90年代を代表するボーイズグループ「Take That」その軌跡を振り返る
2019年5月30日 更新

90年代を代表するボーイズグループ「Take That」その軌跡を振り返る

90年代はボーイズグループの全盛期。その先駆けとなったイギリスのグループ「Take That」の歴史をみてみよう!

848 view

Take Thatってどんなグループ?

左から:ジェイソン、ゲイリー、ハワード、マーク、ロビー

左から:ジェイソン、ゲイリー、ハワード、マーク、ロビー

90年代を代表する、ボーイズグループであるTake Thatはイギリスのマンチェスター出身のいわゆるアイドルグループです。1990年に5人グループとしてデビューしました。イギリスのテレビ局BBCが「UK音楽史上、ビートルズ以来、最も成功したバンドで老若男女問わずに愛されている」と評しているほどのグループです。
ゲイリー・バーロウ・・・基本的にダンスは不得意で、メインヴォーカルが多い。ほとんどの作詞作曲を担当している。

マーク・オーウェン・・・ハスキーな歌声が特徴でリードヴォーカル多数。小柄で笑顔が多く可愛いと、女性ファンが多い。

ロビー・ウィリアムズ・・・最年少でやんちゃな問題児のイメージ。歌唱力は抜群。ソロ歌手としてヨーロッパでは絶大な人気を誇っている。

ハワード・ドナルド・・・ダンサーとして加入したが、歌唱力も定評がありリードヴォーカルも多数あり。

ジェイソン・オレンジ・・・ダンサーとして加入。歌唱力よりもダンスが売り。

グループ結成まで

まずは、どのようにしてグループ結成にいたったのかをご紹介。メンバーの中心となるシンガーソングライターのゲイリー・バーロウが15歳の時、イギリスのテレビ局、BBCで開催されたA Song For Christmasというコンテストに出場し、準決勝に進みます。これがきっかけで、Northern club circuitというところで、自身の歌やカバー・ソングを披露し始めます。

18歳になり、カーティス・ラッシュという名前でレコーディング活動をはじめていたころ、当時イギリスで有名なマネージャーであったマーティン・スミスと共にオーディションを開催。ここでマーク・オーエンとロビー・ウィリアムズの2人がオーディションに合格します。

その後、マネージャーであったマーティン・スミスがバックダンサーのオーディションも行い、RDS Royalというクラブでブレイク・ダンサー、そしてDJをしていたジェイソン・オレンジとストリートダンサーとしてテレビ番組にも出演していたハワード・ドナルドの2人がメンバー入りを果たします。

こうして、伝説的ボーイズグループ、Take Thatが結成されたんですね。

デビューはしたものの、なかなか売れない?

Do What U Like

Do What U Like

さて、ゲイリー・バーロウ、マーク・オーウェン、ロビー・ウィリアムズ、ジェイソン・オレンジ、ハワード・ドナルド、5人がそろったTake Thatは1990年に晴れてデビューします。

しかし、デビューはしたもののなかなか売れません。
最初の2年はイギリスのゲイ・クラブや高校で主にライブ活動をし、その後、1992年に念願のメジャー・レーベルと契約し、ファースト・シングル、「ドゥ・ホワット・ユー・ライク」(UKチャート82位)をリリースします。ところが、このプロモーション・ビデオで、メンバーが裸になり、ゼリーをお互いの体に塗りつける、という過激な内容であったことや、ゲイ・クラブでのライブの経歴などもマイナス要因となり、重要な10代の女性からの人気を得ることができません。
その後続けてリリースされた2枚のシングルも、UKチャートにやっとランクインする程度でした。

ヒット曲 It only Tekes A Minute で一気にスターダムへ!

It Only Takes A Munite

It Only Takes A Munite

デビューするもなかなか売れない時期が続きます。
しかし、1992年にリリースした「It Only Takes a Munite」がヒットし、UKチャート7位に入ると、一気に人気が加速します。次のバラードソング「Million Love Songs」「I Found Heaven」は共にトップ20にランクインし、この頃には、彼らの人気はイギリスのみならず、ヨーロッパへと広がりをみせます。そしてバリー・マニロウ、ドナ・サマーのヒット曲をカバーした「Could it be Magic」をリリースすると大ヒット!
続けて、ファーストアルバム『Take That & The Party』をリリースしたころには、Take Thatの人気はヨーロッパ、さらにアジア、世界へと広がっていました。

1993年には、 アルバム、『Everything Changes』をリリース。このアルバムからは、初のUKチャート1位を獲得した「Pray」がリリースされています。続いて「Relight My Fire」、「Babe」「Everything Changes」1位をマークしました。

続いて1995年に『Nobody Else』をリリースし、このアルバムからのシングル「Sure」はUKチャート1位をマーク、次のシングル「Back For Good」はアメリカで最高7位を記録し、Take Thatの人気は全盛期を迎えます。この頃、日本にもプロモーションやライブのため何度も来日しています。

メンバーの脱退と解散

Take Thatの人気が全盛期の1995年、なんとメンバーのロビー・ウィリアムズがグループを脱退します。原因は、当時彼らに課せられていた、「アルコール禁止、ドラッグ禁止、恋愛禁止」という束縛に耐えられなくなったから、ゲイリーに劣らぬ歌唱力があるにも関わらず、ゲイリーと並ぶことができない状況に耐えかねたため、すでにドラッグ中毒であったロビーに対し、メンバーが脱退かドラッグをやめるかの2択をせまったから、などいろいろと言われています。

ロビー脱退後も、残ったメンバーはアルバム、『Nobody Else』のプロモーション活動を続けていましたが、1996年2月13日、解散を発表します。ファンの悲嘆は予想以上で、自殺防止のための電話相談サービスが設置されたほど。
メンバーのハワード・ドナルドも「テムズ川に飛び込もうかと思った。」と自殺しそうな心境だったことを後に語っています。

1996年、解散前最後のアルバムとして、ベスト盤『The Greatest Hits』をリリースします。

解散後のメンバーの活動 ロビーだけが脚光を浴びる

ロビー・ウィリアムズ

ロビー・ウィリアムズ

全盛期で解散をしたTake Thatですが、解散ごメンバーはどうなっていったのでしょうか。

まず脱退をしたロビー・ウィリアムズは、脱退後は、ドラッグとアルコールに溺れつつも、徐々に回復を見せていき、ソロ活動を開始します。そして、1997年にリリースした「Angels」が世界中でヒットし、「ヨーロッパで一番人気のある歌手」となります。

しかし、一方でグループのヴォーカルであったゲイリー・バーロウはソロ活動をするもうまく行かず、ひっそりとプロデューサー業を始めます。
マーク、ハワード、ジェイソンは解散後ほぼ表舞台から消えていきました。

ロビー脱退の原因の一つは、ロビーとゲイリーの仲違いであると言われており、この頃、二人の仲をマスコミが面白がって中傷し、更に関係が悪化していきます。このことで心に傷を負ったゲイリーまでも、表舞台か消えていきます。

グループ再結成とロビー&ゲイリーの和解

再結成したTake That

再結成したTake That

解散後、ひっそりと活動していたロビー以外の4人ですが、2004年、ドキュメンタリー番組『Take That: For the Record』のため久しぶりに再会し、そして2005年、ロビー・ウィリアムズ抜きで再結成を果たします。

再結成後は昔のアイドル路線ではなく、良質なボーカル集団となり、出したアルバムは再結成前よりも高い売上を記録し、ツアーチケットは数時間で全公演完売となりました。

ロビー・ウィリアムズに対しては、「迎え入れるドアはいつでも開いている」とメンバーは公式にコメントを続け、2010年、ロビーがTake Thatに復帰したことで、遂に5人そろっての再結成を果たしました。
ロビーとゲイリーですが、2007年ころには再開し、すでに和解も済み、家族ぐるみで遊ぶなど今まで以上に仲良くなっているようです。

5人でのニューアルバム『Progress』が発売されると、発売一週間で52万枚を売り上げ、UKアルバムチャート1位を記録し、イギリス音楽史上「初週で最も売れたアルバム」となりました。そして、年末に発売したにも関わらず、6週間も1位をキープし続け、2010年で最も売れたアルバムとなります。
22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

実は半端ないセレブ家系だった!世界中に広がるオザケンの家系をまとめてみました!

実は半端ないセレブ家系だった!世界中に広がるオザケンの家系をまとめてみました!

1990年代に渋谷系の王子様として一世を風靡した小沢健二。ベビーフェイスのルックス、「オザケン」の愛称で人気がありましたね。東大文Ⅲ卒というのは有名ですが、オザケンだけじゃなく家系もすごかった!ミドルエッジ世代懐かしのオザケンのセレブっぷりまとめてみました!
【Robbie Williams】Take Thatの一員からスーパーソロアーティストに!ロビー・ウィリアムズの成功への軌跡

【Robbie Williams】Take Thatの一員からスーパーソロアーティストに!ロビー・ウィリアムズの成功への軌跡

90年代のUKミュージックシーンで人気を博した、イギリスの国民的グループTake That(テイク・ザット)のメンバーとして、エンタメ界でのキャリアをスタートさせたRobbie Williams(ロビー・ウィリアムズ)。 1995年にグループを脱退、ソロ活動を開始。97年にリリースされた「エンジェルス」の大ヒットを機に、ソロアーティスト、ロビー・ウィリアムズの黄金時代が幕を開けました。大成功を成し遂げたロビーの軌跡をご紹介します。
Hamanasunohana | 134 view
【Take That】ボーイバンドの走り! イギリス国民に愛されるスーパーバンドの軌跡

【Take That】ボーイバンドの走り! イギリス国民に愛されるスーパーバンドの軌跡

90年代を代表するボーイバンドTake That(テイク・ザット)は 2019年に結成30周年を迎えました。90’sのミュージックシーンをを席巻したスーパーグループの当時の活躍の様子とメンバーの現在をご紹介します!
Hamanasunohana | 337 view
Mr.マリックのテーマでお馴染み!80年代以降の音楽に革命を起こした「Art of Noise」

Mr.マリックのテーマでお馴染み!80年代以降の音楽に革命を起こした「Art of Noise」

イギリスのエレクトロニック・ミュージックグループ「Art of Noise」。同グループのサンプリングを多用した音楽性はその後の音楽シーンに影響を与えました。
かずくん | 1,016 view
バッチでもバッジでもなく、バッヂ。今や伝説のバントと呼ばれている「The BADGE」の音楽を聴いてくれっ!

バッチでもバッジでもなく、バッヂ。今や伝説のバントと呼ばれている「The BADGE」の音楽を聴いてくれっ!

ブリティッシュ・ビートにポップなメロディ。そこに絶品のコーラス。これがザ・バッヂのサウンド。シンプルでタネも仕掛けもありませんが、その分、思いっきり熱いロックン・ロールを聴かせてくれます。
obladioblada | 1,720 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト