パンクのアイドルからロックのアイドルとなった男、ビリー・アイドル
2016年12月14日 更新

パンクのアイドルからロックのアイドルとなった男、ビリー・アイドル

デビュー当時は余りにルックスが良かったためにバンク・バンドでありながらアイドル視されていたビリー・アイドル。その後、アメリカに渡り世界的な大ヒットを飛ばしロック界のアイドルへと成長を遂げました!まさにロックに愛された男、ビリー・アイドル。

4,023 view

Billy Idol

ビリー・アイドル

ビリー・アイドル

出身地:イギリス
生年月日:1955年11月30日
活動期間:1977~現在
ビリー・アイドルは、ジェネレーションXのボーカリストとして1978年にデビューしています。
パンクバンドとしてくくられているジェネレーションXですが、当時のイギリスではセックスピストルズやクラッシュなどに押されて2番手、3番手に甘んじており、パンクバンドというにはちょっと独特の存在で、ルックスの良さからアイドル扱いされてしまっていました。

結局ジェネレーションXは、大きな成功を収めることなく、「ジェネレーションX」、「人形の谷」、「甘い復讐」、「キス・ミー・デッドリー 」と4枚のアルバムを残して解散します。

その後、ビリー・アイドルはアメリカに渡りソロ活動を開始し大成功を収めることになりますが、成功しなかったとはいえジェネレーションXはビリー・アイドルのキャリアにおいて欠かすことはできません。
ジェネレーションX

ジェネレーションX

出身地:イングランド、ロンドン
ジャンル:パンク・ロック
活動期間:1976 ~ 1981、2002 ~ 2005
レーベル:クリサリス

Generation X

1978年発売、ジェネレーションXのファースト・アルバムです。センセーショナルなデビューとはいきませんでしたが、全英29位とまずまずのヒットです。

それにしてもメンバーのルックスはとても良いですね。アイドルとして売り出そうと考えたのも無理もありません。
ジェネレーションX

ジェネレーションX

1978年リリース

【収録曲】
1. フロム・ザ・ハート
2. 100パンクス
3. リッスン
4. レディ、ステディ、ゴー
5. クリネックス
6. プロミセス・プロミセス
7. デイ・バイ・デイ
8. 透明人間
9. キス・ミー・デッドリー
10. 個人主義
11. ユース・ユース・ユース
CLASHの「政治性」SEX PISTOLSの「シニカルさ」とは無縁で、ある種能天気なまでの「カッコ良さ」の追求、平均的若者を代弁して「今を楽しもうぜ」って感じのアティチュードといい、なんか健康的なバンドです。
Billy Idolがメジャーフィールドで成功した為に、過小評価されている感が無きにしも非ずですが、この作品は今更私が言うのも何ですが、ホントいいですよ。

Generation X - Your Generation (1977)

Your Generation

1979年発売のセカンド・アルバム「人形の谷」には、全英11位となるジェネレーションXの最大のヒット曲「キング・ロッカー」が収録されています。アルバムは全英51位とパッとしなかったたということもあったのではないでしょうか、音楽性の違いからこの後メンバーチェンジが行われます。
人形の谷

人形の谷

1979年リリース

【収録曲】
1. ボス・サウンド
2. キャデラックの夜
3. パラダイス・ウエスト
4. フライデイズ・エンジェル
5. キング・ロッカー
6. 人形の谷
7. イングリッシュ・ドリーム
8. ラヴ・ライク・ファイヤー
9. ケニー・シルバースの青春(パート1)
10. ケニー・シルバースの青春(パート2)
前作は荒削りなギターサウンド、シャウトするボーカル等、Sex Pistolsを始めとするパンクロックへの愛が感じられるアルバムだったが、今作はよりオリジナリティを出してきた印象。

Generation X-King rocker

Billy Idol

ジェネレーションXが1981年に解散した後、ビリー・アイドルはアメリカに渡りソロ活動を開始します。
そして、そこで右腕となるギタリスト、スティーヴ・スティーヴンスと出会うことになります。
スティーヴ・スティーヴンス

スティーヴ・スティーヴンス

出生名:Steve Schneider
生誕:1959年5月5日
出身地:アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
担当楽器:ギター、ギターシンセサイザー、ベース、キーボード
活動期間:1980年~
スティーヴ・スティーヴンス協力のもと1982年に完成したのがファースト・ソロ・アルバム「ビリー・アイドル」です。
収録曲「WHITE WEDDING」や「DANCING WITH MYSELF」のビデオが話題となりました。
ビリー・アイドル

ビリー・アイドル

1982年リリース

【収録曲】
1 Come On, Come On
2 White Wedding - Part 1
3 Hot In The City
4 Dead On Arrival
5 Nobody's Business
6 Love Calling
7 Hole in the Wall
8 Shooting Stars
9 It's So Cruel
10 Dancing With Myself

Billy Idol - White Wedding Pt 1

26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

新しいモッズ像を創造し定着させた、ポール・ウェラー率いるスタイル・カウンシルのイキなセンス。

新しいモッズ像を創造し定着させた、ポール・ウェラー率いるスタイル・カウンシルのイキなセンス。

キング・オブ・モッズとして今なおイギリス国民から尊敬されているポール・ウェラー。その彼が80年代に率いたスタイル・カウンシルは、本国以上に日本でバカ受けしました。その理由はオシャレなサウンドとファッションセンス。今でも魅力的です。
obladioblada | 1,662 view
パンクなデジタル・ビートを刻む、ピート・シェリー

パンクなデジタル・ビートを刻む、ピート・シェリー

ピート・シェリーの音楽はエレ・ポップだと言われてはいるものの、あからさまに電子音を使っているわけではありません。もっとエキセントリックで凶暴です。それは、イギリスはマンチェスターが誇るパンク・バンドであるバズコックスを通過しているからでしょう。一味違うデジタル・ビートの世界をご紹介します。
obladioblada | 1,374 view
ご存知ですか?エルビス・コステロのパンク時代。

ご存知ですか?エルビス・コステロのパンク時代。

エルビス・コステロといえば、映画「ノッテングヒルの恋人」の主題歌であるラブ・バラード「She」を思い浮かべる方が多いかもしれませんね。とても美しく、大人のロマンティックな曲です。そのイメージしか持っていないようでしたら初期のエルビス・コステロを聴くと驚いてしまうかもしれません。初期のパンクの香り漂うエルビス・コステロをご紹介します。
obladioblada | 4,028 view
ファットボーイ・スリム!イギリス発のクラブミュージックDJ!日本でも馴染み深い音楽がありますね!

ファットボーイ・スリム!イギリス発のクラブミュージックDJ!日本でも馴染み深い音楽がありますね!

ファットボーイ・スリムと言えば、ハウスマーティンズやビーツ・インターナショナルで成功を収めたアーティストですね!ファットボーイ・スリムは「ビック・ビート」という音楽ジャンルにおいて大御所でもあります!
ひで語録 | 1,248 view
20世紀を代表するコメディ映画「ピンク・パンサー」。その人気の秘密は???

20世紀を代表するコメディ映画「ピンク・パンサー」。その人気の秘密は???

印象的なテーマソングに愛嬌溢れるアニメのキャラクター。1964年の劇場公開以降コメディ映画として今なお人気の「ピンク・パンサー」で忘れられないのは、ピーター・セラーズ演じる初代のクルーゾー警部。その人気の秘密をたっぷりと知って頂きましょう。
obladioblada | 682 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト