ラッパ我リヤ!ドラゴンアッシュ・Kjとの「Deep Impact」が強烈!!
2017年1月28日 更新

ラッパ我リヤ!ドラゴンアッシュ・Kjとの「Deep Impact」が強烈!!

2MC+1DJからなるヒップホップグループ・ラッパ我リヤ。Q、山田マン、DJ TOSHIの現メンバーは90年代後半から日本のヒップホップシーンで活躍。ドラゴンアッシュ・Kjの「Deep Impact」での客演では、強烈過ぎる個性を見せつけた。

4,380 view

三人組のヒップホップグループ「ラッパ我リヤ」

2MC+1DJからなるヒップホップグループ・ラッパ我リヤ。

グループ名前の由来は、ダサいMCを退治する「ラッパー狩り屋」といつでもどこでもラップしたがる「ラップしたがり屋」から。
通称「我リヤ(ガリヤ)」、略称「RG(アールジー)」、旧グループ名表記「ラッパガリヤ」。
ラッパ我リヤ

ラッパ我リヤ

ラッパ我リヤ

ラッパ我リヤ

1993年にMMC三好(現 三善/善三:REALSTYLA)を中心にMC QとDJ TANAKEN(現BACKGAMMON)と共に結成し、その後山田マンとDJ TOSHIが正式加入し、3人で活動しているラッパ我リヤ。
三善/善三

三善/善三

ラッパ我リヤのメンバー(MMC三好)としてデビュー。1997年「REAL STYLA」(リアルスタイラ)を結成。その後2000年にソロデビュー。「走馬党」の一員でもある。
現在は三善出(みよし いづる)と名乗っている。
出典 ameblo.jp

ヤバスギルスキルを持った現メンバー

≪Q≫。
MC。本名は高橋雅治(たかはし まさはる)。
「Q」は、高校時代のあだ名。

結成時からのメンバーで、ラッパ我リヤ率いるヒップホップ集団「走馬党」の党首。強面であるが、おちゃめな一面もある、「ハードコアライミング」を得意とするライマー。

ソロ活動、およびMr.RR名義で三善/善三と共にヒップホップグループ「REAL STYLA」としての活動も行う。トラックメーカーとしての活動も。
Q

Q

≪山田マン≫
MC兼トラックメイカー。本名:山田智成(やまだ ともなり)。名付け親は、B-FRESHのBELL。

山田マン名義でのMCとしてのソロ活動の他、トラックメーカー、MAN山田(マンやまだ)名義でリミキサーとしても活動、Gacktや松田聖子などの楽曲リミックスを担当したことも。

ちなみに山田マンの「田」の字は正しくは、形がそっくりな☮(ピースマーク)で「山☮マン」と表記するが、ほとんどの場合は「山田マン」で表記されている。
山田マン

山田マン

≪DJ TOSHI (ディージェイ トシ)≫
DJ。本名:長田智也(おさだ としや)。
トラックメーカーとしての活動も。
DJ TOSHI

DJ TOSHI

ラッパ我リヤ、90年代の活動

1993年 Q、MMC三好、DJ TANAKENの3人によりグループ結成。MMC三好がグループ名を「ラッパガリヤ」と名付け、活動を始める。
199?年 3人での活動は事実上休止し、Qが「ラッパガリヤ」の名を継承しソロ活動を続ける。
199?年 Qと山田マンが意気投合し、2人による「ラッパガリヤ」が誕生。ライブを中心に活動を始める。
1995年頃 - 渋谷のクラブ「CAVE」で行われたイベントにラッパガリヤやDJ TOSHIが参加、活動を共にする。
1995年 コンピレーションアルバム『悪名』に、楽曲「ヤバスギルスキル」で参加。ラッパガリヤ初の参加作品。
1996年 インディーズレーベルP-VINEよりシングル「ヤバスギルスキル PART II」を発表。初の単独作品。
「悪名」

「悪名」

「ヤバスギルスキル」は3曲目に収録。

Various Artists - 悪名 1995

4:28~ 「ヤバスギルスキル」
97年には、MC Qが自ら党首となって立ち上げたレーベル、"走馬党Entertainment"から「言葉の科学」をリリース。
98年にはファーストフルアルバム「SUPER HARD」を発表、インディーズながらも約5万枚のセールスを記録。
「言葉の科学」

「言葉の科学」

「SUPER HARD」

「SUPER HARD」

【収録曲】
1. イントロ
2. yeahと言え!
3. ニセモノセイバツ
4. 金
5. 邦楽界
6. ヤバスギルスキル・パート3
7. 人間太鼓箱
8. 中トロ
9. 時間
10. 交通警報
11. R.G.力学
12. LOVE SONG
13. もし俺が
14. 言葉あそび
15. 走馬党
16. アウトロ
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

黒船の如く現れたブッダブランド!名曲『人間発電所』は日本語ラップのクラシックに!

黒船の如く現れたブッダブランド!名曲『人間発電所』は日本語ラップのクラシックに!

無敵の3本マイクを擁し、DJ MASTERKEYを加えた4人組ヒップホップグループだった「ブッダブランド(BUDDHA BRAND)」。アクの強い油断ならないメンバー達が作り出した名曲『人間発電所』は影響力が大きく、90年代中盤以降に日本語ラップが盛り上がっていく原動力となった。
ひで語録 | 12,679 view
【ヴァニラ・アイス】1990年にリリースされた「Ice Ice Baby」がスマッシュヒット!!

【ヴァニラ・アイス】1990年にリリースされた「Ice Ice Baby」がスマッシュヒット!!

最近めっきり聞かなくなった【ヴァニラ・アイス】は一体どうしているのでしょうか?1990年にスマッシュヒットした「Ice Ice Baby」と共に振り返ってみたいと思います(^^)/
つきねこ | 417 view
故D.L.さんが表紙のジャパニーズ・ヒップホップシーンを切り取った写真集が発売!

故D.L.さんが表紙のジャパニーズ・ヒップホップシーンを切り取った写真集が発売!

cherry chill will. (チェリーチルウィル)による写真集『RUFF, RUGGED-N-RAW The Japanese Hip Hop Photographs ジャパニーズ・ヒップホップ写真集』が、2月9日に発売される。故D.L.さんが堂々と表紙を飾っている。
【訃報】ラッパーECDさんが死去。日本語ラップ黎明期に多大なる影響を与え、96年「さんピンCAMP」も主催

【訃報】ラッパーECDさんが死去。日本語ラップ黎明期に多大なる影響を与え、96年「さんピンCAMP」も主催

ラッパーのECDさんが死去した事が分かった。日本語ラップ黎明期から活動し、1996年の伝説的イベント「さんピンCAMP」も主催するなど、プロデューサーとしても活躍した。ヒップホップを支えたECDさんの功績を振り返る。
Zeebra会長による未来志向型イベント「クラブとクラブカルチャーを守る会」が11⽉3⽇に開催!小室哲哉も登壇!

Zeebra会長による未来志向型イベント「クラブとクラブカルチャーを守る会」が11⽉3⽇に開催!小室哲哉も登壇!

Zeebraが会長を務める「クラブとクラブカルチャーを守る会」が主催するクラブの学校が、11⽉3⽇(⾦・⽂化の⽇)に開催される。DJビギナー講座や小室哲哉氏を迎えてのクロストーク・コーナーなどが行われる。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト