1976年の発売以来、いまだにカバーされ続ける名曲「まちぶせ」。実に様々なアーティストが歌っています。
2018年4月19日 更新

1976年の発売以来、いまだにカバーされ続ける名曲「まちぶせ」。実に様々なアーティストが歌っています。

「まちぶせ」という曲は、なぜ今なお実に様々なアーティストにカバーされ続けているのでしょうか?恋の駆け引きというよりも、思春期の女学生特有の意地の悪さがリアルに歌詞として表現されているからかもしれませんね。思わず共感してしまうのでしょう。さて、果たしてそうなのか?そんな「まちぶせ」を聴き比べてみてください。

1,452 view

オリジナルの“まちぶせ”

女学生の微妙な心理を巧みに描いた「まちぶせ」という曲があります。まず間違いなく名曲です。歌っていたのは三木聖子で、彼女のデビュー曲でした。
三木聖子

三木聖子

出典 aucfan.com
発売は1976年6月25日。
三木聖子は前年にTBSドラマ「悪魔のようなあいつ」で主人公の妹役でデビューしています。プロダクションも相当力を入れていたようですね。しかし、その甲斐なくオリコンでの最高順位47位と振るいませんでした。

ただ、楽曲の良さは当時から際立っていて知る人ぞ知る名曲として語り継がれることになります。

三木聖子  まちぶせ 1976

三木聖子の「まちぶせ」は、ハイトーンをやや苦しそうに歌っており、この曲のテーマ「片思い」の刹那さを感じさせてくれて、悠々と歌っている
それにしても三木聖子、美人ですね。もっと売れても良かったと思いますが、アイドルにしてはキレイ過ぎたのかもしれません。

女学生の可愛らしくも意地悪な心情をラブソングとした歌詞が秀逸ですが、三木聖子の実体験に基づいて作られたのだそうですよ。

大ヒットした“まちぶせ”

三木聖子の「まちぶせ」から5年後の1981年、石川ひとみがカバーし大ヒットします。一般に知られているのはこのバージョンでしょう。
石川ひとみ

石川ひとみ

三木聖子がシングルを3枚発売しただけで早々に結婚、引退したこともあり、「まちぶせ」といえば石川ひとみですね。

「まちぶせ」は石川ひとみにとって現在のところ最大のヒット曲ですが、実は11枚目のシングルで、やっと掴んだヒット曲だったんです。当時彼女は22歳。なかなかの苦労人というか、遅咲きのアイドルでした。

まちぶせ ♪ 石川ひとみ

いやぁ、カワイイ!輝いてますねぇ。

因みに「まちぶせ」に続く石川ひとみのシングルは「三枚の写真」です。実はこの曲も三木聖子の3枚目のシングルでカバーでした。

作者の“まちぶせ”

「まちぶせ」を作ったのは作詞・作曲ともにユーミンです。当時は荒井由実を名乗っていました。そのユーミンも1996年7月15日に28枚目のシングルとして発売しています。三木聖子から20年後ということですね。
まちぶせ

まちぶせ

松任谷由実
「まちぶせ」は、アルバム「Cowgirl Dreamin' 」にも収録されています。
Cowgirl Dreamin'

Cowgirl Dreamin'

1. ありのままを抱きしめて
2. Cowgirl Blues
3. 告白
4. Moonlight Legend
5. 別れのビギン
6. 忘れかけたあなたへのメリークリスマス
7. Midnight Train
8. 最後の嘘
9. Called Game
10. まちぶせ
ユーミンのご主人であり「まちぶせ」のアレンジを担当した松任谷正隆も「彼女でないと書けない詞の世界」と評していますが、確かに素晴らしい!

2番に「彼女がフラれたと噂に聞いた」という歌詞がありますが、ここは「2人が別れたと噂に聞いた」としてもよかったと思います。あえて「彼女がフラれた」としたところにこの歌詞の主人公同様に作者の女としての意地悪さを観る思いがします。
それも含めて、いえ、だからこそこの曲はリアルで素晴らしいものになったのでしょう。

まちぶせ - 松任谷由実

38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【80'sアイドル】オーディション番組から出てきた歌唱力抜群な美少女・石川ひとみ

【80'sアイドル】オーディション番組から出てきた歌唱力抜群な美少女・石川ひとみ

「まちぶせ」で老若男女に知られた石川ひとみが歌手としてだけではなくマルチタレントの活躍を映像で振り返る!人形劇「プリンプリン物語」からヒット曲までファン必見のヒットシングルコレクション!
はんまのまま | 4,452 view
昭和の香りムンムン!70年代にデビューした、女泣かせの魅惑のムード歌謡グループたち。

昭和の香りムンムン!70年代にデビューした、女泣かせの魅惑のムード歌謡グループたち。

ムード歌謡グループは息が長い。一般的には60年代にデビューしたグループの認知度が高いように思われます。彼らは60年代以降、今日でも頑張っているグループが少なくないからでしょう。では70年代には魅惑のグループはデビューしなかったのかといえばそうではありません。女泣かせの、昭和の香りを漂わせたグループがいくつもいます。
obladioblada | 1,040 view
70年代に安井かずみが作詞を担当した小柳ルミ子の名曲たち

70年代に安井かずみが作詞を担当した小柳ルミ子の名曲たち

70年代、小柳ルミ子はアイドルでした。そして、その当時の安井かずみといえば、アイドルに作詞を提供する超売れっ子。ただ、小柳ルミ子は演歌を歌うんですね。安井かずみと演歌は結びつかない。しかし曲を聴いてみると相性は良かったようですよ。
obladioblada | 681 view
青春の甘酸っぱさを表現させたら右に出る者なし!70年代に発表した あいざき進也のシングル。

青春の甘酸っぱさを表現させたら右に出る者なし!70年代に発表した あいざき進也のシングル。

あいざき進也というと、どうしても二番手というイメージがあり、多くを語られることが少ないように感じます。勿体ない。彼が70年代に発表したシングルは青春の香りがする名曲揃いなんです。
obladioblada | 617 view
絶対的な美人といえる70年代の夏木マリ。その色気はハンパなしっ!です。

絶対的な美人といえる70年代の夏木マリ。その色気はハンパなしっ!です。

1973年の「絹の靴下」でブレイクした夏木マリは、お色気全開!ハンパないほどエロチックだったのですが、なんと、当時まだ21歳!今振り返ってみると、そのエロさ、美しさは驚異的だなぁと改めて思う次第です。
obladioblada | 9,862 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト