若いママたちも日曜朝から夢中になったアニメ『ママレード・ボーイ』に胸キュンキュン!
2016年5月12日 更新

若いママたちも日曜朝から夢中になったアニメ『ママレード・ボーイ』に胸キュンキュン!

『ママレード・ボーイ』は、吉住渉による漫画原作で、アニメは1994年3月13日から1995年9月3日まで放送されました。日曜朝の放送だったのですが、キスシーンがいっぱいで当時のお母さんたちまで子供とドキドキしながら観ていた胸キュンアニメ。歌もロマンティックで印象的だった作品。ちょっと思い出してみませんか?

3,970 view

「りぼん」が生んだ胸キュンアニメ『ママレード・ボーイ』

雑誌「りぼん」で連載され、アニメ化になった『ママレード・ボーイ』を覚えていますか?漫画も大ヒットし、愛蔵版もさらに発売されましたが、アニメもとっても話題になりましたね! 子供と一緒に観ていた当時の若いママたちが生協の買い物なんかで集まった際に「ドキドキするよね!」と話題になってもいたのだそう。
『ママレード・ボーイ』(Marmalade Boy)は、吉住渉による漫画作品。集英社の少女漫画誌「りぼん」に連載され、テレビアニメ化、劇場アニメ化されたほか、台湾で実写のテレビドラマ化もされている。
ママレード・ボーイ 1 (集英社文庫―コミック版) (...

ママレード・ボーイ 1 (集英社文庫―コミック版) (集英社文庫 よ 15-13)

単行本全8巻、完全版全6巻。全編に渡ってトレンディドラマが繰り広げられる。

『ママレード・ボーイ』アニメ概要

ママレード・ボーイ OP ステレオ - YouTube

笑顔に会いたい 作詞:柚木美祐、作曲・編曲・歌:濱田理恵
アニメはABC・東映動画制作で、テレビ朝日(当時ANB)系列(フルネット局)にて1994年3月13日から1995年9月3日まで放送されたほか、系列外ではテレビ岩手(日本テレビ系列)、チューリップテレビ、山陰放送(いずれもTBS系列、後者はスポンサードネット)、クロスネット局ではテレビ宮崎(フジテレビ系列(メイン)・日本テレビ系列(NNNのみ)との3系列クロス)で時差ネット放送された。全76話。タイトル表記は中点「・」が「♥」の『ママレード♥ボーイ』。
●アニメスタッフ紹介
プロデューサー - 藤田高一郎(ABC)、亀山泰夫(ASATSU)、関弘美(東映動画)
原作 - 吉住渉
シリーズディレクター - 矢部秋則
シリーズ構成 - 松井亜弥
キャラクターデザイン - 馬越嘉彦、吉住渉(ノンクレジット)
音楽 - 奥慶一
美術デザイン - 千田国広

ストーリー&意外にヘビーだった家族構成!

小石川 光希は、ある日いきなり両親から「離婚する」ことを告げられる。ハワイ旅行で出会った松浦夫婦と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたため、お互いパートナーを交換して再婚するのだと言う。しかも、松浦夫妻の息子の松浦 遊も含めて、みんなで一緒に暮らそうとまで言い出す始末。そんな非常識な生活の中、一緒に暮らす遊に惹かれ始めていく。
 (1651943)

女性は民法第733条により一度離婚をしたら(離婚した男性との復縁の場合を除き)6カ月は再婚ができないことが作中でも言及をされている。そのため一時期、光希の家庭は戸籍上赤の他人4人と、その娘と息子が同居するという異常な状態だった。
可愛い作画で「りぼん」連載だったこの作品。子供が読むには、今考えてみたらヘビーな家族構成だったんですね!光希も遊もグレていてもおかしくない家族構成状態だったのではないかと思います。いや、TVとかで珍しい家族の在り方、みたいに特集されてもおかしくない気がします。

『ママレード・ボーイ』キャラクターたち

★ 元気いっぱいヒロイン・小石川 光希(こいしかわ みき)

小石川光希

小石川光希

声 - 國府田マリ子
『まもって守護月天!』の守護月天シャオリンや
『クレヨンしんちゃん』の思議魔女っ子マリーちゃん・師走マリー役などしています!
主人公。私立桐稜大学附属高等学校1年生(アニメでは2年生からスタート)→2年生→3年生→大学生。身長152cm。3月28日生まれのおひつじ座、A型。
元気で明るく少し子供っぽい性格。2歳までロンドンで生まれ育った帰国子女。料理の腕前はあまり良くない。テニス部所属。黒髪の肩までのセミロングだが、ポニーテールにしていることが多い。
過去の中学時代に銀太のことが好きだったが、行き違いから結果的に銀太にこっぴどく振られる形になってしまう。仲直りして良き友人になったが、それ以降銀太に恋愛感情を持つことはなくなった。
その後、両親のダブル離婚・ダブル再婚によって、同居生活することになった遊に惹かれる。ほどなくして両親達には内緒で付き合うことになる。
ほんとだったらグレてもおかしくない家庭環境の中で、明るく生きている光希。ちょっとおバカなところもご愛敬ですね。遊と恋していくところは本当に可愛い!友達の茗子のためにも、一所懸命行動するところも良いです。

光希の声を担当しているのは國府田マリ子さん。『クレヨンしんちゃん』の思議魔女っ子マリーちゃん・師走マリー役など、コミカルな役柄もされていますが、本当に可愛い声で光希そのものですよね。
63 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

ミドルエッジ女子必見!あの「クリィミーマミ」の公式スピンオフ漫画が連載中!単行本がついに発売!!

ミドルエッジ女子必見!あの「クリィミーマミ」の公式スピンオフ漫画が連載中!単行本がついに発売!!

ミドルエッジ女子御用達のアニメ「魔法の天使 クリィミーマミ」のスピンオフ漫画「魔法の天使 クリィミーマミ 不機嫌なお姫様」の単行本第1巻がついに発売!
隣人速報 | 2,166 view
毛髪診断医が監修。栄養不足を補うことから始める白髪や抜け毛のケア【ブラックサプリEX】

毛髪診断医が監修。栄養不足を補うことから始める白髪や抜け毛のケア【ブラックサプリEX】

白髪や薄毛・抜け毛、年齢のせいだと諦めていませんか?髪に嬉しい栄養素を飲みやすいカプセルにギュっと詰め込んだサプリ。愛され続けて10年。鏡を見るたび笑顔になれる【ブラックサプリEX】のご紹介。
「いたずらBANK」のシャインから「NEW ハローキティ バンク」が5月下旬に発売!

「いたずらBANK」のシャインから「NEW ハローキティ バンク」が5月下旬に発売!

ニューヨーク近代美術館のMoMAストアでの取扱い商品に選ばれた「いたずらBANK」を製造している株式会社シャインは、貯金箱シリーズの新製品『NEW ハローキティ バンク』を2019年5月下旬に発売します。
川原由美子さんが描いた少女から大人への階段を上る成長ストーリー『ばいばいストロベリー』

川原由美子さんが描いた少女から大人への階段を上る成長ストーリー『ばいばいストロベリー』

「変わらないものなんてない、心は移ろいながら時を重ねて深みを増していくものだから」と私たちにやさしく教えてくれる変化と成長のストーリー。『ばいばいストロベリー』その内容に迫りましょう!
me*me | 390 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ママレード・ボーイ」の吉住渉が描く、”世界で1枚の夫婦や家族の似顔絵”が抽選で当たる!サイン付き!!

「ママレード・ボーイ」の吉住渉が描く、”世界で1枚の夫婦や家族の似顔絵”が抽選で当たる!サイン付き!!

大塚製薬から、「ママレード・ボーイ」の作者である漫画家の吉住渉が夫婦や家族の写真を元に描き下ろした「世界で1枚のサイン付き似顔絵イラスト」が、抽選で3名に当たる「いい夫婦の日 キャンペーン」が実施されている。
red | 638 view
日曜の朝は女子だけじゃない!実は男子も見ていた「ママレード・ボーイ」

日曜の朝は女子だけじゃない!実は男子も見ていた「ママレード・ボーイ」

1992年からりぼんで連載開始されて1994年にテレビで放映された「ママレード・ボーイ」 「だっけど気になる♪」って歌詞が始まるとテレビにかじりついてみていたものです。 日曜の朝にドキドキしながら見てました。
tyoro | 4,447 view
【漫画 ママレード・ボーイ】恋がいっぱいでキスシーンにドキドキしましたよね♡

【漫画 ママレード・ボーイ】恋がいっぱいでキスシーンにドキドキしましたよね♡

かつて少女だったとき誰もが一度は読んだ事があるはずの漫画ママレード・ボーイ。 恋とキスシーンが満載で、今でもなお人気を誇っています。そして、新ママレード・ボーイも新たに登場しています。もう一度ママレード・ボーイの世界を体験してみませんか。
imanekoneko | 20,764 view
オトナ女子必見!「セーラームーン」の襟付きナイトブラ登場!!

オトナ女子必見!「セーラームーン」の襟付きナイトブラ登場!!

バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」が、あのセーラームーンをモチーフにした『おやすみ用ブラ』『ブラカップ付きタンクトップ』『ルームパンツ』の予約受付を開始しました。かつてセーラームーンに憧れたオトナ女子は必見です!
隣人速報 | 5,834 view
知る人ぞ知る“超展開”マンガ「バレエ星」が48年の時を経て単行本化!サブカル好き必見!

知る人ぞ知る“超展開”マンガ「バレエ星」が48年の時を経て単行本化!サブカル好き必見!

かつて、小学館の学年誌に頻繁に掲載されていた「バレエ漫画」。そんなバレエ漫画の中でも異色の作品、谷ゆき子の「バレエ星」が、連載から50年近い時を経てついに単行本化を果たしました。その超展開ワールドを是非堪能してみましょう!
隣人速報 | 2,440 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト