1970年代前半に突然現れた元祖ビジュアル系といえるグラム・ロック。その音楽性って?
2017年3月17日 更新

1970年代前半に突然現れた元祖ビジュアル系といえるグラム・ロック。その音楽性って?

1970年代前半から中盤にかけて日本でも大流行したグラム・ロック。数々のスターを生み、楽しませてくれました。何といってもイケメン揃いです。ビジュアル系の元祖といってもよいでしょう。しかし、印象的な外見に対して音楽的な特徴となるとよく分かりません。と言うことで、代表的な5組のミュージシャンをみていきます。

2,513 view

Glam Rock

1970年代前半から中盤にかけて主にイギリスで流行した音楽、グラム・ロック。男性でも濃いメイクをして、SFチックな衣装をまとうというのが外見的な特徴です。当時のもう一つの流れであったハードロックが男性的な力強さや激しさを前面に押し出していたのとは対極にあります。

それがどのようなものであったがが分かる映画があります。
ベルベット・ゴールドマイン

ベルベット・ゴールドマイン

監督:トッド・ヘインズ
脚本:トッド・ヘインズ
原案:ジェームズ・ライオンズ、トッド・ヘインズ
1998年に制作された「ベルベット・ゴールドマイン」というイギリス映画です。記憶されている方も多いかと思いますが、舞台は70年代のロンドン、主人公はデヴィッド・ボウイがモデルと言われており、まさにグラムの時代を追体験できる映画です。
デヴィッド・ボウイはグラム・ロックだけでなく様々なスタイルの音楽をやっていますが、イギリス人にとってはグラム・ロックを象徴する存在なのでしょうね。

しかし、この映画を観てもグラム・ロックの音楽的な特徴となるとイマイチはっきりとしません。ブギーというのは特徴のよにも思えますが、全部が全部ブギーだったわけでもありませんしね。

ということで、代表的なグラム・ロッカーをご紹介することで、グラム・ロックへ迫りたいと思います。

David Bowie

デヴィッド・ボウイ

デヴィッド・ボウイ

出生名:デヴィッド・ロバート・ヘイウッド・ジョーンズ
生誕:1947年1月8日
出身地:イングランド ロンドン ブリクストン
死没:2016年1月10日(満69歳没)
活動期間:1964年~2016年
グラム・ロッカーとして最初にご紹介しなくてはならないのは、やはりデヴィッド・ボウイでしょう。映画「ベルベット・ゴールドマイン」のモデルでもありますが、何よりもこの映画のタイトルはデヴィッド・ボウイの曲名から取られています。

この時代を代表するアルバムが1972年にリリースされた「ジギー・スターダスト」です。デヴィッド・ボウイは時代ごとに音楽スタイルを変貌させながら数多くの名作、ヒット作を送り出しています。

セールス的には後年の「レッツ・ダンス 」に「ジギー・スターダスト」及びませんし、音楽的な革新性ということでは「ロウ」といった素晴らしいアルバムを発表していますが、それでもデヴィッド・ボウイの代表作は「ジギー・スターダスト」となるのではないでしょうか。

David Bowie - Ziggy Stardust (From The Motion Picture)

如何ですか「ジギー・スターダスト」は?後年のデヴィッド・ボウイからは想像できない奇抜な衣装とメイク!そこからグラム・ロックは読み取れても、いくら名曲、いくらデヴィッド・ボウイの代表曲といっても音楽的にグラム・ロックとは何なのか?ということは分からないですよね。

それでは次にいきましょう。

Roxy Music

ロキシー・ミュージック

ロキシー・ミュージック

出身地:イングランド ロンドン
活動期間:1971年~1976年、1978年~1983年、2001年、2003年
上の写真を見てください。ボーカルのミスター・ナルシストことブライアン・フェリーは、左から2人目のトラ柄のジャケットを着こんだ男です。その左がフィル・マンザネラ で右がブライアン・イーノですね。現在の姿からは流石に想像できませんが、いや、これはこれでカッコいいですね。

音楽的にはどうかと言いますと、当然「アヴァロン」のような洗礼された感じはありませんが、なかなか面白いのが下の映像です。

Roxy Music - Do The Strand

カメラ目線がもういかにもブライアン・フェリーしています。そしてやたらと派手な衣装で目立っているのがブライアン・イーノですね。
当時はイーノの人気が高すぎてブライアン・フェリーが嫉妬し、イーノを解雇したという有名な逸話が残っています。

Gary Glitter

日本での認知度はあまり高くはないと思いますが、グラム・ロックのファンの中では根強い人気を誇るのがゲイリー・グリッターです。70年代前半にイギリスでは3曲の1位を含む11曲連続でトップ10ヒットを出しています。中でも1972年の大ヒット曲「ロックンロール」がゲイリー・グリッターの代表作といっていいでしょう。
「ロックンロール」はPart 1とPart 2に分かれているユニークな曲です。

Gary Glitter ~ Rock And Roll (Part 1)

Part.1はなんとなくスージー・クアトロにも通じるポップなブギーですね。
そして何と言っても凄いのがPart.2です。これがホントに凄い!コール・アンド・レスポンスだけで出来ているような曲で、ほとんど手拍子と掛け声だけしかありません。しかし、この曲はアメリカで全米7位を記録するという大ヒットとなっています。

Gary Glitter - Rock'n Roll Part 2 1972

Silverhead

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

2019年1月9日にデヴィッド・ボウイ、ライヴ・フィルム『ジギー・スターダスト』が一夜限りのライヴハウス上映決定!

2019年1月9日にデヴィッド・ボウイ、ライヴ・フィルム『ジギー・スターダスト』が一夜限りのライヴハウス上映決定!

デヴィッド・ボウイ、ライヴ・フィルム『ジギー・スターダスト』を生誕日の翌日、命日の前日である来年1月9日(水)に東京と大阪のZeppにて、一夜限りのライヴハウス上映決定!
デヴィッド・ボウイが1978年から1982年の間にレコーディングした3作品が輸入盤でリリース決定!!

デヴィッド・ボウイが1978年から1982年の間にレコーディングした3作品が輸入盤でリリース決定!!

デヴィッド・ボウイが1978年から1982年の間にレコーディングしていたライヴ音源やスタジオ音源を収録した3作品『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン‘78)』『クリスチーネ・F~麻薬と売春の日々~』『デヴィッド・ボウイ・イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール』が、6月29日にリリースされることが明らかとなりました。
隣人速報 | 303 view
70年代後半、デヴィッド・ボウイが霊媒師に死期を予言されていた?元キーボーディストの証言が話題に!

70年代後半、デヴィッド・ボウイが霊媒師に死期を予言されていた?元キーボーディストの証言が話題に!

「デヴィッド・ボウイは70年代の時点で既に自分の死期を知っていた――」長年キーボーディストとしてデヴィッド・ボウイの作品に関わってきたマイク・ガーソンが、2018年5月に改訂版が出版される自身の伝記にて語っていることが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,141 view
漫画・コブラの人気キャラ“クリスタルボーイ”の「ボーイ」の意味に衝撃の事実が判明!!

漫画・コブラの人気キャラ“クリスタルボーイ”の「ボーイ」の意味に衝撃の事実が判明!!

1978年から「週刊少年ジャンプ」で連載され、1980年代に大ヒットした寺沢武一「コブラ」。左腕にサイコガンを持つ宇宙海賊・コブラの活躍を、アメコミ風タッチで描くSFアクションで、今でも根強い人気を誇ります。このたび、コブラに登場する人気キャラ「クリスタルボーイ」の秘密について寺沢武一がツイッターで言及しました。
隣人速報 | 14,932 view
イギリス版ウィーアーザワールド『Do They Know It's Christmas?』

イギリス版ウィーアーザワールド『Do They Know It's Christmas?』

世界的に有名なチャリティソング『We Are The World』。その起源となった楽曲が、1984年12月、イギリスでリリースされたのをご存知でしょうか?今回はそんな英国の有名ミュージシャンが集い、歌ったチャリティソング『Do They Know It's Christmas?』について振り返っていきたいと思います。
こじへい | 561 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト