世界5ヶ所で100万人を動員した「ザ・ローリング・ストーンズ展」が3月から東京・五反田で開催!
2019年1月16日 更新

世界5ヶ所で100万人を動員した「ザ・ローリング・ストーンズ展」が3月から東京・五反田で開催!

2019年3月15日よりTOC五反田メッセで開催される「Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展」。イベントの概要やミック・ジャガー、Char、鮎川誠(シーナ&ロケッツ)らのコメントをご紹介する。

211 view

「Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展」が3月15日から開催!展示数は500点以上、動員数は世界5ヶ所で100万人を突破!!

2019年3月15日より日本に上陸する「Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展」。世界的人気を誇る史上最強のロックバンド「THE ROLLING STONES」自身が手がけたバンド史上初となる大規模な企画展だ。

そんな世界的注目を集める「Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展」の内容が少しずつ明らかになってきている。いよいよ開催まで2ヶ月を切り、期待が高まっている。
 (2076690)

ミック・ジャガーは今回の企画展に関して、「前から考えていたんだ。めぼしい物を集めて、意識的に保存していた。いろいろ見てもらいたくてね!キャリアも振り返る事ができるし、時期的にも在庫が足りたしさ。」と語っている。

メンバーがどのように企画に関わったか、懐かしいファッションについてなど赤裸々に語っている貴重な映像となっているので是非チェックしよう!!
また、11月26日「いいベロの日」に開催された製作発表記者会見の様子、そして展示会場の貴重な映像も公開。

【Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展】10minトレイラー

本企画展は2016年4月、ロンドンの現代美術専門ミュージアム「Saatchi Gallery」を皮切りに、ニューヨーク、シカゴ、ラスベガス、ナッシュビルと、世界主要都市の巡回をスタート。オーストラリア・シドニー開催を経て、3月に日本へ上陸する。

展示数は500点以上、動員数は世界5ヶ所で100万人を突破という、音楽アーティストの企画展としては世界最大規模を誇る本企画展。煌びやかなステージ衣装の数々、実際に使われたレアなギターなど、「THE ROLLING STONES」の歴史と世界観を存分に堪能することができるだろう。

また開催を前に「THE ROLLING STONES」好きな各著名人から期待を寄せるコメントが続々と到着!代表してアンバサダーからのコメントをご紹介しよう。

Char

“Rolling Stones” コロガル石。
そして今もコロガリ続ける。
砂になるまでコロガレ,,,。
Char

Char

<プロフィール>

1955年6月16日生まれ。ギタリスト、シンガーソングライター。
70年代後半には、世良公則&ツイスト、原田真二の3人(グループ)と共に「ロック御三家」と呼ばれた。ロックバンド、RIZEのJESSEは長男。

鮎川誠(シーナ&ロケッツ)

ストーンズが一番好いとるからね。ストーンズがおったから今日も俺、ロックできよる。
世界中のロックンロールバンドはローリング・ストーンズがお尻に火をつけた。エレキを使ったロックンロールバンドがストーンズのおかげで世界中に広まった。気がつかんでもストーンズの音楽がそこにはある。

ロックは古いとか新しいとか世代がどうとかとか、そういう世間のレベルと違うところでロックジェネレーションちゅうのは本当にひとつなんです。同じ時代を生きたとかいう共有意識を超えたものなんです。

地球上で「ゴーゴー!」ち言えば、誰かが「ジョニビーグッド!」っち返ってくるような、そういうロックジェネレーションの火をまだ燃やしてくれよるのがストーンズやと思う。

自分が着た衣裳とか大切なものを置いとんやけん、心はきっとここにある。ロック好きな人、これからロックが大好きになっていく皆さんの集まりの場にもなるし、エネルギー補充の場としても、ロックが盛り上がるために素晴らしい展示会になることを願っているし是非皆さんエンジョイして欲しいと思います。

これでまたロックで話ができる仲間がいっぱい増えると思うからありがとうローリング・ストーンズという感じです。
鮎川誠(シーナ&ロケッツ)

鮎川誠(シーナ&ロケッツ)

<プロフィール>

1948年5月2日生まれ。
ロックバンド「シーナ&ザ・ロケッツ」のリーダー、ボーカル・ギタリスト。

70年代後半に起こった福岡・博多発の「めんたいロック」を代表するひとり。また、俳優やラジオDJ、作家としても活躍している。著書には「ローリング・ストーンズが大好きな僕たち」がある。

シシド・カフカ

私がこんな大役を任せて頂けるとは!
大変光栄です。

彼等の辿った軌跡を体感しながら
魅力に溺れたい。

兎にも角にも
ストーンズを深く知り
更なる魅力に気が付ける企画展だと
サウンドからアートワークまで
何から何まで楽しみです。
シシド・カフカ

シシド・カフカ

<プロフィール>

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ローリング・ストーンズを作った男“ブライアン・ジョーンズ”。彼はバツグンのファッションセンス同様に、天才的な閃きを持っていた!

ローリング・ストーンズを作った男“ブライアン・ジョーンズ”。彼はバツグンのファッションセンス同様に、天才的な閃きを持っていた!

ローリング・ストーンズの名付け親であり、初代リーダーであったブライアン・ジョーンズ。初期のローリング・ストーンズにおいてはミックやキースよりも目を引く存在でした。素敵なのはファッション・センスだけではなく、天才的な閃きでサイケデリック期のローリング・ストーンズに花を添えています。
obladioblada | 2,167 view
ロックを聴きながら飲みたい、ロックなお酒!

ロックを聴きながら飲みたい、ロックなお酒!

好きな音楽を聴きながら、お酒を飲む至福のひととき。どうせなら、聴いている音楽にぴったり合うお酒を選んでみませんか?曲名や歌詞に登場するお酒や、アーティストにちなんだお酒、アーティスト公認で商品化されたお酒など、まとめてご紹介します!
Gaffa | 5,580 view
ローリング・ストーンズ、最新作「ブルー&ロンサム」で22年ぶりに「オリコン」でTOP3!

ローリング・ストーンズ、最新作「ブルー&ロンサム」で22年ぶりに「オリコン」でTOP3!

英ロックバンド、ローリング・ストーンズにとって約11年ぶりとなる最新アルバム「ブルー&ロンサム」が、発売初週に2.2万枚を売り上げ、今週発表の最新12月12日付けのオリコン週間アルバムランキングで3位に初登場した。
red | 504 view
12月にローリング・ストーンズが11年振りとなるスタジオアルバムをリリース!エリック・クラプトンも参加!

12月にローリング・ストーンズが11年振りとなるスタジオアルバムをリリース!エリック・クラプトンも参加!

ロックバンドのザ・ローリング・ストーンズが、スタジオアルバム『ブルー&ロンサム』を12月2日に全世界で発売する。日本盤も同時発売される。偶然にも隣のスタジオでアルバムをレコーディングしていた旧友のエリック・クラプトンも参加している。
70年代の「ローリング・ストーンズ」

70年代の「ローリング・ストーンズ」

1963年のデビュー以来、永きにわたって世界のロック界に君臨するローリング・ストーンズ。彼らの黄金期といえる70年代の足跡を辿ってみます。
obladioblada | 5,777 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト