高校球児として活躍した有名人【スポーツ選手編】
2018年8月1日 更新

高校球児として活躍した有名人【スポーツ選手編】

かつて白球を追っていた高校球児たちの中には、怪我の影響や才能の限界、あるいは、他に目指すべき目標ができたなどの理由から、野球の道を断念し、別のスポーツで才能を開花させた人もいるものです。今回は、そんな野球以外のプロスポーツ選手になった元球児たちを紹介していきます。

6,248 view

阿竹智史(競輪選手)⇒県立徳島商業高校(徳島)

競輪選手の阿竹智史は、かつて、地元・徳島の甲子園出場常連校として知られる、県立徳島商業の野球部で鳴らした高校球児でした。

阿竹自身は、2年次と3年次の夏に甲子園の土を踏んでおり、特に、4番兼控え投手として臨んだ3年次には、1回戦で大会第2号ホームランを放つなど活躍。しかし、チームは三回戦で当たった長崎日大に2‐6で敗れ、敗退しています。
阿竹 智史

阿竹 智史

出典 keirin.jp

尾崎健夫(プロゴルファー)⇒県立海南高校(徳島)

プロゴルファーのジャンボ尾崎は、かつて西鉄ライオンズに所属していたプロ野球選手であり、徳島県立海南高校時代には、春のセンバツで初出場・初優勝も果たしています。
そんなジャンボを兄に持つ、ジェット尾崎こと尾崎健夫は、兄と同じ海南高校野球部に所属し、これまた兄と同じく、エースとして活躍します。伸びのある剛速球が持ち味で、素質的には兄を凌ぐとも言われていましたが、3年間通して、夏の甲子園出場は果たせず。
その後、ヤクルトスワローズに3位指名されるも、これを拒否。兄と同じプロゴルファーの道へと進むのでした。
尾崎健夫

尾崎健夫

金丸義信(プロレスラー)⇒山梨学院大学附属高校(山梨)

かつて、全日本プロレスやプロレスリング・ノアなどで活躍し、現在は新日本プロレスに参戦しているプロレスラー・金丸義信。彼は、スポーツの名門校・山梨学院大学附属高校の野球部に在籍し、1994年春の選抜高校野球には、控え投手ながらも出場しています。
金丸義信

金丸義信

北村晃一(プロゴルファー)⇒桐光学園高校(神奈川)

『行列のできる法律相談所』に出演するタレント兼弁護士として知られる北村晴男。その長男がプロゴルファーの北村晃一です。

北村親子は、2代に渡って高校球児の家系であり、父・晴男は、長野高校野球部に所属し、3年生の夏、甲子園を目指して長野県大会を戦っていましたが、準々決勝で敗退。そのままグローブとバットを置き、目標を弁護士に切り替えて、勉学に励んでいきます。
北村 晴男

北村 晴男

この父の夢を引き継ぐかのように、息子・晃一も幼少期より野球を始め、高校進学と同時に神奈川の名門・桐光学園野球部に入部。2002年春と夏の甲子園に内野手として控え扱いながらも出場し、見事、父の悲願を叶えたのでした。

桑田泉(プロゴルファー)⇒PL学園高校(大阪)

兄がやっていたから自分も…。そんな何気ないきっかけで、野球を始めた弟くんは数多く存在するもの。かつての巨人の大エース・桑田真澄の実弟で、現・プロゴルファーの桑田泉もその一人。

彼は兄と同様、PL学園高校野球部へ入部。当時は、PL学園黄金期であり、そのため泉の同期生には、立浪和義、片岡篤史、野村弘樹、橋本清など、後のプロ野球選手がズラリと揃っていました。

このような層の厚さもあって、1987年度における春夏連覇のチームへ帯同したものの、春はレフトでレギュラー、夏はベンチ要員と、安定した出場機会を得ることができませんでした。
桑田泉

桑田泉

竹谷佳孝(プロゴルファー)⇒宇部鴻城高校(山口)

山口県宇部市にある宇部鴻城高校。ここに通っていたプロゴルファーの竹谷佳孝も、甲子園を目指していた元・高校球児の一人でした。1996年の2年次にはショートのポジションで出場機会を得るも、腰痛が悪化し、選手生活を断念。高校卒業後から、北九州市の専門学校に入学し、プロを目指すこととなります。

なお宇部鴻城は、竹谷が卒業した5年後となる2003年に春のセンバツ、14年後となる2012年に夏の全国選手権に出場を果たしています。

日本ゴルフツアー選手権・森ビル杯(6月19~22日、茨城県・宍戸ヒルズCC)首位でスタートした竹谷佳孝が通算17アンダーでツアー初優勝を挙げた。

27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【7対29】1985年夏の甲子園で屈辱的敗戦の東海大山形【どんな試合だったのか】

【7対29】1985年夏の甲子園で屈辱的敗戦の東海大山形【どんな試合だったのか】

1985年の第67回夏の甲子園2回戦で、桑田・清原率いるPL学園に7-29というすさまじいスコアで敗戦した、東海大山形高校。甲子園は魔物が住む、と言われますが、この試合を機に高校野球というものが変わり始めた、意義のある試合でもあります。
ジバニャンLOVE | 35,787 view
甲子園球場の風景!ラッキーゾーン、かちわり氷、砂、ツタ、ブラスバンド、人文字!

甲子園球場の風景!ラッキーゾーン、かちわり氷、砂、ツタ、ブラスバンド、人文字!

甲子園球場にあった懐かしの風景を高校野球を通してまとめた!関西人だけでなく、春や夏の風物詩、高校野球。清原や桑田のKKコンビ、ゴジラ松井秀喜もラッキーゾーンにまつわるエピソードがあった!そして、PL学園の人文字はハイテクだった。
ひで語録 | 8,513 view
【KKコンビ対決!】あなたはどっち?「桑田真澄 V.S. 清原和博」

【KKコンビ対決!】あなたはどっち?「桑田真澄 V.S. 清原和博」

あなたの意見がリアルタイムに反映される!30年以上前に甲子園を沸かせたPL学園のKKコンビ「桑田真澄」と「清原和博」。あなたが「好きな選手」だと思う方へ投票してください!また、好きな理由や、2人の過去エピソードなどについてのコメントもお待ちしております!さぁー、あなたの投票はどっち!?
100年間の全国高校野球選手権大会の激闘をまとめた『甲子園 運命の一球』が堂々発売!!

100年間の全国高校野球選手権大会の激闘をまとめた『甲子園 運命の一球』が堂々発売!!

株式会社エイ出版社は、100回の歴史的な節目を迎える全国高校野球選手権大会の激闘をまとめた『甲子園 運命の一球』を2018年6月27日(水)に発売することを決定しました。
隣人速報 | 491 view
【決勝戦より松坂を苦しめた】1998年夏の甲子園【PL学園対横浜】

【決勝戦より松坂を苦しめた】1998年夏の甲子園【PL学園対横浜】

「平成の怪物」と呼ばれた横浜高校の松坂大輔投手。1998年の夏、優勝の栄冠に輝きますが、決勝よりも松坂を苦しめた試合がありました。打倒、松坂に燃えたPL学園の闘志をご紹介したいと思います。
ジバニャンLOVE | 8,740 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト