永遠の名作「長いお別れ」の映画化「ロング・グッドバイ」の名探偵フィリップ・マーロウは一味違うんです
2017年5月26日 更新

永遠の名作「長いお別れ」の映画化「ロング・グッドバイ」の名探偵フィリップ・マーロウは一味違うんです

「長いお別れ」といえば、「ギムレットには早すぎるね」の名セリフで有名ですが、映画化された「ロング・グッドバイ」にはこのセリフは出てきません。そして、ボギーをはじめとして何人もの役者が挑んだ名探偵フィリップ・マーロウも異色といってよいでしょう。何というか煙草ばかりふかしてダラダラしています。しかし、しかしです。そこがカッコいいのです。真夜中にキャットフードを求めてうろつく姿がこの上なくカッコよく見えるのです。ハードボイルドという男の世界をぜひ女性にも味わってもらいたいです。

4,356 view

The Long Goodbye

映画「ロング・グッドバイ」は、言わずと知れたレイモンド・チャンドラーの小説が原作です。最近では村上春樹訳により小説も「ロング・グッドバイ」とタイトルを変えましたが、映画は「ロング・グッドバイ」、小説は「長いお別れ」の方がミドルエイジ以上の方にはしっくりきますよね?!
因みに「長いお別れ」は、清水俊二訳によるものです。
レイモンド・チャンドラー

レイモンド・チャンドラー

誕生:1888年7月23日
死没:1959年3月26日(満70歳没)
活動期間:1933年~1959年
「長いお別れ」の主人公は、世界一美しい名前を持つ私立探偵のフィリップ・マーロウです。レイモンド・チャンドラーにとってというよりも、おそらくハードボイルド小説史上もっとも有名なセリフであると思われる「ギムレットには早すぎる」が出てくることでも知られた名作ですね。
もっともこのセリフはフィリップ・マーロウが言うのではなく、友人のテリー・レノックスの言葉です。

1973年に映画化された「ロング・グッドバイ」では、主人公こそフィリップ・マーロウですが、小説とは随分印象が違っており、「ギムレットには早すぎる」は出てきません。
ロング・グッドバイ

ロング・グッドバイ

監督:ロバート・アルトマン
脚本:リイ・ブラケット
原作:レイモンド・チャンドラー
製作:ジェリー・ビック
製作総指揮:エリオット・カストナー
出演者:エリオット・グールド
音楽:ジョン・ウィリアムズ
撮影:ヴィルモス・スィグモンド
編集:ルー・ロンバード
製作会社:E-K-Corporation、ライオンズゲート
上映時間:112分
ハンフリー・ボガート、ロバート・ミッチャムをはじめとしてフィリップ・マーロウ役にはケーリー・グラント、ジェームズ・ガーナー、ジェームズ・カーンなどなど多くの役者が挑んでいます。今回のフィリップ・マーロウ役のエリオット・グールドは異色といっていいかと思います。とにかくよく煙草をふかしています。むしろ煙草を咥えていないシーンの方が少ない、というよりもないくらいです。
こういったところが今回の独特のフィリップ・マーロウになっているのでしょう。

The Long Goodbye Official Trailer #1 - Elliott Gould Movie (1973) HD

公開当初は「マーロウ物を愚弄した剽窃作」などと酷評された「ロング・グッドバイ」ですが、いえいえ何とも雰囲気があってカッコイイです!むしろこれこそがハードボイルドの見本のような映画に思えます。

あらすじ

ロサンゼルスで私立探偵をしているフィリップ・マーロウが、真夜中に飼い猫に起こされカレー印のキャットフードを買いに行くという何ともとぼけたシーンから物語は始まります。

Marlowe tries to feed his cat

家に戻ると友人のテリー・レノックスがやって来てメキシコまで行きたいと言います。フィリップ・マーロウはテリー・レノックスをメキシコ国境まで車で送り届けるのですが、これが事件の始まりとなるとは思いもよりませんでした。
 (1870665)

フィリップ・マーロウの家にやってきた警官
翌朝、警官がやってきてテリー・レノックスは妻を殺して逃亡しているのだと告げます。
その後、テリー・レノックスがメキシコで自殺したことが分かったために釈放されたのですが、フィリップ・マーロウはテリー・レノックスを匿っていると疑われ留置場に入れられたのでした。友人の情報を渡さずシラを切り通した結果ではあったのですが。。。

しかし、どうしてもテリー・レノックスが妻を殺害したことも、自殺したことも信じられないフィリップ・マーロウでした。
 (1870614)

アイリーン・ウェイドとフィリップ・マーロウ
翌日、フィリップ・マーロウはアイリーン・ウェイドという女性から行方不明となった夫を探してほしいと捜査を依頼されます。アイリーン・ウェイドの夫は、有名な作家のロジャー・ウェイドでした。
フィリップ・マーロウはこの依頼を受けることにします。ウェイド夫妻はテリー・レノックスと同じ高級住宅街に住んでいたのです。

ロジャー・ウェイドが残したメモからフィリップ・マーロウは神経科医・ヴェリンジャー博士の存在を突き止め、アルコール中毒となっていたロジャー・ウェイドを連れ戻すことに成功します。
 (1870751)

ヴェリンジャー博士とフィリップ・マーロウ
その後、ギャングがフィリップ・マーロウのもとに、テリー・レノックスが盗んだ35万ドルを返せとやってきます。ギャングはフィリップ・マーロウがテリー・レノックスの仲間だと思っているようですが、もちろんフィリップ・マーロウには身に覚えがありません。

そんな折、ロジャー・ウェイドが自殺します。
 (1870752)

アイリーン・ウェイドは「テリーの妻と夫(ロジャー・ウェイド)は浮気をしていた」とフィリップ・マーロウに告げます。そのことでテリー・レノックスは無実だとフィリップ・マーロウは確信するのでした。

フィリップ・マーロウがギャングのもとへ向かい事情を説明している最中に盗まれていた35万ドルが届けられ、フィリップ・マーロウはギャングから解放されます。

その帰り道、フィリップ・マーロウはアイリーン・ウェイドの乗った車を目撃して追いかけるのですが見失ってしまいます。
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

レイモンド・チャンドラーが生み出した、世界でもっとも美しい名前を持つ私立探偵フィリップ・マーロウ。

レイモンド・チャンドラーが生み出した、世界でもっとも美しい名前を持つ私立探偵フィリップ・マーロウ。

フィリップ・マーロウ。世界一かどうかは定かではありませんが、確かに美しい名前ですね。その名前以上に魅力的な男でもあります。生みの親レイモンド・チャンドラーが生涯に残した長編小説は7つ。全てが名作。フィリップ・マーロウの魅力がいっぱいです。
obladioblada | 420 view
脚本家「松木ひろし」の70年代は神がかっています。後悔しないように、これだけは見とけ!

脚本家「松木ひろし」の70年代は神がかっています。後悔しないように、これだけは見とけ!

今回ご紹介するこれらのドラマは是非とも見て頂きたい!「雑居時代」「パパと呼ばないで」「池中玄太80キロ」など名作と言われ、その後のドラマにも多大な影響を与えた松木ひろしのホームコメディドラマ。70年代の作品はどれもこれもまさに“神”。
obladioblada | 1,277 view
70年代に活躍した漫画家「芳谷圭児」の代表作。 それが青春エロ漫画の金字塔「高校生無頼控」だ!

70年代に活躍した漫画家「芳谷圭児」の代表作。 それが青春エロ漫画の金字塔「高校生無頼控」だ!

70年代に小池一雄とのコンビで爆発的な人気を誇った芳谷圭児の青春エロ漫画。その代表作が「高校生無頼控」です。タイトルからして何やら不穏な感じ。当時はセックスをメインテーマとした作品が一般誌にはなかったんです。大ヒットしたのも頷けます!
obladioblada | 2,544 view
懐かしの1970年代を代表するCMがコレだぁ!

懐かしの1970年代を代表するCMがコレだぁ!

CMはその時代の世相を反映すると言われます。確かに!振り返ると思い当たります。70年代の代表的なCMをピックアップしてみました。さぁ、果たして何が見えてくるでしょうか?
obladioblada | 1,796 view
ハードボイルドとバイオレンスの宝庫!『野獣死すべし』の作家【大藪春彦】を振り返る

ハードボイルドとバイオレンスの宝庫!『野獣死すべし』の作家【大藪春彦】を振り返る

ハードボイルドとバイオレンスの宝庫である大藪春彦さんの作品には、多くの方が熱くなったのではないでしょうか?今回はそんな大藪春彦さんと代表作を振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 997 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト