70年代に活躍した漫画家「芳谷圭児」の代表作。 それが青春エロ漫画の金字塔「高校生無頼控」だ!
2019年5月21日 更新

70年代に活躍した漫画家「芳谷圭児」の代表作。 それが青春エロ漫画の金字塔「高校生無頼控」だ!

70年代に小池一雄とのコンビで爆発的な人気を誇った芳谷圭児の青春エロ漫画。その代表作が「高校生無頼控」です。タイトルからして何やら不穏な感じ。当時はセックスをメインテーマとした作品が一般誌にはなかったんです。大ヒットしたのも頷けます!

3,013 view

芳谷 圭児

先ごろ亡くなった漫画原作者の小池一夫。小池一夫といえば、そう、やはり「子連れ狼」でしょうか。もちろん多くの作品を発表し、かつヒットさせているわけですが、共通するテーマはセックスとバイオレンス。それを端的に表現した作品といえば「高校生無頼控」ではないでしょうか?!
高校生無頼控

高校生無頼控

芳谷圭二直筆カラー色紙
作画を担当しているのは芳谷 圭児です。小池一夫は今日でも良く知られていますが、芳谷 圭児はマニアックな存在となりつつあるようですね。
「高校生無頼控」は1971年30号〜1973年24号まで週刊漫画アクションに連載されていたのですが、その単行本は累計部数100万部を突破しました。 これは当時としては異例の売れ行きだったのです。読者はエロに飢えていたということかなんでしょうね。
高校生無頼控

高校生無頼控

第七集 漫画アクションコミックス
出典 buyee.jp
全編こんな感じ。ん~、もう、そそられました。当時、いたいけな少年たちは一人残らずそそられました。
小池一雄もいいけど、芳谷 圭児もね。ということで、青春エロ漫画の金字塔「高校生無頼控」いってみます!

高校生無頼控

主人公の名前は村木正人。略してムラマサ。このムラマサが日本全国旅をしてイイ女とエッチばっかりするという男にとっては夢のような物語です。
爆発的にヒットしたのは、当時、一般誌において、セックスをモチーフとした作品がほとんどなかったという理由が大きかったと思われます。
高校生無頼控

高校生無頼控

作画:芳谷 圭児
原作:小池 一夫
1969年、東大安田講堂などに立てこもった学生たちに対して、警察は催涙弾4000発を使用。逮捕された学生は729人、そのうち負傷者は428人にのぼった。この国家権力の暴挙に対して熱心な学生運動家・村木鉄人は、過激派に走り、全国指名手配中所在不明に。その兄を探しだすために弟である村木正人(薩摩示現流の達人)は高校を中退し、恋人に別れを告げ、鹿児島から東京へ。ゆく先々で出逢う女性と性的関係になるまでのアバンチュールを楽しみながら旅を続ける――。
このテーマというかストーリーは、本宮ひろ志の代表作となる「俺の空」へとつながってますね。
さて、大ヒットした「高校生無頼控」。当然のように映画化されます。実写です。
高校生無頼控

高校生無頼控

監督:江崎実生
脚本:佐々木守、足立正生
撮影:山田一夫
美術:片桐健之
音楽:佐藤允彦
出演:沖雅也、夏純子、八並映子、沢知美、宍戸錠、岸田森、進千賀子、集三枝子、中川加奈、レナッタ・ヘラルド
母を死に追いやった兄を、たたっ斬るべく旅立った高校生・村木正人(通称:ムラマサ)。“血を流し、汗を流し、涙を流す”の三流主義でひょうひょうと旅する彼は、道中その土地土地の美女に恋して猛アタック。「ちぇすとお〜!」の雄叫びとともに暴れまわる!
今日では鑑賞することが絶望的な「高校生無頼控」。主演は沖雅也だぁ。ストーリーは、単行本でいうと1巻からのエピソードを中心に2巻、3巻、5巻からのエピソードをまぜて作られています。
それにしても沖雅也。女性陣はもちろん頑張っていますが、ここはやはりフンドシ姿で体を張る沖雅也でしょう。
高校生無頼控

高校生無頼控

沖雅也・八並映子
野球拳ですね。男、いえ、漢を表現するにはフンドシしかないのでしょうが(な、な、なんで)、沖雅也あっぱれです。堂々たる脱ぎっぷり。むしろ脱ぎたくてしょうがないと言わんばかりです。
しかし、本作の見せ場は「ブランコ攻め」です。聞きなれない言葉ですが、原作にもあり、若者たちのド肝を抜きました!
高校生無頼控

高校生無頼控

ブランコ攻め
まぁ、そういうことです。映画では沖雅也が川村真樹を相手にかましてくれてます。
高校生無頼控

高校生無頼控

沖雅也
ところで川村真樹は第一線を退いてからは、東京は銀座でクラブ「マダム真樹」を、現在でも元気にやられているそうですよ。
43 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

ウルトラ警備隊のアンヌ隊員「ひし美ゆり子」は、その後ヌードも辞さない大胆な演技を披露しています

ウルトラ警備隊のアンヌ隊員「ひし美ゆり子」は、その後ヌードも辞さない大胆な演技を披露しています

アンヌ隊員といえばウルトラ警備隊のマドンナ。笑顔が最高です。演じたのは ひし美ゆり子ですね。今なお人気の高いアンヌ隊員ですが、その後の ひし美ゆり子も素晴らしいのです。70年代はヌードも辞さない大胆な演技で私たちを楽しませてくれました。
obladioblada | 25,461 view
70年代に、大映テレビが制作した「岡崎友紀」主演のライトコメディシリーズ。

70年代に、大映テレビが制作した「岡崎友紀」主演のライトコメディシリーズ。

大映テレビが制作したライトコメディシリーズによって岡崎友紀はブレイクし、それまでのアイドルの概念を変えてしまいました。70年代の前半は岡崎友紀のものだったといってよいでしょう!
obladioblada | 1,659 view
脚本家「松木ひろし」の70年代は神がかっています。後悔しないように、これだけは見とけ!

脚本家「松木ひろし」の70年代は神がかっています。後悔しないように、これだけは見とけ!

今回ご紹介するこれらのドラマは是非とも見て頂きたい!「雑居時代」「パパと呼ばないで」「池中玄太80キロ」など名作と言われ、その後のドラマにも多大な影響を与えた松木ひろしのホームコメディドラマ。70年代の作品はどれもこれもまさに“神”。
obladioblada | 1,635 view
懐かしの1970年代を代表するCMがコレだぁ!

懐かしの1970年代を代表するCMがコレだぁ!

CMはその時代の世相を反映すると言われます。確かに!振り返ると思い当たります。70年代の代表的なCMをピックアップしてみました。さぁ、果たして何が見えてくるでしょうか?
obladioblada | 1,959 view
1970年代、各年別ヒット商品(食品編)いってみよう!

1970年代、各年別ヒット商品(食品編)いってみよう!

70年代に発売されていながら、今もって現役。考えてみると、それってスゴイことですよね。そうした食品が思いのほか多くあるんです、70年代ものには。それらを各年毎に紹介します。
obladioblada | 4,412 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト