今日も暑~い1日になりそうなんで『サマージャム'95』を聴こう!スチャダラパー流の夏ソング!
2017年5月10日 更新

今日も暑~い1日になりそうなんで『サマージャム'95』を聴こう!スチャダラパー流の夏ソング!

夏が来ると、こんな曲が掛かったりしてね!と毎年聴きたく一曲、スチャダラパーの『サマージャム'95』。サザンオールスターズの楽曲から引用された歌詞もユニーク。”サマージャム'95”というテープも実際に制作された同曲を特集する。

1,474 view

気だるい夏はやっぱりチルアウト!『サマージャム'95』!

今日も寒~い1日になりそうだなと思い続けた冬が終わり、待ちに待った春が来た。
桜が咲いて、GWが来て、そして気付けば暑っつう~な夏が近づいて来る。

すると自然と頭の中でこんな曲が掛かったりしてね!と毎年夏になると聴きたく一曲、スチャダラパーの『サマージャム'95』。
シングル『サマージャム'95』

シングル『サマージャム'95』

スチャダラパーお得意のユルめリリック(歌詞)に、涼しげな心地よい音を絡めたサマーチューン。ダラダラとしたよくある夏の一日を描いた名曲だ。
若者の目線で構成されたリリックで、1番から3番まで夏の情景を連想させる。

サマージャム'95 / スチャダラパー

※動画はリンク切れの場合あり。
1番のリリックは、昼真っ只中の"炎天下"で過ごす過酷さを歌い、2番では同曲タイトルにもなっている”サマージャム'95”という夏がテーマのテープをせっせと作り、ドライブでキャワユイギャルを乗っけて”この曲好き”なんて言わせたいと妄想する。
スチャダラパーの3人(左からシンコ、ボーズ、アニ)

スチャダラパーの3人(左からシンコ、ボーズ、アニ)

※画像は1991年10月発売のアルバム「タワーリング・ナンセンス」のジャケット。
3番は、昼下がりから夕方、夜にかけての時間をどうすれば有意義に過ごせるかを歌っている。
具体的には”昼間はね 奴でも食って”や”夕方からフロ ザバッといって”といかに涼をパーペキに楽しむかを描きつつ、最後は”夏、クラブ、ナンパ、思い出!”とやはり女の子を求めてしまう。また、そうした青年の致し方ない習性を痛快にリリックへと落とし込んでいる。

他にも"プール帰り"、"週間予報は晴ればかり"、"再放送のドラマ"など、夏休みらしいフレーズを散りばめ、暇な大学生かフリーターの1日を描いている(注:筆者の勝手なイメージ調べ)。

アルバムからシングルカットされた『サマージャム'95』

スチャダラパーの10枚目のシングルである『サマージャム'95』。
同曲は1995年4月26日に発売されていたアルバム「5th WHEEL 2 the COACH」からシングルカットされた。シングルとしての発売は、同年の夏ど真ん中、7月19日だった。
アルバム「5th WHEEL 2 the COACH」

アルバム「5th WHEEL 2 the COACH」

※8枚目のシングル「ドゥビドゥWhat?」、9枚目のシングル「From 喜怒哀楽」、「ノーベルやんちゃDE賞」などを収録。
同曲は、オリコンチャートに3回登場し、最高位は56位だった。
作詞・作曲・編曲はもちろんスチャダラパーだが、他の収録曲では、「サマージャム'95 (DIAMOND-D Remix)」「サマージャム'95 (クボタタケシ・リミックス)」などアレンジの異なる同名曲があった。

スチャダラパー - サマージャム2015 @ OUR FAVORITE THINGS 2015

※動画はリンク切れの場合あり。

本当に作られた『サマージャム'95』のテープ

2014年に大阪で開催されたイベント「大LB博覧会」において"サマージャム'95 ORIGINAL"なるテープが販売された。
同イベントは、スチャダラパーとTOKYO No.1 SOUL SETのデビュー25年目を祝うもので、Little Bird Nation(略してLB)というスチャダラパーに近しいアーティストが多数出演した。

その際、本稿『サマージャム'95』のリリックで登場する、夏用のテープ”サマージャム'95”が実際に販売されていたという。
テープ「サマージャム'95 ORIGINAL」

テープ「サマージャム'95 ORIGINAL」

ちなみに『サマージャム'95』プロモ12inch

ちなみに『サマージャム'95』プロモ12inch

販売に至る経緯やテープの制作者の情報に関して、公式のアナウンスはないが、1995年の同シングル発売当時に、MCのアニがセレクトした”サマージャム'95”が作られており、そのマスターテープが発見され、同イベントに合わせ生産されたという。

このテープはイベント会場でしか購入できなかったため、関西に多く購入者がいると予想されている。

情報によると、同曲の元ネタであるボビー・ハッチャーソン の「 モンタラ 」 が1曲目にセレクトされているそう。そこにアニのユーモアを感じられる。

Bobby Hutcherson - Montara

※動画はリンク切れの場合あり。

サザンオールスターズの名曲の歌詞からインスパイア!?

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ラッパ我リヤ!ドラゴンアッシュ・Kjとの「Deep Impact」が強烈!!

ラッパ我リヤ!ドラゴンアッシュ・Kjとの「Deep Impact」が強烈!!

2MC+1DJからなるヒップホップグループ・ラッパ我リヤ。Q、山田マン、DJ TOSHIの現メンバーは90年代後半から日本のヒップホップシーンで活躍。ドラゴンアッシュ・Kjの「Deep Impact」での客演では、強烈過ぎる個性を見せつけた。
ひで語録 | 4,466 view
黒船の如く現れたブッダブランド!名曲『人間発電所』は日本語ラップのクラシックに!

黒船の如く現れたブッダブランド!名曲『人間発電所』は日本語ラップのクラシックに!

無敵の3本マイクを擁し、DJ MASTERKEYを加えた4人組ヒップホップグループだった「ブッダブランド(BUDDHA BRAND)」。アクの強い油断ならないメンバー達が作り出した名曲『人間発電所』は影響力が大きく、90年代中盤以降に日本語ラップが盛り上がっていく原動力となった。
ひで語録 | 12,955 view
【ヴァニラ・アイス】1990年にリリースされた「Ice Ice Baby」がスマッシュヒット!!

【ヴァニラ・アイス】1990年にリリースされた「Ice Ice Baby」がスマッシュヒット!!

最近めっきり聞かなくなった【ヴァニラ・アイス】は一体どうしているのでしょうか?1990年にスマッシュヒットした「Ice Ice Baby」と共に振り返ってみたいと思います(^^)/
つきねこ | 545 view
故D.L.さんが表紙のジャパニーズ・ヒップホップシーンを切り取った写真集が発売!

故D.L.さんが表紙のジャパニーズ・ヒップホップシーンを切り取った写真集が発売!

cherry chill will. (チェリーチルウィル)による写真集『RUFF, RUGGED-N-RAW The Japanese Hip Hop Photographs ジャパニーズ・ヒップホップ写真集』が、2月9日に発売される。故D.L.さんが堂々と表紙を飾っている。
【訃報】ラッパーECDさんが死去。日本語ラップ黎明期に多大なる影響を与え、96年「さんピンCAMP」も主催

【訃報】ラッパーECDさんが死去。日本語ラップ黎明期に多大なる影響を与え、96年「さんピンCAMP」も主催

ラッパーのECDさんが死去した事が分かった。日本語ラップ黎明期から活動し、1996年の伝説的イベント「さんピンCAMP」も主催するなど、プロデューサーとしても活躍した。ヒップホップを支えたECDさんの功績を振り返る。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト