ホームランキング 王貞治の1本足打法   Flamingo Style Butting of Homerun King Sadaharu Oh.
2017年3月30日 更新

ホームランキング 王貞治の1本足打法 Flamingo Style Butting of Homerun King Sadaharu Oh.

王貞治の澄んだ瞳と誠実さは尋常ではない。 個性とバカ話が渦巻く野球界にあって、ひと際、異彩を放っている。 しかし単なるお人好しじゃない。 鉄拳制裁や、、道場通い、刀を握っての練習などは、まさに鬼の所業だった。 三振王からホームラン王に、さらに世界の王となった現役時代の王貞治の軌跡を、一本足打法を中心にまとめてみました。

5,439 view

王のストーリー Story of the King

荒川博との運命的な出会い

 (1849161)

プロ野球選手:荒川博が、犬を散歩させるために歩いていると、公園で子供たちが野球をやっていた。
その中に中学2年生にして176㎝もあった王貞治がピッチャーをしていた。
荒川は、左投げなのに右打ちをしていた王に、左で打つようにアドバイスした。
すると王はいきなり快打した。
王は、荒川の指導の的確さに驚き、荒川は、王の才能と、何よりその素直さに感心した。

荒川博が王貞治との出会いを語る

三振王

 (1849181)

高校受験で進学校に落ちた王は、
「野球をやろう。」
と早稲田実業に進学した。
早実は、荒川の母校で、進学を薦められていた。
そして高校1年生の時に外野手兼控え投手として夏の甲子園出場。
1年生の秋よりエースとなり、2度目の甲子園(春の甲子園)で優勝。
2年生の夏の甲子園2回戦で、延長11回を完投しノーヒットノーランを達成。
3年生の春の甲子園で2試合連続本塁打。
しかし最後の夏の甲子園では、東京都大会決勝戦で負けてしまった。
それまで大学に進むことを決めていた王だったが、この敗戦が影響し、プロ野球に進むことになった。

1957年 早稲田実業 王貞治投手(二年)

1959年、王は、鳴り物入り(契約金1800万円、年俸144万円、背番号「1」という破格の条件)でジャイアンツに入団。
しかしわずか2週間後、監督から
「お前はピッチャーとして大成しない。」
と引導を渡され、前年、引退した打撃の神様:川上哲治の後を継いで、一塁手となった。
1年目は、7番打者として、打率:161、ホームラン:7、三振:72。
三振が多いため、「三振王」といわれた。
成績は悪かったが、練習の球拾いをしていたとき、破れたボールを自分で糸を買って修繕したことが球団に評価され、2年目の年俸は、140万円から160万円にアップした。
その2年目(1960年)は、打率:270、ホームラン:17、三振は101。
相変わらず三振は多かったが、オールスターゲームに選出された。
“打撃の神様”川上哲治さん93歳で逝く/野球/デイリースポーツ online (1849275)

3年目(1961年)、川上哲治が監督に就任。
「王は、3割、25本は十分打てる素質がある。」
という川上監督の期待に応えることはできず、王は打率:253、ホームラン:13。
この年のシーズンオフに荒川博は現役を引退。
そして打撃コーチとして、ジャイアンツのユニフォームを着ることになった。
ここから荒川と王は、2人で練習をし始めた。
通常の練習後、また試合後、そして休日でさえ、東京都新宿区早稲田の荒川の自宅で毎日バットを振る「荒川道場」が始まった。

初めての一本足打法で、いきなり大ブレイク

プロ野球 王貞治選手「ホームランの記録」

4年目(1962年)、川上監督は、開幕戦で王を4番にした。
しかし王は極度の不振に陥り、チャンスでは代打を出されることさえあった。
6月30日も、2打席2三振を喫したところで、王は他の選手と交代させられた。
試合が終わった後、王は、いつものように荒川の車に乗り、早稲田鶴巻町の荒川の家に行き、練習を行った。
2人はもう半年以上前からいろいろとやってきたが、なかなか成果は出ていなかった。
特にそのとき王は、ピッチャーの投げるボールに差し込まれて、打球がつまってしまっていた。
荒川はいった。
「明日の試合では、ピッチャーが足を上げたら、こちらも足を上げよう。」
このように当初、1本足打法は、王の欠点を克服するためのものだった。
そして7月1日、1本足に替えた試合で、王はいきなり5打席3安打4打点。
ただ王がフォームを変えることが珍しくなかったため、翌日の新聞は、1本足打法についてほとんど報じなかったが、その後も王が立て続けにホームランを打ち始めて、
「そういえば変な打ち方している」
と騒がれ始めた。
4~6月にかけて9本だったホームランが、7月だけで10本を打った。
左足だけで立つ1本足打法は、タイミングの取り方が難しいが、当たると桁外れの打球をかっ飛ばした。
ホームランも、フライでフェンスを越えるのではなく、ライナーで一気にいってしまうような打球になった。
このシーズン(1962年)の王のホームラン38本、打点は85で、それぞれのタイトルを獲得した。
そして5年目(1963年)は、ホームラン40本。
6年目(1964年)には、ライト方向への打球が多い王に対して、ライト寄りの守備態勢:王シフトがしかれたが、王は4打席連続ホームランを含む、55本のホームランを放ち、年間最多本塁打を記録し、名実ともにホームラン王になった。
その後も王は、ジャイアンツの主砲としてV9に貢献し、868本のホームランで世界記録を樹立。
頂点を極めた。

1本足打法 Flamingo Style Butting

荒川博と王貞治が行った数々の練習

 (1849294)

1961年の秋、毎日オリオンズの選手だった荒川博は現役の引退し、ジャイアンツの打撃コーチとなった。
そして久々に王のバッティングをみて、その崩れに驚きつつも、この悪いフォームで、打率:253、ホームラン:13という成績を出せる素質に感心した。
まず荒川は、王に毎日200~300本、素振りをさせた。
バットがシャープに、また箸のように自由自在に振れるようになることを目指した。
やがてその数は増えていき、素振り練習をする部屋の畳は擦り減り、ささくれ立った。

王貞治と荒川博 素振練習

82 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

清原和博  愛と笑いと涙の巨人時代

清原和博 愛と笑いと涙の巨人時代

ドラフト会議で裏切られたと感じた巨人への移籍。 合理的でクールな関東の最強球団を関西系の番長が盛り上げた。
RAOH | 1,963 view
清原和博!  甲子園の怪物!! 史上最強のバッター!!!

清原和博! 甲子園の怪物!! 史上最強のバッター!!!

清原和博は、小学3年生で入ったリトルリーグから甲子園まで、野球の記録を破り続けた。
RAOH | 2,381 view
今の巨人にこそ必要?…79年に行われた「地獄の伊東キャンプ」

今の巨人にこそ必要?…79年に行われた「地獄の伊東キャンプ」

1979年秋に行われた読売ジャイアンツの「地獄の伊東キャンプ」。長嶋茂雄監督によって行われた、連日、練習終了と同時に倒れこむほどの過酷過ぎるトレーニングは、当時若手だった江川卓や篠塚和典を鍛え上げ、一流選手へと成長させました。
こじへい | 2,858 view
巨人と台湾のOB選抜戦で、王貞治が「一本足打法」を披露!両軍ナインはベンチ前で整列、球場のファンは総立ち!

巨人と台湾のOB選抜戦で、王貞治が「一本足打法」を披露!両軍ナインはベンチ前で整列、球場のファンは総立ち!

両国のレジェンドが集まった巨人と台湾のOB選抜戦は15-11で巨人OB選抜が逆転勝ちした。試合では”世界のホームラン王”の王貞治氏が1968年の台湾キャンプ以来、48年ぶりに故郷で打席に入り、豪快なスイングを披露した。
【リーグ優勝の瞬間】読売ジャイアンツ編

【リーグ優勝の瞬間】読売ジャイアンツ編

まだクライマックスシリーズ制度が導入されていない頃、ペナントレースが今よりもずっと価値があった頃、各球団のリーグ優勝決定の瞬間、その年の戦いぶりをご紹介しています。今回は読売ジャイアンツのリーグ優勝決定の瞬間(1990、1994、1996)を集めてみました。
和尚 | 996 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト