ジョン・レノン、エリック・クラプトン、キース・リチャーズ等で結成されたザ・ダーティー・マックを聴けるのはロックンロール・サーカスだけだ!
2017年8月21日 更新

ジョン・レノン、エリック・クラプトン、キース・リチャーズ等で結成されたザ・ダーティー・マックを聴けるのはロックンロール・サーカスだけだ!

30年近くも封印されていたロック史上最も有名な映像作品「ロックンロール・サーカス」。主役はローリング・ストーンズで他にも豪華なゲストが参加していますが、ジョン・レノン、エリック・クラプトン、キース・リチャーズにミッチ・ミッチェルからなるスーパーグループ、ザ・ダーティー・マックを観れるのはここだけですよ。

705 view

ロックンロール・サーカス

ローリング・ストーンズ

ローリング・ストーンズ

ロックンロール・サーカスとは、ローリング・ストーンズが1968年に製作した映像作品で、当初はテレビ番組として企画されていたものです。
コンセプトは「ロックンロールとサーカスの融合」ということで、サーカスのテント小屋を模したステージに、オープニングでは出演者は皆ピエロなどの仮装をして登場し、観客も全員明るい色のポンチョとフェルト帽を被っているという全員参加型のライブとなっています。

出演者はローリング・ストーンズの他にもジョン・レノン、エリック・クラプトン、ザ・フーといった多くのビッグネームが参加していたものの、30年近く公開されることがなかったため幻の映像としてロック・ファンの間でのみ知られる存在でした。

監督はマイケル・リンゼイ=ホッグで、ビートルズのドキュメンタリー映画「レット・イット・ビー」などで知られています。
ロックンロール・サーカス

ロックンロール・サーカス

監督:マイケル・リンゼイ=ホッグ
製作:スタンフォード・ライバーソン
撮影:アンソニー・B・リッチモンド
公開:1996年
上映時間:66分
製作国:イギリス

ローリング・ストーンズ

さすがに脂が乗り切った時期のローリング・ストーンズ!と言いたいところですが、残念ながらそうでもありません。
ブライアン・ジョーンズの脱退直前ということもあり、彼は精彩を欠いており、言ってみれば「使いものにならない状態」。加えてローリング・ストーンズはトリだったのですが、撮影が押してしまい彼らの演奏が始まったのは深夜だったそうです。
当然、観客は疲れておりノリの悪いものとなってしまったようです。

このあたりが、結局長い間お蔵入りになっていた理由のようですね。

Rock and Roll Circus 1968 Rolling Stones

何にしても、こんなに近くでローリング・ストーンズが見られるんですからねぇ。ファンには堪えられないですね。

ローリング・ストーンズの収録曲は
1.ジャンピン・ジャック・フラッシュ
2.パラシュート・ウーマン
3.ノー・エクスペクテーションズ
4.無情の世界
5.悪魔を憐れむ歌
6.地の塩

「パラシュート・ウーマン」や「地の塩」など今となってはあまりライブではやらない貴重な曲を聴くことができます。

それに、何といっても動くブライアン・ジョーンズを観れるのが嬉しい限りです!

ジェスロ・タル

ミック・ジャガーのMCの後に、ロックンロール・サーカスで一番手で登場するのはジェスロ・タルです。

Jethro Tull - Song From Jeffrey (The Rolling Stones Rock and Roll Circus (1968) )

ジェスロ・タルといえば、ロックにフルートを持ち込んだ事で知られるイギリスを代表するバンドのひとつですね。

ここで演奏されるのはデビュー・アルバム「日曜日の印象」に収録されている「ジェフリーへささげし歌」。

ロックンロール・サーカスへの出演はデビュー・アルバムのリリース直後だったのですが、当時はギタリストのミック・エイブラハムズが脱退していたため、急遽ブラック・サバスのギタリストだったトニー・アイオミを引き抜くという大胆な対応をとっています。
そのトニー・アイオミはこの仕事のみですぐに脱退し、またブラック・サバスに復帰しました。

ところで、出演者の候補には、結成して間もないレッド・ツェッペリンがいたそうです。しかし、ギターの音がうるさいということで、代わりにジェスロ・タルが出演することになったのだとか。ちょっと笑えるエピソードですね。

ザ・フー

ロックンロール・サーカスが封印された理由については様々な憶測が飛び交いましたが、そのひとつにザ・フーのパフォーマンスが圧倒的すぎてローリング・ストーンズを食ってしまったためというものがありました。

ザ・フーは二組目に登場しますが、やはり素晴らしいパフォーマンスを見せてくれます。演奏曲目は「クイック・ワン」。
この曲は、短いパーツを集めて組曲のようにしたミニ・オペラ仕立てとなっています。当時のザ・フーは世界初のロック・オペラ・アルバムとなる「トミー」のレコーディングを控えており、ライブでは「トミー」に収録されることになる曲を頻繁に演奏して客の反応をみていたと言われています。
ロックンロール・サーカスで「クイック・ワン」を演奏したのも、「トミー」のひな型と言えるこの曲が受け入れられるかどうかを試していたようです。

The Who - A Quick One While Hes Away

いや、それにしても素晴らしいです。この演奏を観てローリング・ストーンズがおののいたかどうかは定かではありませんが、そうであったとしても不思議ではない素晴らしい演奏ですね。

ゲスト選考

ロックンロール・サーカスにはレッド・ツェッペリン以外にも様々なゲスト候補がいました。
結局出演しなかったものの、出演者として発表された者にトラフィックとドクター・ジョンがいます。また、正式なオファーは出されなかったもののポール・マッカートニーも候補者のひとりでした。

そんな中、ドクター・ジョンの代わりに出演することになったのが3番目に登場するタジ・マハールです。「エイント・ザット・ア・ロット・オブ・ラヴ」を聴くことができます。
タジ・マハール

タジ・マハール

出典 ameblo.jp
さらにその後がマリアンヌ・フェイスフルです。「サムシング・ベター」が収められていますが、当日は「シスター・モーフィン」も歌ったのだとか。
この曲がローリング・ストーンズのアルバムに収められるのは1971年発表のアルバム「スティッキー・フィンガーズ」ですから、かなり早い時期に出来ていたのですね。

マリアンヌ・フェイスフルといえば、当時はミック・ジャガーの恋人です。司会を務めたチャーリー・ワッツが言っているように、ロックンロール・サーカスでのマリアンヌ・フェイスフルはとても美しい!
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【洋楽コラボ編】マイケルとポールの夢のコラボから、様々なコラボを集めてみました。

【洋楽コラボ編】マイケルとポールの夢のコラボから、様々なコラボを集めてみました。

 21世紀の現在ではアーティスト同士のコラボが盛んですが(洋楽において)、その昔はコラボだけで話題になったりしたものです。ジョン・レノン、エリック・クラプトン、キース・リチャーズなどのコラボ「ヤー・ブルース」やマイケルとポールの「セイ・セイ・セイ」など、様々なコラボを集めてみました。
Yam | 7,768 view
ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

世界いたるところで、それこそ星の数ほどビートルズの楽曲はカバーされていることでしょう。しかし、そのビートルズもまた多くの曲をカバーし公式に残しています。それにしても余りにカバーが上手すぎてオリジナルかと思ってしまうほどです。
obladioblada | 3,041 view
ビートルズ史上もっとも難産だった「レット・イット・ビー」。結局完成したのは予定とは正反対のものだった!

ビートルズ史上もっとも難産だった「レット・イット・ビー」。結局完成したのは予定とは正反対のものだった!

デビュー当時のようにオーバーダビングを極力行わずシンプルなアルバムを作ろうということで始められたレコーディング。ビートルズ最後のアルバムとなった「レット・イット・ビー」は、極端にオーバーダビングされメンバーの思惑を外れたものとなりました。なぜそんなことになったのか時系列で足跡を辿ります。
obladioblada | 6,671 view
非・ビートルズ世代の心の叫び「拝啓、ジョン・レノン」

非・ビートルズ世代の心の叫び「拝啓、ジョン・レノン」

60年代、世界の音楽シーンを絶大なインパクトを与えたビートルズ。直撃世代ではない真心ブラザーズのYO‐KINGも、彼らに大きな影響を受けた一人であり、もう存在しない彼ら、そしてこの世にいないジョンへの届かぬ想いを綴った『拝啓、ジョン・レノン』という楽曲を残しています。
こじへい | 1,869 view
ローリング・ストーンズを作った男“ブライアン・ジョーンズ”。彼はバツグンのファッションセンス同様に、天才的な閃きを持っていた!

ローリング・ストーンズを作った男“ブライアン・ジョーンズ”。彼はバツグンのファッションセンス同様に、天才的な閃きを持っていた!

ローリング・ストーンズの名付け親であり、初代リーダーであったブライアン・ジョーンズ。初期のローリング・ストーンズにおいてはミックやキースよりも目を引く存在でした。素敵なのはファッション・センスだけではなく、天才的な閃きでサイケデリック期のローリング・ストーンズに花を添えています。
obladioblada | 1,718 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト