「アップルどりいむ」を読んでGペンを買う子続出!「なかよしまんがスクール」に憧れたあの頃。
2016年5月22日 更新

「アップルどりいむ」を読んでGペンを買う子続出!「なかよしまんがスクール」に憧れたあの頃。

あさぎり夕先生の「あっぷるどりいむ」の主人公のいつみは、まんが家志望の高校1年生。中学の頃から漫画を描いていて、有名なマンガ研究会のある高校に入学します。そこで知り合う仲間たち、一目惚れしちゃった男の子、言いたい放題だけど優しく見守ってくれる親友達、イケメンばかりの男性陣!と、あさぎり先生特有の愛すべき世界観の作品です。今回は主人公いつみも応募したであろう「なかよしまんがスクール」に注目しながら振り返ります。

3,862 view

アップルどりいむ

あさぎり夕らんど <イラスト・ギャラリー> (1649819)

『アップルどりいむ』は、あさぎり夕による日本の漫画作品。

『なかよし』(講談社)にて1984年1月号から1985年1月号まで連載された。
当時のなかよし。いつみと義理の兄・由紀が表紙を飾ってい...

当時のなかよし。いつみと義理の兄・由紀が表紙を飾っていました。

1月号~12月号まで年間を通してあさぎり夕先生が表紙のことが多かったです。ちなみに1984年度の表紙は4回あさぎり夕先生でした。当時の人気がうかがえます。

あさぎり夕先生

1976年、講談社の第12回なかよし・少女フレンド新人漫画賞に「光めざして飛んでいけ」が入賞し、同社の少女漫画雑誌『なかよし』の増刊号に掲載されてデビュー。1987年には『なな色マジック』で第11回講談社漫画賞を受賞。朝霧 夕名義での活動も行っている。

1990年代前半までは、主に講談社の少女漫画雑誌にて少女漫画を描いていたが、その後、講談社から独立し、小説の執筆やボーイズラブ漫画に進出するなどしている(デビュー前、最初の持ち込みの時にボーイズラブ漫画を持ち込んだところ「このような作品は理解されません」と否定的に評価され、路線変更してデビューしたといわれている。本人は、当時それでもボーイズラブ漫画を描き溜めていたとしており、一部が公式HPに限定で公開されている。その後、時代が追いついたために進出したとも言われている)。

その後、編集者との軋轢も(方向性の違いとも)あり、同レーベルを去っている。
当時大人気だったあさぎり夕先生の作品。とにかく先生の描く主人公は等身大で身近に感じられるキャラクターが多かった。そして、なにより主人公の脇を固める親友、男の子達がみんなカッコイイ~!
ある意味恵まれすぎ!とも言える主人公の夢や恋に夢中になりました。

ストーリー

classicolor (1649824)

男の子が苦手で、泣き虫で赤面症なヒロイン、いつみはマンガが大好きな中学3年生。親の再婚で血のつながらない兄、由紀(長髪にメガネで、スカしてます)と一緒に暮らしていて、この兄ちゃんがあまりにカッコいい為にブラコン気味でもある。いつみはもちろん将来はマンガ家を目指しているんですが、お友達からは「男の子の絵がヘタ」→「男の子がかけなくちゃマンガ家になれない」と脅されてしまう。そんなわけでいつみ達は志望高校の見学とカッコイイ男性の観察をかねて、マン研のレベルが非常に高いと評判の秋葉高校へ向かう。果たしていつみのマンガの中での理想のヒーロー「青竹のようにまっすぐにさわやかな男の子」のモデルにふさわしい男子は見つかるのか?と思っていたら現れました、無口でロンリーウルフタイプ(お約束でバイク好き)の一色さん。いきなりバックに青竹をしょって登場(笑)、そして次のシーンでは笑顔で子猫と2ショット…なにもそこまでやらなくても、と思ってしまうくらいのベタさがたまりません。当然いつみは一色さんに一目惚れ。やがて秋葉高校に合格したいつみたちは早速マン研に入会、偶然にもマン研の部長、望月さんと一色さんが親友ということでうれしい再会を果たすのですが、一色さんはそっけないしおまけに親友の桐子(美人で武道の達人でバイク好き。かっこいい。)が恋のライバル宣言!さらに何故かお兄ちゃんが一色さんのことをよく思わないみたいで前途多難の模様…。いつみの恋、マンガ家への夢、一色さんの過去、お兄ちゃん→いつみへの複雑な気持ち、などが絡まりあってストーリーは進んでゆきます。
単行本は全3巻

単行本は全3巻

全巻一気に読みたいですね!

いつみ

『アップルどりいむ(2)』(あさぎり夕):講談社コミックスなかよし|講談社コミックプラス (1649832)

本作の主人公。漫画家を目指している。「青竹のようにまっすぐにさわやかな男の子」が理想。
そんな理想像にドンピシャの一色さんに恋してしまう!いつみのマンガにたいする夢や、一色さんとのハッピーエンドを当時の「なかよし」読者の小学生達は自分のことのように応援しました。マンガ研究会に所属。

一色さん

シビレスク : 中央線に飛び込んだ聖者の最後の言葉は (1649834)

いつみの初恋の相手。(本当は義兄の由紀ちゃんだが、由紀ちゃん以外で初めて恋した男の子)不良っぽい。番長グループとの対立など、喧嘩シーンも多い。そっけなくて言葉少なく周囲からは一目置かれている。だんだんといつみに心を開いていく。

まんが家を目指す子も目指さない子も、なかよし読者は夢中になって読みました!

45 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

元女子アームレスリング世界王者の山田よう子さんは「ママだから強い!」

元女子アームレスリング世界王者の山田よう子さんは「ママだから強い!」

「ママでも金!」全日本女子アームレスリングで無敵の13連覇、世界王者にも君臨した山田よう子さんは日本を代表するアームレスラー。長門裕之、南田洋子の姪として芸能界に進むはずだった彼女はいつしか無敵のアームレスラーに!現在は4児の母として「まだまだ世代交代はさせない!」と笑う山田よう子さんにお話を伺いました。
【ママナチュレ葉酸サプリ】は妊活の強い味方「ピニトール」を高配合!妊娠中、授乳中にも!

【ママナチュレ葉酸サプリ】は妊活の強い味方「ピニトール」を高配合!妊娠中、授乳中にも!

葉酸は赤ちゃんの健やかな発育を助けることで有名です。妊活中から妊娠中、授乳中のママに嬉しい【ママナチュレ葉酸サプリ】について解説します。
10代女子の欲望のカタマリ「〇〇ティーン」という雑誌群について見てみよう

10代女子の欲望のカタマリ「〇〇ティーン」という雑誌群について見てみよう

「ティーン」っていうからには対象は10代。そして女子。ファッションからメイクからカレシ、Hのことまで、女子の欲望を一手に引き受けた「〇〇ティーン」、どんな雑誌だったの?
ケロリン | 5,303 view
一番くじにカードキャプターさくらが水彩風アートで登場!“夢の杖”ミラーでさくらちゃん気分に!!

一番くじにカードキャプターさくらが水彩風アートで登場!“夢の杖”ミラーでさくらちゃん気分に!!

2019年1月26日(土)に順次発売となるハズレなしのキャラクターくじの最新作『一番くじ アニメ カードキャプターさくら~クリアカード編~ Twinkle Little Magic』(1回620円 税込)。主人公のさくらちゃんが使用する魔法アイテム“夢の杖”をデザインした約30cmの「ミラー」など、魅力的なラインナップとなっております。

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

「The・かぼちゃワイン」で有名な漫画家・三浦みつるが自身のTwitterにて、新作描きおろしである「バック・トゥ・The・かぼちゃワイン」をもって漫画家を引退することを発表しました。
隣人速報 | 10,251 view
あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

1981年から1986年まで『週刊少年サンデー』にて連載された野球漫画の名作、あだち充の『タッチ』。『月刊少年サンデー』の人気コーナー「カメントツの漫画ならず道」にあだち充が登場し、タイトルの意味をサラリと告白し、ファンを驚かせている。
【なな色マジック】ななつ数えて目を開けたら願いが叶う、菜々子のとっておきのおまじない。女子小学生を夢中にさせた殿堂入りの少女漫画です。

【なな色マジック】ななつ数えて目を開けたら願いが叶う、菜々子のとっておきのおまじない。女子小学生を夢中にさせた殿堂入りの少女漫画です。

1980年代のなかよしの中でも特に人気のあった作品です。次から次に出てくる超絶イケメン達が、全員ヒロイン菜々子に惚れます。モテモテモテまくりなのにちょっとお転婆、そして鈍感。泣いたらみんなが助けに来ちゃう。双子の姉は芸能人。少女漫画の王道といえる甘酸っぱい恋のエッセンスもたくさん詰まった素敵ストーリーです。
cyomo | 7,485 view
あさぎり夕「アイ・Boy」なかよし読者を魅了したBoyたち

あさぎり夕「アイ・Boy」なかよし読者を魅了したBoyたち

美麗な絵柄でなかよし読者を魅了した、あさぎり夕先生の「アイ・Boy」を覚えていますか?どのような作品だったか振り返りつつ、読者がときめいたBoyたちの魅力に迫ります。
成瀬梨々 | 9,096 view
「こっちむいてラブ」マンガも付録もラブのすべてを愛した私達!

「こっちむいてラブ」マンガも付録もラブのすべてを愛した私達!

80年代の「なかよし」の看板漫画家と言えばあさぎり夕先生。先生の描く、等身大で愛くるしい主人公。脇を固めるカッコイイ男の子達に「なかよし」女子は毎月きゅん♡きゅんでした!なかでもあさぎり夕先生の「こっちむいてラブ」は、容姿にコンプレックスを持つ普通の中学生の主人公が、モデルになって活躍し、恋をし、人間的に成長していくまでの物語。小学生の気持ちをわしづかみにしながら揺さぶりました!その人気、可愛さから、「こっちむいてラブ」の付録は大人気で、なかよし女子は毎号マンガの続きと同じくらい心待ちにしたものでした。「こっちむいてラブ」と、当時の付録がどんなものだったか振り返ります。
けん | 9,678 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト