カローラ生誕50周年!初代モデル“赤シート”と“花冠エンブレム”復刻の限定モデル発売!
2016年7月13日 更新

カローラ生誕50周年!初代モデル“赤シート”と“花冠エンブレム”復刻の限定モデル発売!

トヨタ自動車が「カローラ」生誕50周年を記念した特別仕様車「50 Limited」を設定し、9月1日より500台限定で販売する。

5,290 view

カローラ生誕50周年記念の限定モデル発売 ~500台限定~

トヨタ自動車は、日本を代表する乗用車「カローラ」が今年で生誕50年となるのを記念し、限定500台の特別仕様車「50 Limited(ゴーマル リミテッド)」を9月1日から500台限定で売り出す。価格(消費税込)は、240万円。
特別仕様車 HYBRID G“50 Limited”

特別仕様車 HYBRID G“50 Limited”

初代“カローラ”の赤シートや花冠エンブレムを復刻!!

特別仕様車はカローラアクシオ「HYBRID G(ハイブリッドG)」をベースに、初代カローラの特徴である赤の内装シートと花冠(ラテン語でカローラ)エンブレムを復刻。50年の歴史を今に再現したクルマとしている。
特別仕様車 HYBRID G“50 Limited”(...

特別仕様車 HYBRID G“50 Limited”(右)と初代カローラ(左)

特別仕様車 HYBRID G“50 Limited”

特別仕様車 HYBRID G“50 Limited”

1966年に誕生した初代カローラのデザインエッセンスを取り入れ、50年の歴史とスポーティさを表現。フロントロアグリルをドットパターンとし、Bi-ビームLEDヘッドランプを特別装備したほかタイヤサイズを185/55R16&アルミホイールとし、スタイリッシュなイメージを付与した。
花冠エンブレムを復刻!

花冠エンブレムを復刻!

ラテン語で「花の冠」を意味するカローラを象徴するエンブレムも復刻し、リアに配した。
特別仕様車HYBRID G“50 Limited”

特別仕様車HYBRID G“50 Limited”

特別仕様車の内装は、初代カローラの「赤」にならった。
 (1707009)

デザイン部に保管されていた初代のカラーサンプルをもとに、往年の赤色を現在の技術で再現したという。ブラックと組み合わせることで、室内をスポーティに演出している。

初代カローラの内装

初代カローラ

初代カローラ

「+αの価値」として、走りのイメージを高めるために取り入れた「赤」の内装。
 (1707023)

初期のモデルを知る人の心を刺激する仕上がりとなった今回の特別仕様車「50 Limited」。ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、ブラックマイカの2色。全国のトヨタカローラ店で販売される。

誰もが知る日本の国民的大衆車「カローラ」

「カローラ」は、日本の高度成長期真っ只中である1966年に東京モーターショーで登場し、乗用車が普及するモータリゼーションの波に乗り、日本の大衆車の象徴的存在になった。
「プラス100ccの余裕」というキャッチコピーで知られ...

「プラス100ccの余裕」というキャッチコピーで知られる初代カローラ

画期的な1100cc強力エンジンを搭載した5人乗りハイ・コンパクトカー。
800cc級エントリーモデルの「パブリカ」と1500cc級乗用車である「コロナ」の中間に位置する大衆車として新たに開発。同年に発売をしていた日産サニー1000を強く意識した「プラス100ccの余裕」という広告フレーズを採用した。
 (1707200)

当時の大衆車が軒並み1000ccであったことに対し、+α部分を強調した広告フレーズ「プラス100ccの余裕」を採用し発売を開始したカローラは、市場において競合モデルのサニーよりも2.2万円高い価格設定ながら装備と価格のバランスが良く割安感が高かったことが受け入れられ、サニーを凌駕する人気を得、意図したとおりの商業的成功を収めた。
以降、世界150以上の国・地域で販売されている「カローラ」の累計販売台数は、世界で4360万台、うち国内では1250万台を超える。
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【自動車クイズ】車種当てクイズ!テールランプ・フロント編!オジさんならすぐ分かる!?

【自動車クイズ】車種当てクイズ!テールランプ・フロント編!オジさんならすぐ分かる!?

自動車の写真を見て車種当てクイズに答えよう!今回は、テールランプやフロントライト等にフォーカスして写真をピックアップしました。
チョットやり過ぎた!?コンパクトカーなのにガルウイングって『TOYOTA セラ』!!

チョットやり過ぎた!?コンパクトカーなのにガルウイングって『TOYOTA セラ』!!

1987年、東京モーターショーで、お目見えし1990年3月、ほぼコンセプトカーの姿のまま、デビューしたTOYOTAのコンパクトカー セラ!!90年バブル絶頂期で完全にノリで作ったとしか思えない車。
ギャング | 7,074 view
【自動車クイズ】懐かしい車の写真から車種名を当てよう!

【自動車クイズ】懐かしい車の写真から車種名を当てよう!

写真で振り返る懐かしい自動車クイズ!車の写真を見て車種名を3つの選択肢から選んでください。すべて正解できれば凄い!
やっちまった~!?失敗車種シリーズ『トヨタ・クラウン』編!!

やっちまった~!?失敗車種シリーズ『トヨタ・クラウン』編!!

乗ってた方には大変申し訳ございませんが、トヨタ・クラウンの中でも9代目にあたるGS141型のクラウン、とくに7・8代目が爆発的にヒットしたせいか、あれ?何やってんの~と言う印象が強かった9代目クラウン・・・
ギャング | 20,095 view
画期的だったハイパワー高級セダン、アリスト

画期的だったハイパワー高級セダン、アリスト

ハイパワー車が続々と登場した80年代末から90年代前半。トヨタでは、根強いユーザーを持つクラウンと、国際水準のクオリティで衝撃を与えたセルシオの間に、スポーツカー顔負けの新たな高級車を投入しました。圧倒的なトルクと独自の高級感で魅了したアリストです。
篠田恵三 | 6,081 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト