【80's洋楽チャート】1984年9月29日付全米1位は、惜しくも今年亡くなったプリンスのあの曲!
2016年9月28日 更新

【80's洋楽チャート】1984年9月29日付全米1位は、惜しくも今年亡くなったプリンスのあの曲!

ベストヒットUSAや地上波MTV・・・お茶の間に洋楽が浸透していた80年代半ば頃、全米シングル・チャート上位にランクインした楽曲及びアーティストは、日本でもメジャーな存在でした。聴くと思わず青春時代が蘇ってくる、懐かしいあの頃のチャートを思い出してみましょう!※順位はBillboardのHot100シングル・チャート

3,649 view

【第10位】Cover Me / Bruce Springsteen

Cover Me / Bruce Springsteen

Cover Me / Bruce Springsteen

 ボスことブルース・スプリングスティーンが放ったヒット・ナンバーで、最高7位を記録。大ヒット・アルバム『Born In The U.S.A.』からのセカンド・シングルでした。元々は、ディスコ・クイーンの異名を持つドナ・サマーに提供しようと思っていた曲とのことですが、プロデューサー兼マネジャーだったジョン・ランドーが「ヒットしそうな曲だ!」と言って(笑)、スプリングスティーン本人にレコーディングさせたのだとか。

Bruce Springsteen Cover Me HQ

Amazon | ブルース・スプリングスティーン | ボーン・イン・ザ・U.S.A(REMASTER) 通販

ブルース・スプリングスティーンのボーン・イン・ザ・U.S.A(REMASTER)がお買い得。お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。アマゾン配送商品は通常配送無料(一部除く)。
「Cover Me」収録

【第9位】Cruel Summer / Bananarama

Cruel Summer / Bananarama

Cruel Summer / Bananarama

 後にストック・エイトキン・ウォーターマンのプロデュースで、「ヴィーナス」などのメガ・ヒットを放つことになるバナナラマ。この頃までは、まだニュー・ウェイヴのグループという印象がありましたね。この曲は、前年の83年に全英8位のヒットとなりましたが、一年遅れで映画『カラテ・キッド(ベスト・キッド)』の挿入歌に使われたことで、84年にアメリカでもブレイクしたのでした!ユーロ・ビート路線に転身する前の、こうした楽曲もいいですよね~。ちなみに、90年代にはエイス・オブ・ベイスがカバーしたことでも知られている曲です。

Bananarama - Cruel Summer (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

Amazon.co.jp: Bananarama : Bananarama: Deluxe Edition - ミュージック

[Bananarama: Deluxe Edition] Bananarama - CD・レコードの購入はオンライン通販アマゾン公式サイトで。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。
「Cruel Summer」収録

【第8位】The Glamorous Life / Sheila E

The Glamorous Life / Sheila E

The Glamorous Life / Sheila E

 パーカッショニストとして、ジョージ・デュークやハービー・ハンコックらのバックで活躍していたシーラ・Eですが、プリンスの目にとまり、「他のアーティストのバックでやるんじゃなく、今度は君が自分のアルバムを作る番だよ!」と言われ、殿下の全面バックアップによりソロ・デビューすることになったのでした。プリンスに説得されるまで、自分では歌いたいと思っていなかったなんて、勿体ないですね!
 当然ながらプリンス色が濃厚なナンバーなわけですが、シーラならではのラテン調のパーカッションが特徴的で、この曲は全米最高7位を記録。その後も、プリンスのツアーでドラムやパーカッションを叩くことも多く、殿下とはきってもきれない関係だったようですね~。

SHEILA E - THE GLAMOROUS LIFE

Amazon.co.jp: シーラ・E. : グラマラス・ライフ - ミュージック

[グラマラス・ライフ] シーラ・E. - CD・レコードの購入はオンライン通販アマゾン公式サイトで。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。
「The Glamorous Life」収録

【第7位】The Warrior / Scandal Featuring Patty Smyth

The Warrior / Scandal Featu...

The Warrior / Scandal Featuring Patty Smyth

 よくパティ・スミスと間違われるのですが、全くの別人であるパティ・スマイスをヴォーカルにフィーチャーした、スキャンダルのヒット曲。パット・ベネターやブロンディなどでお馴染み、マイク・チャップマンのプロデュースによる楽曲で、全米最高7位を記録、カナダではNo.1ヒットになってます。
 そんな人気が高まる中、メンバー間の争いなどにより、84年ツアー後にスキャンダルは解散してしまい、パティ・スマイスはその後ソロとして活動することに。
 2004年以降、再結成してはいるものの、オリジナル・メンバーだったドラマー、ベーシスト、キーボーディスト、は既に死去しているため、現在は全く別のバンドとみなした方が良さそうです。

Scandal, Patty Smyth - The Warrior

Amazon | Scandal | Warrior 通販

ScandalのWarriorがお買い得。お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。アマゾン配送商品は通常配送無料(一部除く)。
「The Warrior」収録
54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【80's洋楽チャート】1984年12月22日付トップ10!マドンナが初の全米1位に!

【80's洋楽チャート】1984年12月22日付トップ10!マドンナが初の全米1位に!

ベストヒットUSAや地上波MTV・・・お茶の間に洋楽が浸透していた80年代半ば頃、全米シングル・チャート上位にランクインした楽曲及びアーティストは、日本でもメジャーな存在でした。聴くと思わず青春時代が蘇ってくる、懐かしいあの頃のチャートを思い出してみましょう!※順位はBillboardのHot100シングル・チャート
Gaffa | 3,259 view
【80's洋楽チャート】1987年10月17日付トップ10!プリンス、マイケル、マドンナがランクイン!

【80's洋楽チャート】1987年10月17日付トップ10!プリンス、マイケル、マドンナがランクイン!

ベストヒットUSAや地上波MTV・・・お茶の間に洋楽が浸透していた80年代半ば頃、全米シングル・チャート上位にランクインした楽曲及びアーティストは、日本でもメジャーな存在でした。聴くと思わず青春時代が蘇ってくる、懐かしいあの頃のチャートを思い出してみましょう!※順位はBillboardのHot100シングル・チャート
Gaffa | 4,006 view
【80's洋楽チャート】1986年9月13日付全米1位は、映画トップガンのあの曲!

【80's洋楽チャート】1986年9月13日付全米1位は、映画トップガンのあの曲!

ベストヒットUSAや地上波MTV・・・お茶の間に洋楽が浸透していた80年代半ば頃、全米シングル・チャート上位にランクインした楽曲及びアーティストは、日本でもメジャーな存在でした。聴くと思わず青春時代が蘇ってくる、懐かしいあの頃のチャートを思い出してみましょう!※順位はBillboardのHot100シングル・チャート
Gaffa | 8,481 view
あの「キッス」が最後のツアーを現在開催中!幻の激レア曲「It's My Life」をついに初演奏!!

あの「キッス」が最後のツアーを現在開催中!幻の激レア曲「It's My Life」をついに初演奏!!

アメリカを代表するロックバンド「キッス」が、最後のツアーと銘打った「End Of The Road World Tour」を2019年1月より開催中です。幻の楽曲「It's My Life」がついにお目見え!
隣人速報 | 886 view
【訃報】「カーズ」のリック・オケイセックさん死去。ロックの殿堂入りを果たして亡くなったミュージシャンって?

【訃報】「カーズ」のリック・オケイセックさん死去。ロックの殿堂入りを果たして亡くなったミュージシャンって?

「ユー・マイト・シンク」などのヒット曲で知られるロックバンド「カーズ」の ボーカル・リズムギターを担当していたリック・オケイセックさんが、ニューヨークにある自宅で死去しました。75歳(70歳という説もあります)でした。
隣人速報 | 563 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト