アカデミー賞受賞を逃してしまった優秀傑作映画、あれこれ!!②
2017年6月27日 更新

アカデミー賞受賞を逃してしまった優秀傑作映画、あれこれ!!②

アカデミー賞受賞を逃してしまった優秀傑作映画、あれこれ!!①では1955年頃までのアカデミー賞を受賞できなかった「名作・傑作」映画をご紹介したが、その続きを書こうと思う。さて、どんな作品があるのでしょうか!?

625 view
『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止...

『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』の一場面

『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』(はかせのいじょうなあいじょう またはわたしはいかにしてしんぱいするのをやめてすいばくをあいするようになったか、Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb)は、スタンリー・キューブリック監督、ピーター・セラーズ主演で、1963年制作・1964年に公開されたアメリカ・イギリス合作の映画である。キューブリック監督最後の白黒映画。

コメディーだけど超シリアス!!

ある日、米空軍のマンドレーク大佐にリッパ―将軍から1本の電話が入る。そして、マンドリーク大佐にある命令が下った。その命令とは、全部隊に対してR作戦を発令するというものであった。
核兵器を搭載したB52は「FGD135」の通信暗号を受信する。それはR作戦を意味する暗号であった。突然の命令に驚く機内の空軍兵たちであったが、祖国のためとR作戦を遂行することになる。
そのR作戦というは、ソ連の基地に対して核兵器による総攻撃を行うというものであった。R作戦が発動されるということは、アメリカ本国が攻撃を受けていることを意味する。攻撃に対する反撃・報復がR作戦なのです。
しかし、アメリカ本国が攻撃された様子はなく、レーダーに敵機も派遣されてもいない。敵の謀略を未然に防ぐという理由で、作戦本部ではラジオが全て押収され、ソ連に向かう戦闘機は暗号のない通信はすべて受信できないようになっていた。その暗号を知るのは、リッパ―将軍ただ一人だった。
作戦本部のマンドレーク大佐はたまたまラジオで放送を聴いてしまっていた。そう、ラジオ放送はいつもと同じ日常的な放送が流れているだけなのだ。そう、アメリカ本国はソ連から攻撃を受けたのではなかったのだ。だがしかし、リッパ―将軍によってR作戦が発令されてしまったのだ。これは、リッパ―将軍による独断の命令。リッパ―将軍は異常なほど共産主義を嫌い、ソ連と戦争を起こそうとするのだった。

ブラックユーモアの裏にある「怒」!!

核による世界破滅を描いたSF近未来ものであるが、キューブリック流ブラック・ユーモアが、ピーター・セラーズ演じる英国大佐、大統領、マッド・サイエンティストの一人三役や、ジョージ・C・スコット演じる超タカ派の将軍などを主軸に、徹底して貫かれているあたりがかなり良い。ブラックな題材を扱っているにも関わらず、ラスト、期待を外すことなくそのままの勢いで突っ切ってゆき、臆することなく大いに笑わせてもらえる。頭からシッポまで楽しめる極上ブラックコメディ映画。
この映画が制作されたのが1963年。当時の米ソは冷戦の真っただ中でした。米ソの戦争が現実になりかけたキューバ危機があったのが1962年。米国内が非常に緊迫した状況でした。
この頃、核兵器開発で米ソは競い合いっています。世界を破滅に陥れるほどの核兵器を保有する両国。もし実際に米ソ間で戦争が起きていたら、この映画のように人類滅亡は現実のものになっていたかもしれません。それこそお笑いどころではすまなくなる。
キューブリック監督作品といえば、『2001年宇宙の旅』(1968年)、『時計じかけのオレンジ』(1971年)も有名であるが、これらをひと纏めにして「SF3部作」とも呼ばれる。これらを比較しながら一風変わった本作『博士の異常な愛情』を観てみるのも面白いでしょう!。
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

映画【クレイマー、クレイマー】について語ろう!クレイマー(原告)対クレイマー(被告)の裁判を描いた裁判です。

映画【クレイマー、クレイマー】について語ろう!クレイマー(原告)対クレイマー(被告)の裁判を描いた裁判です。

映画【クレイマー、クレイマー】日本での公開は1980年4月、第52回アカデミー賞作品賞ならびに第37回ゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞作品の【クレイマー、クレイマー】ついて語ろう!
中年男との情事に溺れる田中美佐子のヌードが美しい映画『ダイアモンドは傷つかない』(1982年)

中年男との情事に溺れる田中美佐子のヌードが美しい映画『ダイアモンドは傷つかない』(1982年)

映画『ダイアモンドは傷つかない』。主演は新人・田中美佐子。ヌードシーンはスレンダーな肢体を露わに、山崎努演じる中年男との情事をエロティックに描いた。同作で田中美佐子は第6回日本アカデミー賞(1983年)の新人俳優賞を獲得した。
ひで語録 | 26,450 view
映画『大誘拐』日本一のおばあちゃん女優・北林谷栄がマヌケな誘拐犯を手玉に取り、まんまと百億円を奪う痛快作!

映画『大誘拐』日本一のおばあちゃん女優・北林谷栄がマヌケな誘拐犯を手玉に取り、まんまと百億円を奪う痛快作!

1991年公開の『大誘拐 RAINBOW KIDS』。日本一のおばあちゃん女優・北林谷栄が日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞を受賞した、岡本喜八監督による痛快エンターテイメント。若き日の風間トオル緒形拳が出演している。
ひで語録 | 1,855 view
懐かしのあの映画もよみがえる! WOWOW×シネフィルWOWOWで《90本のアカデミー賞》特集が放送!

懐かしのあの映画もよみがえる! WOWOW×シネフィルWOWOWで《90本のアカデミー賞》特集が放送!

「タイタニック」「戦場のピアニスト」「アニー・ホール」「ローマの休日」「マイ・フェア・レディ」……懐かしの映画のみならず、〝歴代アカデミー賞受賞全50作品放送〟を謳うのはWOWOWとシネフィルWOWOW。1月24日~3月4日にかけて、第90回アカデミー賞授賞式開催記念《90本のアカデミー賞》特集が行われます。
映画『顔』15年もの逃走劇で有名な殺人犯・福田和子の実話を基に、阪本順治が描いた稀有な人生

映画『顔』15年もの逃走劇で有名な殺人犯・福田和子の実話を基に、阪本順治が描いた稀有な人生

阪本順治監督、主演・藤山直美で描いた映画は『顔』。約15年にも及ぶ逃走劇で有名な福田和子の実話を基にしている。「日本アカデミー賞」や「2000年度の日本映画ベスト・テン1位」を受賞している。
ひで語録 | 17,683 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト