【ポール・マッカートニー】永遠に輝く9つの全米ナンバーワン・ヒット曲
2016年5月16日 更新

【ポール・マッカートニー】永遠に輝く9つの全米ナンバーワン・ヒット曲

稀代のメロディー・メーカーであるポール・マッカートニーは2016年までにソロで9曲の全米ナンバーワン・ヒットを放っています。さすがにどれもこれも名曲揃い!順に聞いて見てみましょう!!

4,569 view

ザ・ビートルズ解散後のポール・マッカートニー

Sir James Paul McCartney

Sir James Paul McCartney

世界で最も有名なポピュラーミュージシャン、シンガーソングライターの一人である。軽快で親しみやすく美しいメロディ、あるいは深く切ない、哀愁漂うメロディーの作風に特色があり、ザ・ビートルズ時代においては「イエスタデイ」、「ヘイ・ジュード」、「レット・イット・ビー」など、ビートルズの代表曲と言われる楽曲の多くを作詞作曲した。1960年代半ばに哲学者のバートランド・ラッセルからベトナム戦争について学んだポールは、それがきっかけでグループに政治的関心を持ち込んだとプロスペクト誌に語っている。解散後の1970年代には、ウイングスのリーダーとして、1980年代以降はソロとして活動し、全米チャートの首位に9曲、トップ20に20曲以上ランクインしている。2000年以降も作品をリリースし続けており、近年ではクラシック音楽も手がけている。
それでは、全米チャートのトップをとった9曲を順に見ていきましょう。

アンクル・アルバート~ハルセイ提督

Paul & Linda McCartney - Uncle Albert / Admiral Halsey

From Album "Ram" 1971
ソロとして初の全米1位でアルバム『ラム』からシング・カットされています。
B面は、「トゥ・メニー・ピープル」。

1971年8月2日発売。

また、この曲で、1972年度のグラミー賞で最優秀編曲賞と最優秀歌唱賞を受賞しています。

マイ・ラヴ

Paul McCartney - My Love

Paul McCartney - My Love Tribute to Linda R.I.P Please also watch my tribute to the Beatles: http://www.youtube.com/watch?v=eIr_j16zogE
アルバム『レッド・ローズ・スピードウェイ』からのシングル・カット曲で、1973年3月23日に発売。
ウイングス4曲目のシングルです。

バンド・オン・ザ・ラン

Band on the Run - PAUL McCARTNEY & WINGS

LIVE IN SEATTLE KING DOME 1976
同名のアルバムのオープニング曲です。シングルは1974年6月28日発売。
ジョン・レノンのザ・ビートルズ時代の作品「ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン」に触発されて作られたと言われている3部構成からなる多彩なメロディを持った曲です。

あの娘におせっかい

Sir Paul McCartney & Wings - Listen To What The Man Said

Remastered from the original master of 'Venus and Mars'. Video part was made by mralan1969uk . Please give all the credit for the visual part of this video t...
タイトルを直訳すると「あの男の言う事に耳を傾けよう」ですが、「あの娘におせっかい」の方が断然いいですよね。
アルバム「ヴィーナス・アンド・マース」に収録されており、シングルは1975年5月16日発売。
ゲストでギターのデイヴ・メイソンとサックスのトム・スコットが参加しています。

心のラヴ・ソング

Paul McCartney - Silly Love Songs

Paul McCartney - Silly Love Songs
タイトルを直訳すると「愚かな愛の歌たち」ですが、これは評論家のリチャード・ゴールドシュタインに「ポール・マッカートニーはバラードしか書けない」と批評された事に対して「馬鹿げたラヴ・ソングの何が悪いんだ?」と切り返した曲といわれています。

1976年4月30日 発売。

しあわせの予感

33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

映画「EIGHT DAYS A WEEK」公開!ザ・ビートルズのライブを体感しよう!

映画「EIGHT DAYS A WEEK」公開!ザ・ビートルズのライブを体感しよう!

9月22日から、ザ・ビートルズの公式ライヴ・ドキュメンタリー映画が遂に全国ロードショー!この機会に、ライヴ・バンドとしてのThe Beatlesの魅力を味わってみませんか?映画だけでなく、当時のライヴの模様を伝えてくれるレコードやCD、動画、DVD、なども併せてご紹介します。
Gaffa | 1,974 view
「ザ・ビートルズ」最初の5枚

「ザ・ビートルズ」最初の5枚

60年代を代表するに留まらず、いまだに大きな影響力を持っているザ・ビートルズ。永遠のアイドルにして音楽界きってのイノベーター。そんな彼らの初期のアルバムを辿ってみます。
obladioblada | 1,070 view
ポール・マッカートニー、ジェイムス・テイラー、 リンダ・ロンシュタットを語るピーター・アッシャー!電子版音楽雑誌ERIS第24号は9月6日発行

ポール・マッカートニー、ジェイムス・テイラー、 リンダ・ロンシュタットを語るピーター・アッシャー!電子版音楽雑誌ERIS第24号は9月6日発行

いままでにないフリー(無料)の電子書籍版音楽雑誌「ERIS/エリス」第24号は9月6日(木)発行。巻頭にはピーター・アッシャーの長く輝かしいキャリアを振り返るインタビューを掲載。
ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

世界いたるところで、それこそ星の数ほどビートルズの楽曲はカバーされていることでしょう。しかし、そのビートルズもまた多くの曲をカバーし公式に残しています。それにしても余りにカバーが上手すぎてオリジナルかと思ってしまうほどです。
obladioblada | 4,877 view
イギリス版ウィーアーザワールド『Do They Know It's Christmas?』

イギリス版ウィーアーザワールド『Do They Know It's Christmas?』

世界的に有名なチャリティソング『We Are The World』。その起源となった楽曲が、1984年12月、イギリスでリリースされたのをご存知でしょうか?今回はそんな英国の有名ミュージシャンが集い、歌ったチャリティソング『Do They Know It's Christmas?』について振り返っていきたいと思います。
こじへい | 855 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト