ゾンビ映画の父、ジョージ・A・ロメロ監督追悼記念。「死霊のえじき」が日本でコミカライズされていた!
2017年8月12日 更新

ゾンビ映画の父、ジョージ・A・ロメロ監督追悼記念。「死霊のえじき」が日本でコミカライズされていた!

惜しくも先ごろ亡くなられた、ゾンビ映画の父と賞賛される映画監督、ジョージ・A・ロメロ!今回はロメロ監督追悼の意味を込めて、「死霊のえじき」コミカライズ版を紹介します!

3,035 view
惜しくも先ごろ亡くなられた、ゾンビ映画の父と賞賛される映画監督、ジョージ・A・ロメロ!もちろん、ゾンビ映画以外にも様々な作品を残しているのだが、ファンにとってはやはりゾンビ三部作が思い出深いのではないだろうか?
それにしても、「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」、「ゾンビ」に続き、三部作のラストを飾るこの「死霊のえじき」が、まさか公開当時日本でコミック化されていたとは!今回はロメロ監督追悼の意味を込めて、「死霊のえじき」コミカライズ版を紹介することにしよう。

貴重な日本劇場版予告編

「死霊のえじき」ストーリー

死者と生者の数が逆転し、地上にゾンビが蔓延する世界となったアメリカ。フロリダ州郊外の地下基地では女科学者のサラを初め、少数の人間達が立て篭もり、ゾンビの研究と生存者の捜索を行っていた。科学者達は状況を打開すべく、ゾンビの研究に打ち込むが成果をあげることができず、軍人グループの指揮官・ローズ大尉はいらだっていた。圧倒的多数のゾンビに支配された世界で、数少ない人類は生き延びることができるのか・・・?

ゾンビ映画の名作「死霊のえじき」とは?

「ナイト・オブ~」ではゾンビという新興勢力の出現を、続く「ゾンビ」では生きる死者と人間との戦いと、物質文明と物欲に捉われた現代社会を描いて来たロメロ監督。
ジョージ・A・ロメロ監督晩年の写真

ジョージ・A・ロメロ監督晩年の写真

「死霊のえじき」劇場版ポスター

「死霊のえじき」劇場版ポスター

「ゾンビ三部作」のラストを飾るこの「死霊のえじき」では、遂に人間側が少数派(セリフによれば、ゾンビと人間との比率は、もはや40万対1!)となっていて、対抗策としてゾンビを研究し飼い慣らそうとする科学者が登場する。
実は三部作それぞれが、60年代・70年代・80年代のアメリカの現実の問題を描いており、これ以降に製作された作品群においても、常にその時代の社会問題や政治を織り込んで描こうとして来たロメロ監督。この点が、年月を経れば経る程、逆にその評価を増す要因となっているのだ。
「死霊のえじき」撮影中のロメロ監督とゾンビ!

「死霊のえじき」撮影中のロメロ監督とゾンビ!

注:「死霊のえじき」について、更に詳しく知りたい方は、↑上のリンクからどうぞ。

単なる「ゾンビが人を喰うのが見所の映画」では終わらない、この「死霊のえじき」。
果たして、公開当時のコミカライズ版では、どんな内容になっていたのだろうか?

「死霊のえじき」コミカライズ版の概略

本作が掲載されたのは、月刊ハロウィン1986年5月号。作者は阿部ゆたか先生。
月刊ハロウィン1986年5月号の表紙

月刊ハロウィン1986年5月号の表紙

「死霊のえじき」なのに、何故か「デモンズ」の写真が!

「死霊のえじき」なのに、何故か「デモンズ」の写真が!

「死霊のえじき」が収録されているコミックスの表紙

「死霊のえじき」が収録されているコミックスの表紙

ちなみに「死霊のえじき」のコミカライズ版は、阿部ゆたか先生の単行本「トライアングル・ハイスクール」の第1巻に収録されている。
嬉しいことに、第2巻にはあの名作「ゾンバイオ・死霊のしたたり」のコミカライズ版も収録されているので、ホラー映画マニアの方は要チェックだ。
幸い2冊とも電子書籍化されているので、気になった方は是非ご購読を!

実はこのコミカライズ版以外にも、「死霊のえじき」はノベライズ版が当時発売されている。
講談社のX文庫から出版されていた、ノベライズ版の表紙。

講談社のX文庫から出版されていた、ノベライズ版の表紙。

講談社のX文庫から出ていたこのノベライズ版、運が良ければ古書店の100円コーナーで発見出来るかも?
42 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あの流行語オバタリアンの元ネタ、『バタリアン』がコミカライズされていた!オバンバも登場!

あの流行語オバタリアンの元ネタ、『バタリアン』がコミカライズされていた!オバンバも登場!

てっきり普通のゾンビ映画と思って見に行ったら、予想を見事に裏切ってくれたのが、この衝撃のゾンビ映画「バタリアン」。何しろ単なる腐った死体ではなく、ちゃんと各ゾンビが個性的なキャラとして登場する新世代ゾンビ映画『バタリアン』のコミカライズ版を紹介します!
滝口アキラ | 4,842 view
思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第12回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』80年代編

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第12回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』80年代編

プロレスラーの象徴ともいえる「アントニオ猪木」前回は、新日本プロレス旗揚げ直後の1974年に、「別冊少年チャンピオン」に掲載された伝記漫画をとりあげたが、今回はタイガーマスクの登場に沸いた1980年代のプロレスブーム期に発表された、『実録まんが・アントニオ猪木』を振り返ってみよう。
滝口アキラ | 1,284 view
思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第11回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』70年代編

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第11回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』70年代編

金曜夜8時「ワールド・プロレスリング」で繰り広げられた、数々の名勝負が記憶に刻み込まれているプロレス、そしてアントニオ猪木。過去に何度も発表されているアントニオ猪木の自伝漫画化の中から、70年代に発表された漫画『アントニオ猪木物語』をご紹介。
滝口アキラ | 1,204 view
SF映画『惑星大戦争』コミカライズ版は、ヒロインが全裸で拷問されるスゴい内容だった!

SF映画『惑星大戦争』コミカライズ版は、ヒロインが全裸で拷問されるスゴい内容だった!

『スター・ウォーズ』全米公開と同じ1977年の12月に、あの東宝がお正月映画として堂々公開したのが、この『惑星大戦争』だ!その独自のアレンジでマニアの間でも名作の呼び声が高い、この『惑星大戦争』コミカライズ版を紹介しよう!
滝口アキラ | 8,390 view
思い出の「昭和有名人マンガ劇場」:第10回 ルーマニアの白い妖精『コマネチ物語』!

思い出の「昭和有名人マンガ劇場」:第10回 ルーマニアの白い妖精『コマネチ物語』!

僅か14歳ながら、モントリオール・オリンピックの大舞台で次々と10点満点を連発し、最年少での個人総合優勝を果たしたナディア・コマネチ。「白い妖精」と呼ばれたその姿は、今でも覚えている人は多いでしょう。今回はそのナディア・コマネチの伝記漫画である『コマネチ物語』を紹介します!
滝口アキラ | 843 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト