ルールは独特でもやっぱり誰でも遊べる!『カービィのきらきらきっず』はカービィ初のパズルゲーム
2018年5月9日 更新

ルールは独特でもやっぱり誰でも遊べる!『カービィのきらきらきっず』はカービィ初のパズルゲーム

『カービィのきらきらきっず』は、1997年1月にHAL研究所と任天堂が共同開発し、任天堂がゲームボーイ用ソフトとして発売した、『星のカービィ』を題材にした落ち物パズルゲームです。その後、1998年2月にスーパーファミコン用ソフトとしてニンテンドウパワー(ゲームソフトの書き換え販売サービス)で書き換えがスタートし、さらに1999年6月にはROMカセット版が発売されました。『カービィシリーズ』としては初めてのパズルゲームでしたが、ルールが少し独特で珍しくマイナーな作品です。

333 view

カービィ初のパズルゲーム!『カービィのきらきらきっず』

海外のみで発売された「Kirby's Avalanche」を除けば、カービィシリーズ初のパズルゲームとなる。

GB版とSFC版の2種類があり、GB版は1997年1月25日に発売、SFC版は1998年2月1日にニンテンドウパワーでの書き換えサービスが開始し、その後1999年6月25日にROMカセット版が発売された。
2010年1月5日にはWiiのバーチャルコンソールで配信が開始した。
『カービィのきらきらきっず』は、HAL研究所と任天堂が共同開発し、1997年1月に任天堂が発売したゲームボーイ用ソフトです。ジャンルは『テトリス』や『ぷよぷよ』で有名な「落ち物パズルゲーム」でした。その後、1998年2月にスーパーファミコン用ソフトとして移植され、ニンテンドウパワー(ゲームソフトの書き換え販売サービス)にて書き換え販売がスタート。さらに1999年6月にはROMカセット版が発売されました。
『カービィシリーズ』としては初めてのパズルゲームでしたが、ルールが少し独特で、珍しくマイナーな作品です。しかし独特といっても難解というわけではなく、「連鎖が偶然で起きやすい」など、『カービィシリーズ』が大事にしている「誰でも簡単に遊べるゲーム」という要素はしっかり受け継がれていました。

この記事ではそんな本作のゲーム内容の紹介、作品の評価、同年に発売された他のゲームソフトなどに触れていきたいと思います。
『カービィのきらきらきっず』GB版パッケージ

『カービィのきらきらきっず』GB版パッケージ

カービィらしいシンプルなパッケージですね。こちらはゲームボーイ版です。
Amazonでは現在2,800円(※価格変動あり)で取引されています。
ただ、恐ろしいのはスーファミ版のほうで、販売本数が少なかった分結構なプレミアがついており、Amazonでは現在41,980円(※価格変動あり)という驚異の額で取引されています。

どちらもWii Uや3DSなどのバーチャルコンソールで遊ぶことができ、こちらは基本的に価格変動も無く、741円ほどで購入できるのでオススメです。

『カービィのきらきらきっず』の内容

「リック」、「カイン」、「クー」のブロックは、同じ種類のブロックを隣り合わせにすると消すことが出来る。この隣り合わせの間に、星の描かれた「星ブロック」を間に挟み込むことで、星ブロックも一緒に消す(星を取る)ことが出来る。 星ブロックと同様に挟めるブロックとして、消すと横一列のブロックを消去する爆弾ブロック、消すと星ブロックに変わる岩ブロックがある。
ゲーム画面

ゲーム画面

ようは「同じお供同士ではさんで消す」だけ。
2回以上連鎖が成立した上で連鎖が終了すると、画面上から「きらきらぼし」が落ちる。このきらきらぼしは「接地した瞬間だけ」星ブロックと同じ扱いになり、上記のようにブロックで挟み込めれば再度連鎖が可能。なお、連鎖に使われなかったきらきらぼしは消えてしまう。このきらきらぼしは、連鎖数が多ければ多いほど、多く落下する(2連鎖で2、3連鎖で4、4連鎖で5、5連鎖で6、6連鎖以上で12)。一定時間が経過すると、画面下からブロックがせり上がる。画面中央2列のブロック投下ポイントまでブロックが埋まるとゲームオーバー。
ゲーム画面2

ゲーム画面2

かわいい勝利画面。

モード紹介

「ラウンドクリアゲーム」

ステージクリア形式で進んでいくモードです。ステージ一つ一つに獲得しなければならない星の数とブロックの初期配置が決まっていて、一定数の星を獲得するとステージクリアとなります。
「おはなしゲーム」
スーファミ版のみのゲームモードです。カービィシリーズお約束のゆる~い物語に沿って、コンピュータを相手に対戦していきます。
ストーリー(おはなしゲーム)
宇宙を旅している星くんを見つけたデデデ大王は、大砲を撃って星くんをバラバラにしてしまう。カービィの寝床に不時着した星くんは、そのままでは空を飛べずに帰れないという事情を説明。カービィとリック、カイン、クーの4人は、星くんのかけらを集める事を決意。かけらを保持している人々とデデデ大王に戦いを挑む。
「たいせんゲーム」
今となっては懐かしい通信ケーブルを使って、対人戦を行うモードです。スーファミ版ではプレイヤー同士の対戦記録が保存され、閲覧できます。
「チャレンジゲーム」
『ぷよぷよ』でいうところの「とことんぷよぷよ」のようなモードです。ゲームオーバーになるまでひたすらプレイし続け、手に入れた星の数を競います。時間が経つにつれてブロックの落下速度が速くなっていきます。
「タイムアタックゲーム」
3分という制限時間のなかで獲得した星の数を競うモードです。タイムアップになっても現在落下しているブロックの操作は可能で、連鎖が終わるまで星の獲得数は継続して数えられます。

プレイ動画

カービィのきらきらきっず SFC 01

スーパーファミコン版をバーチャルコンソールで遊んでいる動画です。

※動画はリンク切れの場合があります。

『カービィのきらきらきっず』の評価

33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

スーパーマルオ、ピーチワールド、ストリップファイターⅡ――知っている人なら知っている〝アヤシイゲーム〟をまとめた「ファミコン非公認ゲームガイド」が大好評発売中!

スーパーマルオ、ピーチワールド、ストリップファイターⅡ――知っている人なら知っている〝アヤシイゲーム〟をまとめた「ファミコン非公認ゲームガイド」が大好評発売中!

天使たちの放課後、ミスピーチワールド、ストリップファイターⅡ、ハイレグファンタジー、そしてハッカーインターナショナル! セーフなのかアウトなのかよくわからない〝非公認ゲーム〟についてをまとめた「ファミコン非公認ゲームガイド」が大好評発売中。
ニュースFレン | 16,470 view
ユーモアと切なさが同居する糸井節!『MOTHER2』はグラフィック・音楽・ゲーム性・すべてが高水準な傑作RPG

ユーモアと切なさが同居する糸井節!『MOTHER2』はグラフィック・音楽・ゲーム性・すべてが高水準な傑作RPG

今まで様々な時代の、数多のRPGを遊んできましたが、本作はその中でも1、2を争う至高の傑作です。そんな不朽の名作『MOTHER2 ギーグの逆襲』は1994年、任天堂から発売されました。糸井重里氏が手がけたことでも知られるこの作品は、含蓄のあるセリフや不思議でどこか温かさに満ちた世界観でプレイヤーの心を掴み、いまなお多くの人に愛され続けています。
岸辺ミル | 3,041 view
ゲームボーイで気軽に遊べるピンボール『カービィのピンボール』当時は難易度の高さにクリアを断念した人もいるのでは?

ゲームボーイで気軽に遊べるピンボール『カービィのピンボール』当時は難易度の高さにクリアを断念した人もいるのでは?

あのカービィがまるっと可愛いピンボールになった! 『カービィのピンボール』は、1993年に任天堂より発売されたゲームボーイ用のピンボールゲームです。星のカービィシリーズとしては3作目となります。しかし、カービィシリーズとして見ると非常に高難度だったのでした…。
岸辺ミル | 1,262 view
星のカービィがついに25周年!「星のカービィ コピー能力大集合図かん」が堂々発売!

星のカービィがついに25周年!「星のカービィ コピー能力大集合図かん」が堂々発売!

「星のカービィ」は今年で25周年!それを記念し、「星のカービィ25周年記念 星のカービィ コピー能力大集合図かん」が発売されました。カービィシリーズを全て網羅しているので、親も子供もこれ一冊でOK!
隣人速報 | 553 view
アクションゲーム『星のカービィ 夢の泉の物語』ファミコン唯一のカービィ作品だった!!

アクションゲーム『星のカービィ 夢の泉の物語』ファミコン唯一のカービィ作品だった!!

ファミコン『星のカービィ 夢の泉の物語』は、1993年3月23日にHAL研究所から発売されたアクションゲームです。とてもコミカルに描かれたグラフィックが魅力的でした。
星ゾラ | 5,079 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト