高鳴る【VVVFインバータ】!!孤高の存在 国鉄207系900番台  その界磁チョッパ制御の魅力
2017年3月17日 更新

高鳴る【VVVFインバータ】!!孤高の存在 国鉄207系900番台  その界磁チョッパ制御の魅力

1986年に国鉄で10両1編成だけ試作された国鉄207系900番台。今でこそVVVFは当たり前になり、京急のドレミファインバータなどは一般的にも有名になりましたが、当時はうなる電車の存在はなく、非常に近未来を感じたものです。たった1編成しか制作されず、孤高の存在だが廃車になった今もなおファンの心の中に残る207系900番台についてお話します。

1,484 view

【ガッチリ作られた】最後のJR東日本の電車

国鉄207系900番台は、1986年に国鉄が製造した、通勤型電車です。
この207系900番台は、10両編成1本のみが製造され、2009年12月5日まで走り続け、2010年1月6日に廃車されました。
現在でもJR西日本で207系は活躍していますが、ここで取り上げる207系「900番台」とは、まったく別の種類の電車です。
207系900番台

207系900番台

転載元 裏辺研究所 さまから引用させていただきました。
 
泣いても笑っても、これに映っている1編成しか存在しません。まさに「世界にひとつだけの花」ですね。
JR西日本の207系

JR西日本の207系

JR西日本の207系は、現在でも運用されています。1991年に登場しました。
このJR西日本の207系も、JR西日本が民営化後に初めて設計した通勤型電車であり、名車です。
2009年まで東日本旅客鉄道(JR東日本)にも同方式で地下鉄対応車の207系900番台が運用されていたが、これとは無関係である。当系列の量産先行車は1から付番されているため、車両番号の重複は発生していない。

ツイッターからの引用です。面白い。

207系と聞いて関東と関西ではイメージするものがまったく違うみたいですね。
JR東日本で造られた初めての通勤型電車は、209系です。
 (1843894)

これが209系です。
京浜東北線で1993年4月から運用を開始しました。京浜東北線からは209系はすでに引退していますが、中央・総武線各駅停車などでは今でも現役で走っています。中央・総武線各駅停車の209系の車内には、「この電車は従来の電車の半分以下の電力で走っています。」というステッカーが貼ってあります。これは、国鉄時代に東京を占領した「103系」と比べて、47%の電力で走れるということを備考として書いてあります。
207系900番台は、ファンの間では、「きちんとしたコンセプトで造られた最後の通勤型電車」と言われています。
このことを理解するためには、その後に登場した209系の開発コンセプトをご案内する必要があります。
これまでの鉄道車両の製造・整備の方法を全面的に改めた新しい設計思想(バリューエンジニアリングの手法)が採用され、JR東日本では本系列以降の車両を「新系列車両」として区分している。

新系列車両の開発に当たっては、『重量半分・価格半分・寿命半分』が達成目標として掲げられた。「重量半分」とは、編成単位での総重量の削減と動力車比率の引き下げによる省エネルギー化およびメンテナンス性向上によるランニングコストの削減を意味し、「価格半分」とは、一部に製造会社の自由度を認めることと大量生産による調達コストの削減を意味している。そして、「寿命半分」とは、新造から20 - 30年経過した際の車両の陳腐化や、技術進歩の恩恵を受けられなくなることなどを避けるため、税法上の鉄道車両の減価償却期間の13年間を大規模な分解補修を行わずに使用し、その段階で廃車にした場合でも経営上の影響を受けることがないようにするということが目的とされた。


開発の経緯
1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化後も、JR東日本では通勤形電車として国鉄時代に設計された205系を引き続き製造していた。しかし、国鉄時代大量配備された103系の老朽化による置き換え時期が近付きつつあり、また経済事情の変化や民営化に伴うコストダウンの必要性から、新しい設計思想に基づく新世代車両の開発が行われた。その結果、1992年(平成4年)に新世代車両の試作車として「901系」10両編成3本(30両、A, B, C編成)が登場し、京浜東北線・根岸線で試用された。
それまでの電車は、古いものを修理して、大事に長期間使っていくというコンセプトが主流でした。しかし、この209系からは、はっきり言えば「使い捨て」という、まったく新しいコンセプトで設計がなされました。つまり、古くなったら「捨てちゃえ」というコンセプトだとファンには揶揄され、その結果、使い捨てカメラ「写ルンです」になぞらえて、209系以降の系列を、「走ルンです」と言われています。つまり、造りは簡素で、とりあえず「走ることは走りますが、使い捨てですよ」と、ファンの間では半分冷たい目で見られました。
ただ、それには当時の時代背景があります。
財政難で民営化された国鉄から古い車両を引き継いで電車を走らせていましたが、「うるさい音」「固い座席」「いつまでたっても同じデザイン」そして何より、「電力消費が大きい」という難点を抱えた運用であった中で、利用者からは、もっと新鮮なイメージのものを求められるようになってきていました。時は1980年代後半、イケイケのバブル経済の世の中のイメージにも、旧来の国鉄車両は、特に毎日乗る通勤客には不評だったのかもしれません。
そのため、209系以前の設計で最後の系列になるこの「207系900番台」が、使い捨てを前提としない設計の電車として最後の電車になる、と見られています。

ピューウウウ!ピューン!ピューン!ピューン!・・・という発車音

この207系900番台以前にも、201系や205系なども、発車する時に、小さく「ミー」と鳴る電車はありましたが、この207系900番台は、非常に独特な音を出して発車します。言葉に表すのは難しいのですが、「ピューウウウ!ピューン!ピューン!ピューン!・・・」と、音が変化する電車でした。
当時筆者は千代田線沿線に住んでいたのですが、家の外からいきなりこの音が流れてきたときは、衝撃を受けました。
今でこそ音が鳴る電車はもう当たり前になっていますが、当時は千代田線の6000系の「爆弾ドア」など、実際に機械が動く音が中心だったので、この「コンピューター・ミュージック」には、近未来の接近を感じる、何とも表現のしようのない、はじめて見るものの感覚を覚えました。
どんな音か録画された動画がありますので、ご紹介します。

207系900番台

今となってはなんの珍しさもない音ですが、この「音楽を奏でる電車」の元祖は、この207系900番台です。

音の正体は省エネマシン「VVVF」

34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

東京から103系が消えた日【エメラルドグリーン常磐線ラストラン・ギャラリー】

東京から103系が消えた日【エメラルドグリーン常磐線ラストラン・ギャラリー】

2006年3月17日、東京で最後まで常磐線に残っていた103系が引退しました。その日たまたま撮影した写真がありますので、ご紹介したいと思います。今月(2017年10月3日)、大阪環状線からも103系が引退しましたが、「昔こんな電車東京でも走ってたよなー」的な想い出を味わっていただければ幸いです。
【1983年登場】JR西日本京阪神のマストアイテム「昼特きっぷ」が廃止へ

【1983年登場】JR西日本京阪神のマストアイテム「昼特きっぷ」が廃止へ

京都ー大阪、大阪ー神戸などをオフピークに移動する時に非常に便利だったJR西日本「昼特きっぷ」が、来年2018年9月をもって廃止されることになったようです。1983年にできたこの切符についてご紹介します。
【幸せの黄色い新幹線】ドクターイエローが将来見られなくなる???

【幸せの黄色い新幹線】ドクターイエローが将来見られなくなる???

東海道・山陽新幹線で線路の状態などを測定するための専用車両「ドクターイエロー」。その姿はダイヤも非公開のため、謎に包まれ、偶然目にした人からは、「幸せの黄色い新幹線」と呼ばれています。日本が世界に誇る新幹線の運行を支えるそのドクターイエローが見られなくなる???という非公式情報が入ってまいりました。
ジバニャンLOVE | 1,924 view
【JRの懐かしCMから見る】懐かしい車両たちと美女

【JRの懐かしCMから見る】懐かしい車両たちと美女

2017年6月1日の話題のツイートに、川口春奈さんの昔の写真がUP!という記事がありました。川口春奈さんと言えば、私の中ではJR SKISKIのキャラクターです。JRになってからのCMを検索すると、テーマソングも懐かしいですが、そこに映っている車両もなんとも懐かしい!まったくの個人的趣味でまとめてみました。
ジバニャンLOVE | 2,737 view
【ディーゼル機関車の巨頭】DD51と後継機について

【ディーゼル機関車の巨頭】DD51と後継機について

大出力ディーゼル機関車として国鉄時代から全国を走り続けているディーゼル機関車「DD51」。かつては重連で寝台特急をけん引したり、ついこの前まで北海道の大地で生まれた農作物を本州に送り届ける重要な役目を果たしていました。世代交代がささやかれる今、DD51とその後継機について書いてみました。
ジバニャンLOVE | 10,085 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト