毎月のように輩出された名盤!60~70年代の「ロック黄金期」当時の雰囲気を月単位で解説した書籍が話題に!!
2018年6月23日 更新

毎月のように輩出された名盤!60~70年代の「ロック黄金期」当時の雰囲気を月単位で解説した書籍が話題に!!

株式会社KADOKAWAは、ロックアルバムの解説本『ROCK DECADE TIME MACHINE 1967-1976 ロック黄金時代のアルバム・ガイド』を発刊しました。その内容が、今までにない画期的なロック・ディスクガイドだと話題になっています。

503 view

60年代後半~70年代の「ロック黄金期」を新視点から紐解く書籍が発売!!

株式会社KADOKAWAは、ロックアルバムの解説本『ROCK DECADE TIME MACHINE 1967-1976 ロック黄金時代のアルバム・ガイド』を発刊しました。その内容が、今までにない画期的なロック・ディスクガイドだと話題になっています。
 (2024646)

ロック黄金期を再び感じ、追体験できる構成に!!

『ROCK DECADE TIME MACHINE 1967-1976 ロック黄金時代のアルバム・ガイド』は、1967年から1976年までの10年間を「ロック黄金時代」と位置づけ、月単位で、どんなアーティストのどのようなアルバムがリリースされていたかを解説する、画期的なディスクガイドです。音楽雑誌『ストレンジ・デイズ』で連載されていたものを大幅に加筆・修正して世に送り出しました。
 (2024715)

67年に巻き起こった、ヒッピー主導のカウンターカルチャー「サマー・オブ・ラブ」。ロック黄金期の幕開けに少なからず影響を与えています。

※画像はイメージです。
ロックの「ビッグ・バン」を引き起こしたビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』が発表されたのが67年。そして、76年11月に次世代のシーンを開拓したセックス・ピストルズのシングル『アナーキー・イン・ザ・UK』が発表されました。
 (2024687)

67年に発表された『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』
Amazon Music - セックス・ピストルズの勝手にしやがれ!! - Amazon.co.jp (2024691)

『アナーキー・イン・ザ・UK』が収録されている77年のアルバム『勝手にしやがれ!!』
また、ほぼ同時にアメリカン・ロックの頂点とも言えるイーグルスの『ホテル・カリフォルニア』が12月にリリースされたことが新旧世代の入れ替わりを物語っています。だからこそ、この10年間をロック黄金の時代(10年)と位置づけ、その10年間・120カ月を追ってアルバムの発売を再調査したのが本書です。
Amazon | ホテル・カリフォルニア:40周年記念エディション | イーグルス | ロック | 音楽 (2024695)

76年に発表された『ホテル・カリフォルニア』
これまでのディスクガイドは、アルバム解説を年単位で語ってきました。しかし、これでは当時の空気感や各アーティストの関係性は見えてきません。例えばロック革命期と呼ばれる69年を見てみると、ビートルズ『アビイ・ロード』(9月)、キング・クリムゾン『クリムゾン・キングの宮殿』(10月)、デヴィッド・ボウイ『スペース・オディティ』(11月)という順番でアルバムが発売されています。つまり、69年の後半は、ロックが毎月進化していた濃密な期間であったことを知ることができます。

アルバムの並びを見ればその濃密さがわかります!!

 (2024698)

『アビイ・ロード』(69年9月)
Amazon | クリムゾン・キングの宮殿(K2HD/紙ジャケット仕様) | キング・クリムゾン | ロック | 音楽 (2024700)

『クリムゾン・キングの宮殿』(69年10月)
Amazon | スペイス・オディティ(紙ジャケット仕様) | デヴィッド・ボウイ | ロック | 音楽 (2024703)

『スペース・オディティ』(69年11月)
また、73年3月を例にとると、ピンク・フロイド『狂気』、キング・クリムゾン『太陽と戦慄』、レッド・ツェッペリン『聖なる館』、マハヴィシュヌ・オーケストラ『火の鳥』、ロキシー・ミュージック『フォー・ユア・プレジャー』、トッド・ラングレン『魔法使いは真実のスター』が発売された、すさまじい月になっているのです。これは驚くべきことです。本書はそうしたロック黄金期のその時々の時代の空気を再び感じ、追体験するものです。
Amazon | 狂気 | ピンク・フロイド, ロジャー・ウォーターズ | ロック | 音楽 (2024705)

ピンク・フロイド『狂気』
 (2024707)

レッド・ツェッペリン『聖なる館』
Amazon Music - Mahavishnu OrchestraのBirds Of Fire - Amazon.co.jp (2024708)

マハヴィシュヌ・オーケストラ『火の鳥』
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

“日本語ロック”の先駆者「ジャックス」の元メンバー・木田高介の入手困難な名盤がついにCD化!!

“日本語ロック”の先駆者「ジャックス」の元メンバー・木田高介の入手困難な名盤がついにCD化!!

元ジャックスのメンバーで、作曲家・編曲家・プロデューサーとしても日本のフォーク/ロック創生期に重要な役割を果たした木田高介唯一のソロ名義アルバム『DOG'S MAP & CAT'S MAP』が、ソニーミュージックの通販サイト「オーダーメイドファクトリー」からCD再発されることが決定しました。
隣人速報 | 251 view
「ジェフ・ベック」初の公式ドキュメンタリー作品が遂に登場!新宿では「一夜限りの上映会」も開催!

「ジェフ・ベック」初の公式ドキュメンタリー作品が遂に登場!新宿では「一夜限りの上映会」も開催!

ジェフ・ベック初の公式ドキュメンタリー作品「ジェフ・ベック /スティル・オン・ザ・ラン ~ジェフ・ベック・ストーリー」が、DVD・ブルーレイでそれぞれ発売されることが決定しました。発売予定日は2018年3月7日、初回限定生産には“テレギブ”FENDER公認フィギュアが付属します。
隣人速報 | 248 view
意識高い系!?70年代プログレのユニークな邦題を集めてみた!!

意識高い系!?70年代プログレのユニークな邦題を集めてみた!!

1970年代に流行したプログレ。そのアルバムの邦題にユニークなものが多かったのを覚えていますか?この記事では、そんなプログレのアルバムの中から、いくつかピックアップしてご紹介したいと思います。
デヴィッド・ボウイが1978年から1982年の間にレコーディングした3作品が輸入盤でリリース決定!!

デヴィッド・ボウイが1978年から1982年の間にレコーディングした3作品が輸入盤でリリース決定!!

デヴィッド・ボウイが1978年から1982年の間にレコーディングしていたライヴ音源やスタジオ音源を収録した3作品『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン‘78)』『クリスチーネ・F~麻薬と売春の日々~』『デヴィッド・ボウイ・イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール』が、6月29日にリリースされることが明らかとなりました。
隣人速報 | 266 view
70年代伝説のレーベル「URC」から早川義夫と三上寛のアルバムがアナログレコードで復刻!!

70年代伝説のレーベル「URC」から早川義夫と三上寛のアルバムがアナログレコードで復刻!!

1960年代後半~70年代にかけて個性溢れる名盤を多数世に送り出し、今なお日本の音楽シーンに影響を及ぼし続けている伝説のレーベル「URC」より、早川義夫のソロアルバム「かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう」及び三上寛の「BANG!」が、このたびLPレコードとカセットテープで復刻発売されました。
隣人速報 | 174 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト