バレーボール界のレジェンド「川合俊一」コートの貴公子時代とは如何に!
2022年8月18日 更新

バレーボール界のレジェンド「川合俊一」コートの貴公子時代とは如何に!

2022年に日本バレーボール協会の会長に選任された川合俊一さんは、かつてコートの貴公子と呼ばれていました。それもそのはず、バレー現役時代のパフォーマンスは多くのファンを魅了したのです。 今では、タレントやスポーツキャスターのイメージが強い川合俊一さんですが、当時はアイドル並みの人気を得ていまいました。そんなキラキラした川合俊一さんを崇めていきたいと思います。

2,190 view
川合俊一さんの基本プロフィール

川合俊一さんの基本プロフィール

生年月日:1963年2月3日
出身地:新潟県
血液型:A型
身長:195㎝
靴のサイズ:28.5㎝

現役時代のパフォーマンス

川合俊一さんは、中学1年生からバレーボールを始め、大学時代から全日本代表入りしました。ロサンゼルス、ソウルオリンピックと2大会連続出場を果たします。

1983年に、翌年のロサンゼルスオリンピック出場をかけたアジア選手権で、川合俊一さんは途中出場されました。日本対中国の戦い、2セット先取りされている状態、そして代表入りしてわずか4ヶ月です。

かなりのプレッシャーを予想しますが、川合俊一さんは「1人時間差攻撃」や「流れ攻撃」などのパフォーマンスで見事逆転勝利をおさめたのです。
 (2426469)

もうまさに漫画に描かれるような、シチュエーションですよね。
川合俊一さんのポジションはセンターで、高身長を活かしたブロックに懸けたのことです。

大逆転で金メダルを獲得したことで、川合俊一さんは「シンデレラボーイ」と称され、人気も急上昇したようです。

ミスターブロック 川合俊一

川合俊一さんの、ブロックパフォーマンス集です。

194㎝の高身長を活かした、繰り広げられるプレーに見惚れてしまいます。
まさに、コートの貴公子と言って過言ではないでしょう。

バレーボール界のビッグ3

川合俊一さん

川合俊一さん

1980年代、全日本男子バレービッグ3として、川合俊一さん、熊田康則さん、井上謙さんらが称されていました。

特に、この3人は女性ファンの支持が多かったようです。

川合俊一さんに関しては、バレンタインデーにトラックいっぱいにチョコが運ばれたり、下駄箱にラブレターで溢れていたりと、モテ伝説を残しています。

南野陽子 フジカラー スーパーHR バレーボール2

これだけ高身長でスポーツ万能でしたら、モテないわけありませんよね。

ちなみ、どんな激しいパフォーマンスをしても乱れない前髪が有名だったとのことです。

現役引退後

 (2426487)

1990年に富士フィルムを退社し、現役を引退された川合俊介さんは、プロビーチバレーボール選手として活躍されました。

1991年から8年間「独占!!スポーツ情報」のスポーツキャスターとして抜擢。

そして、なんと1994年のパリコレに出演されているとのこと。
どんなファッションで出演したのか、気になるところです。
1996年から2021年まで、「あさパラ!」のレギュラーとして抜擢。

25年間も朝の顔として、バラエティ番組を盛り上げてくれました。

待ち受けにすると運気アップ?

なんと、川合俊一さんの写真を待ち受けにすると運気が上がるとの噂があります。

なんでも、川合俊一さんこそが運の良さを持っているとのこと。
よく笑い、明るく、ノリが良い人柄が、運の良さを運んでくれているようです。

なるほど。これは、あやかりたい一面です。
23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

バレー女子代表監督を80年代の天才セッター・中田久美氏に一本化へ!25日に正式決定!

バレー女子代表監督を80年代の天才セッター・中田久美氏に一本化へ!25日に正式決定!

バレーボール女子の日本代表・真鍋政義監督(53)が退任し、後任に元代表セッターでプレミアリーグの久光製薬を率いる中田久美氏(51)が就任する見通しだ。中田氏は現役時代、天才セッターの異名をとり、1984年ロサンゼルス五輪の銅メダル獲得に貢献した。
しくじり先生に出演した瀬古利彦氏「全裸の女性に見とれて」大ケガを初告白!ロス五輪の金メダルが儚く散った!

しくじり先生に出演した瀬古利彦氏「全裸の女性に見とれて」大ケガを初告白!ロス五輪の金メダルが儚く散った!

男子マラソンの元五輪代表で、日本陸連の長距離・マラソン強化戦略プロジェクトのリーダーを務める瀬古利彦氏が、今週放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間SP」に出演し、1984年のロサンゼルス五輪でのしくじりを初告白した。
女子バレーボール界に旋風を起こした斎藤真由美の壮絶な半生と現在

女子バレーボール界に旋風を起こした斎藤真由美の壮絶な半生と現在

1980年代後半の女子バレーボール界に彗星のごとく現れた斎藤真由美さん。当時10代という若さとアイドルのように可愛いルックスから繰り出す強烈なスパイク。当時のバレーボール人気を高める一因となりました。そんな斎藤真由美さんですが、トラックと衝突するという大事故で大けがを負ってしまいましたが、不屈の精神力で奇跡の復活を果たしています。今回はそんな斎藤真由美さんの半生と現在についてご紹介します。
そうすけ | 1,714 view
「1984年ロサンゼルスオリンピック」アスリート魂を見せたスイス人ランナー・アンデルセンの執念

「1984年ロサンゼルスオリンピック」アスリート魂を見せたスイス人ランナー・アンデルセンの執念

ガブリエラ・アンデルセンは、デンマーク人の血を引くスイスの元陸上競技選手です。1984年8月5日に開催されたロサンゼルスオリンピックの女子マラソン競技に出場して、猛暑の中極度の体調不良に陥りながらも不屈の根性でゴール。トラックに戻ってから見せたアスリート魂に、世界中の誰もが心を打たれました。
五百井飛鳥 | 540 view
猛練習の申し子正田耕三は、首位打者・盗塁王を獲得したスイッチヒッター

猛練習の申し子正田耕三は、首位打者・盗塁王を獲得したスイッチヒッター

正田耕三は、和歌山県和歌山市出身の広島東洋カープで活躍した元プロ野球選手です。現在は、野球指導者や野球解説者として頑張っておられます。アマチュア時代にはロサンゼルスオリンピック日本代表にも選出され、金メダル獲得に大きく貢献をしました。
五百井飛鳥 | 1,334 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト