が嫉妬しすぎると落ちる地獄があるんだよ」というコネタ。

「地獄絵には女性が嫉妬しすぎると落ちる地獄があるんだよ」というコネタ。

最近、タレントさんなどの不倫報道が多い気がします。個人的には他人の不倫はどうでもいいのですが、不倫に関わる地獄が日本にはあったなあ・・・と思い出したので、今回は不倫の地獄ネタ。
山崎敬子 | 3,301 view
手足も髭もボーボー眉毛も!全国のダルマあれこれをご紹介。

手足も髭もボーボー眉毛も!全国のダルマあれこれをご紹介。

先日、高崎に行きました。高崎名物といえば駅弁「だるま弁当」♪…ではなく、いや、合ってるけども、どちらかというと達磨(ダルマ)本体が名物かと思います。多くは赤色の張子(はりこ)で製作され、目の部分は書き入れずに空白のままに残すイメージが強いかと思います。そして高崎以外のダルマに目を向けてみますと、目玉があるダルマさんは勿論、手足があるダルマさんも居たりして、奥が深いです。
山崎敬子 | 101 view
自衛隊の部隊のマークとその由来、ご存知でしたか?

自衛隊の部隊のマークとその由来、ご存知でしたか?

4月某日。私の双子妹とその娘はここにおりました。それは・・・『ニコニコ超会議』。その会場で二人が最後に立ち寄ったのが自衛隊ブース。ということで、自分の領域(日本民俗)と自衛隊の関わりについて考えました。
山崎敬子 | 651 view
ベルバラ人気で有名な宝塚歌劇団ですが、日本民俗舞踊のショーをしていた時期があったんです。

ベルバラ人気で有名な宝塚歌劇団ですが、日本民俗舞踊のショーをしていた時期があったんです。

4月17日、宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)で106期生となる新入生たちの入学式がありました。日本で初めてレヴューを上演した宝塚歌劇団は1970年代にベルバラブームを巻き起こし、今日も高い人気を誇ります。今回はそんな宝塚歌劇団の民俗芸能なコネタを。
山崎敬子 | 119 view
「女性が土俵で相撲をしてきた」ことについて、女相撲の歴史と現存する祭礼をご紹介。

「女性が土俵で相撲をしてきた」ことについて、女相撲の歴史と現存する祭礼をご紹介。

最近、相撲の土俵に女性が入っていいのか・否かという議論がメディアで盛んに取り上げられました。土俵は女人禁制・・・というしきたりが女性蔑視に該当するのかどうか、ここでは敢えてその議論ではなく民俗コネタ目線で、土俵に女性が上がる話とずれますが、「女性が土俵で相撲をしてきた」ことについて。
山崎敬子 | 1,199 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト