「横浜フリューゲルス消滅」合併発表後、一度も負けずに天皇杯優勝!同時に解散となりました・・・。
2016年11月25日 更新

「横浜フリューゲルス消滅」合併発表後、一度も負けずに天皇杯優勝!同時に解散となりました・・・。

「横浜フリューゲルス消滅」。1998年秋、衝撃的なニュースが日本中を駆け巡りましたね。合併発表から、天皇杯決勝までの快進撃は今も記憶に強く残っています。

7,229 view

1999年の「横浜フリューゲルス」消滅

かつて、Jリーグに横浜フリューゲルスという非常に強いチームがあったことを、覚えているサッカーファンも多いことでしょう。
1999年元旦、チームカラーと同じ真っ青に染まった空の下で、第78回天皇杯の優勝を飾り、日本一のまま消滅した伝説のクラブです。
 (1635643)

横浜フリューゲルスの選手、スタッフの集合写真
1998年10月29日、マスコミにすっぱ抜かれる形で横浜マリノスへの吸収合併が突然発覚する。

当事者である両チームだけでなく多くのチームサポーターも合併反対の声を上げ、チームメンバーは合併は誤りである事を照明しようと試合に勝ち続けたが、結局合併の流れを止める事が出来ず12月2日に調印が行われこのシーズンを以てチームが事実上消滅することになった。
 (1635672)

フリューゲルスの消滅を伝えるスポーツ報知

負ければ即消滅だった天皇杯

吸収合併が発覚した後、強いチームであることを証明しようと、リーグ戦で一度も負けることなく勝ち続けた横浜フリューゲルス。そして、合併劇が収まらない中、第78回天皇杯が開幕します。
リーグ戦終了後の第3回戦から参戦するフリューゲルスは、負ければ敗退のノックアウト方式の大会で、負ければチーム消滅という状況の中での戦いとなりました。

準々決勝でジュビロ磐田、準決勝で鹿島アントラーズと対戦。当時、Jリーグの中で圧倒的な強さを持つクラブに勝利。そして、迎えた1999年元旦の決勝戦。
場所は国立競技場。奇しくも対戦相手は、1993年のJリーグ開幕戦と同じ清水エスパルスでした。

5万人ものサポーターが見守る最後の試合。前半13分にエスパルスに先制を許すも、前半終了間際にFW久保山由清選手(当時)が同点弾を挙げると、後半に入り72分にFW吉田孝行選手(当時)が勝ち越し点を挙げます。
そのまま試合は終了し、フリューゲルスは2-1で勝利。優勝カップを掲げて有終の美を飾りました。
 (1635664)

天皇杯優勝!喜びを爆発させる選手達

サポーターの反対運動

発表はファンだけではなく、主力選手の三浦淳宏と楢崎正剛などでさえ寝耳に水の話で、事前に運営側からの説明がなされたわけではなかった。

サポーターたちはチームを存続させる会を設立。クラブ消滅が勝手に決まっていたことや、合併する相手が同じ横浜を本拠地とするライバルチームの横浜マリノスであったことなどにより、特に反対する意見や非難が多かった。

こうした流れを受け、合併に反対する署名運動は、地元の横浜のみならず全国各地へと広がった。
フリューゲルスファンの川平慈英も消滅・合併に反発し、存続支援の意志を発表。

しかし、その願いはかなわず、12月2日の両クラブ合併の調印式を経て、翌年の2月1日に正式合併となった。チーム名はフリューゲルスの頭文字である「F」を加えた、「横浜F・マリノスとなった。
※チーム消滅の原因は、出資会社の経営不振でした。この騒動は企業スポーツのあり方を問う一つの事件となりました。

また、サポーターが横浜駅で署名運動をしていた際に、急きょフリューゲルスの選手も加わり活動した事がありました。事前許可を取っていなかった為に、途中で中止となりますが、短時間で1000名程の署名を集めました。
 (1635622)

横断幕に書かれたメッセージ 「フリューゲルスを助けて」

サポーターと出資側の話し合い

サポーターと全日空側とが「対面」した。話し合い自体は深夜まで行われていた。
サポーター側からは「合併の白紙撤回を求む」要求を。全日空側は「決まったことだから要求は飲めない」の逃げ。
この全日空の対応の「のらりくらり」に、サポーターも選手らも悩ませられ、憎悪を増幅させていくのである。

横浜フリューゲルスの概要

神奈川県横浜市を本拠地とするプロサッカークラブ。略称は横浜F。
前身は全日空サッカークラブ。

ホームスタジアムは横浜市三ツ沢公園球技場、横浜国際総合競技場。
同じ三ツ沢をホームとする横浜マリノスとの横浜ダービーも有名。
サポーターズソングは「Victory」。
 (1635717)

横浜フリューゲルス・マスコット 「とび丸」
Jリーグ開幕の1993年からアビスパ福岡がJリーグ昇格を果たす1995年までの間は長崎県・熊本県・鹿児島県を特別活動地域(≒準ホームタウン)としており、この三県での人気は撤退後でもアビスパを遥かに凌いでいた。

フリューゲルスに所属したことのある選手として、前園真聖、山口素弘、楢崎正剛、三浦淳宏、遠藤保仁、ジーニョ、サンパイオ、エドゥー、モネールなどが挙げられる。

日本代表監督にもなった加茂周が初代監督。彼の代名詞でもある「ゾーンプレス」を使った、コンパクトで展開の早いサッカーが特徴であった。1993年には天皇杯を制している。

「前所属」横浜フリューゲルス GK楢崎正剛

「試合前に配られるメンバー表の僕の名前の後ろに、『前所属・横浜フリューゲルス』とある。もし僕が移籍したら、あの名前がなくなっちゃうんですよ。それがつらい」
※現在、現役を続ける元フリューゲルスの選手では、「前所属」がフリューゲルスの選手は楢崎だけです。
 (1635723)

チーム消滅決定後、うつむき加減でチームフラッグを持つ楢崎。
この後、日本代表の正ゴールキーパーを務める事になります。

彼のフリューゲルス愛は本物です!
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【サッカー列伝】カズの兄貴こと三浦泰年 実は彼もブラジル留学していました!やっさんと親しまれた彼を振り返ります。

【サッカー列伝】カズの兄貴こと三浦泰年 実は彼もブラジル留学していました!やっさんと親しまれた彼を振り返ります。

三浦泰年は、日本代表にも選ばれたサッカー選手であり、三浦知良の兄貴としても有名ですね。数々のJリーグチームを渡り歩いた彼ですが、ブラジル留学も経験する等、弟と重なるサッカー人生を歩んでもいました。
ひで語録 | 2,350 view
【サッカー列伝】鹿島ツインタワーの一角・黒崎比差支。ドーハの悲劇も経験したJリーグ黎明期のFWです。

【サッカー列伝】鹿島ツインタワーの一角・黒崎比差支。ドーハの悲劇も経験したJリーグ黎明期のFWです。

黒崎比差支はJリーグ初期を代表するFW。鹿島アントラーズではツインタワーの一角を担い、得点を重ねます。また、「ドーハの悲劇」も経験しました。
ひで語録 | 4,018 view
【サッカー列伝】ドーハの悲劇やフランスW杯直前での代表落選も経験した北澤豪。どんな選手でしたか?

【サッカー列伝】ドーハの悲劇やフランスW杯直前での代表落選も経験した北澤豪。どんな選手でしたか?

ドーハの悲劇とフランスW杯とゆうサッカー日本代表を語る上で非常に重要な出来事。その二つの出来事に深く関わっていた北澤豪。選手としての彼を記事にしてみました。
ひで語録 | 4,572 view
【サッカー列伝】 読売サッカークラブ~ヴェルディ川崎のゴールマウスを守ったGK菊池新吉を特集します。

【サッカー列伝】 読売サッカークラブ~ヴェルディ川崎のゴールマウスを守ったGK菊池新吉を特集します。

80年代中盤の読売サッカークラブからJリーグ開幕時のヴェルディ川崎名GK・菊池新吉を特集します。ベストイレブンにも輝きました。
ひで語録 | 5,057 view
【サッカー列伝】'98仏W杯での活躍が印象的な相馬直樹 日本代表・不動の左サイドバックでした

【サッカー列伝】'98仏W杯での活躍が印象的な相馬直樹 日本代表・不動の左サイドバックでした

'98フランスW杯、不動の左サイドバックとして全試合にスタメン出場。相馬直樹の全盛期は、鹿島での成功と共にありました。後年、怪我に泣かされたサッカー人生でもありました。
ひで語録 | 4,129 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト