バス・ルッテン  Jumping Splits
2016年11月25日 更新

バス・ルッテン Jumping Splits

パンクラスでは打撃による「秒殺」を量産。また「打・投・極」の総合格闘技3要素の中でほぼ投げを省き「打・極」という新しいスタイルを確立させた。常に笑顔で明るくノリノリな一面と妙に礼儀正しい一面、そして戦いの中でみせるコワい一面。いろいろ興味深い人だけれど、心が大きくて強いのは間違いないと思う。

4,674 view
遊びで独自の空手をつくったこともあった。
伝統的な空手の動きを含み、かつレスリングやボクシングも組み合わさったものだった。
「知らないうちにそれは今のパンクラスに似たものになっていました
でも私は遊びで人を笑わせるために友達だけに披露しました
ときどき練習していましたが
オランダのテレビだけでなく
ナイトクラブやお祭りなどで
喜劇のショーに出演しないかと何回か依頼を受けました」
出典 レジェンド オランダ格闘家列伝

ギャンブルで借金

 (1740364)

27歳のとき、再度、人生の大きな変化を迎えた。
「私は落ち込んだのです
ギャンブルで借金を負い
体調もとても悪く
人生なんて意味がないと感じました
私はすべてのことを自分のためにし
社会に何の貢献もしていませんでした
私は空手と武道は続けていましたが
初段を取ってからやめました
私は武道に気高い生き方を感じました
突然私は
もし幸運と充実感を得たいなら
人生の方向を変えなければならないと悟りました
いまそれをしなければもうできない
戻ることもできないほど深く暗い人生にはまりこんでしまうだろうと思いました」
出典 レジェンド オランダ格闘家列伝
バス・ルッテンはは他の町に移り、徐々に借金を返済しながら、またトレーニングを始めた。
「ランニングと水泳をはじめ
クリス・ドールマンの道場でレスリングとフリーファイトをしました
すぐにまた強くなり
自分の人生を取り戻しました
次なる挑戦の準備ができたのです」
出典 レジェンド オランダ格闘家列伝

パンクラス 秒殺&ルッテンジャンプで鮮烈デビュー!

 (1740376)

チャンスは1年以内に訪れた。
クリス・ドールマンの道場でトレーニングしていたとき、日本の総合格闘技団体「パンクラス」の関係者が何人かがいて、バス・ルッテンを認めたのだ。
スパーリングでバス・ルッテンは、相手を瞬間的でハイキックで倒した。
日本人たちは、その速さと強さに驚いた。
4週間後の1993年9月21日、バス・ルッテンはパンクラス旗揚げ戦のリングに上がり、柳澤龍志を秒殺KOした。
 (1740370)

そして彼は勝った喜びを、ジャンプして表現した。
これが「ルッテンジャンプ」である。

パンクラスのチャンピオン(キング・オブ・パンクラシスト)になる

1993年9月21日、東京ベイNKホール で柳澤龍志をKOデビューし
1995年9月1日、日本武道館で鈴木みのるをフロントチョークスリーパーで下しチャンピオン(第3代キング・オブ・パンクラシスト)となり
1996年9月7日、東京ベイNKホールで船木誠勝をKOし王座を防衛するまで
その軌跡を主な試合を動画で!

柳澤龍志を1R 0:43、掌打でKO

パンクラスのチャンピオン(キング・オブ・パンクラシスト)になる

92 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

格闘道イベント「敬天愛人」とは?鹿児島で産声を上げる格闘道の発起人、菊野克紀選手に伺った。

格闘道イベント「敬天愛人」とは?鹿児島で産声を上げる格闘道の発起人、菊野克紀選手に伺った。

数多くの格闘技が共存共栄する日本。ときにブームに沸き、ときに存続の危機に立たされる世界で、格闘家は黙々と 己との闘いを刻み続けている。そんな格闘技を通じて体得出来ることを「格闘道」として広く発信しようと取り組む 菊野克紀選手。格闘家としての頂点をみた男の大いなる挑戦に耳を傾けていただきたい。
船木誠勝 船木さんが「明日また生きろ」といってくれたからボクは今日も生きています。

船木誠勝 船木さんが「明日また生きろ」といってくれたからボクは今日も生きています。

中学卒業後、新日本プロレス入り。その後、UWF、藤原組を経て、自らの団体「ハイブリッドレスリング パンクラス」を立ち上げた。「秒殺」という言葉が流行り「肉体改造法」はヒットした。ヒクソン・グレーシー戦では落ちても(失神しても)ギブアップしなかった(あきらめなかった)。
RAOH | 19,884 view
時代を創るプロレスラー、“世界一性格の悪い男”鈴木みのる

時代を創るプロレスラー、“世界一性格の悪い男”鈴木みのる

現在、プロレスリング・ノアのヘビー級王者としてノアのリングで大暴れをしている鈴木軍大将鈴木みのる。 たくさんのリングで創ってきた道(戦い)をまとめてみました。
hinata | 3,486 view
【カッキーライド2018開催!】「世界一性格の悪い男」鈴木みのるとの対戦が決定した垣原賢人選手を独占インタビュー!

【カッキーライド2018開催!】「世界一性格の悪い男」鈴木みのるとの対戦が決定した垣原賢人選手を独占インタビュー!

悪性リンパ腫と闘いながらもレスラーとして戦う垣原賢人。去年「生きろ」のテーマで開催されたカッキーライド。今回のテーマは「集え!Uインター魂」。カッキーライドを開催する垣原賢人選手に意気込みと試合への思いを伺ってきました。
【空手家】八巻建志(後編) ~俺の前に立ったら30秒と立たせておかない~

【空手家】八巻建志(後編) ~俺の前に立ったら30秒と立たせておかない~

極真空手の全日本大会で初優勝した八巻建志 は、自分は日本一、世界一強いと思った。 しかしその後、バイク事故で彼女に大ケガを負わせてしまう。 以後、5年間、地獄をさまよった後、復活し、2度目の全日本大会優勝、100人組手達成、世界大会優勝。 最強の空手家となった。
RAOH | 58,502 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト