『ガンプラり歩き旅』その43 ~大人じゃ買えない。もらえない?イベントで、子ども達しか手にできないけれど、これも「ガンプラ1/144 ガンダム」2種登場!~
2017年12月29日 更新

『ガンプラり歩き旅』その43 ~大人じゃ買えない。もらえない?イベントで、子ども達しか手にできないけれど、これも「ガンプラ1/144 ガンダム」2種登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第43回は、子ども向け用イベントでしか手に入らない1/144 ガンダムを2種、紹介します!

3,997 view
この2体のガンダムは、どこの所属(商品カテゴリ)なのだ!?

この2体のガンダムは、どこの所属(商品カテゴリ)なのだ!?

私、市川大河が、書評サイトシミルボンで連載している、 『機動戦士ガンダムを読む!』での、再現画像で使用しているガンプラを、 古い物から最新の物まで片っ端から紹介していこうというテーマのこの記事。

さてさて。
今回紹介させていただく二つの「1/144 ガンダム」は、正規流通ガンプラとは、金型も原型も全く異なるオリジナル商品でありながら、店頭や通常流通には一切乗ることがない(ヤフオク等の個人転売は別にして)、ガンダムフロント東京、もしくは全国各地の模型店や家電量販店で開催されているイベントなどで、主に模型作り初心者の子ども達に、ガンプラの楽しみ方と作り方を学んでもらって、ガンプラユーザーに育ってもらおうという意図の基に生産された、特殊な立ち位置のガンプラなのである。
このキットをステップに、HGへ必死にいざなおうとするバ...

このキットをステップに、HGへ必死にいざなおうとするバンダイの姿勢が涙ぐましい。っていうか、加減を知らない父親がHGデンドロビウムとか買ってきたらどうするつもりなんだ家庭破壊

しかし、出自がどうであれ「バンダイのガンプラの1/144 ガンダム」であることに間違いはなく、またその完成度も、HGUCやRGとまでは比較できないものの、あえて子ども初心者向けに低く設定したハードルが生み出す味わいや、それでもバンダイがうまく先回りして用意した完成度の高さなどが伺える異色作ではあるので、シミルボンの再現画像には登場しないが、この連載でも紹介しておくことにした。

商品のコンセプトの入口が狭いので、ミドルエッジ世代のガンプラユーザーには、なかなか手に入りにくい商品かもしれないが、機会があればぜひ手に取って欲しい逸品である。

1/144 GFTガンプラファクトリー RX-78-2 ガンダム 2015年5月1日頒布開始 500円

……あれ? 生産前のガンプラの箱……?

……あれ? 生産前のガンプラの箱……?

さすがガンプラ“ファクトリー”だ。箱まで自分で組み立て...

さすがガンプラ“ファクトリー”だ。箱まで自分で組み立てる構造で、箱絵も塗り絵になっているハンドメイド仕様!

ガンダムフロント東京(以下GFT)に2016年に新設された(当時)ガンプラファクトリー体験会で購入できていたキット。
ガンダムフロントの閉店と、コンセプトを変えずに全国のイベントで頒布できる、上位互換の「ガンダム 組立体験会Ver.」が生産頒布されることになったため、現在ではこのガンダムは入手困難になっている。
クリアカラーだからバリューっぽいのか、安っぽいのか。9...

クリアカラーだからバリューっぽいのか、安っぽいのか。90年代のiMacじゃないんだからさ……とはいえ、棒立ち状態であればカッコいい

この商品は、通常カラーで頒布された2015年バージョンと、2016年最後の時期に頒布されたクリアバージョンが存在していて、それぞれ多少の頒布システムの違いはあるが、型としては同じ商品に分類されるため、今回用意できたのはクリアバージョンだが、まずは通常バージョンの解説から入りたいと思う。
ガンダムフロント東京に入場して、ガンダムヘッドをもらっ...

ガンダムフロント東京に入場して、ガンダムヘッドをもらって(左)その上でガンダムファクトリーに参加すると配布されるのが首から下一式(右)

2015年5月から、GFTでは、入場者全員に「1/144 ガンダムヘッドのパーツ」が配布されるようになった。
今回紹介する1/144 ガンダムのキットは、それとは別個に500円を支払うと、残りの全身のパーツと組み立て式の箱、説明書等のセットが買えるというシステムであり、総じてGFTオリジナルアイテムの趣が強かった。
これが中身の全て。本当にこれで全パーツ。森永チョコスナ...

これが中身の全て。本当にこれで全パーツ。森永チョコスナックという単語が脳裏をかすめる

フルセットにするには別個500円と今記載したが、そもそもGFTに入場するには1200円の入場料が必要であり、このキットだけ目当てでGFTに行くのであれば、実際の入手価格は1700円ということになり、キットの出来や仕様を見ると、お高く思えるのは無論、GFTの入場料メインバリューがこのキットではないからである。
付属の組み立て説明書。本当にこれ一枚。いやがうえにも記...

付属の組み立て説明書。本当にこれ一枚。いやがうえにも記憶の中で首をもたげてくる森永チョコスナック感

キットの出来や仕様はこの後でまとめるが、このGFTキットの扱いが2016年4月から変わり、そのタイミングでキットもクリアバージョンになった。
クリアバージョンに代わったタイミングで「ガンプラデザインファクトリー体験会」というイベントが催されるようになって、このアイテムがもっと推し出されるようになったのである。
基本、無料で配布されていたガンダムヘッドパーツを使うの...

基本、無料で配布されていたガンダムヘッドパーツを使うので、単色な上にクリアパーツなので、造形の良し悪しどころか、ひょっとしたらこれはガンダムではなく、バルディオスのヘッドかもしれないと疑い出すぐらいに確認が難しい

「ガンプラデザインファクトリー体験会」は基本的に無料ゾーンイベントなので、この時点でこのキットは、直接対価自体は無料扱いになった。
その上で、それまでは「組み立てはお家に帰ってからね」だったこのキットが、専用ブースで組み立て前提という風にコンセプトが変わった。
横から見ると悪くはないプロポーション

横から見ると悪くはないプロポーション

66 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その50 ~連載50回記念! 歴代1/144 ガンダム勢ぞろい! これが本当のオールガンダムプロジェクト!~

『ガンプラり歩き旅』その50 ~連載50回記念! 歴代1/144 ガンダム勢ぞろい! これが本当のオールガンダムプロジェクト!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載も、とうとう第50回を迎えました!
市川大河 | 10,724 view
『ガンプラり歩き旅』その26 ~2001年、1/144 ガンダム3度目への旅~

『ガンプラり歩き旅』その26 ~2001年、1/144 ガンダム3度目への旅~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第26回は、『機動戦士ガンダム』(1979年)主役メカ・ガンダムの2001年バージョンです!
市川大河 | 7,308 view
『ガンプラり歩き旅』その21 ~「20年目の300円ガンダム」~

『ガンプラり歩き旅』その21 ~「20年目の300円ガンダム」~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第21回は、ガンダム20周年を記念して発売された「最新デザインの『1/144 300円ガンダム』」!
市川大河 | 8,435 view
『ガンプラり歩き旅』その20 ~栄光の初代HG 1/144 ガンダムを追え!~

『ガンプラり歩き旅』その20 ~栄光の初代HG 1/144 ガンダムを追え!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第20回は、ガンプラの歴史の闇へ消え去った、栄光の「初代HG 1/144 ガンダム」を紹介します!
市川大河 | 19,409 view
『ガンプラり歩き旅』その52 ~元々は小説版から生まれた、G3ガンダムとシャア専用リック・ドム!~

『ガンプラり歩き旅』その52 ~元々は小説版から生まれた、G3ガンダムとシャア専用リック・ドム!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第52回のお題は、G3ガンダムとシャア専用リック・ドムの紹介です!
市川大河 | 7,055 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト