YMOを結成する前、70年代の細野晴臣は日本の音楽界にとってある意味YMO以上に重要な作品を残しているんです。
2017年11月8日 更新

YMOを結成する前、70年代の細野晴臣は日本の音楽界にとってある意味YMO以上に重要な作品を残しているんです。

確かにイエロー・マジック・オーケストラは、日本の音楽の歴史を塗り替え、世界的にも多くのアーティストに多大な影響を与えました。しかし、細野晴臣がYMOを結成する前に作り上げた一連のソロ・アルバムの素晴らしさときたら筆舌に尽くし難いものがあります。全作名盤というマニアのものだけにしておくには勿体ないですよ!

1,866 view

細野晴臣

日本音楽界の重鎮、細野晴臣。彼が1969年に大瀧詠一、松本隆、鈴木茂と結成した「はっぴいえんど」は日本語によるロックを完成させた初めてのバンドとして今なおリスペクトされています。
細野晴臣

細野晴臣

別名:ハリー細野、宇野主水、西原朱夏
生誕:1947年7月9日
出身地:東京都港区
学歴:立教大学社会学部観光学科(当時)卒
担当楽器:ボーカル、ベース、ギター、ピアノ、キーボード、ドラムス、ヴィブラフォン、マンドリン、リゾネーター・ギター、シロフォン、マリンバ、三味線、スティールパン
活動期間:1969年~現在
とは言え、「はっぴいえんど」は知る人ぞ知る存在ですから、一般的に細野晴臣が知られるようになったのは高橋幸宏、坂本龍一と共に結成したイエロー・マジック・オーケストラ (Y.M.O.) でしょう。

しかし、「はっぴいえんど」解散から「イエロー・マジック・オーケストラ」結成までの間に細野晴臣が発表した楽曲はどれもこれも素晴らしく、「イエロー・マジック・オーケストラ」の成功の秘密もこの時期の活動にあります。
今でも十分に刺激的で魅力溢れるエキゾチック・サウンドを再確認したいと思います。

HOSONO HOUSE

「はっぴいえんど」の解散が1973年で、ラストアルバム「HAPPY END」は2月25日に発売されましたが、細野晴臣はソロアルバムを3ヶ月後の5月25日に早くも発売しています。
HOSONO HOUSE

HOSONO HOUSE

1. ろっかばいまいべいびい
2. 僕は一寸
3. CHOO CHOO ガタゴト
4. 終りの季節
5. 冬越え
6. パーティー
7. 福は内 鬼は外
8. 住所不定無職低収入
9. 恋は桃色
10. 薔薇と野獣
11. 相合傘
ソロ・デビュー・シングルはアルバムにも収録されている「恋は桃色」でした。この曲は最近ではサニーデイ・サービス、中村一義、星野源などがカバーしたことで広く知られるようになりましたね。

細野晴臣 / 恋は桃色

トロピカル・ダンディー

1975年に発売された2作目のアルバム「トロピカル・ダンディー」。細野晴臣の作品は、名作、名盤と呼ばれるものばかりですが、本作も間違いなくその類です。
トロピカルダンディー

トロピカルダンディー

1. CHATTANOOGA
2. HURRICANE DOROTHY
3. 絹街道
4. 熱帯夜
5. 北京DUCK
6. 漂流記
7. HONEY MOON
8. 三時の子守唄
唯我独尊といいますか、少なくとも当時日本にこのような曲、アルバムを作っていたミュージシャンはいません。
後に「トロピカル三部作」と呼ばれることになるエキゾチックなアルバムは本作から始まります。

北京DUCK / Harry Hosono&Tin PanAlley(細野晴臣)

ソロと並行して活動を開始したのが、細野晴臣、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆(後に佐藤博が参加)からなる音楽ユニットのティン・パン・アレーです。
バンドとしての活動よりもプロデュースに重きを置いたユニットといったかんじで、ユーミンをはじめ多数のアーティストの楽曲に参加していたティン・パン・アレーですが、この年アルバムを発表しています。
キャラメルママ

キャラメルママ

1. キャラメル・ラグ
2. チョッパーズ・ブギ
3. はあどぼいるど町
4. 月にてらされて
5. チュー・チュー・ガタゴト ’75
6. シー・イズ・ゴーン
7. ソバカスのある少女
8. ジャクソン
9. イエロー・マジック・カーニバル
10. アヤのバラード
また、西岡恭蔵名義で細野晴臣はプロデューサーとしてクレジットされているだけですが、実質的には共作アルバム「ろっかばいまいべいびい」もこの年に発売されています。

大きなヒットになることはありませんでしたが、素晴らしいアルバムです。それにしても精力的に活動していたんですね。
ろっかばいまいべいびい

ろっかばいまいべいびい

1.ジャマイカ・ラブ
2.踊り子ルイーズ
3.ファンキー・ドール
4.めりけんジョージ
5.あこがれのニューオルリンズ
6.ろっかばいまいべいびい
7.今宵は君と
8.3時の子守唄
9.ピエロと少年
10.夢の時計台

泰安洋行

もしかすると、もしかするとですが、1976年に発売されたこのアルバムこそが細野晴臣の最高傑作なのかもしれません。何と言っても収録されている楽曲が粒ぞろいです。捨て曲などひとつもありません。

イエロー・マジック・オーケストラ以前の細野晴臣を聴いたことがないというのであれば、本作「泰安洋行」をお勧めします。
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【70年代アーティスト】ミュージシャン細野晴臣とコラボした人や楽曲提供先が凄い!

【70年代アーティスト】ミュージシャン細野晴臣とコラボした人や楽曲提供先が凄い!

今ではナレーションなどでおなじみになっていますが、70年代にミュージシャンとして活動していた細野晴臣が関わった人たちが凄いって知っていましたか?YMOだけじゃない細野晴臣がコラボした人たちと楽曲提供した人たちを含めた魅力と才能をクローズアップ!
はんまのまま | 3,166 view
テクノブームを巻き起こしたYMOの世界

テクノブームを巻き起こしたYMOの世界

当時シンセサイザーを駆使して演奏する音楽に憧れました。
BMイワ王 | 2,688 view
年齢も性別も不詳!?謎のアイドルグループ「スターボー」を覚えてますか?

年齢も性別も不詳!?謎のアイドルグループ「スターボー」を覚えてますか?

巨額のプロモーション費用をかけ、松本隆や細野晴臣も動員し「太陽系第10惑星・スターボー星から脱出し、地球に“A・I(愛)”を伝えるためにやってきた」謎のアイドル「スターボー」を覚えてますか?
となりきんじょ | 11,259 view
1997年に開始した『NO MUSIC, NO LIFE.』ポスターが300回に到達!記念企画始まります

1997年に開始した『NO MUSIC, NO LIFE.』ポスターが300回に到達!記念企画始まります

1997年4月に山崎まさよしさん&竹内鉄郎さんの出演でスタートしたタワーレコードのコーポレート・ボイス『NO MUSIC, NO LIFE.』ポスターシリーズが、細野晴臣さん出演回で300回を迎えました。記念企画を行います。
細野晴臣・忌野清志郎・坂本冬美のユニット“HIS”、W記念に『日本の人』の高音質のスペシャルCD&アナログ盤を発売!!

細野晴臣・忌野清志郎・坂本冬美のユニット“HIS”、W記念に『日本の人』の高音質のスペシャルCD&アナログ盤を発売!!

演歌の坂本冬美、ロックの忌野清志郎、テクノの細野晴臣の3名からなるユニット“HIS”のアルバム『日本の人』が、坂本冬美のデビュー30周年を記念して高音質SHM-CDとアナログ盤が発売された。また、『日本の人』も2016年に発売25周年を迎え、坂本とのW記念となっている。
red | 451 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト