名古屋グランパス・「福田健二」壮絶な幼少期を経てデビュー戦で大活躍!シドニー五輪予選は主力でした!
2016年11月25日 更新

名古屋グランパス・「福田健二」壮絶な幼少期を経てデビュー戦で大活躍!シドニー五輪予選は主力でした!

福田健二。ユース世代の代表でエリートコースを歩んでいました。紆余曲折を経て、世界で活躍したその背中を追いかけます!

3,528 view

名古屋グランパスの福田健二

ふくだ けんじ
愛媛県新居浜市出身のサッカー選手

ポジション FW
身長 179cm
利き足 左
 (1628476)

名古屋グランパスエイト時代
1996年に習志野高校を卒業後、名古屋グランパスエイトに入団。
当時監督だったアーセン・ベンゲルの期待に応え、同年3月のデビュー戦(スーパーカップ)で1得点1アシストを記録しました。

「日本人ストライカーを育てたい」というベンゲルに、新人ながらアピールする事に成功しました。

若い頃から海外志向が強かった!

名古屋ではストイコビッチと好連携を築き、1998年には公式戦18得点(リーグ戦ではチーム得点王となる16得点)を記録。
Jリーグで結果を残したことで海外移籍につながると考えていたが、移籍金や契約期間の関係で不調に終わり、翌1999年のシーズン終了後の移籍も叶わなかった。
新加入の呂比須ワグナーやウェズレイがFWに定着したことで十数分間出場してヘディングで競り合うだけという状況になり、2001年、ストイコビッチの現役引退と同じタイミングで退団した。
 (1628556)

名古屋グランパス 1997年イヤーブック
出典 yaplog.jp

スーパー杯で横浜マリノス相手にデビュー!プレイ詳細!

名古屋は前半29分、岡山のゴールで先制。
同39分には、CKからの浮き球を新人の福田が頭で押し込み、横浜マを突き放した。

美しいゴールだった。

FWストイコビッチから絶妙のクロスパス。
MF平野がセンタリングし、待ち構えていたFW福田へ。
「ジャンプした瞬間、岡山さんが走り込んでくるのが分かった」。
自らシュートは狙わずに頭で落とし、最後は岡山が力強く決めた。


前半33分、名古屋・デュリックスの右CKからのセンタリングにストイコビッチ(10)が頭で合わせにいくが、横浜マ・GK中河がクリア  その10分後、コーナーキックからの流れ球を頭で決めたのは、高校生ルーキーの福田だった。
「アシストを決めてから楽になった」。
それまでの硬い動きがなくなり、公式戦初ゴールを決め、緊張していた表情は笑顔に変わった。

1ゴール1アシスト。

横浜マリノスvs名古屋グランパス '96ゼロックススーパーカップ - YouTube

30:00~ 福田の好判断が得点を演出!
40:10~ 福田のヘッドが炸裂!相手選手に当たりながらゴールに吸い込まれました。

福田の大活躍により、2-0で名古屋グランパスの勝利でした。

2000年シドニーオリンピックを目指すメンバーに!

フィリップ・トルシエ監督率いるシドニーオリンピックを目指す日本代表に招集され、レギュラー格として出場を続けていたが恵まれたJリーグの環境に居心地の悪さを感じる中で徐々に結果を残せなくなり、2000年の本大会メンバーからは外れた。
 (1628486)

シドニーオリンピック アジア地区最終予選

福田は後列右から3番目
出典 www.jfa.jp
本大会に代表登録されたFW陣は平瀬智行(鹿島アントラーズ)、柳沢敦(鹿島アントラーズ)、高原直泰(ジュビロ磐田)。
本大会後に2002年の日韓W杯の中心メンバーになっていく柳沢や高原の壁は厚く、段々と代表から遠のいてしまいました。

壮絶だった幼少期もサッカーを諦めなかった!

極貧の中、過ごした幼少期

小学2年生の時に兄の影響でサッカーを始めた。両親の離婚により母子家庭に育ち、5年生の時に母が生活苦から自殺するという少年時代を過ごした。

父に引き取られて千葉県袖ケ浦市へ転居した後も金銭的な問題からサッカーを諦めかけたが、同級生で同じサッカークラブに所属していた廣山望ら友人たちの助けもあって中学でもサッカーを続け、1992年のU-15クラブ選手権で全国3位の成績を残した。
 (1628599)

1999年11月6日のカザフスタン戦のオリンピック代表
左から4番目が福田

若くして成功を収めた福田。
しかし、その陰には壮絶な過去がありました。
福田は幼少期を振り返り、こう語っている。

「親父とは離婚していて...。お金には困ってました。
兄貴が貯めていたお金を 母ちゃんが黙って生活費に充てて。二人は大喧嘩です。
けど、たった1万円ですよ。愛があればお金なんていらない、という人もいますけど、それは本当の貧乏を知らない人が言うことですよ」
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

レフティーモンスター・小倉隆史 94年キリンカップでフランスから得点を奪う活躍!同時に怪我に苦しんだ選手でもありました!

レフティーモンスター・小倉隆史 94年キリンカップでフランスから得点を奪う活躍!同時に怪我に苦しんだ選手でもありました!

小倉隆史。元日本代表FW。名古屋グランパスでプロ選手となり、オランダ二部リーグでも活躍。その後、怪我との戦いが始まりますが、懸命にサッカーに打ち込み、ヴァンフォーレ甲府ではチームに貢献しました。そんな彼のサッカー人生を振り返ります。
ひで語録 | 4,803 view
手倉森監督は双子ってご存知?ギャンブルで全財産を失った過去も!

手倉森監督は双子ってご存知?ギャンブルで全財産を失った過去も!

リオオリンピックサッカー日本代表監督の「手倉森 誠」は、双子なんです!ギャンブルにハマり、全財産を失ってしまう現役時代の豪快なエピソードも!住友金属(現・鹿島アントラーズ)に弟と共に在籍していました。
ひで語録 | 7,926 view
'98仏W杯・日本代表「呂比須ワグナー」釜本の得点記録を超えたストライカーでした!

'98仏W杯・日本代表「呂比須ワグナー」釜本の得点記録を超えたストライカーでした!

「呂比須ワグナー」。日本代表がフランスW杯の出場へ赤信号がともっていた時に、救世主のように代表へ現れたFWでした。次々とゴールを決める姿が頼もしかったです!
ひで語録 | 7,908 view
【サッカー列伝】永遠のベビーフェイス岩本輝雄 顔に似合わず苦労続きの選手生活でした。

【サッカー列伝】永遠のベビーフェイス岩本輝雄 顔に似合わず苦労続きの選手生活でした。

岩本輝雄。ベルマーレ平塚を皮切りに、初期のJリーグを盛り上げた元日本代表の10番。しかし、選手生活は怪我との戦いでした。
ひで語録 | 3,374 view
【サッカー列伝】「マイアミの奇跡」でゴールを決めた伊東輝悦は未だに現役でした

【サッカー列伝】「マイアミの奇跡」でゴールを決めた伊東輝悦は未だに現役でした

'96アトランタ五輪のブラジル戦でマイアミの奇跡を演出した伊東輝悦。彼は未だに現役です。その鉄人を特集します。
ひで語録 | 2,118 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト