2017年5月19日 更新

ブリティッシュ・ロックのライブの名盤は、1976年に集中してリリースされているんです!

ビデオやDVD、インターネットが普及したことでライブ・アルバムの価値が下がったように思われているようですが、いえいえライブ・アルバムはやっぱりいいものです。特に70年代のライブ・アルバムは今聴いても心が躍るものばかりです。ブリティッシュ・ロックに関しては、1976年はライブ・アルバムの当たり年です。1976年にリリースされた名盤の数々をご紹介します!

237 view

1976_live album

 (1867676)

ウイングス U.S.A. ライヴ
60年代後半から70年代には名作ライブ・アルバムが数多く生まれました。しかし、近年はDVDやミュージシャン本人のサイトからインターネット通販が主流を占めるようになり、ライブ・アルバムのリリースは減ってきています。

インターネットが普及したこともあり、ライブは映像で観ることが多くなり、音だけというのは確かに今の時代には即さないのでしょうね。

しかし、ライブ・アルバムの魅力は尽きません。70年代に青春時代を過ごした音楽ファンであれば尚更でしょう。
60年代後半からライブ・アルバムが確立され、ブリティッシュ・ロックにおいては70年代の中ごろには、スーパースターたちがこぞってライブ・アルバムを発表し大ヒットさせています。
中でも1976年にはブリティッシュ・ロックの最重要ライブ・アルバムが複数リリースされました。

Wings Over America

1976年にリリースされたビッグネームのライブ・アルバム、まず最初にご紹介するのはポール・マッカートニー率いるウイングスです。
1975年9月から始まったワールド・ツアーの一環として行われたアメリカ公演の中から、ベスト・テイクを編集したのが「ウイングス U.S.A. ライヴ!!」です。

LP3枚組という超大作でウイングスの魅力、というか当時のポール・マッカートニーの魅力を余すことなく伝えています。
本作の目玉は、ビートルズ・ナンバーが5曲収められていることでした。最近のポール・マッカートニーはビートルズ・ナンバーをバンバンやっているので、今となっては有難みはありませんが、当時は感動ものだったのです。
ウイングス U.S.A. ライヴ!!

ウイングス U.S.A. ライヴ!!

アナログA面
1.メドレー:ヴィーナス・アンド・マース/ロック・ショー/ジェット
2.レット・ミー・ロール・イット
3.遥か昔のエジプト精神
4.メディシン・ジャー

アナログB面
1.メイビー・アイム・アメイズド
2.コール・ミー・バック・アゲイン
3.レディ・マドンナ
4.ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
5.007死ぬのは奴らだ

アナログC面
1.ピカソの遺言
2.リチャード・コーリー
3.ブルーバード
4.夢の人
5.ブラックバード
6.イエスタデイ

アナログD面
1.幸せのアンサー
2.磁石屋とチタン男
3.ゴー・ナウ
4.マイ・ラヴ
5.あの娘におせっかい

アナログE面
1.幸せのノック
2.やすらぎの時
3.心のラヴ・ソング
4.愛の証

アナログF面
1.ワインカラーの少女
2.バンド・オン・ザ・ラン
3.ハイ・ハイ・ハイ
4.ソイリー
ポールがバンドの一員を意識して、自らの名前をバンド名から省き、勝負したアメリカ ツアーのライブアルバム。
70年代を色濃く感じさせる、サウンドと空気、ホーンを実際に使ってるんで、JETのイントロも生々しく抜けて聞こえます!

Paul McCartney & Wings - Band On The Run (Rockshow) [HD]

The Song Remains the Same

レッド・ツェッペリンです。イギリスが誇る史上最高のロック・バンドといわれている彼らの最盛期ライヴ・アルバム「永遠の詩(狂熱のライヴ)」。ですが、このアルバムは実はドキュメンタリー映画「熱狂のライヴ」のサウンド・トラックなのです。

ライブはニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで1973年7月27日、28日、29日に録音されています。代表曲が多数収録されていますが、「モビー・ディック」では10分にも及ぶドラム・ソロを聴くことができます。ライブならではですね。
他にも、さまざまな曲がメドレー風に挿入された「胸いっぱいの愛」など聴きどころの多いアルバムになっています。
永遠の詩(狂熱のライヴ)

永遠の詩(狂熱のライヴ)

(Disc 1)
1. ロックン・ロール
2. 祭典の日
3. ブラック・ドッグ*
4. 丘のむこうに*
5. ミスティ・マウンテン・ホップ*
6. 貴方を愛しつづけて*
7. ノー・クォーター
8. 永遠の詩
9. レイン・ソング
10. オーシャン*

(Disc 2)
1. 幻惑されて
2. 天国への階段
3. モビー・ディック
4. ハートブレイカー*
5. 胸いっぱいの愛を
UFOやスコーピオンズ、ピンク・フロイドらのジャケットデザインでも一世を風靡した「ヒプノシス」の、まさにアルバムの世界観を見事に表現したジャケだけでも買う価値あり、と断言したい。

Led Zeppelin - Rock And Roll (Live Video)

FRAMPTON COMES ALIVE

1976年1月6日、歴史的と言っても良いライブ・アルバムがアメリカでリリースされます。ピーター・フランプトン「フランプトン・カムズ・アライヴ! 」がそれです。LPで2枚組にもかかわらず全米で10週連続の1位を記録し、全世界での売り上げは2500万枚という驚異的なメガ・セールスを打ち立てました。

前年に北米で200公演行い、その際に録音されたのが本作になるのですが、地道な努力がこうした成功につながったのですね。
飾りっ気がなく、さわやかで躍動感のあるサウンドはとても好感が持てます。
フランプトン・カムズ・アライヴ!

フランプトン・カムズ・アライヴ!

  1. サムシング・ハプニング
  2. ドゥービー・ワー
  3. ショウ・ミー・ザ・ウェイ
  4. プレイン・シェイム
  5. オール・アイ・ウォント・トゥ・ビー
  6. ウィンド・オブ・チェンジ
  7. 君を求めて
  8. アイ・ワナ・ゴー・トゥ・ザ・サン
  9. 空白の時間
 10. マネー
 11. シャイン・オン
 12. ジャンピング・ジャック・フラッシュ
 13. ラインズ・オン・マイ・フェイス
 14. ライク・ウィ・ドゥ
タイトルは「(前作)"Framton"のライブ盤」という意味と「フランプトンが(英国から)やってきた」という意味がかけてあるものと思います。

Peter Frampton - Show Me The Way (Live Miami)

Here and There

エルトン・ジョン「ヒア・アンド・ゼア〜ライブ・イン・ロンドン&N.Y.」。アルバム・タイトルからも分かるように、レコードのA面に1974年5月18日にロンドン、ロイヤル・フェスティバル・ホールで行われたオーケストラとの競演ライヴを、B面には1974年11月28日のマディソン・スクエア・ガーデンからのライヴを収録した変則的な内容のライブ・アルバムです。

発売はイギリスで1976年4月30日ですから2年も前の音源を収めてあるということに驚いてしまいますが、更に驚くのが選曲が地味だということですね。
当時のエルトン・ジョンといえば、派手なライブ・パフォーマンスで名を馳せていましたから尚更です。

しかし、そんなことはどうでもいいのです。問題はB面のニューヨーク公演で、オリジナルLPでは僅かに4曲しか収められていませんが、この日のアンコールには元ビートルズのジョン・レノンが登場し3曲共演しています。
1995年にリマスターされた本作は完全版として共演した3曲も収録されており嬉しいのですが、これがジョン・レノンの最後から2番目のライブとなってしまいました。
ヒア・アンド・ゼア~ライヴ・イン・ロンドン&N.Y.

ヒア・アンド・ゼア~ライヴ・イン・ロンドン&N.Y.

アナログA面
1.スカイライン・ピジョン
2.人生の壁
3.ホンキー・キャット
4.愛の歌
5.クロコダイル・ロック

アナログB面
1.葬送〜血まみれの恋はおしまい
2.ロケット・マン
3.ベニーとジェッツ(やつらの演奏は最高)
4.パイロットにつれていって
エルトンは、レノンの「真夜中を突っ走れ」のレコーディングに参加。このシングルが一位になった際はライヴに来て欲しいと頼んでおり、実際一位となったため実現した競演である。

Elton John - Rocket Man (1976) Live at Earl's Court, London

エルトン・ジョン&ジョン・レノン

エルトン・ジョン&ジョン・レノン

マディソン・スクエア・ガーデンでのライヴより

Stupidity

1976年には世界的にみると大きなヒットにはならなかったものの、ブリティッシュ・ロックを語る際には外すことのできない、熱い魂のこもったライブ・アルバムがリリースされています。世界的なヒットにはならなかったとはいえ、全英1位を獲得したドクター・フィールグッドの「殺人病棟」です。
問答無用、文句なしにジャケットが最高ですね!

パブロックの代表として語られることの多いドクター・フィールグッド。彼らはアリーナを主にしてライブを行うポール・マッカートニーやレッド・ツェッペリン、エルトン・ジョンといったビッグ・ネームとは異なり、ライブは小さなホールやパブで少人数を相手に行っていました。外見も当時主流だった長髪をステージで邪魔だからという理由で短くし、労働者階級まる出しの歌詞をシンプルな曲に乗せ、荒々しく演奏していました。

こうしたドクター・フィールグッドの音楽は次の世代への橋渡しとなりました。パンクの出現はもうそこまで来ていたのです。
殺人病棟

殺人病棟

1.アイム・トーキング・アバウト・ユー
2.トゥエンティー・ヤーズ・ビハインド
3.ステューピディティー
4.オール・スルー・ザ・シティー
5.アイム・ア・マン
6.ウォーキング・ザ・ドッグ
7.シー・ダズ・イット・ライト
8.ゴーイング・バック・ホーム
9.アイ・ドント・マインド
10.バック・イン・ザ・ナイト
11.アイム・ア・ホッグ・フォー・ユー・ベイビー
12.チェッキング・アップ・オン・マイ・ベイビー
13.ログゼット
76年発表の3rd。75年のシェフフィールド・シティ・ホール、サウスエンド・カーサルからの公演から収録したライヴ盤で、ウィルコ在籍時、かつ全英1位に輝いた初期の名盤の一つである。チャック・ベリーで始まってチャック・ベリーで締められるある意味で筋金入りの内容で、オリジナルをもちろん含めつつ一気に駆け抜けるライヴ盤である。

Dr Feelgood - She does it right ( live in a pub, rare, great atmosphere )

1976年には他にもロキシー・ミュージックの「ビバ!ロキシー・ミュージック」やステイタス・クォーの「烈火のハード・ブギー!」などがありますし、1976年前後となるとローリング・ストーンズの「ラブ・ユー・ライブ」やキング・クリムゾンの「USA」などなど素晴らしいライブ・アルバムがたくさんリリースされています。

やっぱりこの頃のライブ・アルバムを聴くと「熱狂」を共有できていいんですよね!
30 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ウイングス・オーヴァー・アメリカ」で、ウィングスのライブの素晴らしさを体感せよ!

「ウイングス・オーヴァー・アメリカ」で、ウィングスのライブの素晴らしさを体感せよ!

名曲はライブで更に輝きを増すということを嫌というほど分からせてくれる「ウイングス・オーヴァー・アメリカ」。集大成ともいえるこのライブ・アルバムを聴いて、ウィングスの素晴らしさを是非とも体感してください!
obladioblada | 390 view
映画「EIGHT DAYS A WEEK」公開!ザ・ビートルズのライブを体感しよう!

映画「EIGHT DAYS A WEEK」公開!ザ・ビートルズのライブを体感しよう!

9月22日から、ザ・ビートルズの公式ライヴ・ドキュメンタリー映画が遂に全国ロードショー!この機会に、ライヴ・バンドとしてのThe Beatlesの魅力を味わってみませんか?映画だけでなく、当時のライヴの模様を伝えてくれるレコードやCD、動画、DVD、なども併せてご紹介します。
Gaffa | 936 view
1976年のリメイク版「キングコング」の漫画版こそ、正に神レベル!映画を遥かに越える、その感動の内容とは?

1976年のリメイク版「キングコング」の漫画版こそ、正に神レベル!映画を遥かに越える、その感動の内容とは?

過去80年以上に渡って何度もリメイクされて来た怪獣映画のレジェンド「キングコング」!今回紹介するのは、1976年版「キングコング」公開時に発表された、幻のコミカライズ(映画を漫画化した物)版だ!
滝口アキラ | 4,623 view
スガシカオのデビュー20周年フェスで「夜空ノムコウ」が演奏された!ミスチルらも出演!

スガシカオのデビュー20周年フェスで「夜空ノムコウ」が演奏された!ミスチルらも出演!

デビュー20周年を迎えたスガシカオが、埼玉・さいたまスーパーアリーナにて、ライブイベント『SUGA SHIKAO 20th ANNIVERSARY「スガフェス!〜20年に一度のミラクルフェス〜」』を開催。ミスチルやポルノグラフィティなど多くの音楽仲間が駆けつけ、スガの節目を祝った。
THE GOOD-BYE◎野村義男がデビューしたジャニーズのロックバンド

THE GOOD-BYE◎野村義男がデビューしたジャニーズのロックバンド

野村義男(たのきんトリオのヨッちゃん)は、ロックバンドで歌手デビューしていた。ジャニーズに所属していた「THE GOOD-BYE」の活動とメンバーの現在。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

オススメ

おすすめ記事