【ファイナルファンタジーⅥ】笑いあり涙あり、スーパーファミコン最後のファンタジーだったFF6
2017年1月24日 更新

【ファイナルファンタジーⅥ】笑いあり涙あり、スーパーファミコン最後のファンタジーだったFF6

 「ファイナル・ファンタジーⅥ」は、1994年に発売されたスーパーファミコンのゲーム・ソフトです。これ以降、FF7からはプレイステーションになりました。FFシリーズ最後のスーパーファミコン・ソフト「FF6」の、特におもしろかった点を中心に、個人的な感想を含めてまとめてみました。プレイしたことない方にとっては、何の話かさっぱりわからないかもしれないです。

18,817 view

苦戦した敵アレクソウル‥‥長期戦で寝てしまったことも‥!

 カイエンのイベントの時に、アレクソウルというボス敵がいましたが、それには苦戦しました。
 「フューリー」と言って味方にのり移ってくる厄介な敵で、私は攻略本など持っていなかったので、何していいのかさっぱりわからず‥‥ヽ(;´ω`)ノ

 とりあえず、味方に「リジェネ(HP自動回復魔法)」効果のある装備品を付けて、いざ出陣‥‥!
 とはいえ、やっぱりなかなか倒せず長期戦になり、あろうことか私はコントローラーを持ったまま眠ってしまいました(^_^;)

 起きたのは約6時間後だったのですが、なんとまだ戦闘は続いていたことに、びっくりしました!!
 結局、「デジョン(異次元へ敵を追いやる)」魔法を使って倒せました。
 6時間の長期戦には本当に驚きましたよ。

アレクソウル戦 - YouTube

ヒューリー
出典 youtu.be

お楽しみイベント盛り沢山

 FF6のお楽しみの一つには、イベントもありました。時には物語進行よりも、イベントの方に時間をかけたりもしていましたよ。

オークション

 ある街ではオークションが開かれていて、そこではお店に売っていないレア・アイテムも手に入るので、とにかくよく足を運びました。
 
 世界崩壊前と崩壊後では、オークション品も違ってきます。
 崩壊後の方がやはり強力品が多かったですね。

コロシアム

 これもある程度、物語が進行すると入れる場所でした。
 アイテムを賭けて、一対一の勝負を挑むギャンブル要素満載イベントです。

 自分の賭けたアイテムが高価でレアであるほど、出てくる敵も強敵になります。
 普段の戦闘は四人編成(最大で)ですが、コロシアムに出場できるのは一人だけ、しかもオート戦闘(操作不可)、キャラクター任せの戦闘なので、ハラハラどきどきのスリル満点イベントでした。

 私はティラノザウルスが落とす武器「さごじょうのやり」を賭けて戦闘するパターンが多かったです。

【FF6】 謎の強敵・ジークフリード戦 - YouTube

シナリオ中にたまに出てきていたジークフリードです。 コロシアムで、ラストエリクサーをかけると登場します。 LV99でも、たまに負けてしまう強さです。 強そうなたたずまいなんで、カッパにして葬り去りました。 ○その他スクウェア作品の再生リスト |・ω・`) [ FF4 ] → https://goo.gl/sDk1...
出典 youtu.be

最後はやはりこの曲を‥‥

 では、最後のしめはやはりこの曲で!

Final Fantasy VI Music - The Prelude - YouTube

プレリュード
出典 youtu.be
なんとなく最後はこの方で‥‥

なんとなく最後はこの方で‥‥

出典 youtu.be
54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【クイズ】集え、ローレシアの王子たち!いざロンダルキアを目指したドラクエⅡのクイズに挑戦!!

【クイズ】集え、ローレシアの王子たち!いざロンダルキアを目指したドラクエⅡのクイズに挑戦!!

RPG史に燦然と輝く金字塔「ドラゴンクエストシリーズ」より、私たち世代では思い出深い方も多いであろう「ドラクエⅡ」をテーマに、クイズを10問作成してみました。ちょっと簡単?かもしれませんが、ドラクエシリーズに興じた方たちにぜひ挑戦していただければと思います!
RTS(リアルタイムストラテジー)ゲームの先駆け!SFCソフト「ファーストクイーン オルニック戦記」の革新的なゴチャキャラシステム!

RTS(リアルタイムストラテジー)ゲームの先駆け!SFCソフト「ファーストクイーン オルニック戦記」の革新的なゴチャキャラシステム!

SFCソフト、「ファーストクイーン オルニック戦記」は呉ソフトウェア開発で1994年3月11日、カルチャーブレーンより発売されたリアルタイムシュミレーションRPGである。多人数の部隊同士が戦場でぶつかり合い、入り混じりながらリアルタイムで戦う「ゴチャキャラシステム」が最大の魅力である。
binto | 2,773 view
【聖剣伝説3】6人の主人公たち…選ぶキャラクターによって物語も変わってくるRPG

【聖剣伝説3】6人の主人公たち…選ぶキャラクターによって物語も変わってくるRPG

 1995年にスクウェア(現・スクウェア・エニックス)から発売されたスーパーファミンコン・ソフト「聖剣伝説3」は、6人の主人公それぞれの想いを抱きながらマナの木を守るために冒険に繰り出すアクションRPGです。曜日や昼夜によって敵の強さが違ってきたり、クラス・チェンジでより強力にグレードアップできたり…とおもしろさ満載のゲームでした。
Yam | 32,093 view
独特な操作性「ラバーリング・アクション」に病みつき!SFCソフト「海腹川背」の奥深いシステムと悲しい裏設定!

独特な操作性「ラバーリング・アクション」に病みつき!SFCソフト「海腹川背」の奥深いシステムと悲しい裏設定!

SFCソフト「海腹川背」は、1994年12月23日に株式会社TNNから発売されたアクションゲームです。ゴムロープの先についたルアーを壁や天井に引っ掛けて、ビヨーンとした反動で大ジャンプや高速ダッシュをする事ができる「ラバーリング・アクション」が特徴でした。その独特で奥深いシステムから、今なおタイムアタックが競われたりする人気タイトルの初代となります!
binto | 4,136 view
パソコンRPGの雄、日本ファルコムが手掛けた名作ARPG「Ys(イース)シリーズ 」!1987年の第1作『イース』から振り返ってみよう。

パソコンRPGの雄、日本ファルコムが手掛けた名作ARPG「Ys(イース)シリーズ 」!1987年の第1作『イース』から振り返ってみよう。

80年代のパソコンゲームには様々なRPGが存在しました。とくに日本ファルコムからは「ドラゴンスレイヤー」「ザナドゥ」「ソーサリアン」など、当時を代表する作品が数多く生まれました。なかでも「Ys(イース)シリーズ」は、日本ファルコムを代表する作品として、1987年のリリース以降、多くのゲーマーの支持を得続けてきたのです。
青春の握り拳 | 14,757 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト