ローリング・ストーンズを作った男“ブライアン・ジョーンズ”。彼はバツグンのファッションセンス同様に、天才的な閃きを持っていた!
2017年8月4日 更新

ローリング・ストーンズを作った男“ブライアン・ジョーンズ”。彼はバツグンのファッションセンス同様に、天才的な閃きを持っていた!

ローリング・ストーンズの名付け親であり、初代リーダーであったブライアン・ジョーンズ。初期のローリング・ストーンズにおいてはミックやキースよりも目を引く存在でした。素敵なのはファッション・センスだけではなく、天才的な閃きでサイケデリック期のローリング・ストーンズに花を添えています。

1,554 view

ブライアン・ジョーンズ

ローリング・ストーンズといえば、1962年の結成以来泣く子も黙るロックの王様として今日まで君臨し続けているイギリスを代表する偉大なバンドです。
今さら説明の必要もないかと思いますが、現在のメンバーはミック・ジャガー(ボーカル)、キース・リチャーズ(ギター)、ロン・ウッド(ギター)、チャーリー・ワッツ(ドラムス)の4人。
ローリング・ストーンズ

ローリング・ストーンズ

右からチャーリー・ワッツ、キース・リチャーズ、ミック・ジャガー、ロン・ウッド
今なお人気も実力も衰えないローリング・ストーンズですが、メンバーは不動というわけではなく、何人か入れ替わっています。なによりスライド・ギターの名手であり、数々の楽器を使いこなした男の名前が現在ありません。
ブライアン・ジョーンズ。彼こそがバツグンのファッション・センスと天才的な閃きを持った初代リーダーであり、ローリング・ストーンズを作った男なのです。
ブライアン・ジョーンズ

ブライアン・ジョーンズ

出生名:Lewis Brian Hopkin Jones
別名:Jones、Nick
生誕:1942年2月28日
出身地:イングランド グロスターシャー チェルトナム
死没:1969年7月3日(満27歳没)
担当楽器:ボーカル、ギター、ハーモニカ、キーボード、アパラチアン・ダルシマー、トランペット、トロンボーン、メロトロン、シタール、タンブラ、リコーダー、サックス、パーカッション、オートハープ、マリンバ、スライド・ギター、オーボエ、バンジョー、クラリネット、ピアノ、フォーク・ギター、シロフォン
活動期間:1960年 – 1969年
ブライアン・ジョーンズは、1962年4月にローリング・ストーンズを結成し、1969年に脱退、というか解雇されてしまいます。
そして、その3ヶ月後に自宅のプールで27歳と言う若さで溺死してしまいました。
ブライアン・ジョーンズ邸

ブライアン・ジョーンズ邸

ブライアン・ジョーンズが亡くなったのは、イギリスのサセックスはコッチフォード農場にある屋敷です。
美しいですね。とてものどかそうで、穏やかな感じがします。

因みに、この屋敷はブライアン・ジョーンズの前には「クマのプーさん」で知られる作家のA・A・ミルンが住んでいたことでも知られています。

ローリング・ストーンズ

ブライアン・ジョーンズを語る際にはローリング・ストーンズのことを語らないわけにはいきませんが、ローリング・ストーンズを語る際にもブライアン・ジョーンズを抜きには語れない。ブライアン・ジョーンズとはそんな存在です。

ブライアン・ジョーンズは、イアン・スチュワート(ピアノ)と共にR&Bバンドを結成するためにミック・ジャガーとキース・リチャーズに声をかけ、ローリング・ストーンズを1962年4月にロンドンで結成します。

デビュー時のメンバーである、ベーシストのビル・ワイマンとドラムスのチャーリー・ワッツが参加するのはその後のことです。
因みにビル・ワイマンに声をかけたのは、彼がベース・アンプを持っていたからだそうですよ。
ローリング・ストーンズ

ローリング・ストーンズ

右から3人目がブライアン・ジョーンズ
当初はブルースなどのカバーをやっていたローリング・ストーンズですが、その選曲はブライアン・ジョーンズが行い、ローリング・ストーンズというバンド名も彼が付けています。
リーダーというか、ブライアン・ジョーンズのバンドといった感じですね。

ローリング・ストーンズのレコード・デビューは1963年6月チャック・ベリーのカバー曲「カム・オン」で、デッカ・レコードからリリースされました。
因みにデッカに紹介したのはビートルズのジョン・レノンです。

イアン・スチュワートはデビュー前にメンバーから外れ、その後はロード・マネージャー、サポート・ピアニストとしてローリング・ストーンズに残ります。
ザ・ローリング・ストーンズ

ザ・ローリング・ストーンズ

1964年リリース

A面
1.ルート66
2.恋をしようよ
3.オネスト・アイ・ドゥ
4.モナ
5.ナウ・アイヴ・ゴット・ア・ウィットネス
6.リトル・バイ・リトル
B面
1.キング・ビー
2.かわいいキャロル
3.テル・ミー
4.キャン・アイ・ゲット・ウィットネス
5.ユー・キャン・メイク・イット・イフ・ユー・トライ
6.ウォーキング・ザ・ドッグ
R&R/R&Bのカヴァーが中心だが、マディ・ウォーターズのスロウ・ブルースを性急なビートにアレンジした「恋をしようよ」等、若さ溢れる勢いと熱気に満ちた演奏を聴かせる。
ファーストアルバムは、アメリカでは「イングランズ・ニューエスト・ヒットメーカーズ」というタイトルが付けられ、収録曲も若干変更されています。

アメリカでのデビュー曲は「ノット・フェイド・アウェイ」です。この曲ではブライアン・ジョーンズの素晴らしいブルースハープを聴くことが出来ます。

The Rolling Stones - Not Fade Away (TV 1964)

オリジナル

1964年11月にリリースされたイギリスでの5枚目のシングル、ウィリー・ディクスンのカバー曲「リトル・レッド・ルースター」は2枚目の全英1位となりました。これは初の全英1位を獲得したブルースです。

Little Red Rooster - Rolling Stones live Ed Sullivan Show 1965.

素晴らしいスライドギターを披露するブライアン・ジョーンズ。いやぁ、カッコいいですねぇ。

ブルースを追求したかったブライアン・ジョーンズでしたが、徐々にローリング・ストーンズはオリジナル曲へと移行していきます。
オリジナルは、ミック・ジャガーとキース・リチャーズで作られ、結果としてブルース色は薄まり、よりポップなものへと変わることに。

この方向転換は大成功し、ローリング・ストーンズはヒット曲を連発しスターの座に上り詰めました。
しかし、その一方でブライアン・ジョーンズの好みとは離れていき、それは同時に活躍の場を失うことになっていきます。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

70年代の「ローリング・ストーンズ」

70年代の「ローリング・ストーンズ」

1963年のデビュー以来、永きにわたって世界のロック界に君臨するローリング・ストーンズ。彼らの黄金期といえる70年代の足跡を辿ってみます。
obladioblada | 5,329 view
ジョン・レノン、エリック・クラプトン、キース・リチャーズ等で結成されたザ・ダーティー・マックを聴けるのはロックンロール・サーカスだけだ!

ジョン・レノン、エリック・クラプトン、キース・リチャーズ等で結成されたザ・ダーティー・マックを聴けるのはロックンロール・サーカスだけだ!

30年近くも封印されていたロック史上最も有名な映像作品「ロックンロール・サーカス」。主役はローリング・ストーンズで他にも豪華なゲストが参加していますが、ジョン・レノン、エリック・クラプトン、キース・リチャーズにミッチ・ミッチェルからなるスーパーグループ、ザ・ダーティー・マックを観れるのはここだけですよ。
obladioblada | 660 view
12月にローリング・ストーンズが11年振りとなるスタジオアルバムをリリース!エリック・クラプトンも参加!

12月にローリング・ストーンズが11年振りとなるスタジオアルバムをリリース!エリック・クラプトンも参加!

ロックバンドのザ・ローリング・ストーンズが、スタジオアルバム『ブルー&ロンサム』を12月2日に全世界で発売する。日本盤も同時発売される。偶然にも隣のスタジオでアルバムをレコーディングしていた旧友のエリック・クラプトンも参加している。
【洋楽コラボ編】マイケルとポールの夢のコラボから、様々なコラボを集めてみました。

【洋楽コラボ編】マイケルとポールの夢のコラボから、様々なコラボを集めてみました。

 21世紀の現在ではアーティスト同士のコラボが盛んですが(洋楽において)、その昔はコラボだけで話題になったりしたものです。ジョン・レノン、エリック・クラプトン、キース・リチャーズなどのコラボ「ヤー・ブルース」やマイケルとポールの「セイ・セイ・セイ」など、様々なコラボを集めてみました。
Yam | 7,718 view
【週刊 20世紀Walker】Vol.14 「飛鳥」「大周」もそうだけど「悪魔のささやき」に負けたスター達!!アナログレコードの世界!Vol4

【週刊 20世紀Walker】Vol.14 「飛鳥」「大周」もそうだけど「悪魔のささやき」に負けたスター達!!アナログレコードの世界!Vol4

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト