2017年8月7日 更新

歌舞伎町のど真ん中に昭和レトロな居酒屋、仕切るのはインディーレスラー「KUDO」!

東京・新宿歌舞伎町のど真ん中に昭和レトロ風居酒屋「エビスコ酒場」あり。プロレスファンならお馴染みのこの居酒屋を仕切るのは、DDTプロレスリングのトップレスラーKUDO選手。プロレスキャリア16年、今なおレスラーとして第一線で活躍を続ける一方、この土地で8年間飲食業を営むKUDO選手が淡々と語る、インディーレスラーとしての覚悟、そしてプロレス愛。

4,373 view

新宿・歌舞伎町のど真ん中に「エビスコ酒場」あり

2017年4月、DDTプロレスリングのトップレスラーKUDO選手にインタビューの機会を頂戴したミドルエッジ編集部(ミド編)。

KUDO選手といえば、多士済々たるDDTプロレスリングにあって2001年のデビュー以来、団体のトップを務めてきたベテラン選手。
そしてもう一つの顔が、飲食業ひしめく東京・新宿歌舞伎町のど真ん中で、昭和レトロな感が漂う「エビスコ酒場」を8年間切り盛りしてきた経営者の顔も持つ。

今回、昭和レトロなエビスコ酒場店内も撮影したいと要望をお伝えして、インタビューは新宿歌舞伎町で行われることとなった。
KUDO選手が経営する「エビスコ酒場」

KUDO選手が経営する「エビスコ酒場」

歌舞伎町のメインストリート「セントラルロード」を直進、新宿東宝ビル(旧コマ劇場)とぶつかる角にあるエビスコ酒場。

<店舗所在地>
東京都新宿区歌舞伎町1-14-6 第21東京ビルB1F
エビスコ酒場は昭和レトロな空間

エビスコ酒場は昭和レトロな空間

一歩店内に入れば、新宿歌舞伎町のど真ん中とは思えない、昭和レトロ風な空間が広がっている。
懐かしい看板が所狭しと飾られている

懐かしい看板が所狭しと飾られている

誰もが見た(?)ボンカレーの看板などが、店内の至る所に。

「宝石箱アイスを出していたこともあったんですよ」(KUDO選手)

なんと昭和レトロ感漂うエビスコ酒場で、あの「宝石箱アイス」を出していたこともあると話してくれたKUDO選手。

飲み歩く中でヒントを得たメニューで、駄菓子のすももを使った「すももサワー」を提供したり、店内にガチャガチャ設置を検討したり、競合ひしめく歌舞伎町で飲食店を8年間続けた顔が、そこにはある。

そんなKUDO選手のインタビューを通して、読者の皆様にお伝えしたいのはインディーレスラーの覚悟とプロレス愛。

「二足の草鞋」と言うは易し、行うは難し。
淡々と語って下さったKUDO選手。しかしその口調の裏には、積み重ねてきた年月の重みがあった。

身体が小さく、なれないと思っていたプロレスラー

ミド編)2001年にDDTプロレスリングでデビューされたKUDO選手ですが、プロレスラーを志したのはいつ頃からだったのでしょうか?
身体も小さいしガリガリだったから、正直レスラーにはなれないと思っていました。
大学に入って学生プロレスをやってる間に闘龍門など様々な団体が登場して、レスラーになれるチャンスが出てきましたね。大学の4年間が過渡期だったのではないかなと思います。
高校時代、千葉県下有数の進学校に通っていたKUDO選手。

そのころの彼は、私たち世代の多くがそうであったように毎週の少年ジャンプや少年マガジンを楽しみにする学生生活。
そして、当時の全日本プロレス好きなら共感出来るであろう「四天王プロレス」に励まされて勉強を頑張ったというエピソードも。

しかし一方では、高校にあまりちゃんと通っていなかった、若干引きこもっていたという一面を述懐。
現役時代には大学受験をせず、浪人生活を送る中で先の人生を思い悩んだのだそうだ。
KUDO選手はアラフォー世代

KUDO選手はアラフォー世代

プロレスラーへの道、その始まりは浪人を経て大学時代の学生プロレスから。

学生プロレス、そしてキックボクシングへ

大学に進学した後は学生プロレスをやっていました。
大学1年の時には高田延彦選手の真似をして蹴り技をよくやっていましたね。
そのころに田村潔司さんと藤原敏男先生の対談を見て、藤原敏男ジムの門を叩いたんです。
「キックの荒鷲」と呼ばれるほど激しい攻撃力で一時代を築いたキックボクサー、藤原敏男。
その藤原ジムでキックを教わったKUDO選手。練習は非常に厳しく「No」とは言えないものだったそうだ。

学生時代、プロのキックボクサーに

例えばタイヤを首に抱えて階段の昇降をするなど、練習はかなりハードでした。
Noと言えない空気の中、入って1か月で「プロテスト受けろ」って言われたんですよね。
で、受けたら受かったっていう感じで。
プロキッカーとなったKUDO選手の学生時代、それはキックボクシングと学生プロレスの二足の草鞋だった。

DDTプロレスリングとの出会い

DDTプロレスリングとの接点は、学生プロレス時代にリングを借りていたんですね。
その縁でDDTの興行のお手伝いもしていました。
で、ある時にDDTの高木社長から「ちょっとリングで動いてみろ」といわれて、動いたら動けたっていう。
ミド編)ぉおっ、ではそこからプロレスラーの道を!?
いや、そのときはお断りして卒業後は一回サラリーマンをやったんです。
サラリーマン時代は販売職。期間は半年でしたけど、販売について学ぶことは多かったです。
学生時代にキックボクシングのプロテストに受かること、プロレス団体の社長にリング上での動きを評価されること。

いずれもKUDO選手の弛まぬ努力や創造性(センス)があってこそ成し得たことのはず。
まして「身体が小さくてなれないと思っていた」プロレスラーへの道。

しかし、そこでそのままプロレスに進まず、大学卒業後に一度サラリーマン経験を積んでからの2001年。
KUDO選手はいよいよDDTプロレスリングからプロレスラーデビューを果たすこととなる。
KUDO選手のシール

KUDO選手のシール

キン消し、ビックリマン、カードダス。全部やっていたと話してくれたKUDO選手。
いまではこのようにご自身のシールも登場している。

「インディーレスラー」として

ミド編)2001年、いよいよプロデビューなさいました!以降16年、DDTプロレスリング一筋でキャリアを築かれていきます。
DDTは高木社長のアイデアが凄いんですよ、それはもう周りが困るくらい(笑
高木さんがどんどんアイデアを出して、松井レフェリーら周りの人が形にしていく団体。

ドラマティック・ドリーム・チームDDT、僕はこの名前が好きなんです。
プロレスはチームスポーツなんだっていう。
DDTプロレスリング一筋で16年のKUDO選手

DDTプロレスリング一筋で16年のKUDO選手

KUDO選手が自然と口にする、DDTというプロレス団体の魅力。
DDTは「プロレスを初めて観る人にぜひお勧めしたいですね。」
ついにデビューしたプロレスの世界だったものの、KUDO選手は自身がデビューした後もプロレスのメジャー団体は雲の上の存在だったと語る。

大好きなプロレスを続けるために働く

インディーレスラーは、ただプロレスだけやって食べていくことは出来ないんです。
みんなそれぞれ、何かしら仕事をしながら掛け持ちで。好きなプロレスをしたいから頑張って働く。

僕の場合はいまの立場にも繋がるのですが飲食店。他にはスポーツジムや新宿2丁目とかもよかったですよね。
ミド編)えっ、新宿2丁目ですか?
そうです、働きながらチケットも売れて顔も売ることが出来ますし(笑。

僕らインディーは「プロレスの試合をして給料もらっている」感覚ではないんですよね。
「試合を用意してもらったら、チケットを売ってそのお金をいただいている」感覚です。
KUDO選手の口から自然と出る言葉は「プロレスラーとして」というよりも「プロレスラーを続けることが出来た」という観点のキャリア。
そこにはあるのは「インディーレスラー」としての覚悟、それはやがて矜持と呼べるものに昇華したのではないだろうか。

ミド編)いまやDDTプロレスリングは両国国技館やさいたまスーパーアリーナでの興行も成功させています。団体が大きくなって、選手にとってはプロレスに打ち込める環境が整ってきたのではないですか?
団体が大きくなれば、その分ランニングコストも大きくなるので大変ですよね。
振り返って「いい時期」というのはなくて、今は今で大変といいますか。

本当にみんな、プロレスが好きだからやれている。ファンも含めてチームなんです。
長い選手キャリアのなか、KUDO選手は何度もDDTのトップに立って団体を牽引してきた一人。
そんな彼から伝わる「みんなの力で成り立っている」という気持ち、それはプロレス愛と呼んで然るべきものだ。

3.20さいたまスーパーアリーナを振り返る

ミド編)3.20さいたまスーパーアリーナ大会では、大山峻護選手のプロレスチャレンジマッチでパートナーを務められました。
高山義廣選手やディック東郷選手が前にいて、大山峻護選手が横にいて。
あのメンバーで何を残せるのか考えましたよね。

一番は大山さんが怪我なく完全燃焼出来たら、それがゴールでした。
僕にとっては大山さんありきの試合、大山さんが満足してくれたから本当によかったです。

3.20さいたまスーパーアリーナ大会は、裏方さんは会場入りの時間など大変でした。前日24時入りの人もいましたからね(笑

僕も前日はお店で仕事して当日は朝7時入り、若手選手は始発で来い!みたいな。
KUDO選手のみならず、DDTの選手たちは試合カードが組まれると会場の規模なども考えて「何をどう魅せよう?」とテーマを考える。
根底にあるのは「プロレスが好き」、だからプロレスのアイデアを出そうとするのだ。
54 件

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

3月20日、DDTプロレスリング旗揚げ20周年記念大会! 屋台村から始まった高木三四郎のプロレス挑戦、辿り着いたのはさいたまスーパーアリーナ!

3月20日、DDTプロレスリング旗揚げ20周年記念大会! 屋台村から始まった高木三四郎のプロレス挑戦、辿り着いたのはさいたまスーパーアリーナ!

DDTプロレスリング社長兼レスラー、高木三四郎。現在のプロレス界において屈指の経営者、アイデアマンと呼ばれる彼が3月20日、さいたまスーパーアリーナにおいてDDTプロレスリング旗揚げ20周年記念大会を開催する。1990年代、新日、全日、UWF、FMWといった系譜とは異なる「屋台村プロレス」を発祥とする高木三四郎社長率いるDDTプロレスリングの強み、そして観客を魅了する仕掛け。プロレス界の異端児とも称される高木三四郎社長にお話を伺った。
DDTプロレス高木三四郎「90'sナイトライフ回想録」第1回-イベンター高木社長の誕生秘話 part1-

DDTプロレス高木三四郎「90'sナイトライフ回想録」第1回-イベンター高木社長の誕生秘話 part1-

本コラムは人気プロレス団体「DDTプロレス」社長兼レスラーとして君臨する高木三四郎がプロレス業界に足を踏み入れる以前、名うてのイベンターとして活躍していた90年代の若き日を赤裸々に語るコラム。回想する風景にはバブル期のTV局や90年代東京のナイトライフを彩ったディスコやクラブ、そして当時の煌びやかな人間模様まで描かれる!90年代に東京のナイトライフを経験した読者のみなさん、もしかしたら高木社長と意外な接点があったかもしれませんよ!?
高木三四郎 | 2,357 view
PRIDEからHERO'S、パンクラスと格闘家の道を歩んだ大山峻護、40歳を超えてのプロレスチャレンジ!

PRIDEからHERO'S、パンクラスと格闘家の道を歩んだ大山峻護、40歳を超えてのプロレスチャレンジ!

柔道一筋の学生時代からPRIDE、HERO'S、パンクラスと格闘家としての道を歩み続けた大山峻護。眩いばかりのスポットを浴び、ときに峻烈極まる罵声に晒された彼は40歳でその格闘家人生を終え、いまはトレーニングプログラム「FIGHTNESS」を提唱して日々躍動中。そんな中、なんと42歳にしてプロレスにチャレンジするという彼に話を伺った。
【秋山準&大森隆男 独占インタビュー①(秋山準編)】デビュー25周年!全日本プロレス秋山社長が語る、これまでとこれからの全日本プロレス!

【秋山準&大森隆男 独占インタビュー①(秋山準編)】デビュー25周年!全日本プロレス秋山社長が語る、これまでとこれからの全日本プロレス!

10月21日にデビュー25周年記念大会を横浜文化体育館で行う秋山準・全日本プロレス社長。全日本プロレスの象徴である馬場さんにスカウトされての入団から25年。今は全日本プロレスの社長を務めている秋山選手に、25周年記念大会を迎えるにあたって、これまでとこれからの全日本プロレスをミドルエッジ読者に対して語って頂きました。
マルチタレントを目指した若き日から一転、猪木モノマネ一筋16年!アントニオ小猪木!!

マルチタレントを目指した若き日から一転、猪木モノマネ一筋16年!アントニオ小猪木!!

お笑いプロレス「西口プロレス」を代表する人気タレント、アントニオ小猪木!小柄ながらそのキレッキレの動きを武器に「とんねるずのみなさんのおかげでした」名物コーナー「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で一躍ブレイクしたことを憶えている方も多いのでは?猪木モノマネ一筋16年、アントニオ小猪木がそこに辿り着いた道程を伺った。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト