歌舞伎町のど真ん中に昭和レトロな居酒屋、仕切るのはインディーレスラー「KUDO」!
2017年8月7日 更新

歌舞伎町のど真ん中に昭和レトロな居酒屋、仕切るのはインディーレスラー「KUDO」!

東京・新宿歌舞伎町のど真ん中に昭和レトロ風居酒屋「エビスコ酒場」あり。プロレスファンならお馴染みのこの居酒屋を仕切るのは、DDTプロレスリングのトップレスラーKUDO選手。プロレスキャリア16年、今なおレスラーとして第一線で活躍を続ける一方、この土地で8年間飲食業を営むKUDO選手が淡々と語る、インディーレスラーとしての覚悟、そしてプロレス愛。

5,367 view

新宿・歌舞伎町のど真ん中に「エビスコ酒場」あり

2017年4月、DDTプロレスリングのトップレスラーKUDO選手にインタビューの機会を頂戴したミドルエッジ編集部(ミド編)。

KUDO選手といえば、多士済々たるDDTプロレスリングにあって2001年のデビュー以来、団体のトップを務めてきたベテラン選手。
そしてもう一つの顔が、飲食業ひしめく東京・新宿歌舞伎町のど真ん中で、昭和レトロな感が漂う「エビスコ酒場」を8年間切り盛りしてきた経営者の顔も持つ。

今回、昭和レトロなエビスコ酒場店内も撮影したいと要望をお伝えして、インタビューは新宿歌舞伎町で行われることとなった。
KUDO選手が経営する「エビスコ酒場」

KUDO選手が経営する「エビスコ酒場」

歌舞伎町のメインストリート「セントラルロード」を直進、新宿東宝ビル(旧コマ劇場)とぶつかる角にあるエビスコ酒場。

<店舗所在地>
東京都新宿区歌舞伎町1-14-6 第21東京ビルB1F
エビスコ酒場は昭和レトロな空間

エビスコ酒場は昭和レトロな空間

一歩店内に入れば、新宿歌舞伎町のど真ん中とは思えない、昭和レトロ風な空間が広がっている。
懐かしい看板が所狭しと飾られている

懐かしい看板が所狭しと飾られている

誰もが見た(?)ボンカレーの看板などが、店内の至る所に。

「宝石箱アイスを出していたこともあったんですよ」(KUDO選手)

なんと昭和レトロ感漂うエビスコ酒場で、あの「宝石箱アイス」を出していたこともあると話してくれたKUDO選手。

飲み歩く中でヒントを得たメニューで、駄菓子のすももを使った「すももサワー」を提供したり、店内にガチャガチャ設置を検討したり、競合ひしめく歌舞伎町で飲食店を8年間続けた顔が、そこにはある。

そんなKUDO選手のインタビューを通して、読者の皆様にお伝えしたいのはインディーレスラーの覚悟とプロレス愛。

「二足の草鞋」と言うは易し、行うは難し。
淡々と語って下さったKUDO選手。しかしその口調の裏には、積み重ねてきた年月の重みがあった。

身体が小さく、なれないと思っていたプロレスラー

ミド編)2001年にDDTプロレスリングでデビューされたKUDO選手ですが、プロレスラーを志したのはいつ頃からだったのでしょうか?
身体も小さいしガリガリだったから、正直レスラーにはなれないと思っていました。
大学に入って学生プロレスをやってる間に闘龍門など様々な団体が登場して、レスラーになれるチャンスが出てきましたね。大学の4年間が過渡期だったのではないかなと思います。
高校時代、千葉県下有数の進学校に通っていたKUDO選手。

そのころの彼は、私たち世代の多くがそうであったように毎週の少年ジャンプや少年マガジンを楽しみにする学生生活。
そして、当時の全日本プロレス好きなら共感出来るであろう「四天王プロレス」に励まされて勉強を頑張ったというエピソードも。

しかし一方では、高校にあまりちゃんと通っていなかった、若干引きこもっていたという一面を述懐。
現役時代には大学受験をせず、浪人生活を送る中で先の人生を思い悩んだのだそうだ。
KUDO選手はアラフォー世代

KUDO選手はアラフォー世代

プロレスラーへの道、その始まりは浪人を経て大学時代の学生プロレスから。

学生プロレス、そしてキックボクシングへ

大学に進学した後は学生プロレスをやっていました。
大学1年の時には高田延彦選手の真似をして蹴り技をよくやっていましたね。
そのころに田村潔司さんと藤原敏男先生の対談を見て、藤原敏男ジムの門を叩いたんです。
「キックの荒鷲」と呼ばれるほど激しい攻撃力で一時代を築いたキックボクサー、藤原敏男。
その藤原ジムでキックを教わったKUDO選手。練習は非常に厳しく「No」とは言えないものだったそうだ。

学生時代、プロのキックボクサーに

例えばタイヤを首に抱えて階段の昇降をするなど、練習はかなりハードでした。
Noと言えない空気の中、入って1か月で「プロテスト受けろ」って言われたんですよね。
で、受けたら受かったっていう感じで。
プロキッカーとなったKUDO選手の学生時代、それはキックボクシングと学生プロレスの二足の草鞋だった。

DDTプロレスリングとの出会い

DDTプロレスリングとの接点は、学生プロレス時代にリングを借りていたんですね。
その縁でDDTの興行のお手伝いもしていました。
で、ある時にDDTの高木社長から「ちょっとリングで動いてみろ」といわれて、動いたら動けたっていう。
54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

3月20日、DDTプロレスリング旗揚げ20周年記念大会! 屋台村から始まった高木三四郎のプロレス挑戦、辿り着いたのはさいたまスーパーアリーナ!

3月20日、DDTプロレスリング旗揚げ20周年記念大会! 屋台村から始まった高木三四郎のプロレス挑戦、辿り着いたのはさいたまスーパーアリーナ!

DDTプロレスリング社長兼レスラー、高木三四郎。現在のプロレス界において屈指の経営者、アイデアマンと呼ばれる彼が3月20日、さいたまスーパーアリーナにおいてDDTプロレスリング旗揚げ20周年記念大会を開催する。1990年代、新日、全日、UWF、FMWといった系譜とは異なる「屋台村プロレス」を発祥とする高木三四郎社長率いるDDTプロレスリングの強み、そして観客を魅了する仕掛け。プロレス界の異端児とも称される高木三四郎社長にお話を伺った。
PRIDEからHERO'S、パンクラスと格闘家の道を歩んだ大山峻護、40歳を超えてのプロレスチャレンジ!

PRIDEからHERO'S、パンクラスと格闘家の道を歩んだ大山峻護、40歳を超えてのプロレスチャレンジ!

柔道一筋の学生時代からPRIDE、HERO'S、パンクラスと格闘家としての道を歩み続けた大山峻護。眩いばかりのスポットを浴び、ときに峻烈極まる罵声に晒された彼は40歳でその格闘家人生を終え、いまはトレーニングプログラム「FIGHTNESS」を提唱して日々躍動中。そんな中、なんと42歳にしてプロレスにチャレンジするという彼に話を伺った。
DDTプロレス高木三四郎「90sナイトライフ回想録」第5回-渋谷騒然!?愛ちゃんのバレンタイン企画-

DDTプロレス高木三四郎「90sナイトライフ回想録」第5回-渋谷騒然!?愛ちゃんのバレンタイン企画-

本コラムは人気プロレス団体「DDTプロレス」社長兼レスラーとして君臨する高木三四郎がプロレス業界に足を踏み入れる以前、名うてのイベンターとして活躍していた90年代の若き日を赤裸々に語るコラム。回想する風景にはバブル期のTV局や90年代東京のナイトライフを彩ったディスコやクラブ、そして当時の煌びやかな人間模様まで描かれる!90年代に東京のナイトライフを経験した読者のみなさん、もしかしたら高木社長と意外な接点があったかもしれませんよ!?
高木三四郎 | 1,890 view
DDTプロレス高木三四郎「90sナイトライフ回想録」第4回-リベンジの舞台はジュリアナ!-

DDTプロレス高木三四郎「90sナイトライフ回想録」第4回-リベンジの舞台はジュリアナ!-

本コラムは人気プロレス団体「DDTプロレス」社長兼レスラーとして君臨する高木三四郎がプロレス業界に足を踏み入れる以前、名うてのイベンターとして活躍していた90年代の若き日を赤裸々に語るコラム。回想する風景にはバブル期のTV局や90年代東京のナイトライフを彩ったディスコやクラブ、そして当時の煌びやかな人間模様まで描かれる!90年代に東京のナイトライフを経験した読者のみなさん、もしかしたら高木社長と意外な接点があったかもしれませんよ!?
高木三四郎 | 1,904 view
元女子アームレスリング世界王者の山田よう子さんは「ママだから強い!」

元女子アームレスリング世界王者の山田よう子さんは「ママだから強い!」

「ママでも金!」全日本女子アームレスリングで無敵の13連覇、世界王者にも君臨した山田よう子さんは日本を代表するアームレスラー。長門裕之、南田洋子の姪として芸能界に進むはずだった彼女はいつしか無敵のアームレスラーに!現在は4児の母として「まだまだ世代交代はさせない!」と笑う山田よう子さんにお話を伺いました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト